整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

PET健診を受けてきました!


昨日は、健診でPET-CTを受けてきました。
目的は、全身のがん検診です。


以前のブログに書きましたが、私は生活習慣病に関しては年2回は職員健診を受けているので、少なくとも治療が必要なレベルの疾患は無いことを把握できています。


残るは癌なのですが、全身の癌を一網打尽に発見するスクリーニングとしては、やはりPETが第一選択です。スクリーニング目的のPETは保険適応でないため検査費用は自費となります。


最近ではPETを導入している施設が多いため価格競争が発生しており、
安ければ8万円程度でPET-CTを受けることができる施設もあります。


インターネットで調べた限りでは、全国的にみて7万円台が最安値のようです。
しかし、私の居住地域では軒並み10万円を超えていました。


PET健診の費用に関しては、需給関係のためか都心部で高く、地方になるほど安くなる傾向にある印象でした。そこで隣の県のPET健診を調べると、8万円前後が相場のようでした。


自宅から徒歩圏内にある画像センターが10.5万円で、自動車で1時間ほど掛かる隣の県の病院は8万円だったので少し迷いました。


結局、夫婦で受けるため両施設の差は5万円となります。往復2時間で5万円の差は大きいと考え、ドライブがてら隣の県の病院でPET健診を受けることにしました。


午前のPET健診だったので当日は絶食でした。問診後に地下のPETエリアに移動してFDGを静注してもらいました。鉛入りガラス越しに、看護師さんがFDGを注入したのが印象的でした。


FDG静注後は60分ほど薄暗い部屋で横になりました。その後25分かけて撮像を行います。検査はあっけないほど簡単に終了しました。これは楽で良い検査ですね。


PET-CTのデータは放射線科医師の読影レポートと一緒に1ヶ月後に郵送されてくるのですが、昨日は特別にデータをCD-Rに焼いていただいて来ました。


昼食を食べながら自分のPET-CTの画像を拝見しましたが、なかなか興味深かったです。夕方に大学からMRIやCTの読影に来ている放射線科医師に読影してもらいました。


謙遜かもしれませんが、PET-CTの読影技術は少し特殊で経験値が必要なため、PET-CTを受けた病院の放射線科医師の読影の方が信頼がおけると思います と言われました(笑)。



                 ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


ガイドラインに準拠してわかりやすくコンパクトにまとまった良書です。概論が最初の30ページ程度なので、これはあらかじめ通読するとよいでしょう。各論は原発性骨腫瘍、腫瘍類似疾患、転移性骨腫瘍、軟部腫瘍、骨系統疾患、代謝性骨疾患の6章に分かれています。各章とも疾患ごとに、豊富な写真でわかりやすく解説されています。



                      

 骨・軟部腫瘍および骨系統・代謝性疾患 (整形外科専門医になるための診療スタンダード 4)


TKA: 顆間窩内側の骨棘切除は慎重に


昨日の午前は人工膝関節全置換術(TKA)でした。
大腿骨の操作の際、骨切りを正確に行うために骨棘をどんどん切除すると思います。


PF周囲の骨棘切除は問題無いと思いますが、CRタイプのTKAでは顆間窩の骨棘を切除する際に注意が必要だと思います。


CRタイプではPCLを温存する必要がありますが、PCLの起始部は大腿骨顆間窩の内側壁前方なので、何気なく骨棘切除しているとPCL起始部を損傷してしまうことがあるからです。


このため、私は大腿骨顆間窩の骨棘切除の際には外側の骨棘は派手に切除しますが、内側の骨棘はやや控えめに切除することにしています。


蛇足ですが大腿骨・脛骨の骨切りを終了した際、膝関節を伸展位にして下腿を牽引すると膝窩部に太い索状物を触知するので、PCLが温存されていることが確認できます。


ときどきPCLを触知できないことがありますが、これは術中操作が原因ではなく術前からPCL機能不全が存在していたと私は考えています・・・。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                  

    
      人工膝関節置換術[TKA]のすべて-安全・確実な手術のために


金正恩氏は足根管症候群だった!


北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が、”足首にできた水疱の除去手術” を9~10月初旬に受けたというニュースはご存知の方が多いと思います。


ニュースソースによって”嚢胞”や”腫瘍”などの言い回しが錯綜していますが、どうも病名は足根管症候群(Tarsal tunnel syndrome)だそうです。


韓国の国家情報院によると、今年5月に金正恩の左側の足首くるぶしに水疱ができて痛みが激しくなったため、9~10月初旬に欧州の専門医を北朝鮮に呼んで診断を受けたそうです。


診断の結果、足根管症候群だったため、欧州から招聘した専門医から手術を受けたが、高度肥満に加えて過量の喫煙のために再発の可能性があるとのことです。


足根管症候群を来たす原因としてはガングリオンが多いので、ニュースで報道されていた”腫瘍”や”嚢腫”とはガングリオンのことを言っているのかもしれませんね。


それにしても驚いたのは、金正恩氏は北朝鮮の医療スタッフを欧州に送って足根管症候群の治療技術を学ばせているとのことです。


たかが足根管症候群レベルの手術を自国内で賄えずに欧州から専門医を招聘せざるを得ないとは、北朝鮮の医療レベルも末期的だなと思うのは私だけでしょうか?
 


                 ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


ガイドラインに準拠してわかりやすくコンパクトにまとまった良書です。概論が最初の30ページ程度なので、これはあらかじめ通読するとよいでしょう。各論は原発性骨腫瘍、腫瘍類似疾患、転移性骨腫瘍、軟部腫瘍、骨系統疾患、代謝性骨疾患の6章に分かれています。各章とも疾患ごとに、豊富な写真でわかりやすく解説されています。



                      

 骨・軟部腫瘍および骨系統・代謝性疾患 (整形外科専門医になるための診療スタンダード 4)


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

   勤務医のための資産形成マニュアル
        タダで自宅を手に入よう!
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ