整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

蜂窩織炎にリバノール湿布は有効なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週末に上肢の蜂窩織炎の患者さんが入院していました。
血液生化学データがかなり悪かったのですが、当直医が適切な治療を開始してくれていました。


慣習的に、蜂窩織炎の治療の一環としてアクリノール(商品名: リバノール)湿布を施行されることがありますが、この処置は本当に有効なのでしょうか?


昔、日赤で勤務していた際に、皮膚科の部長から”キミは未だに蜂窩織炎にリバ湿布をしているのかね?全く意味の無いことだよ!”と言われたことがあります。


その場は、はあ~っと生返事しましたが、気になったのてPubMed等で検索してみました。すると、リバ湿布での治療成績の論文が一つもヒットしなかったのです・・・。蜂窩織炎にリバ湿布という治療は、もしや日本だけの習慣なのか???


それ以来、蜂窩織炎に対してリバ湿布はしなくなりました。確かに常識的に考えて、皮下組織に広範に波及した感染に対して、経皮的な治療が奏功するとは思えません。


やはり、蜂窩織炎の治療には、抗生剤投与が最も重要なのだと思います。


書評: 整形外科研修ノート

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は書評です。


整形外科は非常に広範囲の疾患を取り扱います。海外では、関節外科・脊椎脊髄外科・リウマチ科・手の外科等の3~4の科に分割されている国もあるほどです。このような状況なので、初学者が整形外科を一通りマスターすることは、少しハードルが高くなってきています。


初学者が、整形外科の治療体系を俯瞰するために、『 整形外科研修ノート 』は、最もお勧めの書籍です。




 
                 
整形外科研修ノート (研修ノートシリーズ)




大学からパートに来てくれている前期専攻医の先生が読んでいた本です。サイズがコンパクトで読み安いわりには、骨折や各パーツの疾患の説明から英文紹介状の書き方まで、整形外科のほぼ全領域を網羅しています。


さすがに広く浅くの編集ですが、知識のストックの少ない専攻医が読むにはむしろ調度良いボリュームだと思います。辞書的に使用するというよりは、困ったときの虎の巻的に利用するのが良いようです。実際にその専攻医は外来で困ったときにサッと取り出して一読するそうです。


私が研修医の頃にはこのような手ごろな書籍が無かったので、今の専攻医が少しうらやましいですね。



膝蓋骨骨折に対する鋼線締結法

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の午前は、膝蓋骨骨折に対する骨折観血的手術でした。
骨質も良く、単純な横骨折で問題の無い症例でした。


最近、膝蓋骨骨折に対する鋼線締結法では
リングピンを愛用しています。
これはナガシマメディカルのもので、径2.0mm・長さは80mmまであります。


従来の鋼線締結法ではU字状に曲げたK-wire先端を確実に骨内に刺入するために、近位側のK-wire刺入部は膝蓋骨が見えるまで大腿四頭筋腱をスプリットして直視下に確認していました。


しかし、リングピンの場合にはsuture wireが脱転する心配は無いため、この作業がおろそかになりがちです。そしてこの作業をしっかりしないと、リングの位置が膝蓋骨から少し離れてしまいます。


これ自体は臨床的にはさほど大きな問題にならないですが、術後単純X線像での見栄えが悪いので、少しくやしい気持ちになってしまいます。


鋼線締結法を施行する際には、リングピンといえども骨刺入部をしっかり確認するべきですね。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。