整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

5時ピタで帰る欧米人が結果を出す理由

このエントリーをはてなブックマークに追加


リウマチNEWS LETTER 69で、興味深い海外留学体験記がありました。産業医大第一内科の園本先生による「集中しすぎて見えていなかったもの
」です。


3年間のドイツ留学中は、8か国の出身者から成る研究グループに所属していたそうです。園本先生は、メンバーの普段の振る舞いを観察し、①アジア型 ②欧州型に分類しました。


  • アジア型:脇目もふらず集中して、夜遅くまで土日なく仕事をする
  • 欧州型:助け合いながら和気あいあいと仕事をして17時には退勤する


中国人や日本人には黙々と自分一人で仕事を行うアジア型が多いですが、データを出してくるのは欧州人および欧州型の中国人だそうです。


なぜ結果をだせるのかの理由をきくと「一人でやるよりみんなでやった方が早いでしょ」という返答だったそうです。園本先生も欧州型に転向して、充実した留学生活を送りました。


今回の話は含蓄に富むと思います。方法論が確立されている大学受験までは、アジア型が強いと思います。日本・中国・韓国のような激烈な受験戦争を勝ち残るのはこのタイプです。



しかし、実社会や研究などの複雑系が支配する未知の領域を手探りで進む場合には、自分独りで黙々と仕事をするアプローチは多様性が無いため、実は効率が悪いです。


受験競争の勝者である医師は、日本人の中でも更にアジア型の強い人が多い傾向にあります。しかし昔勝った方法論を実社会にまで引きずっていると結果を出すことはできません。


臨床・研究も含めたリアルワールドで結果を出すためには、周囲と協業していく姿勢が重要です。今回の海外留学体験記はなかなか味わい深いと思いました。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です

m3: ドヤ顔不動産投資家の恥ずかしい過去を語ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第35回がアップされました。お題はドヤ顔不動産投資家の恥ずかしい過去を語ろう! です。



m3com_logo




私はこれまで約 30回の物件売買を経験して、物件売却益を積み上げてきました。株式投資・不動産投資とも、基本的には Buy & Holdなのに、なぜたくさん物件を売却したのか?


それは、不動産投資をしてから数年ほどの規模拡大期に購入したのがクソ物件群だったからです(苦笑)。つまり、永久保有に値しない立地とスペックの「負動産」だったのです。


2013年以降、不動産価格が上昇してくれたおかげで、大きな売却益というオマケまで付いてクソ物件群を処分できましたが、売却していなければ長期的には破綻へ一直線です。


このように洗練にはほど遠いのが実情なのですが、不動産投資だけで億円単位の利益を積み上げた医師はあまり居ないので、洗練された不動産投資家と思われることも多いようです。


しかし、そんな私も本格的な不動産投資を開始するまでに 6年もの歳月を要しました。サクッと不動産投資を開始して、すごい勢いで売却益を積み上げたわけでは全然ないのです。


言い訳をすると、2000年台前半には不動産投資の書籍はほぼ皆無で、またサラリーマン大家という人種も、この世にほぼ存在しませんでした。


そんな「アーリーアダプター」期に不動産投資を開始したからこそ、非才の身ながらそこそこ成功したとも言えます。


今回の m3.comの連載は、不動産投資を開始するまでの逡巡と、リアルな所有物件の数字を詳述しました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




パーフェクトに見える Profemur Xmの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、大腿骨頚部骨折の人工骨頭置換術がありました。
私は、THAはセメントレスですが、術後合併症の少なさから人工骨頭はセメント派です。


では、どのようなステムを使用しているのかと言うと、最近はMicroPortのProfemur Xmというポリッシュテーパー+チェンジャブルネックという「いいとこ取り」の機種です。

profemur-xm-hip-stem-side - コピー

良好な長期成績が見込めるポリッシュテーパーに加えて、セメントステムの欠点である一発勝負的な要素を軽減できるチェンジャブルネックの選択肢はまさに最強に見えます。


では、この一見素晴らしい特徴をもったステムは、実際にはどんな感じなのでしょうか?何度か使用した感想は、このステムにも改善するべき点がいくつかありました。


まず、このステムは近位の形状がバルキーです。メーカーの方にお伺いしたところ、これぐらい大きくしておかないとチェンジャブルネックの強度を保てないとのことでした。


ステムの近位が大きいので、高齢日本人女性のサイズに合いません。多くの症例で、最も小さなサイズのステムを入れることさえ一苦労です。


しかも、最小サイズのステムのみ、ラスプが日本仕様のようで非常にプアです。ラスプ表面の歯が粗なのでなかなかラスピングできず、また術中骨折併発可能性が高まります。


チェンジャブルネックを採用している以上、ステム近位の形状変更は難しそうです。しかしラスプはもう少しマシなものを作成できるはずなので、メーカーは善処して欲しいですね。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ビジネスパートナー募集中
210318
医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


株式会社リコー様のインタビュー記事


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。