整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

アンコール・リゾート滞在記

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日から、夏季休暇でシェムリアップに滞在しています。
シェムリアップはカンボジアにあり、アンコールワットの拠点都市として有名です。


カンボジアは、東南アジアの中では経済発展の目覚ましい国として、ミャンマーと並んで注目されています。首都プノンペンは特に開発ラッシュで沸いています。


一方、今回滞在しているシェムリアップはカンボジアの古都で、日本で言うと京都や奈良のような存在の街です。私は、1カ所に長期間滞在するスタイルの旅行が好きです。


ここ数年は、ロンボク島サムイ島ハワイ、バリ島、ニャチャン(ベトナム)、セブ島に1~2週間滞在していました。しかし、今回はトンレサップ湖が近くにあるものの内陸の街です。



何故、宗旨替えしたかと言うと、ビーチサイドに滞在しても実際にはビーチに行く機会はあまり無くて、ほとんどをホテル内でダラダラ過ごしていることに気付いたからです。


そうであれば、わざわざビーチサイドでなくても、世界的な遺跡が近くにあった方が楽しめて良いのではないのか? と思うようになったからです。



滞在する目的はダラダラ過ごすことなので、今回はパークハイアットに宿泊することにしました。パークハイアットは市街地中心部の立地なので、毎晩歩いて遊びに行けます。



24 - コピー



今回の滞在は、昼間はホテルのプールサイドでダラダラ過ごし、その生活に飽きたら近くのアンコール遺跡群へ観光に行くというスタイルです。


スタートアップを抱えているので、リモートワークが機能するかの実証実験でもあります。不動産と旅館業は既にリモートワーク対応ですが、ビジネスでもOKなことが確認できました。


もちろん、営業は地上戦(対面営業)が必須なのでリモートワーク不可能ですが、現状維持だけであればカンボジアに居ても全然困りません。


ノマドワーカー的な生活も充分可能であることが実証できたのですが、ダラダラした生活のありがたさを享受すると、医師としてのハードワークに復帰できないかもしれません(笑)







★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






坐骨結節裂離骨折

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、中学生が右股関節部痛を主訴に初診しました。ダッシュをした瞬間に右股関節の激痛が出現して歩けなくなったとのことです。


このような症例では、骨盤裂離骨折を第一に疑います。ただし、骨盤裂離骨折は主に3カ所あるので、全て網羅するためには単純X線像正面像に加えて両斜位も必要となります。





AP - コピー



今回は少し分かりにくいですが、右坐骨結節裂離骨折です。一見すると坐骨部の骨端に見えますが、左側と比べて坐骨結節部がえぐれていることから骨折だと判断できます。


坐骨結節裂離骨折は、全力疾走や跳躍の際にハムストリングの急激な収縮による力が加わって発生します。実は、私は坐骨結節裂離骨折を初めて診ました。


上前腸骨棘(縫工筋の裂離骨折)や下前腸骨棘(大腿直筋の裂離骨折)は比較的よく見かけますが、何故か坐骨結節は治療したことがありませんでした。



上前腸骨棘や下前腸骨棘裂離骨折では、約4~6週間でジョギング開始、8~12週でスポーツ復帰となりますが、坐骨結節は骨癒合が遅れやすいため、もう少しゆっくりしたペースとなります。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です










500万アクセス達成しました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

17時20分時点で、実はまだ500万アクセスは達成していません(笑)。モニター前で監視しているわけにはいかないけれど、今日は是非この記事にしたいのでフライングしました。


当ブログは2012年4月に開始しましたが、約5年半で500万アクセスに到達しました。500万という数字はピンとこないですが、すごい数だということを感じています。


2012年の4月にブログを開設した当時は、日整会の会場で拝聴したばかりの講演の要点を、備忘録としてアップしていた記憶があります。ブログって便利なメモ帳だなと思っていました。


当初は主に自分向けの備忘録でしたが、あまりにもアホなことを書いていると恥ずかしいので、それなりに推敲して文章を書くようになりました。


また、お題に対して真剣に調べるので、広く浅い知識ではあるものの物知りドクターとして周囲に認知されるようになりました。場末のしがない勤務医にとっては名誉なことです。


このあたりは、漫画家が物知りなことと同じだと思います。日々情報発信していると膨大な知識が自分の中に蓄積されてくるのです。


また経済的には、2012年時点では「完全な自由」を手に入れていませんでした。地方・郊外立地の1棟物件を買い進んで図体は大きかったですが、純資産は大きくなかったのです。


しかし、2013年にアベノミクスが始動して市場が順回転したおかげで、懸案だった地方・郊外立地の物件を売却して、都市中心部の希少物件のみの筋肉質なポートフォリオに変貌しました。


2013年以降に物件を売却し続けたことで、不動産投資の真理に気付きました。重要なことは、所有期間中のCFではなく、「最終的な手残り利益」であるという・・・


そして、週末に資産形成記事をアップするために、資産形成の復習&勉強を毎週しています。この機会を利用して頭の中を整理しているので、かなり大きなメリットを感じています。


このように情報発信することで、どんどん自分の周囲の世界が広がっていくことを体感しています。人の目を気にしながらブログを書くのはストレスフルですが楽しい経験です。


これも当ブログを訪れてくれる先生方のおかげだと感謝しています。
ありがとうございます!





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。