整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

来院動機はWEBサイトが最多!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、リクルートドクターズキャリアを何気に眺めていたところ、興味深い記事がありました。開業成功の必須ポイント ⑦広告宣伝 です。


開業前の広告宣伝は何が一番効果的なのか? というお題ですが、何といってもWEB戦略が重要だそうです。患者の来院動機を調査するとWEBサイトを見てが圧倒的多数です。


しかも、高齢者まで含めても6~8割の患者さんがスマートフォンで閲覧しているとのことです。そんなに、医療機関の広告でもWEB対応が重要だとは・・・


さすがにホームページの無い病院は少数派(皆無?)だと思いますが、クリニックレベルではまだまだホームページの無いところが多いと思います。


もしかしたら、ここにお金をかけるだけでもまだまだクリニック経営はイケるのか? 素人ながら、そんな甘い考えを抱かせる記事です(笑)。


広告宣伝のタイミングは、開業の2~3ヵ月前、こまめな更新で検索順位を上げる、住宅地のクリニックは紙広告も必要で、市街地のクリニックはWEBが優先とのことでした。


紙広告は開業1週間前の狭域戸別ポスティング、開業直前の週末に内覧会を開くとしたら開業直近の水・木曜日に広域新聞折込をするのが効果的だそうです。


よく駅看板が医療機関で埋まっているのを見かけますが、最近の傾向ではWEB広告の強化を第一に考えるべきとのことでした。確かに駅看板を見て行こうとはあまり考えません。


集患にはWEB対策が有効ということは、なかなか新鮮な驚きでした。まさか、医療業界でもいわゆる「空中戦」が必須とは夢にも思わなかったのです。


クリニックのホームページはウェブデザイナーに依頼するのが吉ですが、その際にはWordPressベースで作成してもらった方が良いと思います。


ゼロから立派なホームページを作ることは、素人には費用対効果が悪いですが、既にあるホームページのちょこちょこした改変は自分でできる方が楽だからです。


あと、スマートフォン対応のホームページにしておくことは論を俟ちません。クリニックの集患も、一般企業の営業に近づいて来ているなと感じる記事でした。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




損な生き方に気付いていない?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、外来でバイク自損事故の20歳女性が母親に付き添われて受診されました。橈骨遠位端骨折なのですが、転位が大きいため、手術するか否かの判断の難しい症例です。



受傷後9日目なのですが、初診は近くの病院でした。初診時にその病院で手術を勧められたそうですが、20歳の娘ひとりにいきなり手術とは何事だ!とこちらを受診したようです。


この患者さんは見た目がヤ〇〇キーで、こちらの問いかけに対しても無言でひたすらスマホをいじっています。母親も似たような雰囲気で、入室時からかなり高圧的な態度でした。


こちらの病院は2回目の受診で、初診は私以外の医師でした。このため、私自身は初対面だったのですが、いきなりで面食らってしまいました。


周囲の何に対しても不満があるようなオーラを発散していたので、治療方針として保存治療以外は難しいと判断しました。予約を促しましたが、適当に再診するとのことでした。


通常、医師の前では性格に難のある人でもある程度自制を働かせるものですが、自制を働かせて(?)この状態であれば、どうやって生活しているんだろうと不思議に思いました。


保険区分をみると、やはりアレ系でした。基本的には浅い付き合いしかないので、私に累が及ぶことはありません。しかし、この人たちの周囲は大変だろうなと感じました。


どんな生活を送っているのか知りませんが、非常に損な生き方をしていることには間違いはなさそうです。社会の全てを敵に回して生きていくはしんどいだろうな。。。


このような規格外(?)の人は少数派だと思っていましたが、最近は結構な頻度で居るのではないかと感じています。診察室から生き方まで見えるのは、何だか寂しいものですね。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



橈骨頭骨折ではDTJスクリュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、橈骨頭骨折の手術を行いました。橈骨頭骨折は骨片が小さいため、内固定の際に一発勝負となることが多いです。このため、内固定材料の選択が重要だと思います。



CT - コピー



今回は、上図のような骨折でした。CT上は粉砕していないようです。橈骨頭骨折としては比較的イージーなタイプですが、一発勝負であることには変わりません。


今回選択したのはメイラのDTJミニスクリューです。DTJスクリューのメリットはこちらで紹介していますが、下記に再掲します。

  1.  ガイドワイヤーがしなりにくい
  2.  セルフタップで挿入できる


今回は、とくに②を重視しました。小さな骨片ではガイドワイヤー刺入後にドリリングすると、転位したり骨片が割れたりする危険性が高まります。



AP - コピー


LR - コピー



術後の画像は上記のごとくです。ガイドワイヤーを至適位置に刺入できると、あとはそのままスクリューを挿入するだけなのでストレスが少ないです。


特にメイラの回し者というわけではありませんが、手の外科領域の小さな骨折に関しては、なかなか良い内固定材料だと思います。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。