整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その4

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その3 のつづきです。 



PTE発生時の症状の症状は下記のごとくです。


呼吸困難,胸痛が主要症状であり,頻呼吸,頻脈も高頻度に認められます。

 

 

呼吸困難は最も高頻度に認められ、他に説明ができない突然の呼吸困難で危険因子がある場合には、急性肺血栓塞栓症を鑑別診断に挙げなくてはなりません。

 

 

失神も重要な症候で中枢肺動脈閉塞による重症例に出現します。急性血栓肺塞栓症は、失神の鑑別疾患として忘れてはなりません。



咳嗽・血痰も少なからず認められ、動悸・喘鳴・冷汗・不安感が認められることもあります。

 

 

特徴的発症状況としては安静解除直後の最初の歩行時、排便・排尿時、体位変換時があります。

 

 

ショックで発症することもあり、この場合には低血圧を認めることもあります。

肺高血圧症に基づく所見としては、右心不全を来たすと頸静脈の怒張を認めます。


私は過去に3回のPTEの経験がありますが、うち1名の方は安静解除直後の最初の歩行時でした。運悪く胸郭形成術後で片肺しかない方だったので、心肺蘇生に全く反応しませんでした。


静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その5 につづきます。






日本整形外科学会静脈血栓塞栓症予防ガイドライン


書評: プロ法律家のビジネス成功術

このエントリーをはてなブックマークに追加


課税所得2億円を稼ぐ行政書士として有名な金森重樹氏の著書です。 新書版ですが、期待以上の内容でした。『理詰めで富裕層になるための実践ノウハウ』と謳っているだけあって非常に読み応えがあります。 下記に私が感じた重要なポイントを記載します。


  • 交渉ごとにおいて成功するための考え方は、相手にリスクを与えないで自分が進んでリスクを引き受けることと、相手に経済的なメリットを与えること

  • 自分の強みを行かせる市場で、自分のルールで戦うというのが商売の鉄則

  • 事業で成功するためには選択と集中が重要である。何でも屋さんは価格競争に巻き込まれるため敗北する

  • 情報を発信する者に、全てが集中する

  • ある商材の提供を考えた場合は、その商材を提供するべき相手を、どのような名簿の構築によって、どこから発見できるかが重要である

  • 補助者は時給制で雇わず、成果制で雇う

  • インターネット革命により、士業の所得は今後限りなくゼロに向かって収斂していく。


    医療従事者も大半は国家資格を所有しています。現在士業の方たちが直面している急激な環境の変化は、私達にとっても他人事ではないかもしれません。





プロ法律家のビジネス成功術 (PHPビジネス新書)





静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その3

このエントリーをはてなブックマークに追加

静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その2 のつづきです。


 

深部静脈血栓症は,発生部位(頸部・上肢静脈,上大静脈,下大静脈,骨盤・下肢静脈)により症状が異なります。

 

 

静脈血栓は,膝窩静脈より末梢側では,数日から数週で消失するものが多いです。

しかし,膝窩静脈より中枢側では1年以内には約半数が退縮するが、消失するものはまれで索状物として残存します。

 

 

骨盤・下肢静脈の深部静脈血栓症では,病型は膝窩静脈から中枢側の中枢型(腸骨型,大腿型)と、末梢側の末梢型(下腿型)を区別します。

 

 

急性期の症候の発現には、血栓の進展速度と静脈の閉塞範囲が関与します。急性静脈還流障害として中枢型では三大症候である腫脹・疼痛・色調変化が出現します。

 

 

一方、末梢型では主に疼痛であるが無症状が多いです。身体所見では血栓化静脈の触知や圧痛ととも、下腿筋の硬化が重要です。


静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その4 へつづきます。






日本整形外科学会静脈血栓塞栓症予防ガイドライン


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。