整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

日々結果にコミットする治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、接骨院の治療家と飲みに行きました。
整形外科医が治療家と飲むことはあまりないと思います。


病態に関する理解や医学的な素養に関しては比べ物にならないほどの差があるのですが、経済的な観点で言うと私たちよりも先を行っている点が多いのが興味深いです。


どういうことかと言うと、現在接骨院では保険診療がほぼストップしています。受領委任制度が厳格化されたため、医療保険をほぼ使えなくなったのです。


現在、彼らは自費で施術を行っています。自費で食べていくということは、私たちにはあまり想像できない状況です。


私たちは国民皆保険制度に守られているので、治療費について深く考えることは少ないと思います。しかし国民皆保険制度が崩壊すると、どれだけの人が生き残れるでしょうか?


残念ながら、多くの医療機関が経営破綻すると予想されます。少なくとも現在のようなこの世の春を謳歌することは不可能でしょう。


国民皆保険制度崩壊は時間の問題です。そして国民皆保険制度崩壊後にやってくる世界がどのようなものかを予想する上で、現在の接骨院が置かれている状況が参考になります。


それでは接骨院はどのようにして 生き残っているのでしょうか? 自費で100%自己負担となった場合、整形外科では患者さんの窓口負担は1回につき3000~5000円程度となります。


3000~5000円もの金銭的負担をものともせずに通い続ける患者さんがどれほど居るかを考えると、接骨院が置かれている状況の深刻さが理解できます。


彼らがその状況でも生き残っているのは、私たちとは根本的に考え方が異なっているからです。普通に考えて資本主義経済では、サービスに対してお金を支払います。


彼らはこのことを非常に理解しているため、施術に訪れた患者さんが接骨院から出るときに満足して帰ることを最優先にしています。


つまりどういうことかと言うと、必ず結果を出すことを至上命題にしているのです。仮に接骨院に来て、症状が何も改善されなければ二度目はありません。


このため、彼らには経過観察するという悠長な選択肢はありません。私たちの外来では、しばらく様子を見ましょうというフレーズを多用します。


これは、国民皆保険制度のおかげで患者さんは3割負担で済んでいるから可能な対応です。100%自己負担になったら、このような殿様商売は不可能になると思われます。


もちろんその場で結果を出すことを追求することが100%良いと思いません。純粋に医学的に考えると、経過観察が望ましい選択肢であることも多いです。


ただそれでは、普通の人は納得しないことも事実です。この点、医科は非常に守られていると感じています。


この幸せな時代が続く間は現在の診療スタイルで OK だと思います。しかし、現在の医療制度がこのまま持続するとはとても想像できません。 


国民皆保険制度が崩壊し始めると、現在の治療家が実践している「結果を出す診療」に方向転換する必要があると感じました。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




抜釘後THAのピットフォール

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、大腿骨頚部骨折後の大腿骨頭壊死症に対して、抜釘術及び 人工股関節全置換術(THA) を行いました。


大腿骨頚部骨折はGarden stage 3 だったのですが、若年者だったのでハンソンピンによる骨接合術を選択しました。


しかし、やはりGarden stage 3 だったので、Type C 2の 大腿骨頭壊死を併発して、関節面の圧壊がどんどん進行してしまいました。


歩くのも困難なほどの痛みになってきたので、やむを得ず抜釘術及び THA を行うことになりました。


私は側臥位で THA をしているのですが、まず抜釘をしようとして手が止まりました。前回手術の皮膚切開位置が、大腿骨のかなり前の方だったのです。


おそらく体位の問題だと思うのですが、前回皮膚切開を利用するとかなり抜釘に苦労することが予想されます。


ハンソンピンの骨内への刺入位置は、大転子無名結節よりやや抹消です。そこで少し考えたのですが、 大腿骨大転子部無名結節から末梢に新たな皮膚切開を加えることにしました。


ハンソンピン直上に皮膚切開を新たに加えることで、比較的容易にピンを抜釘することができました。 小切開での抜釘は難しいことが多いです。


その後は通常の THA に移行したのですが、今回新たに加えた皮膚切開を連結することで、手術自体も非常に楽に終えることができました。


術後に皮膚切開の長さを測ると13 cm でした。通常 8~9 cm 程度で手術を行っているのですが、4 cm 増えるだけで手術のしやすさが全く異なります。


今回の教訓として得たのは、小皮切で施行したハンソンピンをそのままの皮膚切開を利用して抜釘しようとすると、手術が難しくなる可能性があるということです。


その場合には躊躇せず、新しい皮膚切開を加えてTHAを施行する行うほうが、手術はスムーズに行くと思われます。従来の皮膚切開に拘泥しすぎるのは得策ではないでしょう。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




ケアネット第14回がアップされました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第14回が、本日アップされました。お題は、法人設立のススメ です。



log_carenet



最近、私の周囲では勤務医による法人ラッシュが続いています。ひと昔前まで、資産所有法人を設立する勤務医などほぼ皆無でした。


長期的にみて法人設立は明らかに有利なのですが、「周囲に法人を所有している人が居ない」「やり方が分からない」等の理由で実践することはありませんでした。


しかし、私の布教活動(笑)の成果のためか、次々と法人設立へ動く先生が出てきました。私の周囲に限っては法人を所有していない人の方が少数派かもしれません。


法人を所有するメリットはたくさんありますが、そのあたりのことに関してケアネットの連載で述べさせていただきました。


1分ほどで読了可能なので、是非ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第14回を訪問してくださいね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。