整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

愚痴:外来リハ前診察は有効か?

このエントリーをはてなブックマークに追加


リハビリテーションの分野では、国の政策誘導のために(?)、外来よりも入院リハビリテーションの方が点数が高いです。


外来リハは入院リハに比べて単価が低いにも関わらず、予約時間に来ない・ドタキャンされると収益的に大打撃を受けるなど、医療機関にとってはロクなことがありません。


このため、病院としては外来リハはできるだけ受けないという選択をせざるを得ません。しかし、整形外科で手術した患者さんなどは受けざるを得ないことも多いです。


術後患者さんは例外的に外来リハを施行していますが、ここでも難関が控えています。それはリハ前診察です。単なる儀礼的なモノですが、これを省略することはできません。


建前上は、外来リハが可能か否かの判断を行うことになっていますが、他の医師が担当の患者さんは治療内容がブラックボックスなので形式的なモノにならざるを得ません。


一方、患者さんは診察室に通されるんだから、アレもコレも医師に伝えようとします。しかし、他の主治医の外来リハ患者さんに下手な説明はできません。


更に、外来リハも PT や OT のスケジュールに組み込まれているため、開始時間が遅れるわけにはいきません。遅刻すると、その間の時間が機会損失になるからです。


限られた医療資源を考えると、リハビリテーション特化施設でもないかぎり、意味のある外来リハ前診察を実践することなど不可能です。


理想論ではきっちりリハビリテーション前の評価を行うべきなのですが、医療資源は有限であるという視点が抜け落ちている気がするのは私だけでしょうか?






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



レビュー:フィットキュア・スパイン

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、フィットキュア・スパインを使用してみました。
フィットキュア・スパインは体幹装具の一種です。

pic_001 - コピー


椎体圧迫骨折では、コルセット完成までに数日間かかることが多く、完成までの期間は離床できないことが多いです。


フィットキュア・スパインは外来ですぐに装着できるため、
コルセット完成までの期間にも離床することができます。なかなか素晴らしいアイデアの商品です。


患者の背部形状に合わせたキャストステーを成形するという謳い文句ですが、実際のところキャストステーは不要です。装具だけでも充分固定性があるのです。


しかし、フィットキュア・スパインは「体幹ギプス」の一種という解釈で点数を取るため、キャストステーを使用せざるを得ません。


そして、キャストステーは非常に使い勝手が悪い。水に濡らすことが不要というのがウリのようですが、水袋が全然割れないのです(苦笑)。


体重をかけても全然割れないので、ハサミでついて割ってしまうのが早くて簡単です。実質的にはキャストステーは不要なので、要らぬ労力を使いたくないのが本音です。


フィットキュア・スパインは画期的な商品ですが、点数の取り方が邪道であるにもかかわらず、邪道な点数を取るために医師の手間が取られる部分は改善の余地アリだと思いました。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        

m3.com 第11回がアップされました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第11回がアップされました。お題はビジネスは他人の褌で相撲をとるな! です。



m3com_logo




資産形成におけるマイブームは、ビジネスの立ち上げです。現在も同時並行でいくつかの事業を進行させています。マイブームとなった理由は下記のごとくです。


  1. 金融資産、不動産を含めてほとんどの投資対象が割高なので投資旨味が無い
  2. 強力なキャッシュ産生マシーンを元手ゼロで獲得できる可能性がある
  3. 起業経験やスキルが身についたため、気軽にビジネス立ち上げができるようになった



ビジネスの立ち上げには麻薬的な楽しさがあり、一度その面白さを知ると止め難い魅力があります。これは面白いネタかも、あれも面白いネタかも、と毎日楽しいのです。


もちろん、起業は苦しいことが多く、毎日のように難題が降りかかってきます。基本的には経営者(CEO)が全てを解決する必要があるので、精神的には非常にタフな仕事です。


今ある乏しい材料だけで問題を解決する必要があるので、整形外科医的にいうと巨大な骨欠損のある開放骨折を知恵を絞りながら手術していくような感覚です。


そんな大変な仕事を毎日できるわけないだろ! と思う方が多いでしょうが、これがヤミつきになるんですね(笑)。手術好きな先生ならご理解いただけると思います。


さて、そうは言ってもビジネスの立ち上げには危険がいっぱいです。無知な状態で挑むとほぼ確実にヤラれてしまいます。


落とし穴は無数にあるのですが、ビジネスモデルを考える時点で間違った道を進みだすと軌道修正不可能です。私も最初のビジネス立ち上げでイタイ目にあいました。


今回のm3.comでは、最初に立ち上げたビジネスがどうして危機に瀕したのかを詳述してみました。1分ほどで読了可能なので、是非m3.comを訪問してくださいね!







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。