整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

ストレートネックの疫学調査

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、いわゆるストレートネックについて調べる機会がありました。ストレートネックは俗っぽい言葉であり、正確にはもちろん「頚椎前弯の消失」です。


日常臨床で、比較的よくみかけるストレートネックですが、その頻度はどの程度なのでしょうか?おそらく整形外科外来で診る頻度は、一般よりも高いことが予想されます。


医中誌ウェブでストレートネックを検索すると 20ほどヒットしました。ストレートネックという俗称でもヒットすることに少々驚きましたが、その中に頻度の調査がありました。




脳ドックを受検して頸椎X線(正面、側面像)を撮像した631人(男女比303:328、38~79歳)をストレートネックの調査対象とした。

頸椎X線の所見分類では、異常なし444例(70.3%)、日常生活指導156例(24.7%)、経過観察20例(3.1%)、要精密検査1例(1.7%)であった。

日常生活指導と判定した156例中、ストレートネックは54例(男女比29:35、平均53.2歳)で全受検者の8.6%を占めた。


脳ドックにおける頸椎X線写真の所見 特にストレートネックについて
Author:梶田 泰一先生(国立病院機構名古屋医療センター 脳神経外科)



上記の文献によると、ストレートネックの頻度は約 8.6%とのことでした。自分の経験を照らし合わせるとすこし少ない印象ですが、実際にはこんな感じなのでしょう。


世間一般ではストレートネックは悪者っぽいイメージで語られることが多いですが、実はそこそこの数の人がストレートネックであり、決して珍しいものではないことを学びました。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        

新型コロナ感染よりコワイのは差別?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

全国的に新型コロナウイルス感染症の新規感染者が急増しており、感染の第二波が到来しているようです。私のメイン勤務先周辺でも患者が結構出ており、危機感が高まっています。


さて、このような状況になってくると「誰が院内第1号になるのか?」に皆の関心が移ってきます。院内の誰もが自分が第1号にはなりたくないという一心です。


そんな話を外来でしていると、いろいろな噂話を訊かされます。
  • 〇沢市の第1号患者さんは、風評被害で引越を余儀なくされた
  • 〇山市の第1号患者さんは、顔写真入りのビラを撒かれた
  • 東京ナンバーの自動車は煽られる
  • 東京、大阪、名古屋在住の人は実家から帰省を拒否されることが多い


いずれも真偽のほどが定かではない噂話ですが、自分がその立場になったらと思うとゾッとする話ばかりです...。


新型コロナウイルス感染症の毒性が弱まったのではないのかという報告がチラホラでてきています。実際、日本でも新規感染者の増加数ほど重症者数は増えていません。


このため最も大きい心配事は、新型コロナウイルス感染症の罹患ではなく、罹患することによって受ける差別であるというのが正直なところです。


罹患してしまうと勤め先の外来や手術が止まるので、甚大な悪影響を及ぼします。また、近所の目もコワイです。これはなかなか辛い状況ですね...。


職場への影響はどうしようもないですが、近所の目は都会の方が人に紛れるので影響は軽いかもしれません。そういう意味では東京や大阪在住の方が気楽かもしれませんね...。






★★ 第3刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







慢性骨髄炎の手術戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、大腿骨慢性骨髄炎の急性増悪の症例がありました。30年モノの骨髄炎なのですが、肺炎を契機にして再燃したようです。


MRIを撮像すると、大腿骨周囲に大量の膿をみとめました。大腿骨骨内の信号変化も著明です。明らかに骨髄炎の所見でした。


Spike feverだけではなく、血液生化学検査もエライ数字になったので、やむを得ず臨時手術を施行しました。大腿の膿瘍部を切開すると大量の膿が噴出しました。


内部も感染性組織でエライ状況です...。しかし、ある程度洗浄して膿を洗い流した後は、大腿骨骨髄炎部の掻爬を目指しました。周囲の軟部組織には見向きもしません。


大腿骨の表面はやや色調が悪いものの、外観上はそれなりの強度を保っていそうです。骨表面に極めて小さな瘻孔(?)を探し出しましたが、大量の膿の原因とは思い難いです。


しかし、感染の本丸は腐骨です。腐骨を切除しないかぎりは、いくら周囲の軟部組織を掻爬しても本丸を攻めたことにはなりません。


このため、手術時間の半分以上を腐骨掻爬に費やしました。サージアトームやケリソンで皮質骨(腐骨)を切除しながら、骨からの出血有無を確認するという地道な作業です。


結局、20mm×15mm×10mmの腐骨を切除しました。周囲の軟部組織は完全に感染性組織を除去したとは言い難いですが、血流のある組織は抗生剤含有セメントで感染制御可能です。


骨髄炎の手術では、全体の炎症度合いをみると周囲の軟部組織の所見の方が派手ですが、おおもとの原因となっている腐骨を完全に切除することに注力するべきだと思います。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。