整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

慢性鎮痛に対するトラムセットの副作用対策

このエントリーをはてなブックマークに追加


慢性鎮痛に対するトラムセットの投与方法 のつづきです。


副作用対策ですが、悪心・嘔吐は数日で軽快していくケースが多いように感じます。そこで投与開始時の悪心・嘔吐を回避するために、屯用としてプリンペランを3錠×7日分処方しています。トラムセットは増量する毎に悪心・嘔吐を併発することが多いので、2週目以降も初回に投与したプリンペランを流用してもらいます。


次に便秘ですが、これはマグミットやプルゼニドなどの緩下剤で対応可能なことが多いです。副作用としてはこの2つ(悪心・嘔吐と便秘)が主な症状なので、処方をルーチン化することである程度回避可能だと思います。


最後になりますが、トラムセットはほとんどの症例で鎮痛効果を得られるので、器質的な痛みの原因を見落としてしまう可能性があると感じています。痛みが軽快すれば、喉もと過ぎれば・・・的な状態になってしまい、癌の脊椎転移などの発見が遅れてしまうことがありそうで怖いです。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

       
       総論   (診察・診断、治療全般、骨折・外傷、周術期管理)
 

       各論   (手の外科、肩関節、脊椎、股関節、膝関節、足の外科、腫瘍)

       その他 (関節リウマチ、痛風・高尿酸血症、骨粗鬆症、専門医試験)



慢性疼痛に対するトラムセットの投与方法 

このエントリーをはてなブックマークに追加


外来をしていると、なかなか疼痛コントロールをできない症例を経験します。私の場合、消炎鎮痛剤は、セレコックス ⇒ ロキソニン ⇒ モービックという順番で投与することが多いです。


私にとってモービックは最後の砦に近い存在で、この薬剤が無効のケースではなかなか妙案がありませんでした。しかし最近ではトラムセット等の慢性疼痛に効果のある薬剤があるので、以前よりは疼痛コントロールが容易になってきています。


ただ、トラムセットはオピオイドなのでNSAIDsには無い副作用があります。代表的な副作用は、悪心・嘔吐と便秘です。当初は添付文書どおりにトラムセットを投与していたので、副作用が強すぎて継続できない症例が多発しました・・・。


そこで、眠前1錠投与から開始して鎮痛効果をみながら1週毎に1錠ずつ増量していく方法に切り替えました。ほとんどの症例は、2錠(朝後、眠前)までの増量で鎮痛効果を得ることができています。尚、トラムセット投与前から処方していたNSAIDsは、トラムセットと1週間程度併用しています。


慢性疼痛に対するトラムセットの副作用対策 につづく




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




鎖骨遠位端骨折にはやはりフックプレートが良いようです

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、出張先の病院で見た症例なのですが、鎖骨遠位端骨折に対してロッキングプレートによる固定を施行したところ、術後1週で遠位骨片のロッキングスクリューが脱転して再転位していました。


鎖骨遠位骨片自体の粉砕は無く骨質も悪くはなかったそうですが、4-5本のスクリューごと脱転したようです。私はクラビクルフックプレートしか使用経験がないので今まで比較できなかったのですが、ロッキングプレートといえども固定力不足のようです。


やはり鎖骨遠位端骨折に関しては、フックの有無が重要なポイントのようです。私の個人的な意見なのですが、小骨用のロッキングスクリューの固定性はあまり信用していません。


具体的に言うと、上腕骨顆部、腓骨遠位端、鎖骨遠位端にはロッキングプレート&スクリューはできるだけ使用しないようにしています。上腕骨顆部に関しては選択の余地が無いので仕方なく使用しますが、鋼線締結法を併用することも多いです。



  ★★ 良本さえ知っていれば、配送料無料であらゆる医学書を購入できます ★★
 

                      





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。