整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

安価に同種骨移植を導入する方法


今日は安価に同種骨移植を導入する方法をご紹介します。
まず、同種骨移植には下記のような手順が必要となります。

  1. 院内の倫理委員会の承認を得る
  2. 加温システム・超低温フリーザー(-80度)を調達する
  3. ドナーおよびレシピエント向けの同意書を作製する


②に関してですが、加温システムはLobatorがほぼ市場を独占しているため、本体は約300万円と非常に高価です。このためレンタル(1回3万円程度)で対応する施設が多いようです。


ドナーから採取した骨は、とりあえず超低温フリーザーで冷凍保存します。そして、ある程度移植骨が貯まった時点で、Lobatorをレンタルして一気に加温処理してしまうのです。


超低温フリーザーは各社が販売しており、100万円前後で購入することが可能です。加温処理専用容器は3万円/個程度なので、加温システムを購入するか否かがコスト面のポイントです。


以上を総括すると、コスト面では100万円程度で同種骨移植を導入することが可能です。意外とハードルが低いことが分かりますね。ただし、ハードよりもソフト面の方がハードルが高いです。


それは、院内の倫理委員会の承認、各種同意書作製、およびドナーの感染症の検査を行う必要性があることです。特に感染症は病院負担になるものがあるので注意が必要です。



このあたりのソフト面での整備が大変なので、同種骨移植導入に躊躇する施設が多いと思います。もちろん、純粋に同種骨移植のニーズはさほど高くないことが原因ではありますが・・・




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が股関節外科の基礎および治療体系を学習するにあたり最もお勧めの書籍です。日本を代表する執筆陣が股関節外科に関するあらゆる事項を、非常に分かりやすく解説しています。この1冊があれば股関節外科のほぼ全ての疑問点を解消できると思います。


         




スモールビジネス立ち上げのススメ


最近、投資の世界からは縁遠い日々を過ごしています。金融資産ではドイツ銀行の動向を注視しているものの、まだ次の購入価格まで下落していません。


一方、不動産は売却ラッシュ(?)で、どんどん資産規模が縮小しています。完全に世の中の動きと逆行していますね。また、不動産はほぼ完全に自動運転化しているのでヒマです。


では、だらだらした毎日を送っているのかというと、そういうわけではありません。最近立て続けにビジネスの案件が持ち込まれたので、それに対応するための業務に忙殺されています。


医師が起業すると言うと、ほとんどの場合はクリニックを開業することを意味します。これはこれで成功率の高い堅いビジネスですが、大きな設備投資を必要とすることが残念な点です。


クリニック開業に失敗すると再起不能となる可能性が高いため、「人生を賭けた」戦いに挑むことになります。私のようなお気軽派の人間にとっては、少しハードルが高いです。


しかし、起業は必ずしも大きな設備投資を必要とするわけではありません。小資本で起業できるスモールビジネスは、リスクが少ないためお気軽派の人間にぴったりの起業モデルです。


そして、スモールビジネスを考えるにあたって、ホリエモンこと堀江貴文さんが提唱した「ビジネス4原則」が非常に参考になります。


  1.  小資本で始められる
  2.  在庫がない(あるいは少ない) 
  3.  利益率が高い 
  4.  毎月の定期収入が確保できる


上記は主にネットビジネスを念頭に置いているため、100%踏襲することは難しいです。しかし、基本的な考え方としては正しく、この方針で起業するとリスクは最小限に抑えられるでしょう。


一方、このビジネス4原則は総論なので、実際の起業ではたくさんの実践的なスキルが必要となります。私の経験(4つのスモールビジネスを所有)では下記のスキルが必要です。



収益モデルの構築
  • 小資本に徹して、固定費を極限まで減らす
  • HPを作成する作業を通じて競合のビジネスモデルを研究する

組織化
  • FBグループを利用したクラウドでの意思疎通プラットフォームの立ち上げ方
  • 法人設立の定型化(司法書士、税理士確保)
  • 外注先の確保

マーケティング
  • HPの作り方(ドメイン・レンタルサーバ取得、発注先の確保、効率的な発注方法)
  • PPC広告の活用法(Google adwords、FB広告)
  • FAX-DMの活用法(顧客リスト化の発注方法、インターネットファックスの利用法)
  • 見込み客確保後の直接営業法



上記は、単純な知識と人脈から成ります。単純な知識は1週間もあれば習得できますが、鍵となる能力を持つ人達とのつながりは、実際のビジネスを通じてしか獲得できません。


ビジネスを立ち上げる技術は、金融資産投資や不動産投資で必要な技術よりも奥が深いですが、応用できる範囲が広いため非常に有用です。


このビジネスを立ち上げる技術は、スモールビジネスでも十分に習得できます。これは、不動産投資の技術を築古木造戸建投資で学べるのと同じ理屈です。


ビジネス立ち上げの技術習得のためにも、素晴らしいアイデアや閃きを得ればスモールビジネスに取り組んでみることを強くお勧めします。





★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



物件は築20年でお嫁に出そう!


最近、物件の売却方法について考える機会が増えました。
マイナス金利のために、世の中は物件を購入したい人だらけです。


不動産業者や銀行も物件売買がメシの種なので、不動産購入を煽っています。その中で、アベノミクス以前に安価に物件を購入した層は、ひっそりと売却へと舵を切っています。


私は、好立地の不動産を永久保有することを基本戦略に据えていますが、今回の上げ相場を、絶好の資産組み替えのチャンスと考えています。


初心者の頃に高値掴みした物件や、立地・スペックに問題のある物件を売却するには絶好の機会です。下記に一般的な不動産投資家の売却に対する考え方を示します。


まず、不動産購入の際にはほとんどの人が銀行融資を利用します。このため、高値売却を実践するためには銀行融資の基準を熟知することが基本になります。


銀行融資期間の上限はほとんどの銀行で30年もしくは法定耐用年数の短い方です。購入者にとって、融資期間が長い方がキャッシュフローが良くなるため、融資期間は30年が理想です。


融資期間30年は難しくても、キャッシュフローを考えると最低でも融資期間20年は欲しいところです。ここから逆算すると、物件種類別の築年数の上限は下記のごとくです。

  • 鉄筋コンクリート造(RC造): 築21年 → 法定耐用年数30年
  • 鉄筋コンクリート造(RC造): 築33年 → 法定耐用年数20年
  • 鉄骨造(S造): 築17年 → 法廷耐用年数20年


上記のように、鉄骨造なら築15年、鉄筋コンクリート造なら築20年を越えると売却を考える必要があります。私の基本戦略もこのぐらいの築年数での売却を目指しています。


次に購入する人が長い融資期間を引くことのできる築年数で、物件を「お嫁に出す」ことを考えるのです(笑)。この時期を過ぎると、物件を高値で売却することが難しくなります。


尚、購入する人の注意点は、上記よりも古い物件を購入してしまうと、次に購入できる人が少なくなるので売却が困難になる点です。購入時から出口戦略を考えておく必要があります。


現在、市場に出回っている物件は上記の築年数を経過している物件が多いです。なぜなら不動産投資家は、売却と築年数の関係を完全に理解しているからです。


不動産業者さんから紹介される築20年前後の魅力的にみえる物件(?)の裏には、このような毒が盛られていることを知っておくべきでしょう。


尚、希少立地であるため永久保有するつもりの物件に関してはこの限りではありません。実際、私自身も築30年以上の物件を「立地」を目的に保有し続けています。


ポイント
  • 物件は築20年前後でお嫁に出すことを考えましょう
  • 築20年前後の物件を購入すると、出口が無い可能性があることを理解するべきです



★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ