整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

年下に教えを乞うのもひとつの才能

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の人間関係について考えたことはあるでしょうか?
もし、あなたがまだ20歳台なら、あまり深く考える必要は無さそうです。


何故なら、周囲のほぼ全員が社会での先輩にあたるため、とりあえず頭を下げて教えを乞う姿勢で問題ないからです。リープフロッグ現象に過度の期待を寄せることは禁物です。


しかし、30歳を超えて卒後10年目ぐらいになってくると、立ち位置が微妙になってきます。医師として、社会人としての実力が付くにしたがって、他人に頭を下げられなくなってくるからです。


そして、40歳を超えてくると更に顕著になっていきます。周囲で自分よりも上の立場(主に年齢ですが・・・)が少なくなるので、意識や態度が横柄になってくるのです。


特に、医師ではこのことが顕著になってきます。何故なら、医師が頭を下げなければならないのは、自分よりも年上の医師だけのことが多いからです。


狭い医療業界の中だけなら、まだ通用するかもしれません。しかし、医療業界から一歩外に出ると、「年下に頭を下げない変なプライド」が邪魔をして人生に災害をもたらすことがあります。


「自分が一番物事を知っている」「年下の人間に頭を下げて教えを乞うなどありえない」と一瞬でも思った方は、かなりアブナイ状態かもしれません(笑)。


このような方が陥ってしまいがちなのが、こちらでご紹介したような悲惨なケースです。ひとりの人間が、世の中の森羅万象の全てに通ずることは不可能です。


そして、自分よりも年下であっても、ある特定分野で素晴らしい知識や経験をもっている人はたくさんいます。優れた人から教えてもらうことほど、効率の良いことはありません。


仮に自分の得意分野であっても、自分よりも年下だからと言って門前払いすることは百害あって一利無しなのです。私の場合も、不動産メンターのひとりは、私よりも10歳年下の方です。


不動産投資に関しては天才的な能力を持っているので、この方から受ける教えは非常に役に立っています。アドバイスに素直に従うことで、大きな利益を上げることに成功しました。


私は、できるだけ人の年齢は気にかけないようにしています。フォーカスするのは、その人の年齢ではなく実力です。自分よりも実力が高ければ、年下であっても頭を下げて教えを乞います。


不動産投資に限らず医療業界であっても、知らないことはあっさり訊くようにしています。訊く相手は医師に限らず、薬剤師・看護師・理学療法士・検査技師・事務の方等なんでもアリです。


医師になって本当に良かったと思うことのひとつは、教えを乞う時に喜々として教えてくれる人が多いことです。あらゆる分野で、この特権(?)を活かさない手はありませんね。





★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







玄米食べて楽々ダイエット?

このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊ダイヤモンドの2017年3月18日号で興味深い記事がありました。カラダご医見番 ライフスタイル編 玄米でカロリー消費!! 30分程度の運動に匹敵 です。以下に抜粋します。





玄米など全粒穀物食は、肥満を防止して慢性疾患のリスクを減らすといわれている。  

米国では、国の「食事ガイドライン」で全粒穀物製品を少なくとも毎日3オンス(85グラム相当)食べるよう推奨しており、全粒穀物=健康の図式は定着したようだ。


ただし、全粒穀物食が「なぜ」健康に良いのかは明確ではない。精製過程で廃棄されるミネラル分を余さず摂取できる点なのか、食物繊維がカロリーの吸収抑制に働くことがポイントなのか。米タフツ大学の研究者らがこの「なぜ」に注目し、全粒穀物と健康について検討している。


比較試験は40~65歳の81人──男性49人、閉経後の女性32人を対象に行われた。


対象者を2群に分け、最初の2週間は同じ内容の食事を提供。その後、片方には「全粒穀物食」を、もう一方に「非全粒穀物食」を6週間食べてもらった。食事内容の違いは、全粒穀物製品の有無と食物繊維の摂取量で、総摂取カロリー量やミネラルの摂取量などはほぼ同じだった。


対象者は、比較試験の始まりと終了時に体重やエネルギー代謝率、血糖値、および吸収しなかったエネルギー量(ふん便中の排せつ量で測定)などを計測している。身体活動量に関しては、普段通りに続けてもらった。


その結果、推奨される量の全粒穀物を食べた群では、余分なカロリーの摂取が抑制された一方、食事誘発性熱産生を含む安静時のエネルギー代謝が促進されたことが判明。つまり、消化時の熱産生で対照群より1日あたり「100キロカロリー」も多くエネルギーを消費していたのである。空腹感や食事の満足度については、両群で差は認められなかった。 


ちなみに、100キロカロリーは30分のウオーキングで消費されるカロリー量に匹敵する。ダイエットのために我慢していた「缶コーヒー」を1本飲んでも許される消費量なのだ。


厚生労働省は週2回以上1回30分以上の運動を推奨している。運動が苦手なら、週に2~3日、白いご飯を「玄米ご飯」か「全粒パン」に置き換えるのも手である。 





玄米は身体に良いとよく聞きますが、実際の研究成果を拝見したのは初めてです。nが小さいのが気になりますが、充分に科学的なアプローチで信頼性が高そうです。


玄米などの全粒穀物製品が、安静時のエネルギー代謝を促進する理由は不明ですが、「全粒穀物製品が安静時のエネルギー代謝を促進する」という事実は重要だと思います。


今回の研究では、空腹感や食事の満足度は両群で差は認められなかったとあります。美味しいご飯に食べ慣れている人にとって、玄米食の満足度に関しては「?」です。


しかし、空腹感が変わらないのは、結構なことだと思います。カロリー制限系のダイエットでは、空腹感の克服が課題になりますから・・・。


いずれにせよ、30分のウオーキングに相当する「100キロカロリー」のエネルギーを消費できるのは、楽してダイエットしたい人にとって吉報であることは間違いなさそうです。






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






接骨院でシップ処方のカラクリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ときどき、患者さんから「接骨院でシップをもらっています」と言われることがあります。「ふ~ん」と聞き流していましたが、よく考えると接骨院って、薬剤を処方できるのでしょうか?


接骨院の不正請求の温床となっている悪名高き「受領委任払い制度」は、湿布のような医薬品まで適応されるのか?ますます接骨院の正体が分からなくなってきたので調べてみました。


結論としては、接骨院では医薬品を処方できません。当たり前ですね。では、接骨院で「処方」されている湿布は、一体何者なのでしょうか?


実は、湿布ではなく冷却材(冷却シート)だそうです。 メントールが含まれているので装着感は医薬品の湿布に似ていますが、薬効成分は含まれていないので当然効果はありません。


湿布に似ているので患者さんは「シップ」と思っていますが、実は単なる冷却材なのです。以前は湿布の違法販売が横行していましたが、取締強化のため冷却材を出すようになったそうです。


少し業界が浄化されてきたのかもしれません。法律を遵守する気概を感じます。これからの時代は、今までのように「利益のためには法令無視」では立ち行かなくなっていくでしょうから。


このように「接骨院でシップを処方してもらった」カラクリが分かりましたが、私は接骨院に関して無知であることを今更ながらに思い知りました。


まぁ、興味が無いからと言ってしまえばそれまでなのですが、現実問題として接骨院に行っている患者さんも存在します。このため、彼らの事もある程度知っておく必要があると感じました。





★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
  


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



 






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。