整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

天災と人災の違いが乖離の原因か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式市場ではもみ合いが続いています。
超弩級の金融緩和が世界中で実行されつつあり、人為的な景気浮上政策が採られています。


投資の世界では「FEDには逆らうな」という相場格言があります。ウォール街の相場格言なので、米国株投資を実践しているのであれば知らない人が居ないほど有名です。


FED(米国の中央銀行)が禁じ手であるヘリマネまで投入して、米国経済を支えようとしています。相場格言に従えば、米国株を買うしかない状況です。


そして、金融緩和を実施している国(日・欧・英・豪・加)でも同様の状況と言えます。歴史上はじめての超金融緩和祭りが開催されようとしている...。本当でしょうか?


実体経済は悲惨の一言です。2020年5月現在の状況では大量倒産は必至と思われます。政府はあらゆる手を尽くして恐慌入りを回避しようとしていますが、財政には限度があります。


200万円の持続化給付金、10万円の特別定額給付金、15000円/日の雇用調整助成金等、これ以上ないレベルでの政府施策のオンパレードです。


このように金融政策、財政出動の両面において、持てる力のすべてを投入している状況にもかかわらず、コロナ禍のマイナス影響が大き過ぎて実体経済はナイアガラ滝状態です。


こんな悲惨な状況で株式投資とかありえないでしょう?というのが正直な感想です。フツーの感覚の持ち主なら、すべての株式を売却してキャッシュを温存する状況です。


しかし、株式市場は3月末を底にして小康状態を保っています。そして着目するべき点はマザーズ指数です。




22 - コピー




驚くべきことにコロナショック前のレベルにまで戻しています。一般的に小型株指数は株価上昇の先行指標になります。TOPIXの 1450/1700=85%程度と対照的です。


これは明らかに超金融緩和の効果が発現していることが理由と思われます。2008年のリーマンショックの時とは、株価と実態経済の乖離度合が全く異なります。


当時は株価と実体経済はほぼ連動している印象でしたが、今回は明らかに別世界の様相となっています。やはり、その理由は超金融緩和が原因なのでしょう。


実体経済と全く連動していないように見える株価推移の原因は、天災か人災かの違いだと思います。2008年のリーマンショックは人災でしたが、今回のコロナショックは天災です。 


リーマンショックは人災だったので、大規模な金融緩和・財政出動には大きな批判が伴いました。しかし、天災である今回は違います。


極めて迅速に超弩級の金融緩和+財政出動が実行されつつあるので、リーマンショック時と比較しても株価と実体経済の乖離が出現しているのでしょう。


そう考えると、現在の状況も腑に落ちます。そこから導き出される方針は、BUY & HOLDではないでしょうか。やはり「FEDには逆らうな」は健在だと思います。


そうは言っても、現在の悲惨すぎる状況から考えると、株を買うのは馬鹿げた行為です。私は手持資金の 1/3を投入して BUY & HOLDしていますが、決してマネしないでくださいね。







★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



ビジネスにおけるコロナ後の新常態は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ後の新常態の第2弾です。
今回は株式投資ではなくビジネスについて考察してみました。


今回のコロナ禍では人との接触を避けるために、在宅ワーク(テレワーク)が推進されています。また、保守的と言われる医療業界までオンライン診療の波が押し寄せてきています。


コロナ禍は現在進行形の大問題なので、この大きな社会変化は継続する可能性が高いと感じる人も多いことでしょう。


私の事業会社のひとつは、2016年創業の完全リモートワーク(テレワーク)で動いています。創業からリモートでのオペレーションを柱にしていたため年季の入り方が違います。


会社のシステムの 95%程度をリモートワーク仕様にしているのですが、100%のリモートワーク化には否定的です。それは「考える」部分でのエッジが利きにくからです。


Slack、オンラインストレージ、メールなどの各種ツールによって、バックオフィス業務のほとんどはリモートワークが可能です。


対顧客用の固定電話も、Skype番号+電話代行サービスで格安に賄えます。まだまだ電話をかけてくる顧客は多いですが、電話回線・事務所・オペレーターを雇う必要もありません。


ここまでできれば 100%リモートワークで OKじゃないのか?と思うかもしれませんが、なかなかそういうわけにはいきません。理由は下記のごとくです。


  1.  リモートワークに対応できる人材は多くない
  2.  真のブレインストーミングの成果は対面でしか生まれない




1. リモートワークに対応できる人材は多くない

厳しいようですが、率直に言うと優秀な人しかリモートワークに対応できません。弊社は医師以外に 4名のスタッフがいますが、過去には10名ちかくの人が入れ替わりました。


おそらく通常の職場であれば残ることができたのでしょうが、100%リモートワークだと着いてこれないのです。人間関係のしがらみが無い代わりに、常に結果が求められます。


しかも、その結果はガラス張りで皆に分かってしまうので、優秀でない人は居心地が悪くなってしまいます。


あと、リモートワークは在宅なのでラクと思われがちですが、人間の集中力はそれほど長く持たないので、実質的に4~5時間集中して働くと疲れ果ててボロボロになります(苦笑)。


労働基準法上は1日の労働時間は8時間に設定されています。しかし、ご幣を恐れずに言うと、テキトーに流している時間が無ければ、到底8時間も働ききることはできません。


リモートワークの実際は過酷(?)なので、「在宅で仕事できてラッキー」とか言っている人は実際にはたいした仕事をしておらず、リモート専業の現場では通用しない人材です。




2. 真のブレインストーミングの成果は対面でしか生まれない

ブレインストーミングですが、ビジネスが成長するためには不可欠です。そして残念ながら ZOOM等のツールを用いても、真に価値のあるアイデアは思い浮かびません。


やはり、リアルに対面で接しあわない限りは革新的なアイデアは生まれないと言ってよいでしょう。ZOOMやクラウドシステムは既存ビジネスを回すだけのツールに過ぎないのです。


世間ではテレワークがもてはやされており各企業が導入に動いていますが、所詮はバックオフィスの効率化に過ぎません。


既存ビジネスを安価に回していくツールとしては優秀ですが、これだけではビジネスの進化は見込めません。テレワーク促進はビジネスにとっては後ろ向きな行為に過ぎないのです。


一方、コスト以外で唯一(?)リモートワークが効力を発揮するのは優秀な人材確保の手段としてです。卑近な例では、弊社のスタッフは皆きわめて優秀です。


普通であれば、絶対に仲間になってくれないようなレベルの人たちが、リモートワーク可能なことがきっかけで会社を盛り上げてくれています。


国内最高峰大学出身者、パリ在住の人、医療専門職、金融機関経験者など極めて質の高いメンバーですが、リモートワークでなければ不可能だったでしょう。




コロナ後の新常態は確実に到来すると思いますが、現在世間で考えられているようなものではない可能性が高いと思います。


新しいビジネスを始める環境として良いかは分かりませんが、表面的なツールに惑わされることなく、ビジネスの本質を見極めながらソロリと進めていくのが吉だと思われます。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




手根管症候群の超音波所見

このエントリーをはてなブックマークに追加

Monthly Orthopaedics Vol.33(4) 手根管症候群の治療トピックス特集の2つめの話題です。前回は、手根管症候群は神経周囲結合織の瘢痕化が原因というお題でした。


この知識を念頭に置いた上で、富山大学の長田龍介先生の「手根管症候群の超音波診断」を興味深く拝読しました。下記の4点が私にとってのTIPSでした。


  • 手関節皮線直上部の横断像で、正常例では正中神経の径は細く、honeycomb patternとなる
  • 特発性CTSでは正中神経の径が太く、内部がほぼ均一に低エコー像となる
  • 指の自動運動に伴い、正中神経は橈側 → 尺側に移動する
  • 特発性CTSでは指の自動運動での正中神経の移動量が減少する


実臨床では、正中神経所見の客観性担保と動態の記録が困難なので、超音波検査が神経伝導速度検査等に代替するのは困難と思われます。


しかし、特発性CTSの病態(結合組織の繊維化)を理解する上では、今回の正中神経の超音波を利用した研究は有用だと感じました。






★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく実践的な医学書です。


 







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。