整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

50歳台の大腿骨頚部骨折はどうする?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、50歳台前半の大腿骨頚部骨折がありました。Garden分類ではstage 3程度です。受傷して間もないのですが、治療をどうしよう...


もう少し若ければ迷うことなく骨接合術を選択します。しかし、年齢が50歳台なので迷うところです。このような場合、自分の家族ならどうするか? と考えます。


少し考えた結果、私なら敢えて骨接合術を選ぶという結論を出しました。たしかに Garden stage 3では外傷性大腿骨頭壊死症を併発する可能性が高いです。


しかし、仮にそこそこ大きな大腿骨頭壊死症を併発しても、すぐに collapseするわけではありません。骨頭壊死発生と発症は違うのです。


数年無症状の人も居ますし、徐々に大腿骨頭が圧壊しても疼痛がさほど強くない人もいます。つまり、仮に大腿骨頭壊死症を併発しても time savingできる可能性があるのです。


そして、人工骨頭置換術には欠点があります。耐用性云々はもちろんですが、高齢者以外では違和感や股関節部痛を残しやすいです。THAと人工骨頭置換術は異なるのです。


もちろん、THAを施行するという手もありますが、日本ではややオーバーインディケーションと受け止められかねません。そして、正常股+外傷のTHAは意外と難しい...。


これらを勘案すると、まずは骨接合術で Challenging operationを施行して、大腿骨頭壊死を併発しても
 time savingするという戦略が望ましいのではないかと考えます。


かなり、偏った方針かもしれませんが、現時点ではこのように考えています。 何が正解かは患者さんによって違いますので、真実は分からないですが...。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








転位の大きな転子部骨折は traction viwerを!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、かなりシビアな大腿骨転子部骨折の症例がありました。画像は下のごとくで、骨片間の骨膜性連続は破綻していました。



1 - コピー



このような不安定性の強い症例では、大腿骨近位部骨片は腸腰筋腱に牽引されて屈曲方向に転位しています。本症例では、側面像で全く骨片間の接触がありませんでした。


外から用手的に整復しようとしても全くダメです。仕方なく、大腿骨転子部骨折にもかかわらず、玉付きガイドワイヤーを用いて何とか末梢側にガイドワイヤーを挿入しました。



2 - コピー



さて、この手術から1週間後に似たような症例が再来しました。先週の轍を踏まないように今度は周到に準備しよう...。


どれぐらい不安定なのか確認するために、traction viwerを施行してみました。すると、意外にもそこそこ整復されるではないですか!



3 - コピー



これならさほど苦労せずに手術できるかも。実際に術中はほぼ通常の大腿骨転子部骨折と同様に苦労なく手術可能でした。


術前画像は似た感じでしたが、traction viwerでそこそこ整復できる場合には、さほど心配は要らなさそうです。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です








目指せ、ニッチ分野の小さな巨人!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての分野に挑戦するときに、いつも感じることがあります。それは、どんな分野であっても必ず先行者が居ることです。そして先行者は太刀打ちできない「巨人」に見えます。


私は、2000年以降、資産形成やビジネス立ち上げを中心に、さまざまな分野にチャレンジしてきました。そして参入した分野には必ず巨人が居ました。


  • 2001年: 海外投資 → AICの古参メンバー
  • 2004年: 不動産投資 → 所属家主の会の中核メンバー
  • 2012年: ブログ → 医師系ブロガー
  • 2013年: ふるさと納税 → ふるさとチョイスなどのサイト運営者
  • 2014年: 産業用太陽光発電 → ネットで見つけた太陽光発電マニア(笑)
  • 2015年: Airbnb → 先輩イノベーター、ファミリアリンクなどの代行会社
  • 2016年: 宿泊業 → 古くからの簡易宿所運営者、サイトコントローラー管理者
  • 2016年: 医療系スタートアップ → 某有名医師起業家が設立した業界No.2企業
  • 2017年: 著書上梓 → たくさんの先輩著者
  • 2019年: ボクシング? → ジム内のたくさんのアマチュアボクサー


巨人が居たというよりも、巨人に見えたと言う方が正確かもしれません。例えば産業用太陽光発電では、自分ではまだ所有していないマニアの人が、圧倒的知識で巨人に見えました。


2001年の海外投資も今にして思えば笑ってしまうレベルですが、当時のAICのメンバーは海の向こうの訳の分からない金融商品に投資しているスゴイ人達だと思っていました。


上記で挙げた例では、一部を除くと絶対的なレベルは大したことはなく、だいたい初心者(=自分)よりも半年から2年ほどリードしているだけのことが多いです。


不動産投資や医療系スタートアップの巨人は「本物」ですが、決して手が届かないレベルではありません。もちろん、ボクシングは決して手の届くことは無いですが(笑)


最初は目のくらむばかりの高い壁のような存在でも、こちらが猛勉強してたくさんの経験を積むことで、巨人に見えた人達も決して手の届かない存在ではないことに気付きます。


そして、猛勉強を続けていると、周囲の人から自分がその分野の第一人者とみなされる場面が出てきます。周囲を見渡せば、リアルに経験している人がほとんどいないのです。


ふるさと納税、産業用太陽光発電、Airbnb、簡易宿泊所で第一人者とみなされ、たくさん質問や相談を受けたときには、数年先行しているだけなのに...と思ったものです。


特にニッチな分野では、半年から1年リードしているだけでも、周囲からは第一人者とみなされます。コミュニティ内の第一人者とみなされるか否かは大きな違いです。


コミュニティ内で第一人者とみなされると、たくさんの情報が集まってきます。へ~そんなことがあるんだ! ということが「相談」という名目でどんどんやってきます。


一緒になって考えていると、それだけで実践に即したたくさんの経験を積むことになります。第一人者の役得ですね。


このように、どんなニッチな分野でも巨人はいるものの、実際には半年から数年先行しているだけのことが多く、こちらが猛勉強すればキャッチアップ可能なことが多いです。


そして、自分が第一人者となって他人からみて「巨人」になると、加速度的に情報が集まりだします。そうなるとどんどん情報富者になるため物凄く有利になるのです。


これらの経験から導き出されることは、どんなニッチな分野でも巨人は居るが、たかだか半年から数年先行しているに過ぎないです。


そしてこれらの巨人にキャッチアップして自分が第一人者になることで、情報面での大きな利益を得ることが可能となります。目指せ、ニッチ分野の小さな巨人!!!






★★ 収益マイホーム購入マニュアル ★★
 


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した収益マイホームの実践版です。2004年に”お金を生む”マイホームをタダ同然で取得した管理人が、家計のキャッシュフローを劇的に改善できる「収益マイホーム」を解説します。


どうせマイホームを取得するのなら、できるだけ安価に・安全に購入したいと思う方にぴったりのノウハウがぎっしり詰まったマニュアルです。 収益マイホームを購入することで、家賃や住宅ローンの支払から解放される可能性が高まります。


そしてこのことが人生の幅を広げることにもなるかもしれません。 全125ページのスライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



表紙画像
                                
タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル ver.190905


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。