整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

漢方薬が食前服用である理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

良薬は口に苦しと言いますが、漢方薬のマズさには特筆するべきものがあります。個人的にはあんなマズい薬を毎日服用するのは大変だなぁ...。


患者さんも同じように考えているようで、芍薬甘草湯などを処方する際に食前服用であることを伝えると「空腹時にあのマズさは勘弁してほしい」というコメントがきます(苦笑)。


このコメントを聞いて、そもそも漢方薬はなぜ食前服用なのか? という基本的な疑問が湧きました。たしか、以前に調べてブログにアップしたような気がする...。


調べてみると、下記のようなブログ記事がありました。自分で書いたのに、肝心の内容は完全に忘れています。



まず添付文書に記載されている臨床試験には食前や食間しか記載がありません。つまり、厚生労働省や製薬会社は、食前や食間の服用しか想定していないのです。


その理由なのですが、漢方の薬物動態から次のように説明されます。漢方薬の薬効成分には配糖体がついており、消化管内の唾液、消化酵素、胃酸から、薬効成分を守っています。


しかし、配糖体が薬効成分にくっついている限り、薬効成分は体内に吸収されません。そして、この配糖体は腸内細菌によって分解されます。


消化管内に漢方薬以外の食物があると、腸内細菌の分解能力が配糖体に集中されません。つまり、食前・食間など消化管内に食物の無い時間帯が、配糖体の分解に都合がよいのです。


このような理由から腸管からの漢方薬の薬効成分の吸収をよくするためには、食前・食間での服用が推奨されるのです。ざっくり言うと「漢方薬は吸収されにくい」のですね。



なるほど、漢方薬は吸収されにくいからBP製剤のように食前・食間服用なのですね。食後に服用しても副作用があるわけではなく、単に吸収されないから無駄になるだけです。


漢方薬=吸収されにくい
覚えておこう。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








ベテランと新米医師を分ける2つの能力

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月になって新年度入りすると、毎年恒例の行事があります。それは大学から派遣されてくる新米医師の外来指導です。彼らの外勤先病院なので毎年のように新人ばかりです。


電子カルテの使用法というよりは、整形外科医としての経験が不足しているため目を光らせなければなりません。先日も、新米医師の外来指導に入ったのですが非常に疲れます。


しかし、彼らを指導することで、久し振りに新たな気付きを得ました。それは下記 2点のために、ベテランと新米の間で診療に大きな差異が発生することです。


  1. 診療を予測しておこなっている
  2. コストや患者負担を考えている


①に関してですが、日常的に自分が行っている診療は、無意識のうちに傷病や疾患がどのような経過をたどるのかを予測しながら治療していたのです。


一方、傷病や疾患の治療経験の無い新米医師は、予測能力が働かないため治療方針が非常に的を得ないものになります。予測能力がこれほど重要であるとは思いもしませんでした。


例えば、数日前から両下肢の
間欠性跛行が出現した患者さんが初診されたのですが、ABIで血管障害を除外したうえで、いきなり腰椎MRIを依頼しようとしていました。


ABIまではOKなのですが、いきなりMRIはいただけません。経験ある医師であれば、このような症状はしばらくすると経過観察のみで軽快することがあることを知っているものです。


②のコストや患者さん負担を考えることも重要です。これはそこそこベテランの医師でもスルーしていることが多いので注意が必要です。


患者さんの保険区分や、検査に時間を取れる人なのかを勘案しながら治療法を提案するのは、新米医師にとってはほぼ不可能です。このあたりが経験の差なのでしょう。


新米医師の指導を通じて、自分がベテラン医師として持っている価値の源泉が何であるのかを再認識できました。非常に面倒で億劫ですが、新米医師指導も悪くないモノです。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



NRIレポートにみる富裕層になるためのシンプルな手法

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の富裕層研究の資料は、野村総合研究所(NRI)が 2年毎に公表しているNRI富裕層アンケート調査が情報源であることが多いです。


最新版は、2020年10~11月に実施された2019年度版です。結果は下記のごとくで保有資産規模と世帯数がピラミッド型になっています。ピラミッド型なので比較的健全ですね。



555 - コピー

野村総合研究所のホームページより転載



さて、野村総合研究所は今回の調査結果に関して下記のようなコメントを発しています。


富裕層と超富裕層をあわせた2019年の世帯数は、2005年以降最も多かった2017年の合計世帯数126.7万世帯から6.0万世帯増加しました。富裕層・超富裕層の世帯数はいずれも、安倍政権の経済政策(「アベノミクス」)が始まった後の2013年以降一貫して増加を続けています。

過去10年近くにわたって富裕層・超富裕層の世帯数及び純金融資産保有額が増加している要因は、株式などの資産価格の上昇により、富裕層・超富裕層の保有資産額が増大したことに加え、金融資産を運用(投資)している準富裕層の一部が富裕層に、そして富裕層の一部が超富裕層に移行したためと考えられます。



ご親切にも、野村総合研究所は富裕層以上になるためのシンプルな方法を説明してくれています。端的に言うと、株を買って持ち続けろ! です。


誰でも実践できますが、本当に実践できる人は少ない手法です。多くの人は、①そもそものタネ銭が少ない ②株価が上がるとすぐに売却してしまう という二重苦に陥っています。


①②を両方ともクリアしている人は、この 10年で確実に富裕層に駆け上がれたはずです。そして今のトレンドが続く限り、10年後も同じ結果になっている可能性が高いです。


尚、野村総合研究所の調査は金融資産がメインですが、不動産を含めるとその傾向がもっと明確になるはずです。何と言っても、都心地価の上昇率は株式以上ですから...。


いずれにせよ、富める者がますます富むという身も蓋も無い現実です。しかし、この状況に対して愚痴を言っても仕方ありません。


残念ながら北欧を除くと日本以上に社会主義的な国は存在しません。この世界で生きていく以上は、まずタネ銭を集めて資本主義のゲームに参加する資格を得ることが先決でしょう。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ビジネスパートナー募集中
210318
医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。