整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

露骨! フリーランス麻酔科医師潰し

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経新聞(日経メディカル)に興味深い記事がありました。
麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ です。




日本麻酔科学会は、2019年度から開始する麻酔科専門医の更新について、要件に「申請時点で単一の医育機関病院や病院施設に週3日以上勤務し、麻酔科関連業務に専従していること」という項目を追加した。7月10日付けで「専門医機構認定 麻酔科専門医更新要件追加 単一施設週3日勤務について」という通知を学会員向けに出した。


 要件となる「麻酔科関連業務」とは、(1)周術期における麻酔管理、(2)疼痛管理、(3)集中治療部、救急施設などにおける重症患者の管理――に関する臨床または研究のこと。勤務する施設の規模は問わず、診療所での勤務も認める。また、条件を満たさない医師を考慮し、21年まで移行措置を設ける。


 日経メディカルの取材に対し、理事長の稲田英一氏は「質の高いチーム医療を行うためには、多診療領域医師や他職種との良好なコミュニケーションは必須。専門医には、高度な医療を行うだけでなく、後進を教育するという役割もある。そのためには単一施設において、密度の高い勤務を行う必要がある」と要件を追加した狙いについて回答した。なお、日本麻酔科学会は追加要件に関するQ&A集を近日中に示す方針だ。





2018年度診療報酬改定で、麻酔科診療においては常勤医による管理を評価することで、フリーランス麻酔科医師の増加に歯止めをかける改定がなされました。


そして今回の日本麻酔科学会の麻酔科専門医の更新要件追加は、露骨に国の施策を後押しする形となりました。移行期間があるとはいうものの、事実上のフリーランス医師潰しです。


フリーランス医師の人件費負担が重くなっていることが、今回の麻酔科専門医の更新要件追加につながったのでしょう。


このことについて、あまりとやかく言う立場ではないですが、露骨なフリーランス医師潰しは、見ていてあまり気持ちの良いものではありません。


もちろん、外科医の立場では、フリーランス医師よりも常勤医師に麻酔をかけてもらう方が、術前・術後をしっかり診てもらえるという安心感はあります。


だからと言って、フリーランス医師の働き方を全否定する取り決めを日本麻酔科学会の上層部だけの判断で決めてしまうのはいかがなものか、と思ってしまうのは私だけでしょうか?






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






妊娠確認の素敵なフレーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、外来看護師さんが、若年女性に素敵な声掛けしていたのでご紹介します。「女性をみたら妊娠していると思え!」は、医療従事者にとって常識です。


特に放射線被爆させてしまう単純X線像やCT撮影の際には、若年女性には必ず妊娠している可能性の有無を確認します。


しかし、妊娠確認を私のような男性医師が行うのは、お互い(医師・患者さんとも)嫌なものです。このため、外来看護師さんに妊娠確認をお願いするケースが多いです。


しかし、同じ女性同士だからといって、開けっぴろげに「妊娠している可能性はありますか」と訊くのはデリカシーがありません。


このあたりの対応に関しては、以前から改善が必要だと感じていました。ところが、今回の外来看護師さんは「放射線を浴びますけど大丈夫ですか?」と確認していました。


なるほど、この訊き方だと「妊娠」というキーワードを使用せずに済みます。放射線を浴びる=妊娠しているとマズい という等式を思いつかないリスクは皆無ではありません。


しかし、常識的に考えて、「放射線を浴びますけど大丈夫ですか?」と訊かれることの意味が全く分からない人は、ほとんど居ないのではないでしょうか?






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



一粒で二度おいしいを極めよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの医師は、最低でも年に一度ぐらいは学会出張があると思います。何と言っても、学会に参加しないと専門医を維持できないですから。


勤務医なら勤務先から補助が出る場合が多く、開業医なら経費化可能なので、どちらかといえば学会出張は気軽に参加できるイベントのひとつかもしれません。


遠方の学会出張に参加すると、夜は地場の料理を堪能し、週末は小旅行を楽しむ方も多いと思います。本日の話題は、このような「複数目的化」を極めようという話題です。


物事を行うにあたって、時間と金銭の出費は避けられません。しかし、主目的以外にも目的が増えると、消費する時間と金銭が半分以下になります。


これって、非常に有利ではないでしょうか?例えば、6月末に福岡市で開催された日本リハビリテーション学会に参加しましたが、私はビジネスパートナーとの懇親会も行いました。


普段はクラウド上でのやり取りなのですが、時々はリアルの場で協議する必要があります。今回のケースでは福岡までの旅費と時間が浮くので、非常にコスパが良くなりました。


複数目的化は来週末も行う予定で、日曜午後に品川でおこなわれるセミナーの講師として招聘されているので、午前中に品川でオンラインサロンの仲間と資産形成座談会を行います。


主目的に「遊び」の要素を加える人は多いですが、私のように「ビジネスや自己研鑽」の要素を加え続けると、それだけで行動量が飛躍的に増加します。


複数目的化は、出張絡みだけではありません。人生のいたるところで実践することが可能です。思いつく複数目的化を下記に記します。


  • 好立地の収益マイホーム+住居費を浮かす+教育費を浮かす+含み益による資産形成
  • 株主優待+含み益による資産形成
  • 楽しむための飲み会 接待+人脈の引き出しを広げる+法人の節税対策
  • 旅行を楽しむ+法人の節税対策+ブログのネタ収集
  • 知らない医学知識を掘り下げて勉強する+ブログのネタ収集
  • 法人経費のカード払い+クレカのポイント収集



どうでしょう? ひとつのアクションを複数目的化すると、それだけでアウトプットが飛躍的に増加します。そして、確固たる意識を持っていないと複数目的化は難しいです。


常に「今から行う行動に、なにか他の目的を追加できないか」という問題意識をもっていると、複数目的化の気付きを得易くなると思います。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


好立地物件に居住+それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。