整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

近隣開業医と win-win関係を!

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近では新型コロナウイルス感染症の新規発症者数も漸減しており、仲間内では話題にあがることも少なくなりました。外来患者数もコロナ前に近いレベルまで回復しています。


今年は6月ころまで苦しい状況が続いていましたが、そんな中でも手術数の下支えをしてくれていたのは近隣の整形外科開業医の先生方です。


昨年6~8月に近隣の基幹病院や開業医に営業したのですが、その際に懇意になった開業医の先生から、苦しい時期にも手術適応の症例を紹介していただきました。


医局内の医師は黙々と紹介された症例をこなしていますが、私はこっそり彼らを監視しています(笑)。紹介元に失礼が無いように、そして win-win関係を維持することが目的です。


ありがちなのは「手術適応ではない」と言って、せっかく紹介してもらった患者さんを突き返すことです。勤務医アルアルですが、これは最低の対応だと思います。


たしかに医学的にみて手術適応ではない症例も散見されます。しかし、無下に紹介元に送り返すと、開業医の面目は丸潰れです。下手すると紹介患者さんからクレームまできます。


このような対応をすると、当然の帰結としてせっかく苦労して築いた関係が破綻してしまいます。この場合の正解は、こちらで保存的に外来フォローするです。


勤務医は患者さんしかみていないケースが多く、開業医への配慮に欠ける人が非常に多い印象です。卒業年次に関係なく、このような失態を犯す人が存在するので注意が必要です。


あと、リハビリテーションが必要な患者さんは、積極的に近隣の開業医に紹介するように、事あるごとに医局内で言っています。クドいほど言い続けないとなかなか浸透しません。


このような地道なフォローを続けていると、今回のようなコロナ禍で困ったときにも、近隣の開業医から助力を得られると思います。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



舟状骨の血行動態

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、Herbert Type B2の舟状骨骨折の手術がありました。やや近位側の骨折ですが、Type B3まではいかない骨折部位です。


掌側・背側どちらのアプローチも選択できる骨折型です。私はほぼ全例で背側アプローチを採用しています。理由は舟状骨内の至適部位にスクリューを挿入できるからです。


ただ、背側アプローチでは舟状骨を栄養する動脈損傷が危惧されます。そこで舟状骨の動脈支配について調べてみました。


22 - コピー

The vascularity of the scaphoid bone. 
Richard H. Gelberman, M.D., J Hand Surg Am . 1980 Sep;5(5):508-13より模写



1980年にJ Hand Surg Am.に掲載された論文では、舟状骨の動脈支配が明らかにされています。舟状骨近位の70~80%は舟状骨腰部の背側から侵入する動脈に栄養されています。


このため、背側アプローチであっても、舟状骨を栄養するメインの動脈を損傷する可能性はほぼ無いようです。舟状骨遠位骨折以外は、背側アプローチに優位性がありそうです。





★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく実践的な医学書です。


 







ATM医問題の解決法

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterの医クラでは、ATM医問題が流行っているそうです。先日の北海道の飲み会で初めて意識しましたが、よく考えるとゆる医先生のブログで頻出の話題だったように思います。


極端な話だから面白がって話題にはなるけど、実際にそんな人は居ないだろうと思っていましたが、類似ケースはそこそこあるようです。


周知のように、一度 ATM医になってしまうとリカバリーが難しいようです。そこで、ATM医問題の解決法を検討してみました。


まず、ATM医になってしまう理由は、悪意のある配偶者と離婚するためには膨大な費用がかかるからです。離婚にかかる費用には下記3つがあります。

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 婚姻費用


上記のうち慰謝料に関しては、仮にどちらかが浮気をしていたとしてもたいした金額にはなりません。財産分与は結婚してから殖えた資産なので、そこそこの金額になります。


そして離婚するための最大のハードルは、婚姻費用です。ATM医が逃れられない理由は、離婚時の多額の婚姻費用分担です。婚姻費用は、下記の式で算出されます。



婚姻費用=夫婦の年収差の34~52% × 5~10年



5~10年というのは離婚までにかかる期間です。なぜこんなに長いのかというと、未成年の子供が居る場合、基本的に離婚は認められないからです。


もし、子供のいる年収 2000万円の人が離婚する場合には、婚姻費用だけで5000万円以上かかるという信じられないような世界が広がっています...。


離婚したくても実際には極めて難しいことが分かります。まさに生ける屍状態で金蔓にされ続けます。ATM医が問題になることがようやく理解できました。


しかし、自分の身に置き換えて考えると、私の場合は簡単に離婚できることに気付きました。その理由は、その気になれば簡単に年収差をゼロ~マイナスにできるからです。


その理由は、医師としての個人給与所得は総収入の10%台なので、その気になればゼロにできる(勤務医をリタイアする)ことと、それ以上に銀行対策を入念に行ってきたからです。


銀行対策とは何でしょう??? 私の感覚では、婚姻費用目的で ATM医にたかる悪意ある配偶者よりも、銀行の取り立ての方が 10倍ぐらいタチが悪いです。


しかし、一般的には銀行融資を利用しないで超富裕層の門をくぐることは難しいです。私は今でこそ実質無借金なので気楽ですが、2013年までは膨大な借金を背負っていました。


常に破綻リスクを抱えながら生活していたので、不動産投資がうまくいかなくなったときでも破綻を回避する対策を粛々と打ってきたのです。


その対策の柱は、無借金の資産保有法人への所得移転です。キャッシュを産むビジネスや資産をホワイト法人へ少しずつ移転し、私個人では資産を所有しないようにしています。


さすがの銀行も、融資先ではない法人にまでは手出しできません。銀行(サービサー)の取り立ては苛烈を極めますが、法人に移転していると完璧に守られるのです。


そして、この銀行対策は悪意ある配偶者にも有効です。資産形成を志す人は、是非法人での資産形成を第一に考えてほしいと思います。


ここまで脱線しながらも ATM医問題の解決法を検討してきましたが、やはり「今すぐ離婚したい」というニーズに対する解決法はあまり無さそうです。


ゆる医先生が医師同士の結婚を勧める理由がようやく分かりました。医師同士であれば、ダブルインカムに加えて、婚姻費用もほぼゼロにできそうです。


また、医師以外と結婚する場合には、やさぱす先生が主張している事実婚という選択肢も、ハードルは高いですが有望に思えます。


ここまでつらつらと考えてきましたが、結婚するのにここまで考えなければならないことに愕然としました。私はたまたま安全地帯に居ましたが、偶然の産物だったようです...。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。