整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

1週間ブログをお休みします


昨日からタイのマレー半島東側にあるサムイ島(Koh Samui)に来ています。
私は1990年台前半にバックパッカーとして2週間ほどサムイ島滞在したことがあります。


しかし、当時の面影は全く無く、すっかり観光地化されていました。島の発展は目を見張るばかりで、サムイ島ひいてはタイの経済が大きく発展したことを感じました。


今回の宿泊先は、山の上のプライベート・ビラです。3ベッドルーム+ダイニングキッチン+プライベートプール付きのビラです。



IMG_3541 - コピー



学生の頃に滞在していたゲストハウスとは雲泥の差ですが、この自分の中での格差が結構楽しかったりします(笑)。当時はかなりの円高だったので、本当にタイの物価は安かったです。


しかし、今回はそこそこ豪華なビラに宿泊していることもありますが、ローカル・スーパーマーケットに行っても物価は感覚的に日本とあまり変わりない(!)ことに驚きました。


例えば、「かっぱえびせん」などの日本製のお菓子の価格(=日本での価格)が、現地のタイ製のお菓子と大差無い価格でした。同じサムイ島の20年前の物価の肌感覚とは雲泥の差です。


もちろん、観光地であることが影響しているのでしょうが、1990年台前半の日本円の強さを知っている者としては、知らない間に日本人がずいぶん貧しくなったことに衝撃を受けています。


20年以上にわたって日本が停滞している間に、世界は大きく進歩したようです。現在の日本で海外からの旅行者が急増していることも納得できます。日本は物価が安くて安全快適ですから・・・


急激な円安の進行のため、3年で日本人の購買能力は50%落ちました。不動産や株価は同程度以上に値上がりしたため資産家の影響は少ないですが、現金のみの人には辛い状況です。



IMG_3573 - コピー



このようなことを考えながら、今週はいろいろなことに思いをめぐらしてみたいと思います。夜はこんな感じで、プールサイドでSignha Beerを飲みながらまったりです。


完全に医師の仕事からが離れるので、ブログも1週間お休みする予定です。8月3日(月)から再開予定ですが、それまでは滞在先や資産系の話題を不定期にアップしたいと考えています。



   ★★ 『 整形外科の歩き方 』でクラブフロアの
基本講座を公開中です! ★★


     




2012年の電力株投資の検証結果は?


私は2012年7月~11月の電力危機の際に、電力株を大量に購入しました。
しばらく鳴かず飛ばずだったのですが、最近になってようやく株価が復調してきました。


日本株式全体では、中国やギリシャ問題のため株価は軟調です。そんな中、私のポートフォリオの20%ほどを占める電力株だけは順調に推移しています。


投資を開始して3年目でようやく芽が出てきたのですが、現時点での投資成績を評価してみました。下表の右の数字は、購入価格に対する7月24日の終値ベースの倍率です。   


         東京電力    1.99 倍 
         中部電力    1.96 倍    
         関西電力    1.77 倍    
         中国電力    1.90 倍    
         北陸電力    2.19 倍    
         東北電力    3.26 倍    
         四国電力    1.98 倍    
         九州電力    2.06 倍    
         北海道電力   2.41 倍    
         電源開発    2.49 倍 


購入価格の3.26倍と東北電力のパフォーマンスの良さが光りますが、残念ながら200株しか所有していません。東京電力と東北電力はリスクが高いため株数を増やす勇気が無かったのです。


一方、原子力発電所を所有していない電源開発は、電力危機においても高株価であったため所有株数が少ないのですが、その他の銘柄はすべて1000株以上所有しています。


電力株投資を検証した結果、リスクが高い銘柄のパフォーマンスが光っていました。最もハイリスクな東京電力が1.99倍と低パフォーマンスなのは、怖くて購入時期が遅かったためです。


東京電力に関しては株価的にはまだ現時点でも購入するチャンスがあるのかもしれませんが、賠償金の問題のため買い増しには二の足を踏んでしまいます。


ここで思い切って踏み込んでいくのも一法かもしれませんが、どうもそこまで私には度胸は無いようです。円の減価とともに賠償負担が軽減される可能性もあるのですが・・・


以上をまとめると、10銘柄中1~2銘柄ぐらい破綻しても、購入価格が安ければ全体でみれば十分に利益を出せることを再認識しました(幸い、実際は破綻ゼロでした)。


やはり投資の世界では、「絶対損するのはイヤ!」という心情では儲けることは難しいようです。稼ぐためには、労働して額に汗をかくか、投資で心に汗をかくか、のどちらかなのでしょうね。



              ★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー

                     医師のための資産形成講義


本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 


日整会カードは無料の海外旅行保険


梅雨も明けて、めちゃくちゃ暑いですね!
まぁ、夏だから当然と言えば当然です。


今年も暑い日本を脱出して、明日からしばらく海外に避暑に行こうと思います。「避暑」と言っても、海外のビーチリゾートに行く予定なのですが、日本よりも数段快適に過ごせます。


私は目的地の気候を調べてから候補地を選びます。次に航空券と宿泊費のバランスを考えて渡航先を決定します。7~8月ならモンスーンの関係でバリ島もしくはインドシナ半島東海岸です。


航空券と宿泊先は出発の遅くとも3ヵ月前までには押えます。ここまで実行すると直前までやることが無いのですが、意外と海外旅行保険を忘れがちです。


しかし、海外旅行保険は結構割高です。家族で10日ほど渡航するだけで数万円の保険料が掛かります。そこで、登場するのが、我らが日整会カードです。


日整会カードは無料にも関わらず、下記のような保険が自動附帯されます。詳しい内容が記載された冊子はこちらからダウンロードできます。


    傷害・疾病治療  : 本人・家族会員 200万円
    賠償責任          : 本人・家族会員 3000万円
    携行品損害       : 本人・家族会員 50万円


キャッシュレスでは無いことと、本人・家族会員以外(例えば子供)は保障対象外であることが注意点です。この点以外は、最低限の保障は得られていると思います。


ただ、傷害・疾病治療の金額は少々心許ないです。しかし、他に海外旅行保険が自動附帯されるカードがあれば、その金額が合算されるので保障額が増額します。


私の場合、ブラックカードがあるので、子供も含めてクレジットカードの海外旅行保険だけで全てを賄うことができました。これからは、海外旅行保険で悩むことは無くなりそうです。



   ★★ 『 整形外科の歩き方 』でクラブフロアの
基本講座を公開中です! ★★


     




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

   勤務医のための資産形成マニュアル
   資産形成のコンサルテーション・サービス
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ