整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

出産後の手根管症候群

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は、外来でした。
梅雨なのに雨が降らないので、残念ながら外来は盛況です(笑)。


出産後1ヵ月の方が、両手指(母指~中指橈側)のしびれを訴えて受診されました。問診だけで整形外科医なら「手根管症候群」の診断がつくと思います。


通常、妊娠中や出産後の手根管症候群は、できるだけ患側を使わないようにさえすれば経過観察のみでも軽快する場合がほとんどだと思います。


しかし、今日の方は出産後もどんどん症状が強くなるとのことでした。母指球の萎縮は無いので緊急性は無いのですが、授乳中のためあまり積極的な治療ができません。


リリカ投与はもちろん不可ですが、赤ちゃんに塗り薬が付いてしまう可能性がある(?)とのことで、
ODT療法にまで難色を示します。少し神経質過ぎる気もしますが、治療を強要するわけにもいきません。


この方が神経質になっている理由をよくよく訊いてみると、ネットで産後の手根管症候群を調べてみたら、いろいろな情報が錯綜していたようで不安になったそうです。


確かにネットで「手根管症候群 出産」で検索すると、大丈夫なのか??と思いたくなるような情報がたくさんありました。何故かカイロプラクティックのHPが上位表示されていたりと、怪情報満載です・・・。残念ながらまともな整形外科医による情報はほとんどありませんでした。


余談はさておき、妊娠中や産後の手根管症候群は、ホルモンバランスの変化で手根管内に浮腫性変化が生じることで発生しますが、赤ちゃんを抱っこし過ぎることも一因だと言われています。


一般的に授乳中の方には手関節の安静を図ることを目的にシーネ固定をすることで治療を行いますが、妻が育児真っ最中の管理人的にはなかなか実践しづらい治療方法であることも理解できます・・・。なかなか授乳中の方に治療するのは難しいですね。




             ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。
特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく
実践的な医学書です。




                                                   

                                        
            
手の外科の実際                       私の手の外科―手術アトラス








THA: カップのドリリング

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の午前の手術は、人工股関節全置換術(THA)でした。
御年の割りには骨・筋肉・軟部組織ともボリュームがある方でした。


最近、できるだけ軟部組織に侵襲を加えない方針で手術を行っているのですが、軟部組織の切除量が減少すると、当然これに反比例して術野の展開が不十分となりがちです。


それでもリーミングまでは問題なく施行したのですが、カップのスクリュー固定の際にどうしても少し傾いてドリリングせざる得ませんでした。ドリリングの方向にスクリューを挿入したのですが、角度が付き過ぎていたようでカップ内面の面からスクリューヘッドが少し出てしまいました。


これではポリエチレンライナーを挿入できないので、やも得ずもう一度しっかりと術野を展開し直してドリリングを再施行しました。スクリューの入れ直しだけでも5~10分程度が無駄になりました。


やはり寛骨臼内の操作は、ある程度しっかりと術野を展開してから施行する方がベターです。ことわざにもあるように「急がば回れ」であることを再認識した1日でした。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術



指神経の不全損傷

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の午後は、中指PIP関節付近での陳旧性掌側指神経損傷でした。
約半年前に誤ってカッターで切って、近医で縫合処置を受けたそうです。


当初から指先の知覚過敏があったようですが、いつまで経っても症状に変化がないため手術に至りました。皮膚縫合部でのtinel signが強陽性でした。


手術ですが、皮膚縫合部を少し延長して中枢側の正常な指神経をまず展開しました。正常な神経から末梢に剥離を進めていくと、分厚い瘢痕組織に覆われた部分に差し掛かりました。


瘢痕組織を切除すると、神経の連続性は辛うじて保たれているものの、掌側指神経の半分程度が切断されている所見を確認しました。


ここからは顕微鏡下に神経周囲の瘢痕組織を慎重に切除して指神経の断端を展開しました。指神経断端を新鮮化してから9-0 プロリン2本で端々縫合しました。


脊椎の再手術や腫瘍でも同様ですが今回のような初回手術ではない場合には、正常な部分からターゲットにしている部位に向かって展開を進めることが推奨されます。




             ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。
特に、「手の外科の実際」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく
実践的な医学書です。




                                                   

                                        
            
手の外科の実際                       私の手の外科―手術アトラス








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。