整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

化膿性関節炎の経口抗生剤選択


先日、臨時手術を施行した化膿性膝関節炎の患者さんですが、術後1週間の時点でWBC/CRPとも完全に陰性化しました。非常に良好な経過だと思います。


結局、培養ではMSSAが検出されました。教科書的にはCRP、WBC、ESRが正常化するまで2週間程度は第一世代もしくは第二世代セフェムなどの抗生剤の経静脈投与行います。


その後の経口抗生剤の投与期間に関しては諸説ありますが、第一世代セフェムもしくはペニシリンを感染鎮静化後も3ヵ月程度服用させるという報告が有力だと思います。


ここで問題になるのが、第一世代セフェムの経口抗生剤を採用していない医療機関が多いことではないでしょうか。少なくとも私が勤務経験のある医療機関の多くは採用していませんでした。


フロモックスやメイアクトのような第三世代セフェム以降の経口抗生剤を3ヵ月もの長期に渡って投与することは耐性菌の問題から避けるべきだと思います。


しかし、セフェム系の経口抗生剤はフロモックスやメイアクトしか採用が無いので困ってしまいました。ペニシリン系はどうかと言うと、今回検出されたMSSAの薬剤感受性はPIPCでRでした。


仕方無いので耐性菌を惹起しにくいテトラサイクリン系抗生剤のミノマイシン投与にしました。ミノマイシンは関節リウマチでDMARDsとして使用しているので長期投与も違和感がありません。


このまま感染が再燃しないことを祈りたいと思います。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

整形外科を志すなら、キャンベル(Campbell's Operative Orthopaedics)は必須でしょう。ペーパー版以外にも、DVDやe-ditionもあって便利です。更にKindle版は約30% OFFで購入可能です。このような辞書的な医学書は、電子書籍と相性が良いと思います。




                         

             Campbell's Operative Orthopaedics: 4-Volume Set with DVD




自分だけのチャンスの窓が開いた!


今日は、私だけ限定の小さな小さなチャンスの窓が開いたというご報告です。あくまで超個人的な状況なので、興味の無い方がほとんどだと思いますがご了承ください。


私の自宅は収益マイホームなのですが、主な収益源は駐車場からの賃料収入と駐車場の屋根の上に設置した太陽光発電(9.65 kWh)からの売電収入です。


この2つの収入で実質的にほぼ無料で自宅を手に入れることができました。そして、駐車場のメインの顧客は、自宅に隣接する某県庁の職員の方です。私の自宅は官公庁街にあるのです。


官公庁に勤めている方は堅い顧客ばかりである上に、土日は休日なので週末は自宅前駐車場を自己使用できるメリットがあります。 この季節は毎週自宅前でバーベキューです(笑)。


自宅購入から10年以上も満車経営なのですが、隅の方に自動車を駐車することが難しいスペースがあり、やむを得ず中型バイク駐車場として1台5400円(消費税込み)/月で賃貸しています。


先日、お世話になっている不動産会社から県庁隣の某公的病院が耐震工事を開始するという連絡が来ました。2年ほど駐輪場が閉鎖されるので駐輪場の需要が激増するとのことです。


つまり、私の駐輪場の空スペースを駐輪場として提供して欲しいというオファーでした。700床クラスの大病院なので駐輪場から締め出されるバイクの数は半端ではありません。


まさに入れ食い状態です。できるだけたくさん収容できるように原付限定で募集することにしました。そして昨日、早速ですがその病院に勤務する看護師さんから1件申込が入りました。


賃料は弱気に3500円/月です(笑)。需要をみながら順次賃上げしていこうと思いますが、まず1件目は様子見の賃料設定です。できれば原付も5000円/月ぐらいにはしたいです。


詰め込んでも5~6台しか入らないので2万円 /月程度の利益にしかなりませんが、私に向かって小さな小さなチャンスの窓が開いた瞬間でした。


実は、大学時代の友人のひとりが、最近になって私の自宅の近所に同様の収益マイホームを購入しました。不動産会社の方には、この友人の駐車場の紹介も勧めておきました。


やはり、自宅(不動産)を購入するのなら立地は絶対に外せない条件です。今回も私の自宅が官公庁街に隣接していなかったら、まずは開かなかったチャンスの窓です。


今回のチャンスで、今までは利用価値の無かった空きスペースにまで突然価値がでてきました。それにしても、自分の所有地が他人から必要とされているのはなんとも気持ちの良いものです。




  ★★ 管理人監修の 「タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル」 ★★
 


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した収益マイホームの実践版です。2004年に”お金を生む”マイホームをタダ同然で取得した管理人が、家計のキャッシュフローを劇的に改善できる「収益マイホーム」を解説します。


どうせマイホームを取得するのなら、できるだけ安価に・安全に購入したいと思う方にぴったりのノウハウがぎっしり詰まったマニュアルです。 収益マイホームを購入することで、家賃や住宅ローンの支払から解放される可能性が高まります。


そしてこのことが人生の幅を広げることにもなるかもしれません。 全131ページのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



表紙画像
                                
タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル


首下がり症候群ってどうしてますか?


今日の午前中は外来でした。
他科からの”首下がり症候群”の対診依頼がありました。


”首下がり”とは、座位や立位時に首が下がってしまう症状です。1986 年にLangeらが首下がりを呈した 12 例の症例を報告したのが最初です。


首下がり症候群では随意的に頚椎を伸展して首下がりを修正できることが多いですが、その姿勢を長続きすることができずに首が下ってしまいます。


この慢性的な首下がりのために視界が障害されて歩行し辛くなります。今回の対診依頼の患者さんの主訴は、まさしく首下がりによる歩行困難でした。


また、首下がりのために嚥下困難などをきたすこともあるようです。首下がりは見た目の悪さだけではなく、日常生活動作が制限されてしまうことが問題です。


首下がりの生じる機序として、①前頚筋の過剰緊張 ②後屈筋の筋力低下 が考えられています。それぞれ下記の疾患が原因として挙げられます。これ以外にも変形性頚椎症があります。

① パーキンソン病、多系統萎縮症
② 重症筋無力症、多発性筋炎



首下がり症候群の治療について、一般的に次のように報告されています。

① 薬剤惹起を疑う場合には原因薬剤の中止(ドパミンアゴニストなど)
② ボツリヌス毒素注射やアルコールや局所麻酔薬によるモーターポイントブロック治療
③ 脳深部刺激法



しかし実際には①が問題なければ中下位頚椎から傾斜しているタイプには頚椎カラーを、頚胸椎移行部から傾斜しているタイプには鎖骨バンド固定を処方するケースが多いと思います。


頚椎カラーや鎖骨バンドの装着で歩行状態が改善するため、患者さんの満足度が上がります。このため私の場合は、それ以上の外来治療やフォローを行わないことが多いです。


手術適応はほぼ無いが、原因特定や根治的治療が難しい”首下がり”症候群・・・。
本当に、頚椎カラーや鎖骨バンドの処方でよいのでしょうか?



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。




                     


                  
Critical thinking脊椎外科



                        

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

   勤務医のための資産形成マニュアル
        タダで自宅を手に入よう!
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ