整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

背部痛の鑑別診断(整形外科のみ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、Monthly Orthopaedics Vol.33(3) をパラパラ眺めていました。どんなけヒマやねん!と言われそうですが、新型コロナウイルス感染症の受診抑制が続いています...。


さて、今回は脊椎由来の痛み・しびれの診かたという特集でした。その中に、群馬大学の高澤英嗣先生による「背部痛の診かた」という少し珍しい話題がありました。


背部痛を診る機会はそれほど多くないです。整形外科的に背部痛=胸椎疾患なのですが、入り口である単純X線像は軟部組織の存在のため読影しにくく少々苦手意識があります。


内科的疾患の除外は必須なのですが、今回は整形外科疾患に絞った論文でした。背部痛の鑑別診断として下記が挙げられていました。


  1. 硬膜外血種
  2. 転移性脊椎腫瘍
  3. 化膿性脊椎炎
  4. リン酸カルシウム結晶沈着症(CPPD)
  5. 硬膜動静脈瘻
  6. 胸椎椎間板ヘルニア
  7. 成人脊柱変形(ASD)
  8. 成人期の脊椎係留症候群


⑤硬膜動静脈瘻は、私にとって初めてきく疾患です。MRIで脊髄円錐部に特徴的な所見があるので、今後は見逃さないように注意しようと思いました。


⑤硬膜動静脈瘻も含めて、すべてMRIで診断可能だと思います。背部痛で「おかしい」と思ったら、胸椎MRI撮像で問題なさそうです。勉強になりました。


一方、今回の鑑別診断のなかで、多発性骨髄腫が挙げられていなかったのは少し残念に思いました。臨床的には決して稀ではないですが、見逃されやすいと感じているからです。


多発性骨髄腫にかんしては、こちらにまとめています。とぜん先生のブログと併せて、ご参考にしていただければ幸いです。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



ケアネット:コロナ危機が医師の収入を直撃!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 32回が、本日アップされました。お題はコロナ危機が医師の収入を直撃!生活防衛策あれこれ です。



log_carenet



現在進行形で、かつて私たちが経験したことの無い状況が発生しています。それは、収入の劇的な減少です。このことに関しては、勤務医・開業医にかかわらず発生しています。


今回のコロナ禍が発生するまで、医師は鉄壁の経済的基盤を誇ってきました。2008年のリーマンショックは世の中に甚大な影響を与えましたが、医療業界はほぼ無風でした。


「リーマンショック? そんなこともあったよね」というのが大方の医師の反応ではないでしょうか。しかし、今回は様相が異なります。


かつてないレベルの受診抑制の結果、医療機関の医業収益が激減しました。開業医はもちろんのこと、勤務医もアルバイト打ち切りや外勤中止などを通じて収入減が顕在化しました。


正直言って、2月初旬には今の状況を予想だにしていませんでした。ワクチン開発はまだまだ先の話なので、受診抑制が根本的に解消される見通しは立っていません。


このため、医師の収入減が続いてしまう可能性が高いのが現状です。高収入・高支出で均衡していた人にとっては、切実な問題となっていることでしょう。


このままでは家計が破綻しかねない...。収入増は現実的ではないので、まずは家計の見直しを行うべきでしょう。もしかしたら、災いを転じて福となすかもしれません。


今回は、生活防衛策を詳述しました。3分で読了可能なので、ぜひケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 32回を訪問してくださいね!






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




駄ネタ:自粛 GW後は痛風多し

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークが明けましたが、相変わらず受診抑制が続いています。新患外来も不要不急の患者さんがおらず閑散としています。


そんな中で、ひとつの変化に気付きました。新患患者さんの数は少ないにもかかわらず、痛風発作の患者さんが何人も来院されたのです。しかも初発の患者さんまで多い...。


まさか、新型コロナウイルス感染症は、味覚・嗅覚異常のように痛風発作を誘発するのでは??? そんな疑念を抱きましたが、熱発している人はいません。


自分のお腹をみて痛風患者さんが多い理由を得心しました。ゴールデンウィーク期間は真面目に stay homeして食っちゃ寝していたため、高尿酸血症を誘発したのでしょう(苦笑)。


とにかく、stay homeはいけません。一日中家の中にいると、ただでさえも運動不足になります。運動不足だからといって食欲が減退するわけではないのが困った点です。


1日の楽しみが食事だけで、しかも昼間からお酒まで飲んでしまいます...。コレは私だけではなく、痛風発作で来院した患者さんが口をそろえて言っていました。


新型コロナウイルス感染症の感染予防として stay homeが推進されていますが、注意しないと他の病気に罹患してしまいそうです。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。