整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

古くて新しいアセトアミノフェン

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、患者さんからアセトアミノフェンについて訊かれたので少し調べてみました。ご存知のように、アセトアミノフェンは古くからある薬です。


欧米では鎮痛剤・総合感冒薬として処方されていますが、日本では最近まで一日用量の上限が1500mgだったため、鎮痛剤として処方されることはあまりありませんでした。


このように鎮痛剤としての印象が薄いアセトアミノフェンですが、未成年においてはロキソニンのようなNSAIDsを処方しにくいので、アセトアミノフェンが第一選択となります。


しかし、患者さんの大多数を占めるのは成人です。これらの患者さんには NSAIDs やオピオイド製剤がたくさんあるため、アセトアミノフェンを第一選択で使うことはありません。


しかし NSAIDs は消化管障害や腎障害をきたしやすく、オピオイド製剤は嘔気や便秘などの副作用があります。そのような患者さんにはアセトアミノフェンが第二選択となります。


一方、アセトアミノフェンの副作用には肝障害があります。肝障害は高用量で長期間投与することによって併発する可能性が高まります。


したがって、肝機能異常の無い高齢者には、腎機能保護のためにアセトアミノフェン処方をもっと考慮してもいいのではないかと思います。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








金融資産投資は物件購入に通じる?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は資産形成を行う上で、金融資産投資・不動産投資・ビジネスの三つの手法を通じて実践しています。この中でも一番最初に取り組み始めたのは金融資産投資です。


金融資産投資は始める際のハードルが低く、比較的誰でも気軽に始められることがポイントです。2001年に金融資産投資を開始した当初は、確固たる投資戦略はありませんでした。


いろいろな本を読んで投資戦略をつまみ食いしながら試行錯誤していました。しかし本を読んで仕入れた知識も実際にはあまり役に立つことはありませんでした。


理論と現実には大きなギャップがあったのです。ビギナーズラックで200万円ほど利益をあげたものの、その後は鳴かず飛ばずでくすぶっていました。


しかし、2002~2003年、2008~2009年、2012年といった大きなイベントが発生した時に超長期逆張り投資を敢行することで、それなりに満足のいく成績をあげるようになりました。


現時点では特に金融資産投資について何かを行っているわけではないのですが、いつも虎視眈々と市場にチャンスの窓が開くのを待ち構えています。


このようなどっしりとした投資戦略を遂行できている理由は、私の金融資産投資に対する考え方が少し変わっていることが挙げられると思います。


一般的に、ほとんどの金融資産投資家はキャピタルゲイン目的です。しかし私はインカムゲインが目的なのです。もちろん、配当金やスワップポイント目的の投資家群は存在します。


しかし私の考え方は彼らと少し異なります。どういうことかと言うと、私の場合はインカムゲインを不動産で言うところの賃料に見立てているからです。


つまり、金融資産を購入するというよりも、むしろ小さな不動産を購入する、もしくは ATM を購入するという感覚なのです。


おそらく、私ほど徹底的に金融資産を購入すると言う感覚を意識の中からなくしている投資家はごく少数派なのではないでしょうか。


もちろん、株式投資の場合には銘柄の分析を行いますが、これは不動産の物件スペックを調査するのと同じ感覚です。


このように、割安になったインカムゲインを生み出すマシーンを買い集めるというのが私の金融資産投資戦略の概念です。


そしてこのことは、市場暴落の極期が過ぎ去ると大きなキャピタルゲインを得ることにもつながります。インカムゲインに見合うだけの価値を市場が再評価するからです。


投資対象を不動産にみたたてて購入していると、株価が上昇したからと言って利確してキャピタルゲインを得ようという感覚が希薄になります。


せっかく割安に仕入れた「物件」を売ってしまうと、「永久に」甘い汁を吸い続けようと思っている ATMが無くなってしまうからです。


市場では「利食い千人力」といく格言があります。キャピタルゲインを目的にしている場合には真実だと思います。


しかし、私のようにインカムゲインを極限まで追求している者にとっては、この格言は当てはまらないと感じています。







★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



Uber Eats の大増殖に学ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、Uber Eats を見かけることが多くなりました。私は毎日18時頃に帰宅するのですが、職場からの帰り道で Uber Eats の配達員を見かけない日はありません。



666 - コピー




最初の頃は Uber Eats の配達員を見るのは本当に時々だったのですが、当時はスタイリッシュな ロードバイクに乗ったカッコイイ配達員がスマートに道路を疾走していました。


かっこいいなーと思って眺めていたのですが、最近はママチャリや原付に乗った人が配達していることが多くなりました。ずいぶん Uber Eats の配達員も大衆化したようです(笑)。


さて、これほどまでに大増殖している Uber Eats のビジネスモデルを調べてみました。ご存知のように UBER というのは米国発祥の配車アプリです。


日本ではタクシー業界などの既得権益者の抵抗が強く、配車アプリとしては全くといいほど参入できていません。


しかし、規制のない料理配達ではすごい勢いで業務拡大しています。スケールの仕方が非常に洗練されているので、スタートアップを展開している身としては非常に参考になります。


さて、ここからは私の私見なのですが、料理配達の領域では Uber Eats がスタンダードになる可能性が現時点では高いと思います。


どうやら UBER が日本で最初に地歩を固めるのは、配車ではなく料理配達のようです。そしてたったひとつでもプラットフォーマーとなるのは非常に重要なことです。


たった一つの領域でもプラットフォーマーとしての地位を確立すると、近い将来訪れるであろう日本での配車アプリ解禁の際に極めて有利な地位を獲得することができます。


世界的には、配車アプリとしては UBER 以外にも Lyft、Grab、滴滴出行、Ola等の強者が激しく競争しています。しかし現時点では、日本で業務できている配車アプリはゼロです。


その中で料理配達アプリとしてですが、日本で圧倒的な地位を固めつつある UBER は、少なくとも日本における配車アプリでスタンダードになる可能性が高まっていると考えます。


このように、ある特定の分野で圧倒的な一番になると、そこを足がかりにして横展開することが容易になります。


このことは自分が展開しているスタートアップの大きな戦略を考える上で非常に参考になる事例だと思いました。とにかく小さな領域でもトップを目指さなければ・・・





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。