整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

民泊新法祭りが発生中!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、ホテル業界では「民泊新法特需」が発生しています。2018年6月15日に施行された住宅宿泊事業法(民泊新法)のために、グレーゾーンだった民泊が駆逐されたからです。


私のように旅館業法に則って経営している者にとって、法律の外側で跋扈していた民泊運営者は、本当に迷惑な存在でした。


旅館業法では消防や衛生設備への投資が必要で、運営上でも宿泊定員などの制約がキツイです。一方、民泊運営者は法律の規制が無かったので、やりたい放題の状態でした。


まさに正直者がバカを見る茶番が、全国で繰り広げられていました。そしてその茶番のインフラが、世界最大の民泊検索・予約サイトのAirbnbでした。


2014年に日本へ進出して以来、法整備が追い付いていないのをいいことに、ほとんどの民泊を無審査で掲載していました。


法律を遵守するコストがかからない民泊運営者は価格競争力で優位なため、すごい勢いで民泊施設が増えていきました。


私は2015年からの参加組ですが(法令遵守のため無許可施設は2016年に撤退)、参加者激増により収益性が坂道を転がり落ちるように減少していく様を身をもって体験しました。




Airbnbが法令遵守の大ナタを振るう!



そんなAirbnbが民泊新法施行にあたり、大ナタを振るいました。2018年5月時点で6万件以上あった施設が、6月以降は13800件にまで激減したのです。


営業許可を取得していない施設を強制的に削除したため、Airbnb界隈では大混乱が生じました。その結果、許可取得済みの施設に予約が殺到しました。


私が異変に気付いたのは6月に入ってからです。宿泊予定のゲストから何件か15日以降の宿泊は本当に大丈夫なのか?という問い合わせが入り始めたのです。


最初は何のことか分からなかったのですが、営業許可を取得していない施設の予約が大量キャンセルされたことが海外でもニュースになっていたようです。


私は、逆バージョンのレベニューマネジメント戦略(宿泊日に向けて段階的に価格を下げていく)を掲げているのですが、利幅の大きな1ヵ月以上先でもバンバン予約が入ります。


6~8月は値引き無しにもかかわらず、ほぼ満室稼働です。例年はお盆を除き閑散期なのですが、今年に限っては繁忙期かと思うほどの盛況振りです。


この状況は、東日本大震災後の仙台市内の不動産賃貸市場の様相に似ていると思います。震災前は、じり貧だった仙台の賃貸市場が、震災の影響で空前の活況を呈しました。


その活況も2018年現在ではほぼ消失しましたが、5年ほどは入れ食い状態だったようです。そして、今回の民泊新法祭でも、短期間は活況が続く見込みです。


凄まじい勢いでホテル建設ラッシュが続いているため、今回の特需の期間は1年ほどを予測しています。ついこの間までは宿泊業撤退を検討していたのがウソのようです。。。




特需を利用して出口を確定するのか?



仙台の事例に学ぶのであれば、今回は最後の売場なのかもしれません。宿泊施設のM&Aもかなり一般化してきているため、真剣に検討するべきなのでしょう。


しかし、私は相変わらず腰が重いです(笑)。ビジネス感覚に優れている人なら既に動き始めているはずですが、私は単純に現在の活況を謳歌しているだけでです。


その理由のひとつは、宿泊業がダメになれば賃貸にコンバージョンすればいいや! と出口戦略を明確にしていることが理由のひとつです。


今回の施設を購入した究極の目的は「立地の良い物件を手に入れる」ことです。物件購入の融資原資を得るために宿泊業を行っているので、そもそも売却という選択肢がありません。





特需の発生は予測し難い


今回の特需は、正直に言って全く予測していませんでした。後から考えると、Airbnbが法令遵守に舵をきれば、今回のようなことが起こりえたことは予測できたかもしれません。


そもそも誰にでも予測できるのであれば、利益を得るために特需発生前から供給増加が発生します。そうなると、激烈な特需は発生しにくくなります。


株式のバブルと同じで、特需発生を予測しにくいことが利益の源泉です。このことから、特需を狙いにいくのではなく、発生した特需に波乗りすることがベストではないでしょうか。




今回の顛末からの教訓


民泊新法特需は短期的ですが、もっと長期的な観点からの教訓がありました。それは、市場が急成長して規制が追い付いていない時が最も美味しい時期だということです。


市場の成長に規制が追い付くと、それまで大きな利益を得ていた人たちは大きな減収に見舞われます。別の言い方をすると、既存勢力に潰されるのです。


ほんの2~3年前には、民泊は希望の星でした。高収益を得ることのできる事業として注目を浴びていましたが、結局は既存勢力に潰されることになりました。


私は、途中から既存勢力側に転向しましたが、最後まで民泊特化でフルインベストメントだったら甚大な被害を被ったと思います。


仮想通貨にしてもそうですが、出る杭は打たれるというのが世の常のようです。潮目が変わったら即撤退するのが上手く渡っていくコツなのかもしれません。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




駄ネタ:若年女性はやはりサイズLで!

このエントリーをはてなブックマークに追加


以前、肋骨骨折の若年女性のバストバンドはサイズ L で!というブログを書きました。それ以来、忠実に実行しているのですが、先日興味深い事件に遭遇しました。


外来看護師さんの知り合いの若年女性が肋骨骨折で受診して、バストバンドを処方することになりました。


例によってサイズLで始めようとしたところ、勝手にサイズSから始めようとするではありませんか! 
私には怖くてできないことですが、漫才口調でSから始めようとします(笑)



下手に口を挟むとヤブヘビになりそうだったので、私は知らんふりして電子カルテに診察内容を入力していました。


すると、サイズSでは小さかったようですが、看護師さんのコメントに驚きました。成人女性でサイズSを装着できる人はほとんどいないんじゃない? とおっしゃります。


この日にサイズSを試した感じでは、中・小学生ぐらいしかサイズSは無理らしいのです。ふ~ん、そうなんだ。それなら、尚更サイズLで始めた方が良さそうです。


下手にサイズSで始めると、患者さんの逆鱗に触れそうですね。それにしても、小・中学生で肋骨骨折ってほとんど見たことないな・・・








★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です








目からウロコ! 医師の同時通訳団

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneで興味深い記事がありました。
【Essay】脳神経外科同時通訳ブースより です。




  タイトルを見て、脳神経外科医が同時通訳とはどういうこと?と思われたかもしれません。日本脳神経外科同時通訳団は、日本脳神経外科学会学術総会や日本脳神経外科コングレス総会などで同時通訳を担当するユニークな補佐組織で、私はその団長を約15年間務めています。団員は全て脳神経外科学会の学会員、すなわち、脳神経外科医です。多くの医学会がグローバル化に対応して、抄録や発表スライドを英語に限定したり、英語での発表を義務付けたりしています。脳神経外科学会では、1987年に同時通訳団結成の機運が高まり、最初は外国留学歴5年以上の医師十数人の勉強会からスタートしました。現在、約50名が活動しています。


 大きな学会ではシンポジウムが幾つも組まれ、招待された外国人演者が参加するケースが多いと思います。同時通訳団の役割は、彼らが日本人シンポジストのプレゼンテーション(日本語)を理解し、座長やフロアからの質問や討論(通常は日本語)にスムーズに答えたり、コメントができるよう支援することです。シンポジウム自体を英語で行う方法もありますが、そうすると往々にして語学力がネックになり、討論の深みが不十分になることを経験していらっしゃると思います。母国語での討論の方が、より実り多いdiscussionになるのは自明の理です。


 同時通訳のブースは、学会場の後方、あるいは2階に設置されます。通常3〜4名でチームを組み、ブース内で発表スライドを見ながら、日本語を英語に訳した音声を外国人演者に送っています。レシーバーをつけた外国人演者が日本語の質問や討論の内容を正しく理解し、的確な発言をしてくださるのが大きな喜びですが、確実に伝えられているかどうか、常に大きなプレッシャーを感じているのも事実です。


 脳神経外科医が同時通訳をする意義はどこにあるでしょうか。重要なのは、同じ脳神経外科医が行う発表なので、スライド内容を容易に理解できるだけでなく、場合によっては次のスライドの内容が推測できるという点です。これは、一般のプロの同時通訳者には不可能であり、脳神経外科医自身が同時通訳を行う最大のメリットといえます。また、学会員に同時通訳団の存在がよく知られているため、ともに活動したいという若手脳神経外科医が多く、いい意味での「グローバル化」に貢献できる点も挙げることができます。


 同時通訳団は、毎年1泊2日の夏期研修会を開催し、英語をブラッシュアップします。研修会には10~20名の若手脳神経外科医が新たに参加し、同時通訳のトレーニングや実践を積んだ上で、シニアメンバーが採点を行い、新しく通訳団に加わるメンバーを決めています。正式な通訳ブースを4つ用意し、実際に使用するのと同じレシーバーを用います。参加者は皆、ある程度英語に自信を持っています。しかし発表スライドを見ながら日本語プレゼンを英訳し、空白をつくらずマイクで話すのはかなり大変な作業です。空白時間は一種の禁忌で、同時通訳は音声を発し続けることが原則です。毎年、初回の実践トレーニング直後は、ブース内が新人の悲鳴とため息であふれます。トレーニング後はtrainerもtraineeもぐったりとなりますが、通訳スキルの獲得だけでなく、英語学習への意欲が飛躍的に高まる、充実した2日間です。


 通訳団メンバーが日ごろから実践しているトレーニングを2つ紹介しましょう。1つはnative speakerの英語を聞きながら0.5秒遅れで声に出して再現する「シャドーイング(shado­wing)」。もう1つは日本語の論文を読みながら、冒頭からどんどん英語に訳していく「サイトトランスレーション(sight trans­lation)」。日本語は肯定・否定が最後にくる、ということにこだわっていては同時通訳は務まりません。これらを毎日最低15分は行うのを目標にして、英語能力を磨く努力をしています。


 また、「読みやすいスライド」は同時通訳もしやすい、ということがよく分かります。7行ルールと呼ばれる大きなフォントを用いること、スライドの背景が明色なら文字は暗色、暗色なら文字は明色を使うことなど、スライド作成についてもいろいろ学ぶ点があります。  脳神経外科の同時通訳がどのように行われているか興味がある方は、夏期研修会を見に来ていただくとその様子がよく分かると思います。他科の先生でも見学OKです。研修会幹事の許可をいただければ、同時通訳ブースでのわくわく体験の機会もあるかもしれません。We al­ways welcome you.





恥ずかしながら、学会で医師が同時通訳するという発想自体が無かったです。たしかに、岡山大学の伊藤教授のおっしゃられるように、専門医の方が有利な面があります。


いくら医学的知識に富んだプロの同時通訳者といっても、専門的知識に関する理解の深さは比較になりません。医学素人の通訳を介さずに外国人と意思疎通できることは理想的です。


私自身、hearingだけなら学会で不自由を感じたことはないですが、speakingとなると確かに通訳者の力を借りて日本語で話す方が真意が伝わりそうです。


いずれにせよ、このような同時通訳団が存在することは、脳神経外科学会にとって好ましいことだと思います。整形外科学会にも同時通訳団があるといいですね。








★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく実践的な医学書です。


 







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。