整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

経費削減は戦略的な視点で!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、久しぶりに某大家の会の勉強会に出席しました。最近は医療系スタートアップの立ち上げに奔走しており、不動産関係は全くノータッチです。


それでも勝手に収益を生みだし続けるのが不動産の良いところです。やはり、不動産の安定的なキャッシュフローをベースに、起業や投資でリスクを取りに行くのがベストだと思います。


さて、私は家主の会では異色な人とみなされています。それは私が医師だからというわけではなく、普通の家主がしないことをやっていることが原因です。


先日の勉強会では、自前のインターネット導入方法と水道バイパス工事について質問されました。興味本位で旅館業を訊かれることもありますが、前2者の方が真剣に訊かれます。


自前で所有物件にインターネットを導入する方法は、小学生でも分かるレベルの話です。ただ、ほぼ前例が無かったため、自分の所有物件に導入するのに1ヵ月も検討を重ねました。


今でもそうですが、1棟物件にとって全戸無料インターネット回線はマストアイテムです。ただし、業者を入れると月々数万円を搾取されます。一方、自前なら5000円で済みます。


不動産でもビジネスでも固定費削減は至上命題です。私は、先輩大家さんや電気屋さんと夜な夜な協議を重ねて、自前で所有物件に全戸無料インターネット回線を導入しました。


そして、最初の1棟に導入するとノウハウを得るので、簡単に全ての所有物件へ導入できました。20戸ぐらいのマンションであれば、材料費+人工賃込みで15万円程度です。


1棟あたりの月々のランニングコスト削減額は数万円ですが、全所有物件を合わせると結構バカにならない金額となります(※)。


一方、水道バイパス工事は、揚水ポンプの故障対策です。揚水ポンプは20年近く持ちますが、故障すると断水するため非常にマズイ状況に陥ります。住人からクレームの嵐です。


ポンプはかなり高額なのですが、緊急事態なので業者の言い値で交換せざるを得ません。予防的にポンプ交換する家主も居ますが、故障はポンプだけではなく分電盤でも発生します。


また、ポンプを交換しても物件価値は上がらないので全く無駄な経費です。経営的には故障するまで使うのが正解なのですが、割高なポンプを買うため、どちらがトクか分かりません。


このような時に所有物件に水道バイパス工事を導入していると、急場を凌ぐことができます。故障すれば、バルブを捻ってバイパス回路につなぐだけです。


これだけで、住民の生活を守ることができ、余裕をもってポンプ交換を施行することが可能です。そして、ポンプ交換時期を極限まで先送りすることも可能となります。


このように、固定費や大きな修繕費用を極限まで下げる努力に対して、労力を惜しんではいけません。このあたりのストイックさは、家主の会の中でも異色なようです。


デッドクロスに陥った家主の方がキャッシュの枯渇に苦しんで、トイレ修理や室内リフォームまで自分で行っていることを誇らしげに自慢しているのを散見します。


しかし、これらの経費を削減しても、はっきり言って焼石に水です。いくらトイレ修理や室内リフォームを自分で行って経費を削減しても、苦しい状況は全く変わらないでしょう。


小銭を節約するより、戦略的な視点でもっと大きな経費を削減したり、資産組み替えを断行するべきと思います。そしてこのことは不動産に限らず、人生全般に言えることだと思います。


※ これらの物件群は既に売却済です






★★ 管理人監修の「医師のための築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





65歳定年が傍迷惑な人もいる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、知り合いの不動産投資家が、私の外来を再診されました。この方は、某業界のガリバー企業勤務です。名前を知らない人はいないほどの超有名企業で、もちろん東証一部上場です。


一般的に言うと、その企業に勤めていること自体がステイタスなのですが、最近の政府の方針に従って、定年退職時期が60歳 → 65歳に延長されたようです。


選択制ではあるものの、希望すれば65歳まで働けるそうです。一般的にはいい話かもしれません。しかし、この方は敢えて60歳で退職するつもりです。65歳定年など迷惑な話なのです。


何でも、会社の人事部は「65歳までウチの会社で働けるんだからありがたく思え」的なスタンスのようで、この空気がなんとも嫌な気持ちにさせられるとおしゃられていました。


また、60歳 → 65歳まで定年退職が延びるということは、その分の雇用を若年者から奪うことになります。政府の定年延長の方針は、若年者の搾取と表裏の関係なのです。


客観的にみても、この方は不動産投資家として成功しているため、いくら一部上場の超有名企業勤務と言っても、わざわざ65歳まで働く必要はなさそうです。


そして、最も印象的だった言葉が「自分の健康寿命を考えると、60歳でも遅すぎるかもしれない」でした。たしかに日本男性の健康寿命は71.11歳なので、10年ほどしかありません。


もちろん、健康寿命の定義は自覚症状に基づいているので、実際に要介護状態になる年齢ではありません。しかし、70歳を越えると何らかの身体不調を自覚するのは確かです。


このように考えると、健康の憂いなく自由な時間を謳歌できるのは、おそらく60歳から70歳の10年間しかないという計算が成り立ちます。


この知り合いの不動産投資家は、2000年台前半に不動産投資に参戦しました。私が不動産投資を開始した時期とほぼ重なります。


当時はロバート・キヨサキの金持ち父さんブームで、不動産投資の存在は知られていましたが、何のノウハウ本も無かったため、実際に投資する人はほとんどいませんでした。


そんな中、無謀にも 果敢に不動産投資の世界に飛び込んだごく少数の人が、成功を勝ち取ったのです。2009~2012年組も成功者ですが、2002~2005年組の方が成功度合いは上です。


知り合いの不動産投資家は40歳台前半で、不動産投資に参入して成功を掴みました。そして、成功で掴んだ自由な時間の価値を、十分に理解しているようです。


この方の60歳で退職するというプランに、私は全面的に賛成です。いくら東証一部上場の超有名企業と言っても、しょせんはサラリーマンに過ぎません。


外来中の短い雑談でしたが、私は少し清々しい気持ちになりました。私と一回り以上年齢が離れているので、今後の参考に、これからの10年をどう過ごすのかを観察したいと思いました。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







駄ネタ:ふりかけに乳酸菌?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.6.17号の週刊ダイヤモンドに興味深い内容の特集がありました。カップラーメンで健康に? 節操なき乳酸菌 ”狂騒曲” です。






40~41ページに乳酸菌に関する話題がありました。今の食品業界は、「猫も杓子も乳酸菌」という状況だそうです。何にでも「乳酸菌」を付加すると、売れ行きが良くなるからです。


現在販売されている食品で乳酸菌が付加されているものは、確認されているだけでも下記のようなものがあります。


  •  菓子類
  •  カップラーメン
  •  アイスクリーム
  •  納豆
  •  味噌汁


お菓子やアイスクリームならまだ分かるのですが、納豆や味噌汁にまで乳酸菌は無いような気がします。
ふ~ん」といった感じで読了しましたが、家にあるモノを見て驚きました。



66 - コピー



何だこれは??? 「乳酸菌」ふりかけ、ですか・・・。いや、いくら何でもふりかけに乳酸菌はないでしょう。しかも1袋中に7500億個(!)も乳酸菌がいるそうです。おぇ


いや、ちょっと勘弁して欲しいなと思いましたが、意外にも人気のようです。せっかくなので試食してみましたが、酸っぱい味がするわけではなく普通のふりかけでした。


儲かるモノなら何でも作るメーカーの商魂の逞しさを垣間見ましたが、すぐブームに乗せられる一般消費者は大丈夫なのか? という危惧を押さえることができません・・・





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。