整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

荒れた相場環境に臨む投資方針は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

この 2週間ほど値動きの荒い相場環境が続いています。変動率はさほどではないものの、ニューヨーク市場は史上最高圏で推移しているため、値幅はすごいインパクトがあります。


私は、このような相場環境で安易に市場へ参加すると、大火傷を負ってしまう可能性が高いと考えています。


私たちのような専業投資家ではない者は、投機目的以外ではこのような値動きの荒い時期には参入しない方が良いでしょう。


1回や2回ぐらいは勝てるかもしれませんが、プロ同士の食い合いである金融市場では、しっかりした投資戦略がないとほとんどのケースで負けてしまう可能性が高いからです。


ではこのような荒れた不安定な相場ではどのような投資態度が良いのかと言うと、参入せずに傍観していることを推奨しています。


私は市場が阿鼻叫喚の時に参戦していると思われがちです。しかし、現在は単に値動きが荒くて相場が不安定なだけであって、市場が暴落して死屍累々という状態ではありません。


このため、現在は逆張り投資家にとっても参入するべき タイミングではないと判断しています。そして、おそらくどのようなタイプの投資家にとっても難しい相場環境です。


一般的に、このような変動率の激しい相場環境は、上昇相場の最終局面であることが多いです。もちろん現在の混乱が収まって、さらに相場が上昇する可能性も否定はできません。


しかし、過去の歴史を紐解くと、変動率が高くなるのは上昇相場が終わろうとしている時期であったことが多いです。


日々値動きの荒い相場を観察していると、ついつい暴落した日には買いたくなる衝動に駆られます。しかしそこで安易に買ってしまうと地獄を見るのは自分です。


現在のようなプロでも難しい相場に参入する決断をするのであれば、よほど自信のある投資戦略が無ければ無謀な行為であると思います。


暴落時の1000万円と平時(現在のような荒れた相場も含む)の1000万円では、その価値が全く異なります。


現時点での現金の価値は、資金の出し手がたくさん存在するため高くはありません。しかし、暴落時は資金の出し手が激減するため、現金の価値は急上昇します。


私は2008~2009年にかけて、月々の給与も含めて全ての現金を投入して勝負をした結果、金融資産からの配当のみで生活できるレベルの資産を買い集めることに成功しました。


今でも日経225が1000円程度暴落して買いたい衝動に駆られた時には、その時の経験を思い出すようにしています。


市場が断末魔の悲鳴を上げている時こそ現金の価値が急上昇することを胸に刻んで、買いたい衝動を抑えるのが吉ではないでしょうか。






★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アーリーアダプター視点で物申す!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近まで熱かった業界のひとつに、インバウンドを対象とした宿泊業界があります。この業界はインバウンド激増のため、雨後の竹の子のように事業を開始する人が出現しました。


世の中ではよくブームは発生しますが、自分がアーリーアダプター(early adopters)としてブームの真っただ中に身を置く機会はそんなにないと思います。



555 - コピー



アーリーアダプターとは、イノベーション普及が世の中に浸透する過程を5つにグループ分けしたイノベーター理論の過程のひとつで、前2グループは先行者利益を享受できます。


私は比較的早期からこのインバウンドブームに身を置いてきたので、先行者の立場から少し人とは違った視点をご紹介したいと思います。




参入障壁は崩れるもの


最初に感じたのは、どんなに参入障壁が高いと思われるビジネスであっても、その参入障壁が最後まで保たれるケースはめったにないということです。


私の所有物件はかなり地価の高いエリアにあるので、その高地価をはねのけてまで参入できる人はそれほど多くないと予想していました。


ところがこの業界が非常に儲かることが周知されると、えー、こんな人が!と思うような人まで参入してきたのです。


極端なことを言うと、昨日まで八百屋さんをしていたような人やビジネス経験皆無だが人の下で働くのはイヤだ(!)という人達が続々と参入してきたのです。


宿泊業は儲かるんだって!的な感覚で多額の借金を背負って参入するイメージです。 素人感丸出しの人が多いですが、数が尋常でないので脅威であることに間違いありません。


私は需給関係の予測を完全に読み違えたので、ビジネス撤退の機会を逃してしまいました。
なかなか日本もバイタリティあるじゃないですか!


今回は宿泊業という医療業界とは全く別の業種での出来事ですが、他人ごとでは全くないと思っています。遠隔医療や診断の領域では異業種からの侵入者が続々参入しています。


あと何年ぐらい私たちは安穏としていられるのでしょうか???




新参者とのお付き合いはご勘弁


次に感じたのは、世の中には自分のことしか考えていない方が多いことです、宿泊業を営んでいると、かなりの頻度で飛び込みセールスがあります。


私自身、医療系スタートアップでドブ板営業で事業を拡大しているので、飛び込み営業自体は好ましいと考えています。


ただ、彼等の行う提案は、こちらにあまりメリットのないことも多く、なぜそのサービスを私が導入しなければいけないかが、イマイチよく分からないことも多いです。


具体的に言うと、宣伝用情報端末を置かして欲しいというオファーがよく来ますが、バックマージンはあるものの、やり取りが面倒でオーナーにはメリットが少ないことが多いです。


こちらにはほぼメリットがないにもかかわらず、いきなり会って欲しいとか言われるので 迷惑というしか言いようがありません。


このようなゴリ押し営業をするのはビジネス経験がない人が多いので、半年すると消えて居なくなる方が多いです。既存オーナーの立場では新参者と取引するのは結構危険なのです。


しかし、ふと我に返ると初期の頃は医療系スタートアップで自分も同様のことをおこなっていたことを思い出しました。コレはかなり迷惑だったんだろうな・・・


私はバイタリティのある人が大好きなので、気持ち的には新参者を応援しています。しかし、傍から見てがんばれ!と思うものの、自分が直接取引するのはご勘弁です。。。




ビジネスの聖杯


ビジネスのハードルはいくつもありますが、

  1.  キャッシュポイントの確保
  2.  内部の仕組み化
  3.  営業(マーケティング)

の3つは、いわゆる聖杯ではないかと思います。この3つのポイントを押さえなければ、横展開できずに個人事業のレベルで終わってしまいます。


泥の中を這いずり回っているうちになんとなく泳ぎ方わかってくるのですが 、それがすべてのビジネスに当てはまらないことが難しいところです。


やはり世の中を自分の力だけで渡って行くのはなかなか難しいことだと感じています。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




駄ネタ: 隣の芝は本当に青い?

このエントリーをはてなブックマークに追加


隣の芝は青いということわざがありますが、医師として苦労している症例があると「他の職種はいいなあ」と感じることがよくあります。


特に勤務医の仕事は、患者さんの一生を左右するほどの影響力をもつことも多く、結果いかんによっては相当なストレスを抱え込んでしまいます。


他人の人生に良くも悪くも巨大な影響を及ぼし、場合によっては生命の危険性さえも与えてしまう勤務医という仕事は、責任が大きすぎて割に合わないな・・・


そんなことを時々感じるのですが、弁護士数人と飲んでいた際に面白いお話が出たので共有させてもらいます。


一緒に飲んでいてへべれけになっていた弁護士の彼は、夜中にトイレに目が覚めると30分ぐらい眠れなくなるそうです。


その理由は、現在取り組み中の事案の訴状内容を無意識のうちに考えてしまうため、興奮してしまい頭が冴えて眠れなくなるそうです。完全に職業病ですね(笑)。


そんな弁護士の苦労話を聞いて、しんどいのは自分たちばかりじゃないなということに気付きました。


同じようなことは私も経験しています。難しい症例を抱えていると、夜中に目が覚めて治療方法についてついついシミュレーションしてしまうのです。


正直言って、こういうことが続くと自分の生活の質がどんどん落ちていくことになるのですが、私のチキンハートでは難症例を完全に忘れることができません。


隣の芝は青いと思ってましたが、どうやら弁護士も同じようプレッシャーに苛まれているようです。世の中に青い芝は無いのかもしれませんね。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。