整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

管理人の物件公開します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

4年経過して減価償却が無くなったらどうするのか? のつづきです


これまでお話したような思考法は、私自身も実践しています。
それでは私の所有物件のひとつをお見せしたいと思います。




P1040129



















建物価格560万円(改装費込み)、土地価格40万円です。
築不詳のため、減価償却期間は4年です。
年間で560万円÷4=140万円の減価償却が可能です。


年間家賃収入が70万円ありますが諸経費を費用計上できるため、
実際には120万円程度の帳簿上の損失が生まれます。


このような小粒な築古の木造物件をいくつか所有していると、
最初の4年間は帳簿上で1戸あたり100万円/年程度の損失が発生します。


この損失を給与所得と損益通算すると大きな節税効果を発揮します。
投資用ワンルームマンションと比べてリスクは小さく、リターンが大きいのです。




橈骨遠位端骨折に対する方形回内筋温存手術ってどうですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の午後は、橈骨遠位端骨折に対する骨折観血的手術でした。
掌側プレートによる内固定を行っています。


最近は、方形回内筋を温存しようと試みていますが、なかなかすっきりいかないことが多いです。手法としては、方形回内筋を繊維方向にスプリットしてプレートを筋層下に滑り込ませています。


最初のうちはそれなりに方形回内筋は温存されているのですが、整復操作やロッキングスクリュー刺入を施行しているうちに方形回内筋が断裂していき、最後にはビキニ状にしか残っていないことが多いです・・・。


最近のプレートは薄いものが多いので、従来どおりに方形回内筋を剥離してプレート固定後に逢着する方が方形回内筋を温存できるのかもしれません。私はこうしている等の工夫があれば是非ご教示いただきたいです。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

       
       総論   (診察・診断、治療全般、骨折・外傷、周術期管理)
 

       各論   (手の外科、肩関節、脊椎、股関節、膝関節、足の外科、腫瘍)

       その他 (関節リウマチ、痛風・高尿酸血症、骨粗鬆症、専門医試験)










THA: Continuum Acetabular System ® の使用経験

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前は人工股関節全置換術(THA)でした。使用機種は、ZIMMERのコンティニューム(Continuum Acetabular System ®)でした。まだ施設限定のインプラントで、一般販売はもう少し先のようです。


このカップは、トラベキュラー・メタル(Trabecular metal cup)と同じ表面加工で、強固な初期固定を得ることができます。トラベキュラー・メタルとの違いは、コンティニュームの形状が半球であることです。また、ロッキングメカニズムはスナップフィット方式で、トラベキュラー・メタルのリングロック方式とは異なります。


初期固定はトラベキュラー・メタルと同様にやはり強力でした。ポリエチレンはLongevity ® であり、長期成績も安定しています。スナップフィット方式なので、ポリエチレンの挿入も比較的容易でした。


難点を挙げるすると、シェルインサーターがバルキー過ぎて操作性があまり良くなかったです。また、アライメントガイドに体軸を示す基準のガイドが無いため、特に前方開角の設定が不便でした。


ただ、このシェルインサーターも悪い点ばかりではありません。カップとシェルインサーターの固定は専用のヘクスドライバーで行うため、カップインプランテーション後にインサーターをカップから外す際に、変なトルクがカップにかからなくて良い方式だと思いました。


いろいろ感想を書きましたが、コンティニュームは総じて無難なカップだという印象です。骨質が不良な症例や臼蓋形成不全が高度な症例では強力な武器になると思いました。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。