整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

ケアネット:衝動買いでマイホーム取得

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 24回が、本日アップされました。お題は、私流の“衝動買い”でマイホームを購入した話 です。



log_carenet




今回は、直近の不動産投資の話です。私の不動産投資戦略は下記の2つに集約されます。

  • 地価の高い好立地の優良物件を購入する
  • 空室に悩まされることなく、ストレスフリーで運営する


これらの投資戦略を掲げる理由は、不動産の運用に時間をとられたくないからです。もちろん不動産投資にも楽しさはありますが、医療の方が数倍楽しいしやりがいもあります。


更に言えば、不動産投資は誰でもできますが、医療は医師免許が無いとできませんし、何よりも最先端の情報や技術がどんどん入ってくるので目が離せないのです。


少し話が脱線しましたが、上記2つを満たす好立地物件を取得するには多額の現金が必要です。しかし、住宅ローンを利用することで、ほぼ持ち出しなく取得可能となります。


住宅ローンを悪用した投資手法が最近話題になりましたが、今回ご紹介するのは合法的に収益マイホームを取得する方法です。やはり住宅ローンを利用しない手はありません。


3分で読了可能なので、是非ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 24回を訪問してください!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




ARMD はやはり黒かった!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、またまた ARMD(adverse reaction to metal debris)が原因と思われるインプラント周囲の骨融解症例の人工股関節再置換術がありました。


ARMD は、メタル・オン・メタル人工股関節置換術(Metal-on-Metal THA, MoM THA)に併発する有害事象で、以前にこちらで術中所見を報告しています。


MoM THA では金属摩耗粉が発生しやすく、偽腫瘍や組織壊死などをきたします。 ARMD は金属摩耗粉が原因なので、黒い錆が股関節内に充満しているイメージです。



しかし、前回の症例では、股関節を展開すると関節内は黒い組織でいっぱいということはなく、むしろ淡黄色~白色の滑膜様組織に覆われていました。まるで雪原にいるようです。


たくさん ARMD による再置換術に立ち会っているメーカーの方も、ARMDでは錆色の組織ではなく淡黄色~白色の滑膜様組織が多いとおっしゃられているので得心しました。


ところが、今回の症例では黒い錆色の関節液が噴出して、関節内には黒い滑膜様組織が充満していました。ARMD のイメージ通りの金属摩耗粉による錆色の組織だったのです!


以前に見た淡黄色~白色の滑膜様組織がセンセーショナルだったので、むしろ錆色の方が驚きました。ちなみに ARMD による大腿骨近位の骨融解は高度でこちらも驚きました...







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




それは本当に中心性頚髄損傷ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


日常診療でよくみかける病名が「中心性頚髄損傷」です。高齢者の転倒や交通事故患者さんで両上肢のしびれの訴えがあるとつけてしまいがちな病名です。


しかし、
単に上肢しびれだけで、安易に中心性「頚髄損傷」という診断をつけることには問題があると考えています。頚髄損傷なので四肢に麻痺が存在することは必須です。


しびれがあると麻痺もあると考えがちですが、もちろんしびれと麻痺は全く別物です。しかし、整形外科医の中でも、しびれ ≒ 麻痺と連想してしまう人を散見します。


誤った認識のまま診断すると、当然治療法も誤ってしまいます。本当は中心性頚髄損傷ではない症例に対して、ステロイドパルス療法や手術療法が施行されると目も当てられません。


ステロイドパルス療法は有効性が否定されているので最近では施行されることも少なくなりましたが、脊椎専門クリニックで積極的に椎弓形成術が施行されているのを散見します。


私は専門外ではあるののの、自分が診ていた頚椎症性神経根症の患者さんが「中心性頚髄損傷」という診断で手術療法を施行されたことをみて唖然とした経験があります。


一方、交通事故患者さんでは高齢者の転倒事故とは別の意味で、安易に中心性頚髄損傷という病名を付けてしまうことで要らぬ争いの種をまいている症例をみかけます。


中心性頚髄損傷は
症状が頚椎症性神経根症と紛らわしいことがありますが、整形外科医としてしっかり診断していきたいと思います。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。