整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

自転車通勤で長生きできる?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneで興味深い記事がありました。
通勤手段と全死亡、がん、CVDの関係は? です。




英国のグループが通勤手段と全死亡、がん、心血管疾患(CVD)のリスクの関係を大規模研究で検討、その結果をBMJ(2017; 357: j1456)に発表した。


同グループは、通勤手段と全死亡、がん、CVDとの関係を、アクティブ通勤(徒歩または自転車、両者のうちの1つを含むミックス型)および非アクティブ通勤(自動車または公共交通機関を利用)との間で検討した。


対象は、英国内22地点で登録したバイオバンク参加者26万3,450例(平均年齢52.6歳、女性52%)。中央値5年の追跡期間中に2,430例が死亡した(うち、がん死1,126例、CVD死496例)。がんの発症は3,748例、CVDの発症は1,110例であった。


解析の結果、非アクティブ通勤群と比べ自転車通勤群は全死亡〔ハザード比(HR)0.59、P=0.002〕、がん発症(同0.55、P<0.001)、がん死(同060、P=0.01)のリスクが有意に低かった。自転車を含むミックス型通勤群でも全死亡、がん発症、がん死リスクの有意な低下が認められた。


CVD発症のHRは自転車通勤群が0.54(P=0.01)、徒歩通勤群が0.73(P=0.04)、CVD死のHRはそれぞれ0.48(P=0.03)、0.64(P=0.01)と、いずれも有意に低かった。


しかし、徒歩通勤と全死亡およびがん発症・がん死との間に有意な関連は認められなかった。また、徒歩を含むミックス型通勤はいずれの転帰とも関連はなかった。





う~ん、非常に興味深い記事ですね。実は、私も自転車通勤派です。別に自転車競技に興味があるわけではなく、健康に配慮しているわけでもありません。


最大の理由は、最も勤務先の病院まで早く行けるからです。電車やバスを乗り継いでの通勤や自動車通勤よりも、自転車で行く方が早く病院にたどり着けるのです。


片道7kmぐらいですが、平坦なのでさほど苦ではありません。最近では自転車専用レーンが整備されてきたので、かなり自転車通勤のストレスが解消されてきました。


このように完全に実利ベースでの自転車通勤なのですが、今回の研究では、健康面でも自転車通勤に分がありそうです。自転車はランニングに比べて、関節の負担も少なそうです。


今回の研究では、徒歩通勤の検証もされていますが、こちらは全死亡およびがん発症・がん死との間に有意な関連は認められませんでした。


理由はよく分かりませんが、もしかしたら運動量や運動時間が自転車通勤ほど多くないからかもしれません。


いずれにせよ、自転車通勤は健康にも良さそうなので、雨と雪の日以外はこれからも続けていこうと思いました。





★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






外科医のピークは何歳ぐらいなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、人工股関節全置換術(THA)を施行しました。この年齢になっても、執刀前には未だに緊張します。つくづく自分がチキンであることを実感します(笑)。


そうは言っても慣れた手術なので、特に問題なく終了するのですが、術者の年齢に関して、先日見かけた下記のジャーナルが気になったのでご紹介します。



Markar SR et al. Surgeon Age in Relation to Prognosis After Esophageal Cancer Resection. Ann Surg. 2017 Apr 7. doi: 10.1097/SLA.0000000000002260. [Epub ahead of print]





この研究では、食道癌切除術を受けた患者1761例と術者139人において、術者の年齢と患者予後の関連をコホート研究で検証しています。


食道癌手術という外科手術の中でも難易度の高い手術であるためか、研究対象の術者の年齢は50歳台がメインとなっています。


結果は、術者の年齢が52-55歳のグループが、90日死亡率・5年全死亡率・5年食道癌死亡率とも、51歳以下や56歳以上のグループと比べて最も低かったようです。


整形外科領域では50歳台前半の医師といえば、そろそろ一線から退こうとする医師が多くなる年台です。大学・基幹病院とも、40歳台が最も幅を利かせている施設が多いと思います。


しかし、難易度の高い手術においては、50歳台前半が最も「脂がのっている」年台なのかもしれません。そう考えると、私も外科医としてはまだ10年ほど寿命がありそうです。


ただ、私が施行している手術は、決して難易度の高い手術ではないことがネックではありますが・・・





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




駄ネタ: 壊れやすいキーボードは?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、病棟の看護師さん用の電子カルテで入力することがありました。16時ごろに病棟に行くと、医師用の電子カルテ端末が満席になっていたためです。


この医療機関の院長は、経営者として優秀です。無駄なコストは徹底的に排除するため、昨今の医療機関には珍しく黒字経営が続いています。


スタッフの評判は芳しくないのですが、私はこのようなコストカット経営には好感を抱いています。どこまでコストカットできるのかを、傍目に観察するのは結構楽しかったりします。


このような伏線があるのですが、私が使用した看護師さん用の電子カルテの端末は、キーボードのキートップが3ヵ所外れて無くなっていました。


一応入力できるので、修理せずに使い続けているようです。ただ、キートップが無いと非常に入力しづらい・・・。 ここでクイズですが、どのキートップが無くなったのでしょう?





答えは、「K」「1」「スペースキー」の3つのキートップです。とくに、「K」と「スペースキー」が無いと、入力するのにとても不便であることが分かりました。


「スペースキー」を頻用するのは分かりますが、「K」は意外でした。「K」が頻用キートップだとは・・・。しかし、実際に「K」が無いと非常にタイピングがやりにくくなります。



普段は気にしてませんでしたが、「K」の重要性を改めて認識しました。しかし、キートップが壊れるほど入力するとは、看護師さんが仕事熱心なのか扱いが雑なのかは判然としません。。。








★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。