整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

長期禁煙で人生のやり直し可能に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊ダイヤモンド(2018.01.13号)のカラダご医見番で興味深い記事がありました。何年禁煙したら帳消しになる? です。








以下に要点を転載します。





それでは何年禁煙したら、発がんリスクが喫煙歴ゼロの人なみにリセットされるのだろうか。


東京大学と国立がん研究センターなどの研究者らは、日本で行われた八つの集団研究、約32万人分のデータを使って全がん種と喫煙関連がんの発がんリスクに対する禁煙の影響を解析。


年齢や体格指数、飲酒の習慣など、喫煙以外の発がん性に影響する条件を調整して分析した結果、男性はある時点から21年間禁煙を続けた場合、発がんリスクが全く たばこを吸わない男性なみに下がることが判明した。女性の場合はぐっと短く、禁煙後11年で発がんリスクがリセットされるようだ


ちなみにこの結果は、1日に20本以上(1箱)を 20年間吸い続けてきた「ヘビースモーカー」でもほぼ同じだという。当然のことだが、禁煙期間が長いほど発がんリスクが有意に低下することもわかった。


ニコチン依存症疑いのヘビースモーカーでも禁煙効果があるのは朗報だが、男性は「ダブル成人式」の40歳で禁煙したとして、発がんリスクが非喫煙者なみに戻るのは61歳以降、というわけ。


最初から「21年」というゴールを見てしまうと、うんざりしそうだが、がん以外にも発症リスクが下がる病気がある。慢性閉塞性肺疾患(COPD)と血管がボロボロになる血管内皮障害だ。


COPDは日本人男性の死亡原因の第8位。ただ、3位の肺炎や2位の心不全にかなりの数のCOPDが紛れていると推測される。血管内皮障害は当然、心不全や脳卒中(同4位)のリスクだ。


とどのつまり人間の死因はがん、血流の滞り、呼吸障害の三つなのだ。その全ての発症リスクが下がると思えば、「Wハタチ」の禁煙もよろしいではありませんか。





これは、驚くべき研究結果です。私は一度喫煙によってヤラレてしまった肺胞や血管内皮は永久に元に戻らないと考えていました。


しかし、リアルワールドでは男性21年・女性11年という長い年月がかかるものの、その期間を摂生すれば、喫煙が無かったものとしてリセットされるのですね!


このあたりは先週のタトゥーと違い、喫煙では人生のやり直しが利くということのようです。喫煙者にとっては朗報といえるでしょう。


手術患者さんの問診では当然のように喫煙歴を聴取しますが、その際に喫煙歴があると「ハイリスクだな」と心にトゲが引っかかります。


20年前に喫煙を止めた患者さんでも「喫煙者」のレッテルを貼っていましたが、これからは男性20年、女性10年以上完全禁煙の人は、「クリーンな人」と考えようと思います。


そして、最後の「人間の死因はがん、血流の滞り、呼吸障害の三つなのだ」には得心しました。これらの3大死因のリスク因子を排除する努力が必要のようです。




★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


ガイドラインに準拠してわかりやすくコンパクトにまとまった良書です。概論が最初の30ページ程度なので、これはあらかじめ通読するとよいでしょう。各論は原発性骨腫瘍、腫瘍類似疾患、転移性骨腫瘍、軟部腫瘍、骨系統疾患、代謝性骨疾患の6章に分かれています。各章とも疾患ごとに、豊富な写真でわかりやすく解説されています。







オレンシア+プログラフの効果は?

このエントリーをはてなブックマークに追加


関節リウマチの患者さんで、慢性腎不全のために血液透析を施行している方がときどき居ます。このような基礎疾患を持っている患者さんの治療は、なかなか厄介です。


慢性腎不全ではMTX禁忌のため、コントロール不良例では生物学的製剤を投与せざるを得ません。しかし、易感染性がベースにあるため、生物学的製剤の選択には細心の注意が必要です。


このようなハイリスク症例では、私はオレンシア(ABA)もしくはアクテムラ(TCZ)を選択しています。やはり、TNF製剤よりも感染に対して安心感があるからです。


運よくこれらの薬剤が奏功すればOKですが、疾患活動性のコントロールが十分できない症例もあります。先日もTCZ → ABAでもコントロール不良な症例がありました。


う~ん、どうしよう。。。いろいろ考えていると、名古屋大学整形外科の石黒教授の講演で、ABAにタクロリムスをオンすると良いとおっしゃられていたのを思い出しました。


藁にも縋る思いでプログラフを追加処方したところ、徐々にですがSDAI、DAS28-ESRとも低下してきました! 患者さんも体が楽になってきたと喜んでいます。


今までプログラフは高価な割には効果が少ない(ダジャレではありません)と思っていましたが、ABA投与例においては検討に値するかもしれないと感じました。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です






冬眠中の過ごし方

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式市場でラリーが続いています。不動産市場も高値安定で、まだ大崩れは認めません。私は、資産形成のキモは「安値で仕入れる」だと考えています。


1999年に金(ゴールド)購入を開始して以来、19年間ひたすらバーゲンハンティングの機会をうかがってきました。


安値で仕入れなければ、最終的に苦しむのは自分です。このため、辛抱に辛抱を重ねて(?)安値で購入できる時期を待っています。実際に私が出動したのは下記の時期です。


  • 1999年: 金(ゴールド)購入@950円/g
  • 2000年: 資源国通貨(AUD, NZD, ZAR, NOKなど)
  • 2002年: ブルーチップ銘柄(東京株式市場)
  • 2004年: 不動産
  • 2008年: J-REIT(東京株式市場)
  • 2010年: 太陽光発電(48円/kWh)
  • 2011年: 不動産、電力株(東京株式市場)
  • 2014年: 産業用太陽光発電(36円/kWh+税)
  • 2015年: 産金株(NY株式市場)
  • 2016年: 欧州銀行株(NY株式市場)


残念ながら、2017年は小さな戸建てを300万円で購入+250万円で改装しただけです。金融資産投資は売り買いとも「ゼロ」でした。非常につまらんです(笑)。


しかし、結果的に投資活動はゼロに近いですが、全く何もしていないわけではありません。先日述べたように金融市場のウォッチは毎日10分×朝夕行っています。


完全に市場から離れてしまうと相場感を失ってしまいます。投資家にとって、相場観の喪失は羽をもがれた鳥に相当します。


私のように数年に一度しか参戦しない者にとっても同じです。相場観維持のためには、毎日の金融市場のウォッチは欠かせないのです。


次に不動産投資ですが、こちらは週に一度だけ折り込みチラシをナナメ読みしています。こちらも自分の投資エリア(半径2kmほど)の相場観維持が目的です。


月に1度程度は、健美家やSUUMOを検索します。SUUMOでは、主に「中古一戸建て」を検索します。マンションや新築一戸建てはハナから無視です。


尚、チラシ、健美家、SUUMOなどに記載されている価格は、最も高い価格だと考えることが重要です。このようにして相場観を維持していますが、物件情報収集は他力本願です。


どういうことかと言うと、私の元にはときどき川上情報が届くのです。川上情報というと美味しいイメージを受けますが、実際はそんなことはありません。


一般に売り出していないというだけなので、価格の高い物件が多いです。このため、ほとんどの物件はお断りするのですが、半年に一度程度で「お宝」物件が紛れています。


そのような物件情報が来ると、パクっといただくのです(笑)。基本的には即断即決なので、銀行融資可能か否かは、返事をしながら考えることになります。


最悪のケースでは融資を断わられることもあるため、現金購入する覚悟をした上での即断即決です。ちなみに可能なかぎり安価に購入するため、融資担保特約無しの交渉が多いです。


このあたりはハードルが高く、経験がモノを言う世界です。いずれにせよ自分の投資エリアの相場観を知らないとお話しにならないので、普段の地道な活動(相場観維持)が必要です。


以上、目下冬眠中の私の投資活動(?)をご紹介しました。ポイントは、市場から身を引いて客観的な精神状態で、相場観を維持できるかだと思います。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。