整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

規模拡大と収益性低下のジレンマ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひさしぶりのビジネスネタです。
私の日常生活の余暇のほとんどは、取組中のスタートアップに費やしています。


残念ながら「緊急性のある重要事案」の対応が多いですが、できるだけ「緊急性は無いが重要度の高いこと」に取り組むことを心掛けています。


現在第 4期なのですが「緊急性は無いが重要度の高いこと」を積み重ねてきた結果、組織や仕組みがそれなりに回っていくようになってきました。


その中で提供するサービスの品質に関する気付きがありました。それは、個人事業もしくは小規模ビジネスのサービスは高品質ですが、規模が大きくなるほど低品質になることです。


その理由は明白です。個人事業や小規模ビジネスの場合は、自分が100%です。つまり、律する必要があるは自分だけなので品質管理は容易なのです。


この形態は医療業界でもたくさん観察できます。例えば、開業医においても自院だけで診療している場合には、医療の質はほぼ院長の技量に100%依存します。


このため、クリニックの経営方針にもよりますが、意志さえあれば高品質の医療を提供することが可能となります。


ところが、多施設展開しようとすると全く異なる問題が発生します。自分が2つのクリニックを掛け持ちするわけにはいかないので、他者に医療の品質を依存することになります。


他者の管理は非常に難しいです。性善説に則って回していくと絶対にほころびが出てきます。どんなに優秀な人でも自分の所有物ではないものには100%力を出さないからです。


このため、多施設展開するためには「仕組み」を構築する必要があります。そして非常に優良な仕組みをもってしても、オーナー個人のパフォーマンスの 7掛け程度が限度です。


私の親戚は調剤薬局を経営していますが、残念ながら 1店舗しかありません。いつも2店舗目を出店するよう言っていますが、絶対に収益性が下がるのでハードルが高いそうです。


このように見てくると、
  1. 個人事業レベルで高品質は当たり前
  2. スケールするための問題点は、いかにして収益性低下を食い止めるか

が肝要だと考えています。


医師は、職業がら個人の力量を重視する傾向にあります。このことは特に外科系に顕著で、自分の技量を向上させることがパフォーマンスに直結するため仕方ない面はあります。


しかし、ビジネスをスケールさせるためには全く別次元の発想が必要です。時に職人的発想はビジネスでの拡大を阻害します。このことに関しては十分に認識しておくべきでしょう。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




築古木造戸建投資の良さを再認識

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年も2週間近くが過ぎました。
月日が経つのは本当に早いものです。


さて、例年この時期は不動産投資が忙しくなります。それは学生さんの入退去時期に重なるからです。12月ぐらいから空室対策を開始して翌 3月まで続くイメージです。


ところが、今期はまだ空室対策を開始していません。その理由は全室満室で退去予定も無いからです。2004年から不動産投資を開始していますが、こんなことは初めての経験です。


1棟マンションでの入退去が無かったのは偶然ですが、所有物件が商業系にシフトしていること、および戸建賃貸が多いことが理由だと考えています。


やはり戸建賃貸はマンションに比べると入退去スパンが長い傾向にあります。ためしに所有物件の入居年数を調べてみました。


  • 物件1(2010年購入) 2016年4月入居 社会人
  • 物件2(2011年購入) 2014年2月入居 社会人
  • 物件3(2013年購入) 2015年2月入居 社会人(夫婦)
  • 物件4(2017年購入) 2017年7月入居 社会人(夫婦)
  • 物件5(2018年購入) 2018年10月入居 社会人(夫婦)



こうやってみると、比較的長期入居であることがうかがえます。実際、戸建賃貸で空室対策を実践したことしたことはあまり記憶にありません。


築古木造戸建なので固定資産税も安く、1棟マンションのように管理料もかからないため、ランニングコストも激安です。ほぼ、賃料=手残り収益と考えてよいのが大きな利点です。


夫婦で入居いただいている物件の入居者の属性は、若年世帯 2組と高齢世帯 1組です。退去リスクは子供がたくさん生まれて手狭になるケースと身体が弱って施設入居でしょうか。


いずれもすぐに現実化するとも思えないため、まだまだ入居いただけそうなイメージを抱いています。やはり戸建賃貸は非常に楽であることを再認識しました。


戸建賃貸の中でも減価償却を大きく取れる築古木造戸建投資は、総合課税での税金還付を通じてリスクを更に下げることができるので非常にお勧めです。


なかなか良い物件が出てこないのが難点ですが、年に 1戸ペースで購入できれば理想的だなと考えています。






★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





ケアネット:贈与税は合法的に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 28回が、先日アップされました。お題は お年玉シーズンに知っておきたい「賢い贈与」のコツ です。



log_carenet



今回は、お年玉をネタにした贈与の話です。もうすでにほとんどの方はお年玉をあげたのではないでしょうか。子供にとっては嬉しい行事ですが、大人にとってはちょっと辛い...


悲喜こもごも(?)のお年玉ですが、高額な金額を贈与する場合には注意点があります。それは贈与税のルールを知らないと高額な税金を取られてしまうことです。


しかも贈与税に関しても、税務署は「性悪説」で対応しがちです。国家権力を背景にしているだけに、贈与に際しては細心の注意を払いたいものです。


鳩山元首相が毎月 1500万円もの「子ども手当」をもらっていることが発覚して大問題になったことがありましたが、このような倫理観の欠如した行為をしてはいけません。


そして、鳩山元首相のような倫理観の欠如した人でなくても、贈与税の「実際の」ルールを知らずに表面的な事項だけで対応していると、脱税と認定されてしまう可能性があります。


今回のケアネットの連載では、一般的な贈与の注意点を述べたうえで、私が実践している贈与のテクニックをご説明しています。


3分で読了可能なので、是非ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 28回を訪問してください!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。