整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

臆病な投資家

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、金融資産投資家仲間で米国株が話題になりました。これだけゴタゴタ続きなのに米国のS&P500は史上最高値を更新しています。


555 - コピー



2018年末には市場は天井という予想でしたが、今回も見事に外しました。つくづく自分の市場を読む力の無さを痛感します...。


ここまで指数が上昇すると、ポジションを確保していないと機会損失をしている焦りが出てきます。このため、新規で米国市場に参入する投資家が後を絶ちません。


何名かの日本株専業投資家が米国株に参入するのを横目で見ていますが、私はとても同調して参戦する気になりません。


その理由は、ずばり「損するのが怖い」からです。表題のタイトルですが何を隠そう私のことなんですね(笑)。ここまで指数が上昇すると下落する未来しか想像できないのです。


ただ、私は年がら年中そのように感じていますので、米国株に関しては20年間のほとんどの期間で予想を外していることになります。


ここまで徹底的に外すと我ながらスゴイ才能かなと思います。さて、そんな予想能力皆無+臆病な私にも、20年間のうち2~3年だけ元気だった期間があります。


それは2012年と2015~2016年にかけてです。現在のS
&P500の超長期チャートから後追いでみるとさざ波程度の下落ですが、当時の感覚では金融市場に大きな揺らぎがありました。


本格的に海外株式の個別株投資に参戦した時期が2012年だったこともあり、この時期にNYSE上場のブルーチップ株を集中的に購入しました。


私はBuy & Holdが信条なので、この時のポジションを維持しています。このおかげで昨今のS
&P500の上昇の恩恵をある程度受けています。


しかし、臆病+ネガティブな性格なので、どうしても明るい未来を想像できません。このため、米国株投資では一般的な順張り投資を20年間で1回も敢行したことがありません。


米国株における順張り投資家との成績差はかなり大きいものと推察しています。一方、日本株に関しては、この臆病+ネガティブな性格が幸いしています。


日本株には2000年以降だけでも下落期間が長かったので、必然的に臆病+ネガティブな性格の私でも購入を決断できるチャンスが多くなります。


このため、米国株・日本株とも利益は出しているものの、利益のほとんどは日本株から生まれたものです。日本の市場トレンドと私の性格がマッチしているのでしょう。


このように2000年以降の20年間を俯瞰してみると、投資家の成績は下記のような傾向があるのではないでしょうか。

  • 臆病+ネガティブな性格: 横這いトレンドが基本の日本株で有利
  • 積極的+ポジティブな性格: 上昇トレンドが基本の米国株で有利


自ら自分の性格をディスっている気もしますが、私の場合100%米国市場で戦っていたら、おそらく今ほどの結果を出すことはできなかった可能性が高いです。


このように、市場の基本トレンドと自分の性格や投資戦略の相性によって、金融資産投資の結果は大きく影響を受けるのではないかと考えています。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




不動産でもリモートワーク?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、スカイプで自宅1号の改装計画の協議を行いました。参加メンバーは、施主の私、デザイナー、工務店の社長の3名です。


デザイナーさんの発案で、平日の21時スタートでした。スカイプの設定で少し手間取りましたが、物理的には遠く離れている3者が一同に会することで一気に計画が進みました。


スカイプで2名の協議をしたことはありますが、多人数では初めての試みです。最近ではZOOMもありますが、スカイプなら誰でもアカウント持っているので便利です。


さて、その日はデザイナーさんが作成したCGを用いて、間取りや内装の細かい擦り合わせを行いました。CGがあると視認できるため作業効率が劇的に向上します。



222 - コピー



実際には上図のような感じです。静止画なので分かりにくいですが、実際には3Dで建物内部を移動しながら導線の確認や細かい部分の協議を行いました。


スタートアップではリモートで協業するのは当たり前ですが、不動産の打合せでは初めての経験です。う~ん、時代は変わったものです。


おそらく「ザ」不動産の方では難しかったでしょうが、工事連絡もLINEで行っている工務店なので、普通に対応していただきました。やはり若い人は何かとやりやすいですね。


さて、餅は餅屋方式で計画は進んでいますが、やはり資金計画や投資判断では私が全責任を負う必要があります。このあたりは完全に役割分担です。


そして、改装にかかわるデザインや実際の工事に関して私に出る幕はありませんが、完成後のオペレーションを見据えた判断や相場観は私にしかできません。


このようにゼロから創りこんでいくことは楽しいです。今では心の底からそう思いますが、不動産投資の初心者だった頃、物件を加工する過程が面倒で苦手意識を持っていました。


しかし、さすがに投資歴15年超のベテラン(?)不動産投資家になってきたので、最近では楽しみながら取り組めるようになってきました。


不動産投資は最初にやるべきことが多くて面倒です。しかし、最初だけ気合を入れて仕組みを創り上げると、あとはたいして苦労せずに甘い汁を吸い続けることが可能になります。


直近では旧帝国大学附属病院前のコインパーキング開業でかなり頑張りましたが、今ではグロス6.2%の利益が湧き出る泉になっています。


今回はシェアハウスなのでコインパーキングほど楽ではないですが、それを補って余るほどの収益性を確保できそうです。何とか年内竣工・来年3月開業に持っていきたいものです。







★★ 収益マイホーム購入マニュアル ★★
 


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した収益マイホームの実践版です。2004年に”お金を生む”マイホームをタダ同然で取得した管理人が、家計のキャッシュフローを劇的に改善できる「収益マイホーム」を解説します。


どうせマイホームを取得するのなら、できるだけ安価に・安全に購入したいと思う方にぴったりのノウハウがぎっしり詰まったマニュアルです。 収益マイホームを購入することで、家賃や住宅ローンの支払から解放される可能性が高まります。


そしてこのことが人生の幅を広げることにもなるかもしれません。 全125ページのスライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



表紙画像
                                
タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル ver. 190905


天下の Lancetに掲載された論文に驚く

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneにちょっとびっくりした記事がありました。小児科受診は何歳まで? です。医療における小児の定義は何歳までなのかという疑問に答える研究です。


この研究自体は、多くの国で理想とされる19歳に届いておらず、世界的に思春期層の医療需要に応えられていないという実態が明らかになったとのことで有意義だと思います。


しかし、私がびっくりしたのは、この研究の内容や結果ではありません。この研究が掲載されたのが、なんと Lancetなのです! 


この研究は、世界中の小児科医に電子メールで調査への参加を呼びかけ、115カ国の1,372人から回答を得たそうです。つまり、小児科医のリストがあればできてしまう研究です。


もちろん、リストを作成するのは結構大変でしょうが、こんなお手軽(?)な研究で天下の Lancetにアクセプトされるとは驚きです。


潜在的ニーズとアイデア勝負で Lancetにアクセプトされることに驚いたとともに、このようなニッチ分野を攻めるという手もあることに感心しました。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。