整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

腰部脊柱管狭窄症の薬物治療戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加

Monthly Book Orthopaedics の5月号は、整形外科医が知っておきたい薬の知識 でした。以前に変形性膝関節症の薬物治療戦略をまとめましたが、今回は腰部脊柱管狭窄症です。


変形性膝関節症ではシンプルな治療戦略でした。OAの痛みを制するには、関節軟骨に感覚神経は存在せず、軟骨以外の組織由来の痛みであることを理解することが重要です。


【急性期】
滑膜炎 → NSAIDs、ヒアルロン酸製剤の関節注射
骨髄浮腫 → ゾレドロン酸(リクラスト)、足底板などによる荷重負荷軽減

【慢性期】
中枢性感作 → 中枢性鎮痛薬(デュロキセチン、トラマドール) 




それでは、腰部脊柱管狭窄症ではどうなのでしょうか? 腰部脊柱管狭窄症では、症状から神経根型(下肢痛)と馬尾型(下肢しびれ)に分けます。


【神経根型】 
  1. アセトアミノフェン / NSAIDs+プロスタグランジンE1製剤
  2. 神経障害性疼痛の要素がある場合はプレガバリン追加
  3. 中枢性鎮痛薬(デュロキセチン、トラマドール) 

【馬尾型】
  1. プロスタグランジンE1製剤
  2. 安静時症状が強い場合はプレガバリン追加
  3. 中枢性鎮痛薬(デュロキセチン、トラマドール) 


神経根型、馬尾型を問わず、ほぼ同様のプロトコールのようです。私の場合は EPAを多用していますが、個人的にはプロスタグランジンE1製剤よりも効果的と感じています。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



人生の 4大支出を制御する

このエントリーをはてなブックマークに追加

人生の 4大支出の制御は、資産形成のする上では大きな鍵となります。人生の最優先事項を資産形成とすれば、これらの 4つ全てを回避することが最も効率の良い選択肢です。


  1.  住宅ローン
  2.  生命保険
  3.  教育費
  4.  自動車


しかし、資産形成を実践する目的は豊かな人生を謳歌することです。ひたすら資産を貯め込むだけでは何のために生きているのかわかりません。


このため、これら 4つの大きな支出に関しても、人生に彩りを与えるものであれば支出をためらうべきではないと考えています。FIRE などクソくらえ駄と思っています(笑)。


そうは言っても無条件でこれらの 4つの支出を垂れ流してしまうのは得策ではありません。4つの支出を最低限に抑えながら人生の質を高めるための工夫をご紹介いたします。




住宅ローン


まず住宅ローンですが、住宅ローン負担を下げるには 2つの方法があります。 ひとつめは地価が上昇する可能性がある物件を安価なタイミングで購入することです。


これはいわゆる不動産投資になります。適切なタイミングで適切な物件を購入することで信じられないぐらい資産が増えます。


こうなると住宅ローンという支出は、単なる小さな必要経費にすぎません。これが理想なのですが、底値のタイミングや好立地物件を購入することはなかなか難しいのが現実です。


それではふたつめは収益マイホーム化することで、さしあたってのキャッシュアウトを極小化することです。


私の場合は 2物件の住宅ローン支払いが毎月約 50万円ですが想定キャッシュフローが50万円(改装中のため現在の CFは15万円)あるため、実質的なキャッシュアウトはゼロです。


もちろんテナントが退去するリスクを抱えているので、手放しに キャッシュアウトがゼロであることを喜べません。それでも他と比べて住宅ローン負担は極めて少ないです。




生命保険


ご存知の方も多いと思われますが、保険が最も必要な局面は第一子が生まれた瞬間です。独身者や子供の居ない夫婦では、極論すると生命保険は不要です。


更に現在の日本の医療制度を考えると、高額医療制度があるため医療保険に関しては不要ということになります。


免疫チェックポイント阻害薬のような超高額医療を自費で受けるためには自由診療保険が必要でしたが、薬価が急激に値下しているので保険の必要性は低下してきています。


本来の生命保険を購入する目的を考えると、究極的には十分ま資産さえあれば保険は不要ということになります。


資産形成することで生命保険の必要性が低下しますから、鶏が先か卵が先かという理論になりますが、生命保険の費用を下げるには資産形成に励めということになります。




教育


子供の教育に関してですが、これに関しては残念ながら妙案が思い浮かびません。子供の可能性に賭けてふんだんに教育費を投下する派ですが正解なのかは分かりません。




自動車


若い世代は自動車に興味が無いようなのであまり関係ないかもしれませんが、車好きにとってはバカになりません。それでも、4つの支出で最も制御が容易だと思います。


自動車の出費を抑えるには居住地を都心にすることです。しかし、ほとんどの人にとってそれは無理な話です。こうなってくると自動車を安く手に入れることが次善の策となります。


自動車を安く手に入れるためには、知り合いから現金購入するのが一番有利です。中古車販売会社で購入することに比べて 2~3割安でも双方に不利益がありません。


問題点は常に自動車を買うために現金を100~200万円手元に置いておく必要があることと、めったに知人が自動車を売りに出すことはないということです。


ちなみに私は現在知人から130万円で購入したランドクルーザーに乗っていますが、その前は 90万円で購入したメルセデスの E クラスでした。


いずれも 100万円前後なのですが、軽自動車の新車に乗るぐらいならこちらの方が断然おススメです。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




2019年度の路線価はどうなった?

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月1日に2019年度の路線価が発表されました。
毎年、私は所有物件の路線価を集計しています。


参考: 2018年2017年


今年も昨年比で、路線価は堅調に推移しているようです。昨年もそうでしたが、実際のマーケットはすでに天井を打っている印象ですが、路線価には全く反映されていません。



222 - コピー




上のグラフは主な所有物件の路線価の推移です。上の 5つが現在も所有している物件で、上から6~8は売却済みです。参考までに一番下には唯一の郊外立地の貸家を入れています。


上から6つ目の物件のみ傾向が異なりますが、路線価の低い物件(地方・大都市郊外立地)はこの20年ほど、ほとんど路線価が上昇していない(むしろ下落)ことが分かります。


一方、路線価の高い物件ほど、路線価上昇の割合が大きいようです。ちなみに、今年は上から18.5%、25.6%、13.3%、10.3%、11.8%と軒並み10%以上の上昇率でした。


不動産投資を始めて16年目ですが、今回のような大幅な上昇は初めてです。不動産は良くて横ばいなイメージだったのが遠い昔のようです...


2019.7.1の日経ニュースでも、全国的に地価は二極化していると報道しています。遠い世界の出来事のようにも聞こえますが、実際の自分の所有物件でもこのことは顕著です。


私はデータ収集マニアです。せっかく集めた貴重な自分の所有物件のデータなので、自験例として分析してみました。


まず、地価上昇率は、商業地域 > 近隣商業地域 >> 住居地域の傾向が顕著です。私のメイン 5物件のうち、上から5番目は住居地域にある現自宅ですが、上昇率はイマイチです。


一方、この2年ほどで狂ったように地価が上昇している上の 2物件は商業地域です。それぞれ購入してから4年と7年ですが、購入時の路線価よりも60~70%も上昇しています。


ここから見て取れるのは、やはり商業地域の物件は変動率が激しいことです。今は地価が上昇しているのでいい感じですが、一旦下落し始めると正直言ってコワイです。


路線価が上昇するメリットは、(銀行融資を通じて)実勢価格上昇の要因になること以外にも、銀行の担保評価が上ることです。


何もしていないのに、銀行目線の資産評価額が膨らむので、担保余力が増してどんどん融資を受けやすくなります。バブル期の不動産投資家はこんな感じだったんだろうな...。


一方、路線価が上昇するデメリットも存在します。最右翼は固定資産税上昇の要因となることです。物件をたくさん所有していると、わずかな上昇率でも金額が大きくなります。


路線価上昇が好ましいか否かかは、その人の置かれた状況によります。いけいけドンドンの不動産投資家であれば好ましいですが、相続絡みでは忌避するべき状況です。


私の場合は法人所有にしているので相続の影響は小さいですが、自己資本比率 75%と高いので銀行融資をフルに活用できているわけではありません。このため中立と考えています。


市場から強制退場させられない限り、不動産投資のスパンは極めて長いです。毎年 7月1日には所有物件の棚卸を行って、自分の状況を客観的に把握していこうと思います。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。