整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

感染人工関節の新しい診断法と治療戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加


日整会誌に第84回日本整形外科学会で教育研修講演予定だった
横浜市立大学の稲葉先生の論文がありました。
お題は”感染人工関節の新しい診断法と治療戦略”です。
興味深い内容だったので、要約します。


診 断
・ 感染人工関節の術前診断は、無菌性ゆるみと鑑別困難な場合がある

・ 18F-fluoride PETで集積あり→感染性、無し→無菌性
・ 18F-fluoride PETの集積部位で、感染巣の部位を判断することが可能
・ 凍結切片を用いた迅速病理組織診断
→ 好中球が強拡大視野あたり10個以上、5視野以上)で感度67%、特異度90%
・ リアルタイムPCR法(MRS-PCR, universal PCRの2種類を同時施行する)


治 療
・ 海外では抗菌薬含有セメント(ALAC)が市販されているが、本邦では使用不可
・ 抗菌薬含有セメントスペーサーでは鎮静化を得られない症例に対しては、抗菌薬充填HABが望ましい
・ 長期間にわたり抗菌薬を徐放すること、および熱による不活化がおこらないことが抗菌薬充填HABの長所




雑 感
・ PETを感染の診断にもちいているようですが、保険の問題から一般病院では難しいです。
・ 同様にPCRも難しいのではないでしょうか。
・ 抗菌薬充填HABには、オリンパスのボーンセラムPを使用します。
・ 1個あたり31100円と高価ですが、たしかに感染を鎮静化する力は大きいように感じます。


化膿性脊椎炎の保存治療

このエントリーをはてなブックマークに追加

化膿性脊椎炎+化膿性腸腰筋炎の方の治療を行っています。
糖尿病がベースのcompromised hostです。


発症当日から抗生剤治療を開始しています。
MRIの所見と併せて、腸腰筋膿瘍ではなく筋炎の状態であると考えています。


化膿性脊椎炎(椎間板炎)においては、同定される起因菌の半数以上が黄色ブドウ球菌です。
したがって、第一世代セフェムが第一選択の抗生剤となります。


今回の症例でも第一世代セフェムに感受性があるようで、劇的に炎症所見や症状が改善しつつあります。今後どのタイミングで抗生剤を終了するかが問題になります。


3-4週間は最低でも投与続けるべきとの文献が多いようです。今回のように初期の段階で炎症所見が劇的に低下しても、CRPが完全には正常範囲内にならないケースが多いです。


したがってCRPが正常範囲内になるまで投与すると、自然に3-4週は掛かるケースが多いように感じます。


いずれにせよ、血流が豊富な脊椎や筋肉に感染を併発するのは、尋常なことではありません。
私の場合、幸い年に1例程度しか経験しませんが、いつも治療するにあたっては緊張します。

書評: リウマチ病学テキスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
今日は書評です。


関節リウマチは、整形外科の中でも進歩が特に著しい分野のひとつです。まさに日進月歩なので、評価の確立した成書も無い状況です。このような状況なので、初学者が関節リウマチをマスターしてアップデートしていくのは少しハードルが高くなってきています。


日本リウマチ学会専門医でも月単位での情報をアップデートしている医師はそれほど多くないのではないでしょうか。
現在のMTXと生物学的製剤を基本にした関節リウマチの治療体系を俯瞰するために、”リウマチ病学テキスト”は最もお勧めの書籍です。




                       リウマチ病学テキスト



私自身、リウマチ専門医試験で取得した知識と実際の臨床で必要とされる知識のギャップに悩まされました。大学のリウマチ医に相談したところ勧められた書籍が、リウマチ病学テキストでした。


2~3回通読することで全体像を掴むことができます。全部で500ページほどですが、180-450ページまでは不要でしょう(骨粗鬆症等の整形外科医なら誰でも知っているもの、およびSLE等の整形外科医には不要な内容)


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。