整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

Brexit! Brexit!!


昨日は非常にエキサイティングな1日でした!
私はいつも6時前に起床してNY市場のチェックを行います。


Brexitが旬の話題ですが、常識的に考えてEUからの離脱は無いと思うのが大人の常識です(笑)。案の定、GLOBEXの日経平均先物は前日比で著変なしでした。そりゃそうだろう・・・


東京市場オープン時は想定範囲内でした。つまらない1日だなと思いながら午前の手術に臨みましたが、お昼過ぎに医局に戻ると、日経平均先物が1200円超の下落ではないですか!!!


???と思ってWSJを確認すると、現地時間delay 4 minで開票率87%・離脱派51%ではないですか! これはスゴイ!! 為替もリーマンショック以来の激しい変動率を記録していました。


このワクワク感は数年振りです。私は過去3年間に郊外の1棟モノ物件を順次売却することで、手元流動性比率を高めています。更に昨年8月から産金株に大量の投資を行いました。


今後の不動産市況の行方は予想できないですが、焦って4月に区分マンションを安値で売却したことはそれほど悪い判断では無かったのかもしれません。


一晩明けて、冷静に状況を分析してみました。世界が変わったという意見もありますが、さすがに英国1国だけで歴史を変える程の影響力は無いと思います。


ただ、EU崩壊のトリガーは引かれた可能性はあります。超長期逆張り投資家目線では、2008年のリーマンショック以来のチャンスの窓が開こうとしているのかもしれません。


NYSEの崩れ方は予想より軽度だったので、一過性の調整に終わる可能性もあります。1週間ほど金融市場の推移を観察して戦略を練りたいと思います。


もし、Breixtがリーマンショック級の激震であるのなら、今後の私の投資方針は下記のごとくです。同時多発テロやリーマンショックの経験では、1ヵ月後からの参戦でも遅くはありません。


  1. バックファイナンスも含めて、極限まで手元流動性を高める
  2. もしかしたら最後の円高局面かもしれないので、慎重にUSDの購入タイミングを計る
  3. 最終目的はNYSE上場の超優良銘柄の大量所有 


しばらく、金融市場の動きからめが離せませんね。
 



★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



後出しじゃんけん診断書の記載法


私が勤務する病院では、土曜日の新患外来を大学からのアルバイト医師に助けてもらっています。非常勤医ではあるものの、診察した患者さんの診断書作成業務はお願いしています。


しかし、週1回しか病院には来ないので、急ぎの診断書は常勤医で対応せざるを得ません。特に交通事故患者さんの ” 後出しじゃんけん ” 的な警察提出用診断書の扱いがやっかいです。


何故なら打撲程度の場合、通常なら「約3日間の安静治療を必要とする見込みです」と記載するべきところですが、受傷から2週間してから診断書希望で来院する場合もあるからです。


しかも、「まだ少し痛いです」と訴える患者さんもおり、完全に「治っている」と言い切れないのです。では打撲で「受傷から約3週間の安静治療を必要とする」と記載すればよいのでしょうか?


さすがに、3週間はないだろうと思うのが常識的な判断なのですが、現実問題として2週間を越えて受診しているという事実もあります。


この場合、私は「 受傷から約3日間の安静治療を必要とする " 見込みでした " 」 と記載しています。初診時には3日ぐらいで治るだろうと予想していたという理屈です。


このように記載すれば、整合性がとれて問題が発生しにくいのではないかと思います。 つまらないことですが、診断書に記載する文言には気を使います・・・






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です










マシュマロ実験の結果は・・・


先日、「 マシュマロ実験 」 を行いました。マシュマロ実験は子ども時代の自制心と、将来の社会的成果の関連性を調査した実験です。私はマシュマロ実験を「学力」の経済学で知りました。
 





マシュマロ実験は、スタンフォード大学の心理学者・ウォルター・ミシェルが1960年代後半から1970年代前半にかけて実施しました。方法は下記のごとくです。


  • 被験者である子ども(4歳)は、机と椅子だけの部屋に通されて椅子に座るよう言われます
  • 机の上には皿があり、マシュマロが1個のっている
  • 15分間食べるのを我慢したらマシュマロをもうひとつあげ、我慢できなかったらそふたつ目は無しであることを告げられる
  • 子どもたちの行動は、隠しカメラで記録された


結果は、すぐ手を出してマシュマロを食べた子供は少なかったですが、最後まで我慢して2個目のマシュマロを手に入れた子どもは、全体の1/3ほどだったそうです。


1人だけ部屋に残された子どもたちは、自分のお下げを引っ張ったり机を蹴ったりして目の前の誘惑に抵抗した子もいれば、マシュマロをなでたり匂いをかぐ子もいました。


映像を分析した結果、我慢できた子どもは目をそらしたり後ろを向いたりしてマシュマロから注意を逸らそうとする傾向があることが観察されました。


1988年に実施された追跡調査で、、就学前における自制心の有無は十数年を経た後も持続していること、マシュマロを食べなかったグループは他方より優秀であることが認められました。


2011年にはさらに追跡調査が行われ、この傾向が生涯のずっと後にまで継続していることが明らかにされました。子供のころから自制心のあることは社会で成功する大きな要因のようです。


う~ん、これは興味深い・・・。確かに自制心のあるなしは、社会的成功だけではなく資産形成にも大きな影響を及ぼします。ちょっと悩みましたが、自分の子供を試してみることにしました。


あいにくマシュマロは無かったので、ラムネを使って実験を行いました。普段の行動を見ていると、ラムネを出した瞬間に食べてしまいそうで怖かったです(笑)。


しかし、意外なことに15分待てば2個もらえることを説明すると我慢しだしたではないですか! しかも、15分間は隣の部屋で遊んでおくと言って逃亡(?)してしまいました。


ちょっと変則的ですが、最後まで我慢して2個目のマシュマロを手に入れた子どもが採った、マシュマロから注意を逸らす戦略と同じだったのです。


うちの子供には自制心があって、将来成功する確率が高いのではないのか?! と思わず唸ってしまいました。完全に親バカですね(笑)。


ちなみに金森重樹氏がおっしゃられているように、自制心の有無は資産形成においても重要な因子です。子供がいる方は、勇気を出してマシュマロ実験を行うのも面白いかもしれません。





  ★★ 管理人監修の 「タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル」 ★★
 


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した収益マイホームの実践版です。2004年に”お金を生む”マイホームをタダ同然で取得した管理人が、家計のキャッシュフローを劇的に改善できる「収益マイホーム」を解説します。


どうせマイホームを取得するのなら、できるだけ安価に・安全に購入したいと思う方にぴったりのノウハウがぎっしり詰まったマニュアルです。 収益マイホームを購入することで、家賃や住宅ローンの支払から解放される可能性が高まります。


そしてこのことが人生の幅を広げることにもなるかもしれません。 全131ページのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



表紙画像
                                
タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ