整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

プレタール投与法が未だに浸透せず・・・


今日の午前中はアルバイト先での外来でした。
腰部脊柱管狭窄症の方が相変わらず多いので、数名にプレタールを処方開始しました。


プレタールは効果を期待できる反面、頭痛や動悸といった副作用の併発頻度が高いと思います。これに対してオパルモンは効果がマイルドな分、副作用はあまり併発しない印象です。


したがって、腰部脊柱管狭窄症に対する保存治療の第一選択薬はオパルモンにしています。しかし、オパルモンだけでは効果不十分な場合にはプレタールを投入します。


この際、いきなり常用量の200mg/日を処方すると、かなりの頻度で頭痛や動悸を訴える方が発生してしまいます。そこで私は100mg/日を分2朝夕後から投与開始します。


まず最初の1週間は100mg/日服用してもらい、副作用を併発しないことを確認してから200mg投与に移行するのです。200mgに増量する際には、分2朝夕後で50mg錠を4錠処方します。


50mg錠を4錠処方することで、もし副作用を併発しても自分でプレタールの服用量の調整をできるようにしているのです。もちろん、このことは患者さんに充分に説明します。


しかし、この処方をすると必ず薬局から「50mg錠を2錠ではなく100mg錠を1錠で処方してください」という電話がかかってきます。毎週のように増量の過程を説明しているのですが・・・。


今日は、2名の方に同様の処方をしましたが、2回とも電話がかかってきました・・・。同一の薬剤師さんだとは信じたくないのですが、同じ方だったような気がします(笑)。


通常ではない処方や添付文書上の投与方法から外れる際には、必ず医師に電話で確認するように求める院内規定でもあるのでしょうか???



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
 一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。


                      

 症状と患者背景にあわせた頻用薬の使い分け―経験とエビデンスに基づく適切な処方





姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。


                       


       類似薬の使い分け―症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる



第一印象で患者さんを判断しない


本日の午前は外来でした。新患を診察する前に問診表を確認しますが、極端な問診表を目にすると、どうしても患者さんの第一印象に対するバイアスが掛かります。


今日も「最近、体を動かすことが億劫になってきたので入院でのリハビリテーション希望」という少し芳しい匂いを予想させる問診表を記載した患者さんが初診されました。


正直、どんな患者さんが入室してくるのか身構えましたが、よくよく話を聞いてみると歩行時に下肢の脱力感が出てくるため外出するのが億劫になったようです。


たまたまMRIでキャンセルが出たので腰椎MRIを施行したところ、L4/5で中等度の脊柱管狭窄を認めました。検査結果を説明してオパルモンを処方すると喜んで帰って行きました。


あまりに極端な問診表や、通常ではないルートで診察室にやってくる患者さんには悪い方向のバイアスが掛かりがちですが、やはりしっかりと話を聞いて診察に臨むべきだと思います。


患者さんは医療の素人なので、問診表の書き方・病院での立ち振る舞い・医療機関へのアプローチ手法が私達医療関係者の常識から外れることもあります。


今日の方の「最近、体を動かすことが億劫になってきたので入院でのリハビリテーション希望」という問診表も、もしかしたら私以外の方から見ると普通の訴えなのかもしれません。


「自分の常識は世間の常識ではないかもしれない」という気持ちを常に忘れないようにして、できるだけ診察や治療にバイアスが掛からないように心掛けるべきだと改めて思いました。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




ある医師の破綻劇


昨日の夕方、懇意にしている某大手不動産会社の方とお話をしました。非公開物件の資料を何件か見せていただいたのですが、そのうちの1件が医師として非常に興味深いものでした。


この物件は、債権回収業者(サービサー)案件でした。現所有者は1年前に物件を購入したのですが支払が滞ってしまい、サービサーが債権回収を図っている状況です。


そして、何とこの物件所有者は勤務医だったのです!しかも年齢は30歳台前半だそうです。30歳台前半といえば10年目に差し掛かろうとしており、医師として脂が乗りつつある時期です。


この医師は、投資用ワンルームマンションから不動産投資の世界に入ったそうです。投資用ワンルームマンションは下図のように確実にキャッシュアウトしてしまいます。



7



              医師のための築古木造戸建投資マニュアル から抜粋




投資用ワンルームマンションは、購入すればするほどアリ地獄に陥ります。徐々にキャッシュが回らなくなるため、次の物件こそは!と勧められるままに新規物件を購入し続けたようです。


不運だったのは、投資用ワンルームマンション販売業者の元社員がブローカー化して、その医師に取り入ってしまったことです。新規物件を紹介する毎に多額のマージンを抜いたのです。


この医師は、いよいよ資金ショートしそうになったため、その悪質なブローカーの勧めのままに表面利回り9%の2億円超の物件を購入して起死回生を図りました。


しかし、ここでブローカーにアドバイス(誘導?)されて大規模修繕を行ったことで(=もちろん、大規模修繕の業者からもバックマージン有り)、完全に資金ショートしました。


この方は自己破産され、物件はサービサー扱になりました。絵に描いたような転落劇ですが、今回は悪質なブローカーと、おそらくは某銀行の融資担当者がグルになったことが元凶です。


某銀行の融資担当者の誤算は、これほど早く(=自分の任期内)この医師が破綻すると思っていなかったことです。融資担当者の予想以上にブローカーの悪質度が高かったのでしょう。


今回の教訓は、医師であってもお金の扱い方や資産運用については最低限の知識を持ち合わせていないと、長い人生の中でどのような地雷を踏むか分からないことだと思いました。




                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

   勤務医のための資産形成マニュアル
   築古木造戸建投資マニュアル
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

bnr
ランキングはこちらをクリック!



にほんブログ村



医師 ブログランキングへ



QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ