整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

画像診断AIの実用化時期はいつ?

このエントリーをはてなブックマークに追加


AI関連で、m3.comに興味深い記事がありました。
画像診断AIの実用化「当初期待より遅れる」です。


AIの劇的な進化によって、最初のスケープゴートになるのは放射線科医師ではないのか?という意見は多いです。それでは、AIはいつごろ放射線科医師を代替するのでしょうか?





米メイヨクリニックの放射線科教授のブラッドリー・J・エリックソン氏は2016年のウェブ講演会で、「5年後にはマンモグラフィーと胸部単純X線、10年後にはCT、MRI、超音波、15~20年後にはその他の画像診断がAIに代替される」と語っている。


ただ、昨年、中田氏がエリックソン氏にこの発言について確認したところ「ちょっと遅れている」という見解だったという。





これは、上記の問いに対する放射線科医師の権威の回答です。一気に放射線科医師がAIに置換されるわけではなく、段階的に代替されていく予想のようです。


その最大のハードルは、画像診断AIのディープラーニングに必要とされている、膨大な数の「
正解付きデータ」の整備です。


インターネット上にある画像については、インターネット上の画像の正解付きデータベースであるImage Netのおかげで認識精度が飛躍的に改善しました。


しかし、医療用画像診断では、正解付きデータベースが十分に整備されておらず、このことが画像診断AI進化のボトルネックになっています。


ただ、問題点は正解付きデータベースだけなので、データが揃うと、あっという間に精度の改善された画像診断AIが実現化します。


こうなると人間では太刀打ちできなくなるので、やはり診断系の科が最もAIの脅威にさらされていると言えそうです。


このことが実現化すると、診断系の科から治療系の科への大移動が発生しそうです。そう遠くない未来予想図なので、今から医師になる人はよく考えるべきかもしれませんね。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です








鎖骨骨折手術と神経根症

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、鎖骨骨折後の偽関節手術を経験した私は、保存治療に対して少し臆病になっています。やはり、鎖骨の偽関節手術は面倒なので、できればやりたくない手術なのです。


このため、下記の条件を全て満たしてしまう患者さんに関しては、渋々ですが手術治療を勧めるようにしています。

  •  第3骨片を伴う粉砕骨折
  •  メインの骨片間の接触がない
  •  ヘビースモーカー



術式に関しては、リコンストラクションプレートを選択することが多いです。プレート固定では、ドライバーが患者さんの下顎が当ってスクリュー挿入の障害になることがあります。


これを避けるためには、頭部を健側に回旋させてドライバーが下顎に当らないようにする必要があります。


ほとんどの症例で問題なく手術を施行できますが、40歳以上の患者さんの場合には、頚椎症性神経根症の存在に注意する必要があります。


もともと頚椎症性神経根症のある患者さんでは、術中に頭部を無理に回旋させることで、術後に症状が増悪する場合があります。


術後に神経根症を併発すると、耐えがたい上肢痛がしばらく続く。。。 これを経験すると、患者さんに恨まれるので、絶対に避けねば! という気持ちになります。


術後の頚椎症性神経根症併発リスクを確認するため、術前には必ずSpurling testを施行しています。このときに陽性になる場合は、術中の頭位に注意しましょう。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








バブル崩壊の備忘録

このエントリーをはてなブックマークに追加

バブル崩壊を体感することは非常に貴重な経験です。
バブルは世界中のさまざまなところで時々自然発生します。


しかし、大規模なバブルはめったに発生しないため、実際に自分自身がそのバブルを体感したのであれば、非常に貴重な経験をしたと言うことができます。


私は1999年から投資を開始しているので、理論上はITバブルも経験しているはずです。しかし、当時は何がなんだか分からなかったので、実際に経験したバブルは3つだけです。


  • 2007年の不動産ミニバブル
  • 2008年の資源株バブル
  • 2017年の仮想通貨バブル



2017年の仮想通貨がバブルなのか否かは議論のあるところです(最近騰がっています)。しかし、バブルであったなら貴重な経験なので忘れないように備忘録にしたいと思います。




バブルの魔力


仮想通貨というテーマ自体も何だかよく分からなくて良さげに見えますが、最も魅力的だったのは、実際に知っている周囲の人たちがものすごく儲けているのを見たことでした。


ほんの数カ月で数百万~数千万円の利益を出したことは驚きですが、それがひとりではなく大勢であったことが衝撃的でした。


何故あの時に仮想通貨を買わなかったのだろう。。。超長期逆張り投資家を自任している私ですが、正直に言うと、参戦しなかったことを後悔しました。2017年12月のことです。


そのタイミングで買っていたら、仮想通貨バブルの犠牲者になっていました。全く投資戦略が異なるにも関わらず、かなり心を乱されました。バブルの魔力恐るべしです。。。


この感覚は文章にしてもイマイチ伝わらない類のモノです。とにかく「すごい焦燥感に駆られ、傍観し続けることが非常に難しかった」と記しておこうと思います。




バブルを判断する客観的材料


「これはバブルに違いないと思ったのは、1月時点で小学生までもが仮想通貨やビットコインを知っていたことです。FXや株式も知らない子供がビットコインを知っている。。。


これを見て、1920年台の世界恐慌直前に大量の株式を売り払って難を逃れたJFKの父親のジョセフ・ケネディーの逸話を思い出しました。


この話はバブルと株式の話でよく出てきます。ケネディーは靴磨きの少年まで株式を買うのを知ってバブル崩壊を察知し、株式を全て売り払って大暴落を避けることができました。


つまり、仮想通貨と全く縁の無いはずの小学生までビットコインの話題をするようになったら、バブルの崩壊は近いという理屈です。


今回は本当にそのような経過をたどりそうなので、この逸話の価値はホンモノである可能性が高いと感じています。




バブルが弾けてもすぐには分からない


バブルが崩壊する時には、2008年9月のリーマンショックのような一直線の暴落を想像しがちですが、実際には変動率が高くなって市場が不安定になることの方が多いようです。


2018年4月時点で、仮想通貨バブルが本当に崩壊したのか否かは分かりませんが、少なくとも2018年1月時点ではバブル崩壊を確信できませんでした。


この時点で仮想通貨市場に参戦していたら、2017年12月同様に犠牲者になっていたでしょう。しかし1月時点では、参戦していない焦燥感は相当なモノでした。


この焦燥感が一段落したのは2月になってからです。ここまでくると誰の目にも仮想通貨が大きな調整局面を迎えていることが分かります。




まとめ


さほど多くのことを学んだわけではないのですが、そうそうバブルの中に身を置く機会はないので、非常に貴重な経験をしたと思っています。


私は、バブルに乗ってジェットコースターを味わうことを否定しているわけではありません。当然そのような選択枝もアリだと思っています。


ただし、バブルを一度でも経験しているか否かで、地獄までジェットコースターに乗り続けるのか、途中で飛び降りるのかを判断できる可能性があります。


人生の全てをバブルで失ってしまうのは悲しいことです。残念ながら日本にも、バブルの負債を抱えて人生を苦労している人が大勢います。


そのような目に自分が合わないためにも、バブルで体験したことは死ぬまで覚えておくことが必要ではないでしょうか。


ちなみに、私は日本の不動産の動向を注視していますが、欲しい衝動を抑え続けています。仮想通貨での経験からは、まだもう少し買えるにようなるまで時間がかかりそうです。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。