整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

HSBC復配にみる配当目的逆張り投資の醍醐味

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、HSBCの復配が発表されました!HSBC(香港上海銀行)はロンドンを拠点としており、言わずと知れた世界最大級の金融コングロマリットの旗艦銀行です。


私は HSBC好きで、下がっては買うを繰り返しており、ほとんど「銀行預金」の感覚です。そして今回のコロナショックでは、HSBCに対して過去最大級の投資を敢行しました。


香港市場は0.1ドル、NY市場のADRは0.75ドルの復配なので、コロナ禍以前の 2019年の 1/3程度の配当金額です。まだまだコロナ禍の傷は癒えていないのでしょう。


それでも復配したことは喜ばしいことです。私の金融資産投資の根幹を成すものは配当です。配当目的で株価暴落時に買い下がるので、復配は投資の折り返し地点なのです。


さて、2月末なので今月も金融資産投資の時価評価を行いました。下記は配当目的で購入した海外株式の資産リストです。購入時換算の利回りはなかなか良い数字だと考えています。



666 - コピー




まず目を引くのは、産金株(黄色行)の利回りの高さです。金価格高騰のおかげで、2015年と比べて収益が増大しました。配当も順調に上昇しています。


一方、株価はすでにピークアウトしており、普通の感覚であれば売却するべきだと思います。現にバフェットも産金株は売却済みのようですが、私はホールドし続けます。


産金株は市況株なので、2015年のような株価になる可能性はあります。しかし産金株 ≒ 金現物と考えて永久保有するつもりです。配当の出る金現物や ETFはありませんから...。


次に、石油メジャーや鉄業株ですが、こちらは収益性回復途上ではあるものの、株価は回復しつつあります。配当はコロナ禍前から維持されているため、復配イベントはありません。


今回のコロナ禍は、特に製造業においてはリーマンショックほどではなかった可能性があります。投資家的にはまずまず満足できる経過でした。


最後にHSBCをはじめとする欧州銀行株です。こちらは、HSBCや BCS(バークレイズ)の英国勢を筆頭に、SAN(サンタンデール)やBBVAなどのスペイン勢も復調が著しいです。


欧州銀行株の先陣を切って、HSBCと BCSが復配発表しましたが、スペイン勢もこれに続くと思われます。銀行株のストーリーは思い描いていた通りなので嬉しさもひとしおです。


これまで見てきたように、配当目的の超長期逆張り投資では、業績悪化で株価暴落+無配転落 → 業績回復 → 復配 → 高利回り配当というサイクルが一般的です。


ひとつのサイクルが回るのに5年ほどかかるケースもありますが、滅多に無いチャンスをつかんで着実に「資産」を積み上げていこうと思います。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




株価大幅調整でも押し目買いはまだ先!

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式市場に参加している人にとって、昨日はなかなかエキサイティングな 1日だったのではないでしょうか? もちろん、理由は NY市場に端を発した株価の調整です。


NY市場大幅下落の原因は、世界各国の国債価格の急落です。24日から
国債価格下落が加速して、米10年物国債の利回りはコロナ禍が始まって以来、初めて 1.6%を上回りました。


国債価格下落(利回りは上昇)は、株式市場や仮想通貨に甚大な影響を及ぼします。特に株式市場では、過剰流動性相場で資金を集めていたグロース株の暴落が止まりません。


東京市場では、日経225が 1202円も暴落しました。週末という特殊事情はあるものの、大引けにかけて下げ幅を拡大したことからも、市場の狼狽振りが分かります。


日本国債10年も、2018年以来に 0.1%を上回りました。このまま長期金利の上昇傾向が定着すると、財政破綻も含めた「終わりの始まり」の可能性もあります。


逆張り投資家のオマエは喜々としていたのだろう! と思う人も多いかもしれませんが、あいにく株式市場にかかわる余裕は全くなく、忙しく働きまくっていました。


東京市場が閉じてから株価の下落幅に驚いたのです。前日の NY市場の流れを引き継いでの大幅下落だったので、私の影響を受けた(?)
一部の
投資家は色めき立ったようです。


しきりに「そろそろ買い出動でしょうか!」というメッセが届きます(笑)。「買い出動だぁー!」と言いたいところですが、実際は「押し目買いの時期ではない」と返信しました。


日経225は 1200円下落したものの、1月末と比較してまだまだ高値圏です。私事で恐縮ですが、2月26日時点で時価評価をシメたところ、自分史上最高値を大幅に更新していました。


今回程度の調整で、私が本格出動することはありえません。数字で基準を示すことは難しいですが、金融資産投資で私が本格出動するのは下記の条件を全て満たしたときです。


  • 平穏だった世の中が壊れて世界中がパニックにおちいる
  • 1ヵ月以上かけて恐怖が熟成され、株価が下げ止まる気配を感じなくなる
  • 直近高値から2~3割下落している


上記をすべて満たす状況でなければ、臆病な私が虎の子の現金を投入するなどできるはずもありません。私の投資歴では、2008年リーマンショックと 2020年コロナショックです。


2015年の産金株や 2016年の欧州銀行株は、上記状況を満たしていないので小規模な投資金額に留まっています。端的に言うと、恐怖の熟成度合いがぜんぜん違うのです。


これまでの経験に基づいた予想ですが、この程度の「小規模な」下落で買い出動すると、調整が長引いた時には投資資金が枯渇します。


そこまで下落期間が長く無くても、成層圏株価での買い物は、根雪のように含損を生んでしまいます。株式・不動産にかかわらず、浮ついた金額で購入すると痛い目にあうのです。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




野菜ではなくプロテインファースト!

このエントリーをはてなブックマークに追加


週刊ダイヤモンドの2021/2/27号に興味深い記事がありました。食べる順番でリスク削減 プロテインファースト です。







食事の際には、食べる順番で吸収度に差があり、その結果として食後の高血糖を抑える効果が期待できるということが今回の研究の趣旨です。


私は、野菜ファーストだと思っていたのですが、関西電力医学研究所のグループの研究では、①肉や魚 ②野菜 の順に食べると、食後の血糖上昇が緩やかになるそうです。


このことから、著者は下記の順番に食べることを推奨しています。

  1.  肉や魚などのたんぱく質
  2.  野菜 → いくら食べても問題なし
  3.  いも類、ニンジンなどの根菜類 → 糖質量が多いので摂取量はほどほどに
  4.  主食(米、パン) → 小さいおにぎり1個分
  5.  汁物 → 食事の満足感を補強


すべては食後の高血糖を制御することが目的です。食後高血糖を放置すると、血管内皮が傷つき血管の炎症と血栓症リスクが助長されます。食べる順番が大事とは初めて知りました。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。