整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

コンテンツ所有のススメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツを所有することは非常に素晴らしいことです。どのような種類のコンテンツでもいいのですが、他人にとって有用なコンテンツは大きな価値を持ちます。


一昔前までは、どんなに有用なコンテンツを所有していても、それをビジネスに結びつけて利益を出す手段は限られていました。特殊なツテもしくは大きな元手が必要だったのです。


しかし今では誰もがほぼ無料で、自分のコンテンツを不特定多数の人に届けることが可能となっています。このことで最も利益を得ているのは、英語圏のコンテンツホルダーです。


彼らの顧客対象が全世界なので、非常に市場規模が大きいです。例えば、日本のユーチューバーと比べて米国のユーチューバーは対象とする顧客数が圧倒的に多いです。


同じレベルのコンテンツで比べると、英語は非常に大きな収益を得ることができます。英語圏のコンテンツホルダーは、現在社会の中で最も成功した存在の一つではないでしょうか。


一方、英語圏ほどではないものの、中国語、スペイン語といった人口の多い言語のコンテンツホルダーにも優位性があります。


そして、日本のコンテンツホルダーはどうかと言うと、日本も億を超える人口を抱えているため、かなり有望な市場です。1億という人口は、食べていくには十分すぎる数です。


このため私たちは、日本人に生まれた恩恵を最大限享受することが可能です。こう言われると、明日から早速コンテンツを創ってみよう! と思いませんか(笑)。




コンテンツ価値の源泉


そもそもコンテンツの価値は、貴重な知識・経験・手法です。このため、コンテンツを収納している物理的な媒体は全く重要ではありません。


コンテンツが PDF・画像・音声ファイルであっても、CD・DVDであっても、ウェブであっても、紙媒体であっても、伝える内容が重要なので媒体はの種類に価値はありません。


こうなってくると、費用が最も安いデジタルに
媒体が集約されてくることになります。デジタルでコンテンツを所有していると、費用ゼロでコンテンツを販売することが可能です。


この事実は、ビジネスを考える上で大きなメリットです。
まり、在庫を持たず、費用ゼロで販売できるので、極端な場合では粗利率 100%に近いビジネスが成立するからです。




コンテンツは販売だけではない!


このように、コンテンツホルダーは現在の環境にマッチした有利な立場を得まています。そしてコンテンツを持っていると、販売以外にも有利なことがあります。


例えば、私は個人的な付き合いで恩を受けた際には、その方に金銭的な対価を支払う代わりに自分のコンテンツを提供することがときどきあります。


金銭提供を申し出ると引かれる状況は多々ありますが、コンテンツ提供であれば素直に喜ばれることが多いです。この場合、コンテンツ提供は、いわゆる贈り物に相当します。


私が負担する費用はゼロですが、相手にとっては本来なら数万円支払うべきものを無料でプレゼントされることは非常に魅力的なことです。


このように、コンテンツホルダーは非常に少ないコストで、膨大な贈り物を周囲の人に分け与えることができます。こんな素晴らしいことはなかなか世の中に無いと思います。


コンテンツには紙媒体もありますが電子媒体の優位性は揺るぎません。私も著書を配りしましたが郵送は非常に面倒でした。その点、メールで届けられる電子媒体は超気軽です。


このように、1度でもオリジナルコンテンツを所有すると、いろいろな意味で極めて有利な立場に自分を置くことが可能となります。




コンテンツと媒体は複数持とう


たった一つではなく、複数のコンテンツを持っていると、各々のコンテンツが相乗効果を産むことで、さらにコンテンツの売り上げが拡大するという現象が発生します。


卑近な例でいうと、私は電子データのコンテンツ以外にも、紙媒体の著書もありますし、ブログなどの媒体や、ポータルサイトでの連載も持っています。


これらのコンテンツは高価なものから無料のものまでありますが、有機的なネットワークを作ることによって、ほとんど労力をかけることなくコンテンツ販売が可能です。


そしてコンテンツの提供による利益は、経済的な利益だけではなく、前述のように人間関係の利益も含まれます。人間関係を円滑にする目に見えない利益が思いのほか大きいのです。


私が現在取り組んでいるビジネスは、コンテンツとは全く関係ないですが、私がコンテンツホルダーであることが、ビジネスにもとても大きな好影響を与えているのです。




優良コンテンツを創るポイント


以上述べてきたように、コンテンツホルダーになると人生の幅が大きく広がります。このため、私はコンテンツホルダーになることを強くお勧めします。


そうは言ってもコンテンツホルダーになるのは非常にハードルが高いように感じるかもしれませんが、実はそういうわけではありません。


医学博士取得の過程で、ロジック・文章能力・プレゼン能力を教育されますが、ビジネスとは関係のない学術的能力を向上させることも、コンテンツを作る上で大きな力となります。


ロジックを考える能力のない人間はコンテンツを創ることはできません。医師のようにロジカルに考えざるを得ない人種は、コンテンツホルダーに比較的近い場所にいると言えます。


あとは、自分の持っているコンテンツがどの程度世の中から必要とされているかを見極める力と、コンテンツを創り上げる精神力がポイントとなります。


何かひとつでもコンテンツを創り上げると、どれだけの労力が必要なのかの全体像が分かるため、2つ目以降のコンテンツ作製が楽になります。


さらに、セミナーを開催してその動画を編集すると、動画コンテンツまで獲得することもできます。まさに一石二鳥ですね。


このように最初のコンテンツを産み出す苦労を乗り越えれば、あなたもコンテンツホルダーになるかもしれません。





★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




コンビニ購入も全否定できない?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

相互リンクいただいている整形外科のゆる医ブログで興味深い記事がありました。自販機で缶コーヒーは買わない です。




缶コーヒーを気にせずに購入するメンタリティーだから貧乏なんじゃないのかなと思う。

能力はほとんど変わらない二人が、小さいことからコツコツやるのとやらないのでは。

学歴の差に繋がり。

年収の差に繋がり。

資産形成の差に繋がる。




この話題は結構深い話だと思います。自販機では話が膨らみませんが、ここでは思考実験のためにコンビニにまで拡張してみました。


私も自販機やコンビニで缶コーヒーを買うことはありません。コンビニでモノを買うのはレターパックなどの、どこで購入しても同じ価格の商品だけです。


おそらく、コンビニでモノを買うことを習慣化している人は、金銭感覚のバランスが悪くて目先のことしか考えられないため、アタマの良い人に搾取されていると考えていました。


最近までは本気でそのように考えていたのですが、今は少し考え方を変えました。コンビニでモノを買うことは、自分の時間を買うことなのだと気付いたのです。


缶コーヒーを1本購入することで、自分で淹れるコーヒーに比べて100円損しますが、自分の時給が5万円だとしたらコンビニや自販機で購入する方が合理的です。


そう、コンビニというのは「自分の時間を買う」場所なんですね。このため、生産性の高い人にとって、コンビニは全否定する存在ではないのです。


もちろん、何も考えずにコンビニでモノを買っている人は論外です。しかし、コンビニが割高であることを理解したうえで、それでも自分の生産性を考えて購入するのはアリです。


今回の話をまとめると下記のごとくです。
  1.  自分の生産性 > コンビニの割高さを理解してコンビニで購入する
  2.  コンビニは割高なので、あくまでもコスパ重視でコンビニでの購入を避ける
  3.  便利だからという理由でコンビニで購入する



世の中のほとんどの人は③です。生産性が高くても何も考えずにコンビニ利用している人は③に含まれます。②は群れから抜け出すことに成功した人、①は理想形だと思います。


ちなみに、私のメンタリティは未だに②に留まっています。生産性を考えると、もっと積極的にコンビニを利用するべきなのですが、過去の負体験に邪魔されているようです(笑)。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




園児の行動で将来の成功率が分かる?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneで興味深い記事がありました。
将来の収入占う幼稚園児の行動とは です。


子供のころの行動は、将来の経済状況とどの程度関連しているのかについての研究です。カナダで2,800例超の幼稚園児を約30年にわたって追跡した結果が報告されました。


幼稚園児時代の子供の行動に関する評価内容は下記の6種類です。
  1.  不注意(集中力の欠如、空想にふけりがちなどの4項目)
  2.  多動(常に動き回るなどの2項目)
  3.  攻撃性(けんかなどの3項目)
  4.  反抗性(言うことを聞かないなどの5項目)
  5.  不安(新しい環境を怖がるなどの3項目)
  6.  向社会性(けんかを止める、けがをした子を助けるなどの10項目)


研究の結果は、男女とも幼稚園児時代に集中力の欠如などから不注意と評価された子供は、将来的に年収が低くなることが示されたそうです。


男性だけを抽出すると、不注意に加えて攻撃性や反抗性が高いと収入減と関連していました。一方、女性ではこうした関連は認められませんでした。


この研究では、社会にうまく適合する性格の持ち主が、実際に社会に適合して高収入を得るという当たり前? の結果になったようです。


私の事前予想は、反社会的で反抗的な子供の方が起業したり独立して成功を収めるのではないかという甘っちょろい考えでした(笑)。


やはり、誰にでも反抗するような協調性の無い子供よりも、周囲とうまくやっていける協調性のある子供に軍配が上がるようです。自分への戒めとしても覚えておこう...。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。