整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

JUST DO IT とにかくやってみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍の自粛のために、やりたいことができないストレスを感じている方は多いのではないでしょうか?


以前は何とも思っていなかったことでも、実は貴重だったことが身に染みて分かります。飲み会、外食、ジム、そして旅行も、ビフォーコロナでは当り前のイベントでした。


ところが、当り前だと思っていたことも実は砂上の楼閣だったことに気付かされました。あの時やっておけばよかったと思っている方も多いことでしょう。


かく言う私は、アレをしておけばよかったという後悔はほとんどありません。なぜなら、私は思い立ったすぐに実行する主義なので、やらなかった後悔はあまりないからです。


むしろ、やっておいて良かった!と思うことはたくさんあります。
  1.  完全リモートワークの会社運営
  2.  不動産投資
  3.  CFをブタ積みしてひたすら待機していた株式投資



今回のコロナ禍では、周知のように医師も大きな打撃を受けました。専業(?)医師にとってはなかなか厳しい状況が続いています。


一方、私が 4年前に立ち上げたビジネスは完全リモートワークなので、コロナ禍の影響は軽微~皆無でした。パートナー達の経済的安定性に多少は貢献できているので嬉しいです。


もちろん、完全リモートワークが奏功したのは偶然の産物ですが、周囲の自営業者、医師、リテール系不動産投資家の苦境と比べると、安定度が際立っています。


不動産投資に関してはリテール系の物件も多いので、賃料減額でかなりダメージを受けましたが、基本的には住居系がベースなので収益性に大きな問題はありません。


特に築古木造戸建は自己資金なので超安定的です。合計しても毎月27万円なので、不動産投資に占める割合は微々たるものですが、ランニングコストがほぼゼロなので堅い収入です。


一方、株式配当(税引き後55万円/月)は築古木造戸建ほど安定していませんが、J-REITや電力株メインのポートフォリオなので、コロナ禍でも減配リスクはさほど高くありません。


これらの極めて安定的なキャッシュフローに加えて、7年半にも渡って株式市場に本格参入せず資金をすべてブタ積みしていたことは、本当によかったと感じています。


機会損失しているのではないか?という焦燥感をずっと感じていましたが、7年半我慢して積み上げた資金のおかげで、今回のコロナショックでは大量の株式取得に成功しました。


このように、世界を揺るがすコロナ禍に際しても、とにかく思いついたことをやってみる!を実践し続けたことは大きなリターンとして返ってきました。


もちろん、幸運にも状況にマッチした部分が多いことは承知していますが、「とにかく今すぐやってみる」という気持ちを持ち続けることの効果が発揮されたという認識です。


結果には、実家の太さも関係ありません。医師免許があれば 10年を待たずして、ゼロからでも自ら太い状況にすることは十分に可能です。


人生は長いようで短いです。時間ができたらやってみようではなく「今すぐ全力でやってみる」ことを強く推奨します。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




どうする?10万円の特別給付金支給

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症の経済対策の一環として、一人当たり 10万円の特別定額給付金支給が開始されました。


私はマイナンバーカードを持っていないので当分支給されそうにないですが、素直に 10万円いただけるのは嬉しいです。医師の多くにとって、滅多にできない経験でしょう。


さて、今回の10万円をどうしようかと思案しましたが、ほぼ一瞬で決まりました。それは夏休みの旅行に使うことです。せっかく給付されたのだからパーッと使おう!


今回の特別定額給付金は景気対策の意味合いが強いと思います。そうであれば、貯金するという選択肢はありません。社会に貢献するためにも派手に使うぞ(笑)。


私の資産形成術の基本はタネ銭を貯めることです。しかし、それは日々の収入から天引きして積み上げていくものであり、今回のような特別収入は対象ではありません。


使うべきところ(?)は、きっちり使う!がモットーなのです。やはり、今回のような給付金は迅速に使って、社会にお金を還元させなければいけないと思います。


もちろん、将来に備えて貯金することを否定する気はありません。何といっても一人当たり 10万円なので、家庭単位では総額が大きいですから。


それでも、医師のような準公務員は一般の方に比べて安定しているので、このような国家的な危機に際しては、積極的にお金を社会に還元することを考えてもよいのかなと思います。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




オンライン診療のキックオフミーティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン勤務先のオンライン診療のキックオフミーティングに参加しました。会議は「密」を避けるために、ZOOM利用というのが今風(?)です。


やはり、ZOOMでは積極的なやりとりが難しいですね。それはさておき、実際に CURONを利用したオンライン診療が3症例発生したので、担当医師の感想が出てきました。


オンライン診療は新鮮で楽しい経験だったそうです。現状では相当受診抑制されているので、患者さんはオンライン診療でなければ受診しなかったとおっしゃられていたそうです。


どこの医療機関も程度の差こそあれ受診抑制の影響を受けていると思います。この窮状を打開する切り札のひとつがオンライン診療であることは間違いないでしょう。


こういう局面では迅速にマーケットインするに限ります。近隣の潜在ニーズを総取りするべく、大量の広告費を期間限定で投入するべきだ!と主張しておきました。


過激な意見なので、採用されるかは否かは分かりませんが(笑)。私に決裁権があれば絶対にやっていますので、ヒトの下で働くのは結構面倒なものです。


収益面では、クリニックと病院では差があるようです。病院再診では対面診療・電話診察・オンライン診療はすべて 147点で同じです。そうであればガンガン広報するべきでしょう。


一方、クリニックでは初診料が対面368点に対して、電話診察とオンライン診療は294点なので、トータルでいうと対面診察よりも 16%減少します。


クリニック初診では、特定疾患療養管理料が対面225点に対して、電話診察とオンライン診療は147点なので、トータルでいうと対面診察よりも 29%減少します。


1回あたりの単価は低くならざるを得ませんが、そこは受診回数で十分に賄えると思います。しかも感染予防や患者ニーズも高いので、私はオンライン診療 agree派です。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。