整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

起業のススメ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスを巡行状態に持っていく能力を持つ起業家は、非常に稀で貴重な存在です。起業家は、新しい雇用を創出し、多額の税を納めて世の中に貢献します。


イノベーションはスモールビジネスから生まれることが多く、既存の大企業しか存在しない社会は、衰退への道を歩み始めます。経済にも生物と同様に新陳代謝が必要なのです。


一方、起業は成功率が低くて一般的には危険な行為です。少なくとも生活を掛けて起業することは、決してお勧めできません。


しかし、生活の危険が無い立場で起業するのはどうか?この場合、ローリスク(ノーリスク)・ハイリターンを見込めます。なかなか美味しい話だと思いませんか? 


特に、一般サラリーマンと比べて可処分所得の高い医師は、起業するのに有利です。この有利な立場を利用しない手はありません。可処分所得以外にも医師の優位性はたくさんあります。

  • 社会的身分が高い(と思われている)
  • 社会的信用力がある
  • 基礎分野にもそれなりに精通している人が多い


これらの優位性は、特に立ち上げの初期段階では大きな武器となります。肌感覚では、何のバックグランドも無い一般サラリーマンと比べて、10倍程度は有利な印象を抱いています。


それでは、どのような分野で起業するのがお勧めか? これを考える上では、医学博士を取得するために行う研究が、ひとつの参考になると思います。


医学研究には、ラットなどの生物を扱うものと、画像などのデータを扱うものがあります。俗っぽいですが、どちらが楽に研究できるかと言うと、画像などのデータに軍配が上がります。


起業のネタも研究と同様に、扱いやすい商品を選択する方が圧倒的に楽です。例えば、飲食店で起業するケースでは、扱う商品は食材です。食材は腐ったり嵩張るので面倒ですね。


これに比べて書籍や雑貨は、腐らないので食材よりも扱いやすいです。しかし、これらのモノも嵩張るという難点があります。物理的な保管場所を確保しなければならないです。


もっと扱いやすいモノは無いのか? コンサルティング業などは腐らなくて嵩張らないので、(自分の時間以外の)在庫管理は必要ありません。小資本で起業することも可能です。


しかし私は、コンサルティング業などの自分の時間を投下するビジネスは拡張性が無いので好きではありません。


私が最もお勧めするのは、電子媒体やデータです。腐らなくて嵩張らないし、拡張性も確保できます。更にクラウドやITとも相性が良いです。


電子媒体やデータというと書籍や情報教材をイメージする人が多いですが、そんなレッドオーシャンで戦うよりも、もっと自分の得意分野に特化したモノを探し出しましょう。


研究をライフワークにしているなら、自分の研究分野では日本一や世界一を狙える場合も少なくありません。今一度自分の研究テーマがビジネスに結びつかないのか考えてみましょう。


例えば、公衆衛生の分野では各種統計を扱います。このようなビックデータから個人情報を切り離して加工することで、保険会社などにデータを売却できるかもしれません(※)。


※ すでにこの分野で起業している医師は存在します


このように少しアタマを捻ることで思わぬビジネスアイデアが生まれる可能性があります。あと、もうひとつのポイントは、いつも外の領域や世界に目を向けることです。


自分と異なる世界に生きている人と交流を持つことで、自分の属する世界では想像もつかない新規性のあるアイデアを思いつくことがあります。他流試合をどんどん実践しましょう!


もちろん、クリニック開業や不動産投資もアリですが、両分野とも参加者が多くて競争が激しいことと、経済規模が縮小していくトレンドなので苦しい戦いとなること必定です。

  1.  医師のメリットを享受できる
  2.  できるだけ競合の少ない分野
  3.  小資本で起業できる


この3つを全てクリアできるニッチな分野を探して、ブルーオーシャンの大海を泳ぎ回ることが理想的だと思います。


なかなか、このような分野を見つけられないのが現実ですが、他の分野よりは手つかずの事案が多く存在することも事実です。


意識の持ち方で、他の人に見えないモノが見えることもあります。常に何かチャンスの種が落ちていないかを注意しながら、日々の診療に臨むことが吉だと思います。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




旅館業はもうダメかも・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年4月から営業許可を取得して旅館業を営んでいますが、今年の5月以降は苦戦が続いています。とにかく尋常じゃないぐらい宿泊施設建築ラッシュが続いています。


まさに雨後の筍の勢いです。肌感覚として厳しくなってきたなと感じていますが、実際にどれぐらい落ち込んでいるのかグラフ化してみました。系列1は2016年、系列2は2017年です。



稼働率 - コピー



系列1は2016年、系列2は2017年です。横列の1=4月で、12=3月です。昨年比で、6月、7月の落ち込みが激しいです。そして8月もこの分では厳しくなりそうな見込みです。





営業利益 - コピー



次は営業利益です。修繕費をかなり厳しく見積もっているため実際にはもう少し手残り金額は多いですが、こちらも6月以降で落ち込みが激しいです。





粗利率 - コピー



最後は粗利率です。開業当初は65%を超えていたのですが、徐々に低下して現在は55%程度しかありません。この原因は客室単価が下がっていることと、送客手数料の上昇です。


集客力の低下をカバーするために、客室単価を引き下げてOTAの集客オプションを購入しているのですが、供給過多による需給関係の崩れをカバーすることができていません。


あぁ、恐ろしいぐらい先行きが暗いです。。。賃貸へのコンバージョンを考えるラインは営業利益20万円なので、もう少し余裕があります。しかし、1年後はアブナイかもしれません。


急激な経営環境の悪化は肌感覚で分かるものの、
実際に数字化すると、より現実味が増します。つい先送りしがちな現状分析ですが、生き残りのためには必須の作業です。


2015年から始めた民泊は、遵法性の担保が難しいことと収益的にもレッドオーシャン化したので早々に撤退しました。そして収益性悪化の大波は、上流の旅館業にも押し寄せています。


苦労して立ち上げたビジネスからの撤退は辛いものですが、いつまでも拘っていると地獄を見ます。環境が悪化すれば躊躇なく撤退することが肝要です。


幸い、すでに初期投資費用は全額回収しています。あとはどれだけ利益を上積みして撤退できるかだけが問題です。旅館業撤退の時期を探りながら、もう少し頑張ってみようと思います。


そして、このような撤退は、本丸(?)である医療業界も例外ではありません。今はこの世の春の状態ですが、日本経済が沈没すれば医療業界の沈没も不可避です。


技術や専門性への過信は厳禁だと思います。高給を得ているのは技術や専門性の高さではなく、あくまで需給関係によるものに過ぎないことを忘れてはいけないです。。。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




カンボジア雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加


カンボジアでの生活にも慣れてきました。
シンガポール、マレーシア、中国では失われた ”アジアの香り” が健在です。


モンスーンの影響で毎日夕方にはスコールがありますが、日中は晴れているので快適なアーバンリゾートライフ(?)を満喫しています。先日は、アンコールワットに行ってきました。



22 - コピー



タイのアユタヤ遺跡よりも規模が大きいにも関わらず、繊細な彫刻が遺跡の壁一面に刻まれており、その壮大なスケールに驚かされます。気が遠くなるような労力が投入されたのでしょう。


アンコール王朝によって800年ほど前に建立されたのですが、その後放棄されて忘れ去られた時期がありました。偉大な国家の栄枯盛衰を垣間見れます。


さて、カンボジアの生活は日本とはずいぶん異なります。もちろん観光客目線なのですが、いくつか気付きがあったのでお伝えします。




物 価

総じて安いです。1990年台半ばの超円高時に日本円の強さを享受した身としては、久しぶりに往年の日本円の強さを感じました。日本よりも物価の高い国が多い中で貴重な存在です。


特にビールの安さには目を見張ります。330ml缶が0.5ドルで、ミネラルウォーター(500ml)0.2ドルの2倍程度しかありません。おかげで喉が渇けば、すぐにビールです。。。



旅行者

日本人は全く目立ちません。カンボジア人からも「ニーハオ」としか声掛けされないのが、何とも悲しいです。旅行者は、欧米・中華圏・韓国がほとんどです。


意外に思ったのは韓国です。日本への旅行者では韓国が健闘していますが、どうやら日本だけでなく東南アジアでも韓国からの旅行者は多いようです。


世界中で日本人観光客がメジャーであるのは、ハワイとバンコク(タニヤ)ぐらいなのは、少し寂しい気がします。



英 語

宿泊先が5つ星ホテルだからかもしれませんが、ほとんどの宿泊客が英語を流暢に話します。見た目が中華系でも、native並みの綺麗な英語が多いです。


情報のほとんどは英語なので、やはり英語圏の住人は有利ですね。この点、香港やシンガポール人は、英語+中国語なので本当にうらやましいです。


自動翻訳の技術が急速に進んでいるため、英語を勉強することがナンセンスかもしれないと思っていましたが、やはり実際に話すことができると、まだまだ便利であることを体感しました。



華 僑

カンボジアにおいても華僑の力は大きいようです。シェムリアップで繁盛している商店の多くは中華系オーナーでした。彼らは体も大きく、カンボジア人(クメール人)を圧倒しています。


華僑オーナーの繁盛店で食事をすると、何故流行っているのかが良く分かります。提供される料理の質と価格のバランスが非常に良く、お得感を感じられるからです。


世界中で地域に根差したネットワークを築いている華僑たちの力を改めて感じるとともに、これらの人々を輩出した中国という国は、やはり侮れないと思いました。


もちろん、彼らが海外に行かざるを得なかったのは、中国本国の過酷さが原因なので手放しで褒められたものではありません。この点では日本人は本当にめぐまれています。



中抜き

今回はアンコール遺跡群やトンレサップ湖へのツアーを、現地のタクシー運転手に依頼しました。空港から乗ったタクシー運転手のプライベートツアーに乗った形です。


海外でこのパターンはぼったくりの事が多いのですが、到着日の夜にツアー会社と比較検討すると最も安かったのです。ホテルに帰ってタクシー運転手に電話して、交渉をまとめました。


ツアー会社を通すよりもダイレクトに収入を得られるため、彼らも都合が良いようです。日本に限らず、サプライヤーに近いところにアプローチすると、格安で仕入れることが可能です。





数十メートルしか離れていないのに街中の喧騒とは隔絶したホテルライフを満喫している身で論ずることはおこがましいですが、やはり異文化を体感するのは貴重です。


日本で日常生活を送るだけでは気付かない新たな想いを忘れないようにして、今後の生活の糧にしたいと考えています。






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。