整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

膝蓋骨低位のTKA

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前の手術は、TKAでした。
膝蓋骨低位の症例で苦労しました。


膝蓋骨低位の場合、膝蓋骨のラフカットを最初の段階で行うと展開が楽になります。
また、大腿骨を切り上げすぎるとjoint lineが上るので、スペースがタイトな場合は脛骨の切り下げを優先するべきです。

指尖部損傷に対するアルミ法

このエントリーをはてなブックマークに追加

指尖部損傷に対して、最近では一期的に断端形成術を行うことはほとんどなくなりました。
私は、閉鎖療法の一種であるアルミ法を行っています。


一般的には創面よりも突出している骨は切除するべきといわれていますが、私はあえて温存しています。腐骨化してどうしても肉芽が形成されない場合には切除しますが、意外と肉芽は形成されることが多いです

緊急時のルート確保について(骨髄内輸液)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は一日中外来していました。
午前は一般外来、午後は人工関節置換術の術前自己血貯血×3名&手術説明3名でした。


自己血貯血も経験数が千例近くになってくると針先で皮下を透視することができるような感覚を獲得できます。こんな特殊な能力は、日常生活では何の役にも立ちませんが(笑)。


ルート確保は医師が習得するべき重要な技術の一つです。
特に救急の現場では患者さんの生死を左右する技術の一つです。


ショック状態や心肺停止(CPA)で搬入された患者さんのルート確保は容易ではありません。
実は、わたしたち整形外科医は、難易度の高いCPA患者さんのルート確保で大きな武器を持っています。


それは”骨髄内輸液”です。
私の場合、脛骨近位に1.8 K-wireで骨孔をあけて18G針を挿入しています。


骨髄内輸液でも、静脈輸液とほぼ同等の効果を期待できるルートを確保できます。
もちろん心肺停止等の危機的な症例のみですが、どうしてもルート確保できない緊急事態には有用だと思います。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。