整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

舟状骨のbone bruiseの治療をどうするか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、13歳の中学生が転倒して右手をついてから痛いとのことで受診しました。単純X線像では明らかな骨折を認めませんでしたが、舟状骨結節および解剖学的かぎタバコ入れ(anatomical snuff box)の軽度の腫脹・圧痛を認めました。


身体所見は、本物の舟状骨骨折ほどの腫脹ではありませんでしたが、明らかに舟状骨周囲の腫脹・圧痛があったので念のためMRIを施行したところ、舟状骨の遠位1/3がT1WIでlow intensity・Fat suppressionでhigh intensityでした。いわゆる骨挫傷(bone bruise)の所見です。


どうみても骨折線ではなかったのですが受傷後1週の時点でもまだ圧痛があったので、初診時に作成したthumb spica splintによる固定を継続しました。


受傷後2週の単純X線像で仮骨をみとめませんでしたが、受傷後4週である昨日の単純X線像で仮骨形成を認めました!身体所見では、舟状骨周囲の腫脹・圧痛はほぼ消失していましたが、実はbone bruiseではなく、骨折だったようです・・・。


う~ん、bone bruiseに対する概念を根本から覆される症例を経験してしまいました。膝関節周囲のbone bruiseなら外固定無しでどんどん荷重していきます。しかし、舟状骨のbone bruiseはなんとなく気持ち悪いので慎重な対応をしていたのですが、どうもその対応で正解だったようです・・・。




             ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。
特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく
実践的な医学書です。




                                                   

                                        
            
手の外科の実際                       私の手の外科―手術アトラス








THA: カップのスクリューホールの位置

このエントリーをはてなブックマークに追加


先週金曜日の午前の手術は、人工股関節全置換術(THA)でした。
かなり大柄な方で、なかなか展開が大変でした。


先週木曜日のTHAの際にスクリューの刺入角度が問題になったことを記事にしましたが、これは展開の問題であると同時にカップのスクリューホールの位置の問題でもあります。


私の施設でよく使用しているのはZIMMERのConverge cupとStrykerのTrident HA cupです。StrykerのTrident HA cupは、ガイドの向きを調整することでカップのスクリューホールの位置を変えることができます。


径が大きなカップではスクリューホールがたくさん開いているので(注: マルチホールの場合です)さほど問題になりませんが、46mm程度の比較的小さなカップでは寛骨臼の展開具合を見てスクリューホールの位置を微調整するべきかなと思いました。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術



効率の良いふるさと納税の方法

このエントリーをはてなブックマークに追加


ふるさと納税の利用方法 のつづきです


ここまでふるさと納税の概略を説明してきましたが、もう少し詳細なところを考えてみたいと思います。まず、税額控除の計算は下記のとおりです。


住民税から控除

 ① 基本控除額
     (寄付金-2000円) × 10% 
 ② 特例控除額(ふるさと寄付金のみに適用され、個人住民税所得割額の1割を限度)
     (寄付金-2000円) × (90%-0~40%(寄付者に適用される所得税の税率))


所得税から控除
 ③ (寄付金-2000円) × 0~40%(寄付者に適用される所得税の税率)


住民税と所得税を合計した税額控除は①+②+③となります。つまり、寄付金から2000円引いた金額が全額控除されます。ポイントは②の住民税の特例控除額が個人住民税所得割額の1割を限度としていることです。ここがボトルネックになるので、全額税金控除できる最大の寄付金額は下記のとおりです。


 個人住民税所得割額   ×  10%  ÷  (90%-0~40%(寄付者に適用される所得税の税率))


例えば、個人住民税所得割額が170万円の場合、17万円 ÷  (90%-33%)  = 298245円となるのです。もちろん、これ以上の金額も寄付可能ですが、税金は全額控除ではなくなるため、少しずつ不利になっていきます。


実際にふるさと納税する際のポイントは、上で求めた合計いくらの寄付金額までなら、ほぼ全額控除されるかをしっかり把握することです。この例の場合、30万円に向けて年初は毎月2万円ペースで寄付を行い、当年度の所得金額がある程度固まってくる年末にスパートをかけて目標金額(この場合30万円)に到達します。


更に、クレジットカードで寄付が可能な自治体ではカードのポイントがつきます。例えば、楽天カード などではポイント交換率が1%なので30万円なら約3000円分のポイントが付くのです。


多くの自治体は10000円以上の寄付から特典品が付きますが、中には3000~5000円以上からの自治体もあります。時価ベースでいくと寄付金額の半額程度のものが多いですが、中には寄付金額以上の自治体もありますので、「ふるさとチョイス」や「ふるさと納税 特産品 情報局」から情報を集めるとよいでしょう。


ふるさと納税で実際に贈られて来た特典品を御紹介します につづく



※ ここまでのふるさと納税の話を、私の運営するHPにまとめました。

※※ 2013.7.11 追記
通りすがりの40台のおっさん 様から、課税所得金額 ⇒ 個人住民税所得割額の間違いではないか?という御指摘をいただきました。私の記載ミスだったので訂正させていただきました。貴重な御指摘をいただき、誠にありがとうございました!



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。