整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

最近、友人の間でMM2H取得が流行っています

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近、私の投資家仲間の間でマレーシアのMM2H取得が流行っています。
MM2Hとは、
Malaysia My 2nd Home program(マレーシア マイセカンドホーム プログラム)の略です。10年間有効な長期滞在ビザ制度で、自由にマレーシアに出入国できるプログラムです。10年後以降の更新も可能です。


通常、海外で3ヶ月以上長期滞在するためには、永住権、退職者ビザ、長期滞在ビザなどが必要です。ところが実際はこれらの発給国は少なく、あっても条件が厳しく取得が困難です。例えばオーストラリアの退職者ビザ取得には1億円程度の資金が必要です。


これに比べて、MM2Hは年齢に関係なく取得可能で、取得条件も比較的緩やかなのが特徴です。しかもマレーシアは長期滞在や移住に適した国でもあり、今すぐ滞在する予定はなくても将来の長期滞在や移住のための権利として保有する価値が高いと言えます。


この種のビザは「取れるときに取る」ことが重要です。一般的にこれら長期滞在ビザの取得条件は年々厳しくなっています。また、制度が廃止されることがあり、実際にニュージーランドやカナダの退職者ビザは廃止されました。


MM2Hは、大きな維持費もかからず、滞在の義務もありません。「将来退職後に海外長期滞在あるいは移住をしたい」、「日本の財政破綻により高負担国家になった時の経済亡命先を確保したい」という目的をかなえる宝となるかもしれません。


医師免許と海外移住・永住権 につづく




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




THA: 臼蓋リーミングの深さを簡便に知る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の午前も人工股関節全置換術(THA)でした。
ダブルフロアを形成している典型的なOAの症例でした。


寛骨臼のリーミングの際に掘削の深さが問題になります。私は当初、3mm 丸ノミを用手的に刺入して内板までの距離を測っていました。


しかし最近では月状窩周囲の骨棘をリーミング前に切除して月状窩底(=ほぼ内板)を展開します。この操作により内板の深さを簡単に目視できるようになります。


月状窩底と周囲の海綿骨との段差が無くなるまでリーミングすることで内板近くまで掘削していることになり、多くの症例でこの深さまでリーミングすることがひとつの目安になります。


月状窩周囲の骨棘をリーミング前に切除することは簡単な操作なので、正確なリーミングを施行するためにもお勧めの方法です。



       
★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術



THA: ポリエチレンライナー設置に困ったら・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の午前は人工股関節全置換術(THA)でした。スリムな方だったので手術自体は容易でしたが、ポリエチレンライナーの設置時に少々手こずりました。


この方は、寛骨臼後壁の坐骨部を中心に骨棘が発達していました。この部位の骨棘自体はよく見かけるのですが、この骨棘が邪魔をしてポリエチレンがカップ内にどうしても収まらなかったのです。


1mmアンダーまでしかリーミングしないので、カップ辺縁上に骨棘が覆い被さって物理的にポリエチレンライナーを設置できないことがあります。


例えばZIMMERのContinuumなどではポリエチレンライナーとカップ辺縁がツライチなので、骨棘が邪魔をしてポリエチレンライナーを設置できなくなることは無さそうですが、通常の機種では注意が必要です。


どうしてもポリエチレンライナーを設置できない時には、カップ辺縁の状態をよく観察する必要があります。骨棘がカップ辺縁を覆っていることが原因であればノミで切除すれば一件落着です。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。