整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

年収1000万円も張子の虎か?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週号の週刊ダイヤモンドの特集は、年収1000万円の大不幸でした。






内容に目新しさはありませんが、ほぼすべての医師は年収 1000万円以上に該当するものと思われます。したがって、ここに記載されていることはキホンのキです。


この手の特集では、マイナス方向に行かないための防御策が気になるところです。私が今回の特集をみて得心したのは、下記2点です。


  1.  残業代が別途の年収は脆い
  2.  教育費が家計を圧迫する


まず①の残業代が別途の年収は脆いですが、建設業や商社などの一般企業では仕事がハードで残業代が多いためにトータルの給与所得が 1000万円を超えるケースが多いようです。


周知のように、医師の世界でも大規模公的基幹病院を中心に、同様の給与体系が採られている医療機関が多いです。特に独法化したところが該当し、給与が減少したようです。


このように残業代でトータルの年収が維持されているパターンでは、仮に今回のコロナ禍での影響が無かったとしても、決して安定しているとは言えません。


もし、自分がそのようなパターンに該当しているのであれば、自分の給与所得は砂上の楼閣であることを認識して、気を引き締める必要があると思います。


次に②教育費が家計を圧迫するもかなりのクセ者です。他ではあまり見たことのないノイエス(?)は、中高一貫校でも塾通いは続くという事実です。


全国的に有名な進学校であっても、現役で東大理Ⅲを狙う最上位層や、逆にぎりぎりで合格したため、授業についていくのが難しい層では塾通いが必須となります。


たしかに私の身の回りでも、全国屈指の進学校にもかかわらず、中学1年生時から学年の 1/3~1/2が鉄緑会に通学していて驚いた記憶があります。


私立中学・高校+塾費用なので、単純計算で年間200万円近くになるケースもあります。これだけ出費がかさむと年収 1000万円と言えどもかなり苦しいですね...。


私は塾や予備校に行ったことが無いので、その感覚が良く分かりませんでしたが、仮に通学していたとしても親がお金を出してくれたはずなので痛みは分からなかったことでしょう。


現役医師は、このような残業代と教育費の落とし穴にはまっている確率が高いと思います。くれぐれも自分が高収入だと思い込まないことが大事だと思いました。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




慶応に歯学部ができる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経新聞で興味深いニュースが流れました。
慶応大と東京歯科大、合併へ 2023年春めど です。



慶応義塾(東京・港)と東京歯科大(東京・千代田)は26日、合併に向けた協議を始めると発表した。2023年4月をめどに慶応大に歯学部を設け、統合する。10学部を擁する慶大はさらに歯学部を加え、総合大学としての競争力を強化する。



一般の感覚では「慶応大学がさらに早稲田大学を突き放した
だと思います。しかし、当事者、特に東京歯科大学出身者にとっては胸中複雑ではないでしょうか。


自分の母校が他大学に吸収されて無くなってしまう...。それが例え、天下の慶応大学であっても、拒否感を示す人が多いのではないでしょうか?


周知のように単科医大では単独での生き残りが難しい大学が多いです。東京医科大学と早稲田大学、東京女子医大と早稲田大学など、噂話は絶えません。


しかし、単科大学は歴史のある実力大学が多く、OBの力は隠然としています。おいそれと総合大学の軍門には下らないことが予想されます。


もし自分の母校が吸収されて無くなったら...。私ならやはり嫌ですね。たぶん OBとして反対運動に参加すると思います。だったら寄付するかと言われると微妙ですが(笑)。


知り合いに東京歯科大学出身者が居るので、どんな感じでしょう?とお伺いしたところ、予想外に嬉しそうでした...。アレ、そんなものなのかな???






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



褥瘡のポケット切開で悩む

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、久しぶりに褥瘡患者さんの診察をしました。通常は院内の褥瘡ラウンドが全ての褥瘡患者さんの治療に対応しています。


しかし、上腕骨内上顆部の骨髄炎を伴う感染性褥瘡だったので、併診依頼がきたのです。3次救急病院時代には頚髄損傷患者さんを複数担当していたので褥瘡も治療していました。


しかし、現在の病院では人工関節全置換術ばかりしているので、褥瘡治療は久し振りでした。診察すると、上腕骨内上顆を中心に巨大なポケットを形成しています。


中枢・屈側方向を中心に 3cmほどの深いポケットなので、内部まで有効に治療できていない印象でした。ポケット開放が必要そうですが、念のためガイドラインを確認しました。


Mindsの記載に目を見張りました。どのような場合にポケット開放すればよいかについては、
エキスパートオピニオン以外にエビデンスはほぼ無いとのことです。







これには驚きましたが、どうみてもポケット内に感染性組織が滞留しているのでポケット開放は必要そうです。そこで、ポケット切開することにしましたが、どう切開しよう...。


前述のように、中枢・屈側方向中心ですが全周性の深いポケットです。最も深いのは屈側ですが、安易にその方向に切開すると、上腕骨の処理が必要になった場合にやっかいです。


そこで、上腕骨の骨髄炎手術を想定して、中枢方向にポケット切開することにしました。最も深い屈側方向に切開すると、次の手を打ちづらくなります。


たかが褥瘡のポケット切開ですが、少し考えさせられました。そして、このあたりの実践的な資料は残念ながら存在しないようです。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。