整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

大腿骨頚部骨折術後は免荷が必要?


高齢者の大腿骨頚部骨折でGarden stage 1~2は、
CCSやハンソンピンなどの骨接合術を選択する施設が多いと思います。


私は回復期リハビリテーションも担当しているので分かるのですが、後療法は施設間のバラつきが大きく、術翌日から全荷重を開始する施設から3週程度免荷する施設までさまざまです。


私は、術後2~3週程度は免荷する派なのですが、これは術直後から全荷重を許可している施設の症例では骨折部が偽関節化する率がやや高い印象を抱いているからです。


高齢者の大腿骨近位部骨折の治療における最大の目的はADLの維持でなので、可能なかぎり早期から歩行訓練を開始することは理に適っています。


しかし、大腿骨転子部骨折の髄内釘やCHSと比べて解剖学的にも固定性が良好とは言えないので、全例を術翌日から全荷重歩行させるのは少しやり過ぎのように思えます。


この免荷期間のおかげかは分かりませんが、私は高齢者であってもGarden stage 1~2なら偽関節化や大腿骨頭壊死症の併発をほとんど経験したことがありません。


私が荷重開始を許可する目安は、単純X線像で仮骨が見え始めた(骨折部が硬化し始めた)時です。順調に行くと術後2~3週で骨折部の硬化を確認できます。


万が一にも骨折部が偽関節化したり大きな大腿骨壊死症を併発すると後のリカバリーショットが大変なので、極力初回手術で終了できるように後療法を調整しています。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。



                                             

                                  
AO法骨折治療




大転子部の滑液包炎


今日の午前は、アルバイト先での外来でした。
40歳台の男性が左股関節部痛を訴えて初診されました。


これぐらいの年代の男性が”股関節部痛”で受診することは比較的珍しいと思います。そして”股関節部痛”といっても、よくよく聞くと殿部痛だったりすることが多いです。


しかし今回の方は”股関節部痛”でも”殿部痛”でもなく、股関節外側部の疼痛でした。触診すると大腿骨大転子部の無名結節に強い圧痛を認めました。


発赤は無いものの、軽度の腫脹・熱感を認めます。股関節を他動的に動かしても轢音を触知しないため弾発股ではなさそうです。単純X線像で異状所見を認めませんでした。


しかし、血液生化学所見でCRP/WBCの軽度上昇を認めました。これらの所見を総合的に判断して、大転子部の化膿性滑液包炎を疑いました。


今回は熱発もなく局所で滑液の貯留もさほど無さそうなので、あえて穿刺は行っていません。治療は抗生剤投与ですが、反応を確認しながら投与期間を判断するつもりです。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が股関節外科の基礎および治療体系を学習するにあたり最もお勧めの書籍です。日本を代表する執筆陣が股関節外科に関するあらゆる事項を、非常に分かりやすく解説しています。この1冊があれば股関節外科のほぼ全ての疑問点を解消できると思います。


                 
         
                       股関節学



上腕骨遠位端骨折用の牽引台


先週金曜日の午前は、高齢者の上腕骨通顆骨折に対する骨折観血的手術でした。体位は側臥位で、dual plateを使用して骨接合しました。


上腕骨遠位端骨折の手術では、専用のバーを用いて骨折部に牽引を掛けます。しかし、日本人の体型にフィットしたバーは少ないので、充分な牽引力を得られないケースが多いと思います。


今日の手術では下図のようなバーを用いて上肢を牽引しました。少し分かりにくいですが、2つの側臥位台の間に塩化ビニール製の給水管を橋渡ししています。



               
P1070223



この塩化ビニール管製の牽引台によって ①どんな体型にでも合わせられる ②充分な牽引を加えることができる ③塩化ビニールなので透視下でも邪魔にならない という利点があります。


もし、勤務先の病院に適当な上腕骨遠位端骨折用の牽引バーが無いようなら、ホームセンターに塩化ビニール管を買い行く手間はありますが一度試されても良いかもしれませんね。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。



                                             

                                  
AO法骨折治療


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

   勤務医のための資産形成マニュアル
   築古木造戸建投資マニュアル
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

bnr
ランキングはこちらをクリック!



にほんブログ村



医師 ブログランキングへ



QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ