整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

犬咬創の初療はどうする?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、犬に咬まれた患者さんが初診されました。
飼い犬にやられたそうで、狂犬病の予防接種は受けているとのこです。


ちょうど手背に径5mm程度の咬創がありました。神経・腱損傷はなさそうなので、純粋に犬咬創の治療がメインとなります。


このような垂直型の咬創の場合には、内部に細菌の培地が形成されやすいです。サーフロー等をもちいて咬創内部を洗浄しても、全ての細菌を除去することは不可能です。


このため、いかにして内部が細菌の培地化しないようにするのかがポイントになります。この目的達成のためには、洗浄よりもドレナージが推奨されます。


しかし、径5mmほどの咬創ではドレーン留置やタンポン挿入は不可能です。このような場合には、こちらのようなナイロン糸でのドレナージが有効です。


この手法を知ってからは、ほぼ全例に近いほど咬創の患者さんに対して施行しています。一度、咬創に感染を併発すると治療に難渋しがちです。


転ばぬ先の杖ではないですが、動物の咬創の場合には、ナイロン糸による簡便で安価なドレナージ法を実践することを強くお勧めします。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



術中使用した尖刃の有効利用法

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、術後に興味深い風景を拝見しました。
整形外科の四肢手術ではストッキネットを使用します。


術後は直剪でバサバサ切ることが多いですが、結構分厚くてストレスフルです。靴下のように脱がすことも可能ですが、包帯がまくれたり、イソジンが付着してしまいます。


重大な問題ではないことと、術直後にしかストレスを感じないので長年放置していました。しかし先日の手術で、ストッキネットを使用済みの尖刃で切っている風景を見ました。


体表側から天井に向かってサクサクと切ることにより、ストレスなくストッキネットを除去できました。う~ん、これはウマい工夫です。


術中に使用済みの尖刃なので、特に新たな費用発生はないです。問題点は少し危ないことですが、これも気を付けていれば大丈夫です。


ちなみに尖刃で切るのはストッキネット根元のクルクル丸まっている部位のみでOKです。ここさえ切れれば、後は直剪で切る方が安全で楽だからです。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



優秀人材は起業の要

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は起業の話です。
「起業」はハードルが高い!と思う方が多いでしょうが、実際はそれほど高くありません。


特に2010年以降はクラウド環境が急激に整備されたので、ローリスク・ハイリターンを狙える機会が増えました。アイデアを実現化するハードルは確実に下がったのです。


先日、任意組合の総会に出席しましたが、元ファンドマネージャーの方が「最近では、本当に有望な企業が増資する目的は資金調達ではない」とおっしゃられていました。


増資の目的が資金調達ではない? と訝しがる方が多いと思いますが、私は得心しました。真に収益率の高い企業にとって、資金は重要ではないと常々感じているからです。


有望な高収益企業が増資する最大の目的は、人脈やノウハウを獲得するためです。単にお金を出しましょう!という人など、高収益企業にとって何のメリットもありません。


本音では資金など不要なのですが、投資家が資金と一緒に提供する人脈やノウハウなどの経営資源が欲しいためにわざわざ増資するのです。


それほど資金が重要でなくなった背景には、欧米や中国が知的生産社会に突入しているため、従来型の製造業ほどには資金が必要なくなったという事情があります。


資金に代わって重要性を増しているのは優秀な人材です。Googleのアラン・ユースタス上級副社長によれば、一流エンジニアは平均的エンジニアの300倍の価値があるそうです。


私も知識集約ビジネスの端くれと言えるスタートアップを立ち上げてみましたが、有能な1人 >>> 平均的10人と感じています。というか、平均的な人では何の役にも立ちません。


そのような経験をした結果、私は極めて不公平な報酬体系をとってでも、優秀な人材を確保するべきだと考えるようになりました。


知識集約ビジネスにおける成果は、正規分布ではなく「べき分布」となります。このため、上位数%の優秀人材を確保するためには「悪平等」を徹底的に排除する必要があります。


一方、知識集約ビジネスは、 組織化したり仕組み化する難易度が非常に高いです。 従来型の製造業や販売業では、生産性の差は肉体的に発生します。


肉体労働がメインのビジネスでは、優秀な人と平均的な人の生産性格差は、せいぜい2~3倍程度です。しかし、知識集約ビジネスでは数百倍レベルの圧倒的な格差が発生します。


このため、従来型の製造業や販売業で有効だった組織化の手法では、知識集約ビジネスに対応できないことがほとんどです。それでも拡張性を得るためには組織化が必要です。


このため、私は試行錯誤しながら「自分のコピー」を作ることに専念しています。能力の高そうなスタッフを選抜して、考え方や業務の回し方を伝えています。


うまくいくはどうかは分かりません。しかし、とにかくまず優秀な人材をひとり育て上げ、その人材を核にして乗数的に他のスタッフを育成する。。。


気が遠くなるような作業が必要ですが、どの段階においても大きな資金需要は発生していないことに気付くと思います。起業において重要なのは、資金ではなく人材なのです。


資金など要らないから、組織化に必要とされるスキル・熱意・時間を提供してくれるパートナ―が欲しい・・・ 切実な悩みです。


人材を育成するという意味では、起業のハードルは未だに高いと言えます。このため、人材育成が不要で、スペックと購入価格のみで全てが決まる不動産投資が人気化するのです。


ただし、不動産投資は人材育成の必要が無いことの裏返しで、収益性が低いです。一方、クリニック経営は医師の能力のみに依存するため、不動産と本格的起業の中間に位置します。


どれを選択するのかは考え方次第ですが、昔と比べると不動産投資やクリニック経営の環境は悪化しつつあり、その一方で起業に掛かるコストは逓減傾向にあります。


まだまだ起業が容易でないことは事実です。しかし、失うものが自分の時間だけであるならば、ビジネスチャンスを見つけて起業にチャレンジするのもいいかもしれませんね。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。