整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

長寿薬は身近に存在する(ニコチン酸アミド、メトグルコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、週刊ダイヤモンドの書評に出ていた書籍を拝読しました。巷ではベストセラーで話題の書籍とのことでしたが、分厚くて読了するのに苦労しました。





なかなか興味深い内容ではありましたが、結論は本書の475ページに記載されている下記の3点に要約されます。
  1. NMN 1000mg/日を服用
  2. メトホルミン 1000mg/日を服用
  3. 1日のどれか1食を抜き、適度の飢餓状態(カロリー制限)を実践


この結論に達するまでの道のりが非常に長かったです(苦笑)。まぁ、いきなり言われても何のこっちゃ分かりませんが、なぜ重要なのかを延々と説明しているのが本書籍です。


人間に対するエビデンスは全く無いようですが、酵母菌では劇的な長寿効果がありました。長寿効果の源泉は、①NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)という物質の投与です。


長寿化には NADという補酵素が関与しています。NADが不足すると老化が進行するので、十分な量の NADを維持する必要があります。そして NADの原材料が NMNなのです。


NMNは極めて高額なサプリとしても摂取可能ですが、もともとはビタミンB3の一種であるナイアシン(ニコチン酸、ニコチン酸アミド)から体内で変換されるそうです。




NAD


(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所より転記)


上記をまとめると、
ナイアシン(ニコチン酸、ニコチン酸アミド)→ NMN→ NADとなります。この書籍がベストセラーになって以来、NMNのサプリがバカ売れしています。


しかし NMNの価格を調べると信じられないぐらい高い! 興味本位で医薬品で無いのか調べてみると、ニコチン酸が最近までありましたが 2019年3月に販売中止になったようです。


一方、ニコチン酸アミドは健在で、しかも薬価はめちゃくちゃ安いです。最終的には NADの量を増やしたいのですが、NMNサプリまたはニコチン酸アミドの服用でいけそうです。


②メトホルミンはメトグルコなので、一般的な経口糖尿病治療薬です。③はなかなかハードルが高い(?)ですが、私も1日2食を試してみました。ダイエットになっていい感じ(笑)


LIFESPANで提唱されている内容は、多くの医師にとって、とても身近に思えます。現時点では、人間の長寿化に効果があるか否かは不明ですが、少し夢のある話だと思いました。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



m3: 株式、不動産、ビジネスの中で一番バランスの良い儲け方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第31回がアップされました。お題は株式、不動産、ビジネスの中で一番バランスの良い儲け方は? です。



m3com_logo




今回はずっと前から書きたいと思っていたテーマです。資産形成にはいろいろな手法がありますが、どれをチョイスすれば良いのか?という命題に関する回答はあまり見かけません。


ときどき、不動産と株式投資の二刀流の人が居ますが、ビジネスまで含めて比較している人は見たことがありません。


しかし書き始めてみると意外と難しい...。株式投資・不動産・ビジネスと言っても、投資戦略・規模・ビジネスモデルが全く異なるため一般化することは難しいからです。


そこで、できるだけ一般化しつつも、最終的には自分の実践していることをベースに、どのジャンルが最もコスパが良いのかを考えてみました。


その結論は、、、、
私の経験では不動産投資が最もバランスとコスパが良い、でした。


正直言って、不動産投資は最近全然タッチしていません。今はビジネスと株式投資メインですが、逆に言うとそれほど不動産投資は安定していてやることが無い状況とも言えます。


そして、株式投資・不動産・ビジネスの特徴をそれぞれ深堀したことで、自分の中でも進むべき方向性の整理をすることができました。


今回の m3.comの連載では、自験例をもとに株式、不動産、ビジネスのバランスに関する私意見を述べてみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




マイナー神経の神経伝導速度は難しい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、下腿の圧挫による末梢神経障害の症例を診察する機会がありました。受傷後半年ほどなのですが、足背にしびれ感が残存しています。


労災事故がらみだったので、客観的な末梢神経障害についての証明を求められました。足背のしびれている部位を確認すると、どうやら浅腓骨神経領域のようです。


足関節より 2㎝ほど中枢測で tinel like signも認めます。それなら、神経伝導速度で浅腓骨神経損傷を確認できるなと思いましたが、どうやらそうは問屋が卸さないようです。


浅腓骨神経の神経伝導速度など測定したことが無いので、技師さんに確認してみました。浅腓骨神経では刺激点を下腿前方の末梢1/3の部位、導出部位を第3~4足趾基部にとります。


同じ下腿から足部の知覚神経である腓腹神経ではしっかり導出されるようですが、浅腓骨神経では振幅が小さいようでなかなか難しいとのことでした。


安易に測定できます!と言わないで良かった...。整形外科医は単に解剖の知識があるだけなので、このあたりの実践的なノウハウは、技師さんに確認する必要がありそうですね。





★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく実践的な医学書です。


 







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。