整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

事業+不動産=鉄板戦略の落し穴

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、公認会計士の先生と飲みに行く機会がありました。
企業再生が専門とのことで、業務上の経験から貴重なお話を聞かせていただきました。


この方は、上は売上が数百億レベルの企業から、下は数千万円の企業までさまざまな規模の企業を見てきたそうです。


それらの企業を長期的に観察すると、破綻する企業は資産と負債のバランスが悪いところが多いそうです。


一般的に、事業は浮き沈みが激しいので、本業の調子が良いときは事業から得た大きな利益を不動産のように手堅い収益源に変換する経営者が多いです。


そして、本業に冬の時代が到来すると、不動産からあがってくる収益で細々と耐え忍びながら、次の春が来るのを待つという経営戦略です。


ただ、冬の時代を不動産で持ちこたえるという戦略自体は間違っていないのですが、この際に重要なことは、資産と負債のバランスをとって不動産投資を行うということだそうです。


どういうことかと言うと、不動産を購入すると負債金額は決定します。ところが、不動産は市況商品なので、不動産市況によってその資産価値が上下します。


不動産市場が高騰してる時期に不動産を買うと、下落した際には資産価値が下がるものの、負債は変化ありません(下がりません)。


少しぐらいの資産と負債のアンバランスさは許容されますが、あまりにも不動産の時価と負債の価格の差が広がってしまうと、銀行評価としては債務超過となってしまいます。


そうなると、銀行の格付けが下がるために本業の運転資金繰りも悪化します。そして、最悪の場合は、銀行融資を引き上げられる可能性もあります。


このようなケースでは、本業の冬の時代を不動産からの収益で食いつなぐという戦略が完全に裏目に出てしまっています。


事業+不動産投資というハイブリッド戦略は鉄板ですが、それでもやはり物件を購入する時期を選ぶ必要があると、この公認会計士の先生はおっしゃられていました。


不動産投資を専業にしている場合はもちろんですが、本業の担保として不動産投資を行う場合であっても、不動産市場の振幅は意識せざるを得ません。


事業からあがってくる収益を、現物不動産に置換するというハイブリッド戦略を実践している私にとっては、大変貴重な教訓だと感じました。





★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





経済的自由を得ても走り続ける理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週のブログに下記のようなコメントが付きました。



初めまして。いつも楽しく読ませて頂いております。
厳しいストレスにさらされているとの事ですが、自分の身を削ってまで多くのビジネスをされている理由はどこにあるのか教えていただけますでしょうか?

不動産などで、食べていけるだけの資産やキャッシュフローが築けたならば、それ以上ストレスやリスクを負わなくても悠々自適に生きていけるのではと思ってお聞きしました。

どこに最終到着地点を設定されているのか気になります。




たしかに、私も日々そのような疑問を感じていました(笑)。いい機会なので、自分の考えをまとめてみましたので、ご参考にしてください。


私が、経済的自由を得た後も、心身を削って(?)働き続ける理由は、ざっくり言って下記の4点だと思います。


  1.  ビジネスや投資が純粋に楽しい
  2.  常に泳いでいなければ死んでしまう性格だから
  3.  世の中の移り変わりが激しいので現在の資産規模では安心できない
  4.  変化するのが面倒、もしくは怖い


それでは、順番に説明していきましょう。



① ビジネスや投資が純粋に楽しい


まずビジネスですが、特にスタートアップを立ち上げることは、世の中にないサービスをゼロから自分で作ることなので、自分の作品を創り上げる感覚になります。


確かにビジネスを立ち上げることは、非常にストレスがかかってしんどい側面もあります。しかし、経済的な見返りもありますし、人との繋がりもできるので非常に愉快な体験です。


医療の世界だけでは出会うことのない方たちとの協業は素晴らしい体験です。あと、自分がどこまでやれるのかという挑戦でもあります。これらの体験は麻薬的で止められません。



② 
常に泳いでいなければ死んでしまう性格だから


これに関しては、私の性格の問題です。現時点では、確かに働くことを停止しても生活していくことは可能です。


先日の任意組合の総会で管理者がおっしゃられていましたが、この方は毎日1時間ほどしか働いておらず、それ以外の時間はずっと家でボーっとしているそうです。


実はこの方は私と同い年なのですが、あまりに暇すぎて死にそうだと嘆いていました。その日はうらやましいと感じましたが、本気でその立場を手に入れようとは思いません。


私は忙しいことはそんなに嫌ではありません。例えば医師を引退して、スタートアップを売却したとしても、不労所得だけでのらりくらり生きることには決して満足しないでしょう。


常に何かをしていなければ気が済まないという性格は本当に困ったものです。もちろん、こんな性格だから、たくさんの投資やビジネスを同時進行しているのだと思います。


ただ、他に打ち込めることが見つかれば、現在注力しているスタートアップを売却することを本気で考えるかもしれません。


例えばリーマンショックを超えるような大暴落が発生したら、ビジネスから投資の世界に戻ってくるでしょう。平時は、ビジネスを楽しみながら世の中を渡っていこうと思います。



③ 世の中の移り変わりが激しいので現在の資産規模では安心できない


単に資産があったり、お金を受け取る資格(年金のような)を持っていたりするだけでは、これだけ変化の激しい世界では、長い人生を安心して全うできるとはとても思えません。


おそらく、平均寿命を考えると私はまだ40年近く生きることになりますが、それだけ長期に渡る変化に耐えて、今の資産だけで暮らしていけるとは正直思っていません。


私は、攻撃は最大の防御だと考えています。つまり、常にキャッシュを生み出す能力を維持することが、経済的自由を維持する最大の武器だと考えているのです。


キャッシュを生み出す手段としては、自分の体を使って働くこと(例えば医師として働く)でもいいし、私のようにビジネス・不動産・株式からの収益で生きていくのもOKです。


これらのキャッシュを生み出す手段がすべて無くなったら、10億円あっても不安で眠ることができません。それだけ変化の激しい社会に対する恐怖感があるということです。



④ 変化するのが面倒、もしくは怖い


最後になりますが、実は4番目に挙げた変化に対する面倒くささ(もしくは恐怖)が、未だに働き続けるている最大の要因ではないかと感じています。


いろいろカッコイイことを述べてきましたが、リタイアを本気で実行することは結構面倒くさそうです。あと、一度リタイアすると社会復帰が難しくなる可能性が高いです。


今の生活に結構満足している身では、この快適でやりがいのある生活を劇的に変化させるインセンティブに乏しいです。ダラダラ働き続けている最大の理由はコレだと確信しました。



最後に


これらのことは、今回のコメントが付く前からときどき考えていたことです。幸い、今の私は、多くの医師が悩んでいるであろう経済的な問題とは無縁です。


それにも関わらず、最近までは当初のストイックな生活を漫然と続けていました。資産形成マニュアルで述べているような節約生活を卒業したのは約1年前です。


今では、平日も含めて気軽に食べ歩ています。旅行も積極的に行くようにしており、いろいろなイベントを企画して自分自身も楽しんでいます。


収入の10%以内の消費であれば大勢に影響を及ぼさないので、日々の食べ歩きや小旅行程度なら、事実上無制限で散財することが可能です。


必ずしも「経済的自由=リタイア」というわけではなく、「経済的自由=気兼ねなく人生を楽しむ」や「経済的自由=何人にも強制されない」というのが本筋ではないでしょうか。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




規格外の超高齢者

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、大腿骨転子部骨折の患者さんの手術がありました。
派手な折れかたの大腿骨転子部骨折で、around centuryの超高齢者です。


受傷から2時間で受診なので、まだ全身状態は悪くありません。幸いなことに肺炎の併発もなさそうです。さて、どうするか???


だいたい私は、高齢者の大腿骨転子部骨折では当日手術を心掛けています。このため、検査依頼と手術申し込みは同時進行が多いのです。


赤血球製剤の確保で戸惑ったものの、何とか15時すぎに手術出しができる体勢を整えました。これなら定時帰宅(17時)も夢ではないかも(笑)。


しかし、手術とは何が起こるか分からないモノです。100歳ちかい超高齢者にもかかわらず、骨質が非常に良かったのです!大腿骨骨幹部など髄腔径が13mmしかありません。


もちろん、大腿骨近位は骨脆弱性があるのでしょうが、すくなくとも健側ではかなり丈夫そうな骨質です。malignancyというわけでもなさそうです。


実際に執刀を開始すると、クラウンリーマーが切れないではないですか! かなりがんばってようやくクラウンリーマーが近位部に入りましたが、固くて10mm以上進みません。。。


とりあえずネイルを挿入してしまおうと挿入したものの、固くてネイルが皮質を貫けません。確かにクラウンリーマーは10mmほど髄内に進んだものの、リーマー内に骨はありませんでした。


仕方なく、オウルで皮質骨を潰すことでようやくネイルを挿入することができました。径10mmにもかかわらず jammingして苦労しました。なぜ超高齢者なのに jammingするのか・・・


とにかく超高齢者にもかかわらず、やたらと苦労してしまいました。よくみると私よりも身長が高くてガタイがいいです。どうみても超高齢者としては規格外でした。。。


なんだかんだで帰路についたのは18時前でした。あ~、今日はビールがウマいというよりは、純粋に疲れたなぁ・・・







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。