整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

見(ケン)を決め込むのも投資家の能力

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本株は足踏みしているものの、米国株や仮想通貨は史上最高値を更新しています。過剰流動性の支援を受けて、資産価格は軒並み高騰しています。


今回のコロナ禍を受けて、私は全主要国通貨価値の下落を予想しています。しかし、この予想を実際の利益に結び付けることは容易ではないと考えています。


その理由は、一本調子に通貨価値が下落する(=資産価格が上昇する)ことはなく、経過の途中で通貨価値が上昇(資産価格が下落する)するように見えることもあるためです。


感覚的には通貨価値はある一定の幅で上下しながら、徐々に切り下がっていくイメージです。このため、今の時点で資産にフルコミットすると、あまり良くない状況に陥ります。


つまり、10年後にはほぼ確実に日本円の購買能力は低下しているものの、2021年4月時点で手許の日本円の大部分を株式や不動産に変換するという戦略は推奨しないということです。


株式市場を俯瞰すると、割安な銘柄はほぼ無いように思えます。これは!という銘柄は継続企業の前提に疑義が点灯しているものばかりです。


このような全面高の状況なので、今は素直に「見」を決め込むことが望ましいのではないかと考えています。麻雀でも見(ケン)する能力が勝負師の強さを左右します。


もちろん、株式投資や不動産投資と麻雀は違いますが、相場が思わしくないときには一旦市場から退出することも戦略のひとつなのです。


一方、不動産投資でもそうなのですが、特に株式投資においても年がら年中ポジションを取っていないと気が済まない人が多いです。


しかし相場環境が悪いと、無意味なポジションを持っていと損失額が大きくなってしまいます。今のような全面高の時期には、潔く見を決め込むことが重要でしょう。


かく言う私は、市場のパトロールは欠かさないものの、
積極的に投資はしていません。2020年1月以前の状況に逆戻りしてしまいましたが、これが通常の状態とも言えます。


2020年3月のお祭り騒ぎを思い出しながら、静かになってしまった日常生活を送っています。またあのようなエキサイティングな日々がやって来るのかは神のみぞ知るでしょう。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




新型コロナウイルス感染症のワクチン接種

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、私も新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種しました。三角筋に打つと肩が結構痛くて腕があがりにくくなるとのことなので、中殿筋に接種しました。


新型コロナウイルス感染症のワクチンごときで、日々の日課(筋トレ)を中断するわけにはいかないのです(笑)。


さて、今回は筋注なのですが、多くの注射は皮下注です。病棟の看護師さんに訊いても、ソセゴンやフェノバールぐらいしか筋注の経験は無いそうです。


ちょうど、日本医師会が筋肉注射の手技を解説していたので、備忘録として記載します。

  • 注射部位は三角筋の肩峰より2~3横指下中央
  • 三角筋をつままず、広げて皮下組織を固定する
  • 注射針は皮膚に直角に刺入
  • 刺入の深さは13~2mm
  • シリンジ陰圧確認は行わない
  • 抜針後は揉まない


体型によって刺入深度が変わるところがポイントだと思いました。私たち整形外科医は、関節注射や腱鞘内注射の際に、日常的に針先で組織を感じながら刺入します。


このため、筋膜を貫く感覚は分かるのですが、大量に接種する場合はイチイチ筋膜を貫く感覚を確認しながら刺入しないかもしれません。


刺入深度が深くて骨に当たっても問題ないですが、
三角筋に関しては整形外科医的には肩峰下滑液包内に誤注入することを危惧します。その意味でも中殿筋がベターだと思いました。


ちなみに中殿筋への接種では、クラークの点(上前腸骨棘と下前上後腸骨棘を結んだ線の前方1/3)が摂取部位の目安となります。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



seronegative RAにバイオ早期導入してしまった...

このエントリーをはてなブックマークに追加


数ヵ月前に、右手関節から手指に限局した関節炎の患者さんが来院しました。特に外傷の既往はなく、数日で発症したとのことです。腫脹が右前腕から手指にかけてあります。


当初、UAが高かったため痛風を疑ったのですが、関節炎がいっこうに軽快しません。精査のためにMRIを施行したのですが、どうやら遠位橈尺関節および腱鞘周囲炎があります。


屈筋腱・伸筋腱とも腱鞘に水腫があるため、結核やMAC感染症ではなさそうです。念のために施行した T-SPOTや MAC抗体は陰性でした。


ACPA、RFは陰性ですが、CRP/ESR、MMP-3はいずれも高値です。ACR/EULAR 2010では、4点ですが、臨床的にはRAを強く疑います。いわゆる seronegative RAでしょうか。


一応、日本リウマチ学会専門医ではあるものの、seronegative RAの診断を下すのはいつも少しプレッシャーを感じます...。本チャンのリウマチ医から見ると失笑モノでしょう。


仮に診断を seronegative RAだとした場合、治療が問題になります。seronegative RAであっても、基本的には治療のアルゴリズムは通常の RAと同じです。


そして、この方は運悪く腎機能が悪かったのです。eGFRが30 mL/min前後なので、MTXを処方することもはばかられます。


弱気に2 ㎎処方しましたが効果が無いため、早期に生物学的製剤へスイッチしました。
seronegative RA+腎機能障害のため、診断に確証を持てないまま生物学的製剤の導入です。


幸い、生物学的製剤を投与開始すると症状は劇的に完全したので、患者さんにはいたく感謝されました。結果オーライですが、今回は運が良かっただけかもしれません。


外科系医師として手術のプレッシャーは毎日のように感じていますが、内科的な治療でもプレッシャーを感じます。う~ん、私の精神構造は医師向きではないのかもしれません...







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ビジネスパートナー募集中
210318
医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。