整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

ええっ、ASOで腰痛があるの?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、とぜんな脊椎外科医のブログで腰痛を伴う血管原生の間欠性跛行の鑑別を忘れずに、、、という話題がありました。


ブログを拝読して驚いたのですが、閉塞性動脈硬化症(arteriosclerosis obliterans: ASO)でも腰痛や殿部痛で発症する症例があるそうです。



閉塞性動脈硬化症による間欠性跛行の症状と言えば、てっきり下腿より末梢の症状だと思っていました。何故、私がそう思い込んでいたのかは、定かではありません。。。


本邦の閉塞性動脈硬化症の発生頻度を人口比から検討したものは無いそうですが、仙台市のある地域で平均年齢74歳の住民971 名中2%にASOが発見されたという報告があります。


一方、大阪で重症虚血肢(critical limb ischemia: CLI)を調査した報告では、人口10万人あたり年間1.3肢が切断されており、ASOに占める CLIの頻度は15~20%程度とのことです。
 

そして、CLIの中には血行再建術の適応となる症例があります。血行再建術には、外科的治療と血管内治療があり、その選択に際して参考となるのが大動脈腸骨動脈病変のTASC分類です。



555 - コピー




上記の表をみると、今回のとぜんな脊椎外科医先生の症例はD型病変のようです。たしかに、単純X線像でも総腸骨動脈の石灰化を認める症例を散見します。要注意ですね・・・


このような症例でもABIは有効なようです。これからは、間欠性跛行+総腸骨動脈の石灰化を認める症例では、殿部痛や大腿部痛であってもABIを施行しようと思いました。


いや~、勉強になります。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        

amazonの医学部門でベストセラー1位!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日2度目のブログ記事です。
拙著がamazonの医学部門でベストセラー1位になっていました!



ベストセラー1のコピー - コピー




今までの最高ランキングは、発売当初の2位でしたが、発売から5カ月を経て、初めての1位です。何故、途中からそんなに売れた始めたのか、私にはさっぱり分かりません。


何はともあれ、ベストセラー1位は嬉しいモノです。通常は発売直後が最高ランキングで、その後は急速に失速していきます。今回のような「狂い咲き」は珍しいのではないでしょうか。


全体でのランキングも約300万種類もの書籍の中で、全体の600番台と健闘しており、本当に嬉しいかぎりです。これも皆様のおかげと感謝しております。


何かの偶然で瞬間的にランキングが上ったと思われますが、1日(数時間?)の天下とはいえ、amazonの医学部門でベストセラー1位になったことは、一生の思い出になりそうです。




★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







カップと寛骨臼の前方開角が不一致?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、人工股関節全置換術(THA)がありました。今回の症例は、高齢者の急速破壊型股関節症(RDC)でした。RDCにありがちなのですが、立位で強烈な骨盤後傾を認めました。



臥位 - コピー



上図は、術後の単純X線像(臥位)です。臥位ではなんの変哲も無い股関節です。カップの外方傾斜角は40度ですが、前方開角はほぼゼロとなっています。





立位 - コピー



次は、術後の単純X線像(立位)です。見ての通り、強烈な骨盤後傾を認めます。ここまで極端な症例は、さすがに珍しいですね。小骨盤腔が潰れて完全に無くなっています。


そして、肝心のカップなのですが、外方傾斜角は40度で、前方開角もいい感じでついています。目測で前方開角20度ぐらいでしょうか?


かなり自分に都合の良い希望的バイアスが入っていますね(笑)。では、実際には何度ぐらいなのでしょう。下図は術後CT(臥位)です。臥位なので、カップの前方開角は0度です。



CT - コピー



カップの前方開角と寛骨臼の前方開角は、全く合っていないことが分かります。寛骨臼の前方被覆がほとんどありません。解剖学的な寛骨臼の形態に対して反抗的なカップ設置角度です。


このような臥位と立位で極端に骨盤の角度が変わる症例では、どちらに合わせてカップを設置するのかは難しい問題です。


日常生活で脱臼する可能性が高いのは就寝中(臥位)ではなく日中(立位)なので、私は、できるだけ立位の状態に合わせてカップの前方開角を設置するようにしています。


術中から寛骨臼の解剖学的前方開角に全く合っていないのは分かっているので結構コワいですが、術前計画を信じてカップを設置しています。








★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。