整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

軸性脊椎関節炎って難しい・・・


先日、40歳台女性の慢性腰痛の患者さんが初診されました。
単純X線像で、両仙腸関節・恥骨結合に硬化像を認めます。


腰椎椎体には付着炎を疑わせる骨棘形成が著明です。CRP, ESRとも亢進していました。いわゆる、軸性脊椎関節炎(axial spondyloarthritis:axial SpA)の分類基準を満たしています。

 



軸性脊椎関節炎分類基準
 
3カ月以上続く腰背部痛、発病時が45歳未満 
+ 
① 画像診断で仙腸関節炎(※1)が認められる。脊椎関節炎の特徴が1項目以上ある
 
 
または 
 
 
②  HLA-B27が陽性。脊椎関節炎の特徴(※2)が2項目以上ある


※1  
X線あるいは MRIによる仙腸関節炎
MRIにより活動性(急性)仙腸関節炎がある
X線所見:仙腸関節炎が両側2度以上,もしく は片側3度以上(1984年改正ニューヨーク診断 基準)

※2 
脊椎関節炎の特徴 炎症性背部痛(専門医),関節炎,付着部炎(踵), ぶどう膜炎,指炎,乾癬,クローン病/潰瘍性大 腸炎,非ステロイド性抗炎症剤に良く反応する, 脊椎関節炎の家族歴, HLA-B27が陽性,CRPの亢進




う~ん、どうやらこの方はaxial SpAのようです。axial SpAは、2009年には仙腸関節の MRI所見を加えて、軸性脊椎関節炎分類基準が導入されました。



当初、axial SpAは欧米中心の疾患概念でしたが、2009年以降には内科系リウマチ医師が中心となって本邦に導入されました。実は、整形外科系の私にはしっくりこない概念です・・・


さて、axial SpAの治療ですが、両極端な治療しかなくて困ってしまいます。最も取り組みやすい治療法は、セレコックスなどのCOX-2阻害剤の処方です。



結構よく効くとの評判ですが、私の経験では残念ながら著効例は多くありません。一応、その次の策はSASPですが、これもなかなか著効しない印象です。


その次は、TNF-α阻害薬となります。しかし残念ながら、TNF-α阻害薬によって脊椎の骨化進行を抑制するというエビデンスはまだありません。


専門施設のリウマチ医師の間では、「MRIの進歩によりSpAの全体構造が変わった」と言われているようですが、場末病院の医師の立場では治療法が付いて行っていない印象です。


長期成績が不明にも関わらず、高価な生物学的製剤を導入を勧めることは、場末病院の医師の立場ではなかなか厳しいです。axial SpAって難しいですね・・・






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です






周囲の人と違うことをする勇気


アベノミクス以降の長期上昇相場のおかげで、「億り人」が注目されています。もう忘れた人も多いかもしれませんが、民主党政権時代の閉塞感とは打って変わりました。


さまざまな不安要素はあるものの、大きな流れとしては日本の状況は悪くありません。しかし好景気は、お金持ちをますます富ませて格差社会の拡大につながる可能性が高いです。


私は、資本主義社会の中で1代でお金持ちになることは、稼いだお金以上の意味と価値があると思います。もちろん、お金を多く持っていること自体は、額面以上の価値を持ちません。


しかし、成功者を観察すると、周囲の人とは違った人が多いです。彼らは、才能・目標設定の高さ・実現に向けての努力・ハングリー精神・好奇心が、周囲の人よりも桁外れに高いです。


つまり、成功者たちは稼いだお金ではなく、その存在自体に価値があると思うのです。日本で暮らしていると、「周囲の人と違うことをする」ということは、大きなリスクと感じるでしょう。


しかし、将来的に成功する可能性を少しでも高めたいのであれば、若い時から絶え間ない努力を続けることはもちろんのこと、「周囲の人と違うことをする」勇気も持ち続けるべきだと思います。


例えば、サラリーマン(医師なら勤務医)としての成功が出世することだとすれば、それは社長(医師なら大学教授や院長)まで登りつめる可能性に賭けることになります。


しかし、残念ながら社長に登り詰めたとしても、それほど金銭的な成功を得ることはできません。年収でいえば2000万~3000万円程度が、多くの会社(病院)の上限なのです。


しかも出世をするということには、大きな落とし穴があります。社内(大学や院内)での出世に人生を賭けるということは、本人の実力だけではなく運にも左右されます。


つまり、かなり低い確率の事象に人生を賭けるということだからです。私には、このアプローチはあまり適切な選択枝だと思えません。


優秀な若者が、サラリーマンとして生涯で得るリターンと、どこかのタイミングで起業(医師なら開業)することによって得られるリターンでは、後者の方がリターンが高いと思います。


話が脱線しましたが、私達が資本主義社会で生活をしている以上、お金を稼げるかどうかは、その人が成功者かどうかということを判断する重要な指標のひとつです。


言い換えると、成功者の持っているお金には、額面以上の意味と価値があると思うのです。では、俗にいう不労所得(?)で得たお金はどうなのか?


お金には色がありません。例えば朝から晩まで一生懸命働いて稼いだ給料も、投資家が株式の売買で稼いだ利益も、大家さんが得る家賃収入も、お金としての違いは無いと思います。



なぜなら、どの例も、時間・体力・思考力・決断力等の自分の持つ能力を使って取り組んだ結果として稼いだお金だからです。


したがって、稼ぎ方による優劣について(体を動かして稼いだお金が最も尊い等の)感情を挟む余地は無いのではないでしょうか。



だからこそ、どんな分野であっても成功を目指すことは、稼ぐことも含めて意味と価値があることだと思うのです。


そして、若い時から絶え間ない努力を続けることはもちろんのこと、「周囲の人と違うことをする」勇気を持ち続けることが、成功への近道だと思います。





★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







私のインターネットビジネス戦略


今月末に、とあるビジネスオーナーから相談を受けることになりました。
相談内容は医療関係ではなく、不動産投資や金融資産投資でもありません。


それは、インターネットを用いた集客手法についてです。具体的には、ブログやホームページなどの構築・運用方法についてお話することになりました。


私は、一般の方からは医療関係の相談を、医師仲間からは不動産・金融資産投資などの資産形成手法、不動産投資仲間からは金融資産投資の相談を受けることが多いです。


しかし、インターネットによる集客手法の相談は初めてです。よく考えると、この分野に関しては、不動産投資や金融資産投資と同程度の結果を出していることに気付きました。


2017年2月現在、私は不動産投資以外にも5つのスモールビジネスを展開しています。そして、その全てのビジネスにおいて、インターネットによる集客手法がメインです。


そもそも、私がインターネットビジネスの世界に足を踏み入れたのは、所有物件のホームページ作成がきっかけです。そこで学んだCMSの知識を引っ提げて参入しました。


当初(2010年)は知識がツルツルの状態でしたが、2011年に某国内大手IT企業に勤める友人と空室対策支援事業を立ち上げてから、本格的にネットビジネスに参入しました。


そして、現在では7つのホームページ(WordPress 4つ、Jimdo 3つ)と3つのブログを所有・展開するまでになりました。


しかし、インターネットの世界から果実を得るためには、ホームページやブログなどのサイトの数は問題ではありません。資産形成と同様にマインドと戦略が最重要なのです。


まず、何が目的なのか? 今回の相談者の目的は、新規顧客の掘り起こしです。そのための戦略として、プッシュ型サイトではなく、相互交流できるサイトを志向しています。


最近はSNSが全盛なのですが、SNSは交流型ではあるものの基本的にはフロー型です。つまり、時系列で情報が流れていくため、情報のストックが難しいのです。


私は投資でもリアルビジネスでもストック型を志向しているので、基本的な戦略は情報をストックできる形態を目指しています。


こうなると、ホームページやブログを重視することになります。そして、インターネットビジネスの最重用課題は、ページビュー(PV)をいかに集めるかです。


PVを集めるために「広く・浅く」が推奨されることが多いです。一方、スモールビジネスにおいては、経営戦略として下記が挙げられます。


  • 顧客対象をできるだけ狭くする
  • ブルーオーシャンで戦うために、ジャンルはできるだけ狭めて特殊分野に特化する
  • その特殊分野での圧倒的No.1を目指す



いわゆる、アフィリエイトのようなネットビジネス(?)では、どんな人でもいいので、とにかくPVを集めることが重要です。PVとサイトからの収益は、比例するからです。


一方、リアルビジネスを軸足におくケースでは、インターネット業界で一般的に行われているPVを稼ぐ戦略はナンセンスです。顧客対象外のPVは意味がないからです。 


とにかく、顧客対象のPVを獲得することに集中するのです。そして、そのための手段として、顧客対象にとって有益な情報を発信することが重要となります。


昨年に立ち上げた医療系スタートアップにおいても、この点を心掛けて毎週ブログ記事を配信しています。とにかく、顧客対象の役に立つ知識の提供が重要なのです。


ここでひとつの疑問点がでてきます。ホームページとブログはどちらが重要なのか?知識がより整理されているのはホームページです。ブログは時系列なので「鍋状態」です。


ブログでは全体の構成を考えることなく、気の向くままに記事をアップすれば良いのですが、ホームページは慎重に全体のフレームワークを構築しなければなりません。


当初、私はホームページ重視でしたが、Google analyticsで解析していると、ランディングページは必ずしもフロントページではないことに気付きました。


つまり、Googleなどの検索エンジン経由で流入してくるので、フロントページがランディングページにならないのです。


むしろ、意外なページがランディングページとなることが多いです。ニッチなキーワードで流入するケースが多いことに気付いた私は、いわゆるロングテール戦略に変換しました。

 
つまり、狭い顧客対象が検索するであろうキーワードに着目して、ニッチなキーワードでセレクトされた「濃い顧客」のみを集める戦略です。


昨年に立ち上げた医療系スタートアップの顧客対象は、人口比で1/500名程度の希少業種です。彼らの心に響くニッチで有益な知識を配信していく予定です。


このように、大まかな戦略を構築してから、実際のインターネットのツールを構築していきます。何事もマインドや戦略が最重要なのです。この点は資産形成と全く同じですね。


【 お願いがあります! 】 


拙書「医師の経済的自由」のAmazonレビューが、まだまだ少なくて困っています。マインドや資産形成論についての、あなたの意見や感想を是非聞かせてください!

 



★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ