整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

Money and Medal に加えるモノは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は、銀行の担当者と融資の件でお会いしました。
周知のように、銀行の担当者は2~3年周期で代わります。


現在の担当者とは、約1年の付き合いです。ひととおり融資に関してのやり取りが終わってから雑談に興じました。実は、私は銀行員と話しをすることが大好きです。


何故なら、何の憂いも無く現在の状況を自慢できるからです(笑)。普通の人には絶対に言わない(言えない)ようなことでも、ポンポン話します。


銀行員に財務基盤の盤石さをアピールすることが目的ですが、銀行員も目を輝かせて聞いてくれるのが嬉しいのです。もちろん、銀行員からすると、私は料理の材料なのですが・・・


さて、いつものようにビジネスの成果や来期の展望を説明してから、投資成果についてお話します。残念ながら前期は、小さな築古木造戸建購入以外は、売り買いゼロでした。


銀行員は、私の財務状況を全て知ることができる立場です。このため、私の「ミラートレード」をしたがっているようですが、残念ながら銀行員は投資信託以外はご法度です。


「非常に残念です。。。」と言っていただくのが嬉しくて、つい「実は弟子を取ろうかと思っています」とこぼしてしまいました。


生徒ではなく、弟子であることがポイントです。何故、弟子なのか? その理由は、私は人に投資手法を教えるほど暇人ではないからです。


弟子であれば仕事をしてもらえるので、私にとっても好都合です。しかし、そんな都合のいい人が居るのでしょうか? ここで登場するのがビジネスを共に回している社員さんです。


優秀な人を雇うことは難しく、モチベーションを維持してもらうことに気を使います。お金のモチベーションは長く続かないので、Money and Medal を考える必要があります。


しかし、スタートアップにおいては、Medalだけでも限度があります。このような場合、Money and Medal に加えて、自己研鑽の場を提供することを検討します。


費用をかけずに自己研鑽してもらうにはどうすればいいのか? 弟子を取る手法で、自分の持つ特殊技術を、優秀なスタッフに伝えることがWin-Winではないかと思いつきました。


私の場合は、ビジネスと投資をハイブリッドで回していく技術が、これに該当しそうです。これだと仕事をしてもらいながら、この技術が伝わるので一石二鳥です。


私たちが属する医療業界では、後進に対する「無償」の教育が当たり前になっていますが、自分がオーナーの立場ならちょっと微妙な感じです。


上下関係があってもお互い労働者の立場なので、「無償」の教育が成り立つのでしょう。ギブ&ギブもいいですが、永続性担保には、やはりギブ&テイクが理想ではないでしょうか。





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




手術の心得12箇条

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、母校の会報をパラパラ読んでいると、思わず目を留めた寄稿文がありました。某大学の外科系名誉教授による「手術の心得12箇条」
です。


  1.  手術は前日から始まる一前日には過度の運動や飲酒は慎むべし
  2.  手術は実践であり練習でない ~ 実践の前に練習やイメージトレーニングを
  3.  両手を使え一片手しか使わない者は上達しない
  4.  分担を知り同じことをするな一出血を拭いた後に同じところを拭くな
  5.  一手先を読め ~ 手術書を眼光紙背に徹するぐらい読み、一手先を知れ
  6.  手術はリズムである一万事心得た助手、看護師がついてくれると手を出せば欲しい 器具がポンポン出てきて、リズムよくしかも早く成功裡に終わる
  7.  早くなければ手術でなく手技である ~ 1秒でも無駄にせず早く、出血少なく終わり好結果が達成されてこそ「術」である
  8.  手術が出来るのと治せるのとは違う ~ 悪性腫瘍がそれであり、再発はダメ
  9.  わからない時は何もするな ~ 勇気がいるが現状より悪くしてはならない
  10.  進めぬ時は勇気ある退却 ~ 血管等が立ちはだかってどうしようもない時は退却
  11.  コッヘルの音で技量がわかる ~ 「パチパチ」という音で経験年数がわかる
  12.  糸結びや鉗子さばきで技量がわかる ~ 早くて正確なら術後も好結果



この先生は同門ではあるものの、科が違うことと他大学の元教授なので全く存じ上げませんでした。しかし、内容的には目をひくものがあります。


年代や科がちがうので全てを首肯するわけではないですが、⑪以外は仰せの通りだと思いました。やはり、教授になるだけの方は言うことが違いますね。


上記の12箇条を胸に、
明日からの手術は初心に帰って施行したいと思います。








★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



問診票は意外と大事?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、外来が空いていたので、調子良くどんどん進んでいることがありました。そして、診察スピードが速すぎて、新患患者さんの問診表記入が追い付かなくなりました。


患者さんが問診票を完成させるのを待つ時間がもったいないので、まぁいいかっ!と問診票記載が完了していない患者さんも呼び込んでみました。


主訴を記載している患者さんでは、そんなにストレス無く問診可能です。しかし、主訴の記載さえ未の患者さんでは、診察が止まってしまいました。



私: 今日はどうされましたか?

患者さん: 腰も痛いんですが、右膝が痛いんですよ。最近、肩も凝ります。



といった具合で、何がメインなのか分かりません。結局、この患者さんは右膝関節部痛のために受診したことが判明するまで1分ほど問答が続きました。


時間的な損失はさほどではないですが、精神的に疲れてしまい、すっかり外来のペースが狂ってしまいました。。。


外来では時間も大切ではあるものの、診療を続ける体力を温存する方が、大切であることに気付きました。問診票って体力を温存するために有用なツールなんですね。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。