整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

悔いの無い人生を送る価値観


先日の外来で、50歳台前半の男性の末期変形性股関節症の患者さんが受診されました。
疼痛が高度なため、日常生活動作がかなり制限されています。


このような患者さんには人工股関節全置換術を勧めざるを得ません。最近は人工関節の耐用年数がかなり延びましたが、大柄な若年男性では平均寿命まで再置換術無しは難しいです。


このあたりの説明をすると、ほとんどの患者さんは手術に対して躊躇してしまいます。しかし、私は下記のようなことをお話しして手術を勧めるようにしています。


  • 50~60歳は、人生のうちでも最も脂の乗っている時期
  • 50~60歳は、70~80歳と比べて時間的な価値が高い
  • 若いときに疼痛のため活動制限して過ごすよりも、思い切って手術を受けて痛みなく何でもできる人生を過ごす方が素晴らしいのでは?


このように説明すると、かなりの方が手術に対して前向きな気持ちになります。やはり、若い時期に自由に行動できる貴重さを理解しているからでしょう。


実は、私はあまり手術が好きではありません。整形外科医としてあるまじき発言(?)ですが、回避できる手術はできるだけ回避するのが私のポリシーです。


それでも、今回のようなケースでは敢えて手術を勧めます。やはりTHAのように完成度の高い手術の切れ味を知っているため、自分が患者さんの立場でも手術を受けると思うからです。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




ステリストリップは幅広を選択しよう!


小児の外傷で縫合な必要なケースでも、創が小さい場合にはステリストリップのようなテープ材で対応することが比較的多いと思います。


この場合のポイントは、いかにして創周囲を乾燥した状態でステリストリップを貼付するかですが、実はそれだけではなくステリストリップの幅にも注意する必要があります。


ステリストリップのサイズは12mm、6mm、3mm幅の3種類ですが、小児の創は小さいことが多く、思わず3mm幅のステリストリップを選択してしまいがちです。


しかし、3mm幅のステリストリップは、粘着力が弱いのでお勧めできません。翌日にガーゼ交換する際に、粘着力が弱いためすぐに剥がれてしまうことが多いです。


創が小さくても、6mm幅以上のステリストリップを選択するべきだと思います。1cmぐらいの裂創ではステリストリップで創が覆われてしまいますが、意に介する必要はありません。


特に12mmのステリストリップは強力な粘着力です。ステリストリップのみで創を治す場合には、見栄えは悪いですができるだけ幅の広いステリストリップを選択するようにしましょう。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



日常診療はネタ探しに絶好の場


経済的自由な状況に到達すると日常生活のストレスは少なくなります。もちろん、全くなくなるわけではありません。感覚的には70~80%ぐらいでしょうか。あまり大したことないですね(笑)。


それでも、精神的な安息を得ることができるのは確実です。経済的自由な状況に達するだけなら、不動産投資のみでも可能です。しかし、収益源を複数化すればするほど安定性は増します。


お勧めは、スモールビジネスです。その理由は、立ち上げは苦労が多いものの、経済的にはさほど大きなリスクを負うことはないからです。そして何よりも、ワクワクする経験ができます。


それほど大きな経済的リスクを負うことなく開業できるスモールビジネスのアイデアを思いついたのなら、是非一度は立ち上げに挑戦して欲しいと思います。


米国では医師がスモールビジネスを立ち上げるケースが多いです。レジデントが医療用ドリンクのベンチャーを立ち上げた例もあったそうです。


このケースでも、自分の得意分野の隣接領域に新しいビジネスを展開しています。やはり、隣接領域に進出することで成功率が高まるのでしょう。  


日常診療は、スモールビジネスのネタ探しに絶好の場です。ポイントは、収益化が可能か否かの視点で常に物事を観察することです。


ビジネスのネタはとても小さくて気付きにくいことが多いと思います。そして、小さなネタを見つけるコツは、日常診療で「不便だな」と感じたことに注意を向けることです。


例えば、私は鎖骨固定帯で不便さを感じていました。この装具はひとりでは装着することができないので、一人暮らしの患者さんはとても困ります。


何とかひとりで装着できる装具ができないものかと考えた結果、少しデザインを変えるだけでひとりで装着できるようになることに気付きました。


これはイケると判断して、私は特許庁に申請して意匠権を取得しました。意匠権を所有していれば、アイデアを盗まれることなく商品化することも夢ではありません。


不便さを解決することが、思わぬビジネスに発展する可能性を秘めているのです。このようなことを考えながら日常診療を行っている臨床医はあまり居ないと思います。


参入者が少ない分野は、常にチャンスに満ちています。たったひとつのアイデアでホームランを飛ばすことは難しいですが、数打てばひとつぐらいはヒットが出てくるものです。


考えるだけなら費用はかかりません。私は、日常診療での気付きは「無料の宝くじ」と考えています。ただし、漫然と業務をこなしているだけでは絶対に気付きを得ることはありません。


能動的にネタを探し続けることでしか、有用な気付きを得ることはできないと思います。当然ながら日常診療での気付きは医師しか得ることはできません。


つまり、他の領域の人が絶対に入ってくれない目に見えない参入障壁があるのです。目の前に落ちているかもしれない砂金を見つけるのはあなたかもしれません。


日本でも医療関係のスモールビジネスを始める医師が増えるといいなと思います。是非、あなたも日常診療で小さな気付きを得て、大きく育てる視点を持ってみてください。




★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ