整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

あなたは「負」動産投資をしていないか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、私は不動産ポートフォリオの大改造中です。具体的には住居系から脱皮して、飲食店・物販店・シェアハウスなどの事業用物件にコンバージョンしています。


2006年に購入した1棟ビルや、BF+1Fテナント物件で事業系物件の難しさを嫌というほど味わったので苦手意識ができてしまい、その後は住居系に注力していました。


ところが、民泊から簡易宿泊所ビジネスに参入したことをきっかけに、コインパーキング、焙煎珈琲店を誘致に成功し、現在は2物件で事業系テナント募集中です。


不動産投資戦略を事業用物件にコンバージョンした最大の要因は、好立地物件が増えたことです。やはり人通りの多い商業地域は事業系物件には最適です。


しかし、今でも2008~2012年に不動産に対して感じていたことを思い出します。それは物件を所有することで、自分の身が削られていたことです。


当時の私は自分のことを「生きる屍」と感じていました。確かに、2009年には金融資産の時価評価が1億円の大台を突破していたため、精神的に多少の余裕はありました。


しかし、「負
動産物件売却で利確して、2013年に実質的無借金を達成するまでは、常に自分は「生きる屍」であるという感覚を消すことはできませんでした。


なぜ、自らを生きる屍と感じていたのか? それは、本質的な物件価値よりも割高に購入してしまったため、超長期で所有し続けると赤字になることが分かっていたからです。


浅はかにもレントロールの数字で物件購入可否を判断して、現地で感じた違和感を封殺して複数の物件を購入してしまいました。


単年度では何とかプラスのキャッシュフローを確保していましたが、突発的な修繕が発生すると、苦労して積み上げた利益が簡単に吹き飛んでしまいます。


客付けで苦労し、さまざまなトラブルで精神が削られてしまうため、金銭面だけではなく精神面でも大きなダメージを負っていました。


このため、売却を考えましたが、少なくとも2012年までは赤字覚悟でしか売却できそうにありませんでした。


逃げたくても逃げることができない状態なので、まさに自分は銀行や不動産業者に利益を吸い上げられる
「生きる屍」だなと感じていたのです。


幸いにも、2013年以降のアベノミクス相場で「負」動産でまさかの利益を叩き出して利確することに成功したのですが、まったくをもってマグレであると自覚しています。


このように売りたくても売れない状況に陥っている人は、
「負」動産投資をおこなっていると言っても過言ではないでしょう。


不動産投資は売却して利確してはじめて成否が判明します。ゆめゆめ物件を購入しただけで「勝った!」と考えてはいけないと思います。






★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





手術安全のノンテクニカルスキルとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本整形外科学会雑誌の第93巻第10号をパラパラ読んでいると、興味深い教育研修講座がありました。ノンテクニカルスキルと手術安全チェックリスト です。


手術室は重篤な有害事象や医療事故が起きるリスクの高い場所です。そのようなリスクを低減するために重要なのは、ノンテクニカルスキルだそうです。


ノンテクニカルスキルとは、状況判断、コミュニケーション、チームワークであり、手術時の有害事象の発生を防ぐだけでなく手術成績も左右します。


具体的な例で説明すると、合併症の発生時には、早期に状況認識を行って速やかに発見し、合併症の連鎖を防ぐためにコミュニケーションを密にとってチームで対応します。


米国のサウスカロライナ州では下記のに3点を自発的に導入することで、死亡率を減少させることに成功したそうです。


  1. 手術安全チェックリストの運用
  2. ブリーフィング(チーム医療の視点から、事前の手順をチーム全員で確認すること)
  3. 外科医が手術チームにspeak upを呼びかける


いわゆるタイムアウトはブリーフィングに含まれます。また、speak upとは、患者にとって有害だと懸念される事象に気付いたスタッフは声を上げてくださいと呼びかける行為です。


手術中に声を上げることは勇気が要る行為であり、どこの国でも躊躇されがちです。それでもオープンな雰囲気をつくることで発言しやすくなります。


これらのノンテクニカルスキルを体系的に学ぶ機会はあまりありませんが、重篤な合併症予防のためには極めて重要だと感じています。


そして、現実的には外科医が中心にならざるを得ません。手術中は視野が狭くなりがちですが、カリカリするのではなく周囲の声を聴く度量が求められると思います。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



小指の伸展障害がここまで不便だとは...

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、自宅近くのボクシングジムへ行ってきました。目的はダイエットです。どうにもお腹が出てきて困っていたのですが、楽しんで痩せるにはボクシングが一番かなと(笑)


徒歩30秒ぐらいのところにあるので軽い気持ちで行ったのですが、これが全然ラクではありません。1時間やったのですが、最後の方はふらついて立ってるのがやっとの状態でした。


ジムで黙々と筋トレするよりもボクシングの方が動きがあって楽しそうという理由でボクシングジムに行ったのですが、楽しいというより付いていくのがやっとでした(苦笑)。


倒れそうになりながら自宅に帰り着いたのですが、帰宅後に右小指が完全伸展しないことに気付きました。サンドバックを殴り過ぎて痛めたのでしょう。


整形外科医なので第5中手骨頚部に圧痛が無いことは確認したのですが、翌日になっても小指が完全伸展しません...。伸筋腱は切れて無さそうなので様子をみることにしました。


伸展制限はたかだか10度程度なのですが、この extension 
lagが非常に不便であることに気付きました。上手に字を書くことができないのです。


自宅1号の火災保険の所有者の住所変更届を書こうとして、幼稚園児のような署名になってしまい書き損じてしまいました。保険会社さんゴメンなさい。


これ以外にも顔を洗うときに、何故か水がこぼれて上手くできません。それ以外にも手指の細かい作業がしにくいです。キーボードを打つのも少々苦労します。


たかが10度程度の extension lagのために、ここまで生活が不便になるとは思っても居いませんでした。なるほど、伸筋腱断裂で腱移行術を受ける人の気持ちが分かります。


私の場合、おそらく手指内在筋の問題なのでしょうが、軽い障害(?)を負うことで、健康のありがたみと患者さんの不便さを体感しました。


それにしても指が完全しないことが、これほどまでに不便だとは...。





★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく実践的な医学書です。


 







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。