整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

日本リウマチ学会

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はリウマチ学会に出席してきました。
本当についていくのがしんどいです・・・。


ただ、去年と違って生物学的製剤6剤とも使用経験があるのでスムーズの頭の中に入ってうるようになりました経験って大事ですね!

脛骨高原骨折

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は午後から脛骨近位部骨折(高原骨折+脛骨結節裂離骨折)の手術を行いました。
結節骨片が中枢に大きく転位しており、なかなか大変な手術でした・・・。


いつも思うのですが、脛骨近位のプレートは解剖学的に形状が合っていないです。
特にシンセスのproximal lateral tibial plateはひどいですね。まだ、L型バットレスプレートの方がましです。設定されている方向にロッキングスクリューを挿入すると関節面下10mm程度になってしまいます!改善が待たれますね。


まず透視下に健側の脛骨にプレートを合わせて、プレートの種類・長さを事前に決定しておくとよいでしょう。
特に脛骨近位のように骨の解剖に合っていないプレートを使用せざる得ない場合はなおさらです。


大腿切断術

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午後は大腿切断術(AK切断)でした。
私の工夫は下記です。


まず足部から下腿までガーゼごと大きなdrapeで完全に覆ってしまう。
その後普通の手術と同様にイソジンで消毒してストッキネットを被せる。


前方から四頭筋を切除して大腿骨を展開する。
正面から攻めていく。皮切の段階で裏まで切ると出血が多くなるためです。


AK切断術で最も注意するべきなのはもちろん大腿動静脈です。
まず、大腿骨をダブルカットして3cmほど中抜きします。
その骨間の窓から大腿動静脈を同定して
結紮
しています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。