整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

論文のオープンアクセス化問題

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経新聞で興味深い記事がありました。
科学論文、中国が自国誌を重視へ 学術界に衝撃 です。



世界各国が科学技術の研究開発に力を入れるなか、科学論文発表のありようを大きく変える動きが起きている。これまで米英の著名論文誌での発表を重視し研究者に報償金すら支給してきた中国が方針を変えた。米国では政府の助成を受けた研究成果はだれでもすぐに無償で読めるようにする方向で模索が始まった。米中という2つの大国の動きは日本の科学技術研究にも影響を与えそうだ。



タイトルは中国関係ですが、この記事には下記のような2つの論点があります。
  1. 世界に通用する論文誌(英文誌)を中国国内で育成し名実ともに科学大国を目指す
  2. 欧米で論文のオープンアクセス化の議論が活発化


①に関しては、英「ネイチャー」や米「サイエンス」に対抗しうる中国版の学術誌を育成する方針です。かつて日本でも同様の声があがりましたが実現しませんでした。


②に関しては、論文をオープンにする代わりに、図書館や購読者が支払う「購読料モデル」から、投稿時に研究者が投稿料を払う「投稿料モデル」への転換が進みつつあります。


欧米と大手出版社でオープンアクセスへの移行が進むと、日本の研究者に不利に働く可能性があります。日本の研究者も投稿料を支払わなければならないからです。


投稿料は平均20万円、著名誌では80万円もするそうで、研究費削減に苦しむ大学の研究室では負担が難しいとのことでした。オープン化が実現すると厳しいことになりそうです。


大学での研究はすぐに経済的恩恵を産むことはないですが、国力増進のためには必要不可欠なものです。日本の未来のために社会福祉に回す予算の一部を研究費に回すべきでしょう。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



鎖骨骨折手術時の安全対策 Tips

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、鎖骨骨幹部骨折の手術がありました。既存骨折のために、もともと鎖骨が変形している嫌な症例です。reconstruction plateを鎖骨上面に当てて固定しました。


なんてことは無い普通の手術ですが、鎖骨の直下には鎖骨下動脈や肺尖があります。ドリリングの際は、あまり気持ちの良いものではありません。


普通の人はエレバトリウムを鎖骨の下面に挿入してブロックすると思います。しかし展開の関係でそれだけでは心許ない症例もあるのが悩みどころです。


そのような際、最初からスリーブ先端から20mmほどしかドリルが出ないように調整しておくことが有効でした。


私がこのことに気付いたのは術中でした。ドリルで対側の骨皮質を貫いた瞬間にスリーブに接触してそれ以上奥に進まなかったのです。


手術介助に入ってくれた美人看護師さんがメジャーで測って、スリーブ先端からドリルが 20mmしか出ないように長さ調節してくれていたのです。


鎖骨の横径は
 20mm以内ぐらいなので、この方法は非常に有効だと思います。もちろんエレバトリウムでブロックもしますが、ダブルの安全対策で合併症発生確率が下がりそうです。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








起業家としての大企業との付き合い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、某総合商社の子会社との取引を検討する機会がありました。いわゆる、企業間取引(B2B)です。その子会社自体も東証一部に上場しています。


どんな凄い提案してくれるのかワクワクして拝聴したのですが、出された提案は何のことはない単なる中抜きなんですね...。それなら最初から下請け(?)に発注します。


もちろん、ロットが小さいためまともに人材を投入するとコスト倒れになることは理解できます。しかし、私の経験では、少なくとも1億円程度では中抜きだという印象です。


以前にスタートアップを立ち上げたときのシステム開発や、産業用太陽光発電のメーカー選定でも大企業の提案はよく見ると中抜きでした。


下請けの商品に自社ブランドを冠して売るのがよくあるパターンです。中抜きにもかかわらずかなりのフィーを抜くので、自腹を切って購入する際にはどうしても目につきます。


普通に考えたら、大企業を通さずに購入する方が安価です。それにもかかわらず、なぜ大企業の中抜きが横行しているのでしょうか?


おそらく何か問題が発生した場合、購入先が大企業であれば担当者は免責されますが、無名企業の場合は社内的に言い訳できないことが原因なのでしょう。


しかし、サラリーマンではなく経営者の立場で交渉に臨むのであれば、大企業から商品を購入するメリットは少ないです。何故なら誰にもエクスキューズする必要がないからです。


このような経験をいくつかしていると、大企業や大法人格への不信感が熟成されます。ちょっと嫌な奴かもしれませんね(笑)。




一方、同じ B2Bと言っても、こちらが商品やサービスを大企業に売る場合は 180度考え方が異なります。同じ商品を売るのであれば、大企業と取引するに越したことはありません。


おかげ様で、私たちの法人も東証1部上場クラスの大法人格と取引させていただいていますが、やはり予算の組み方やサービス購入額のロットが異なります。


ビジネスの成長を志向するなら、小規模な顧客だけでは不十分です。もちろん、B2Cの場合はマス対象ですが、B2Bの場合は小口顧客だけでは収益性が上がらず売上も立ちません。


このため、ある程度業界の中で地歩を固めた段階で、大企業の攻略を真剣に進めていく必要があります。もちろん、売上の大部分が大企業 1社になるのはご法度です。


しかし、通常の起業であれば最初は信用が無いので、小口顧客を汗をかきながら開拓していくことになります。このため、大企業に自社の命運を握られることは無いでしょう。


そうは言っても、いきなり大企業と取引を開始するなど望むべくもありません。最初は全く相手にされないこと必定です。ではどうすれば大企業と取引できるようになるのでしょう?


定石は無いと思いますが、私たちのケースでは既存の有力顧客からの紹介でした。大企業を紹介してもらおうと思っていたわけではなく、繋がっていることさえ知りませんでした。


いつも通り誠心誠意の対応をしていたところ、「ところで」という感じでとんとん拍子に話が進みました。突破口がひとつ開くと、あとは芋づる式です。


このように、こちらが買主か売主かによって、大企業とのかかわり方は全く異なります。買主としては注意深く、売主としては最重要攻略対象として対応するのが吉だと思います。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。