整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

踵部痛疾患のアルゴリズムを変更

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、足部疾患を診察する際の自分の中でのアルゴリズムに、少し変更点が発生しました。その変更点とは踵部痛に対するものです。


こちらでもご紹介したように、踵部疾患をきたすものは下記の3つです。


  1. 足底腱膜炎:足底腱膜の停止部の炎症。中~高齢者に多い
  2. 踵部脂肪褥炎:踵部脂肪体の弾力低下で踵骨へ直接負荷がかかる。中~高齢者に多い
  3. Heel Fad Pad Syndrome:踵部脂肪体と踵骨の間に発生する剪断力が原因。スポーツ愛好家などの若年者に多い



スポーツ選手や学生が多い特殊な(?)環境でなければ、普通は①もしくは②となります。①②の鑑別は、圧痛部位と単純X線像での踵骨骨棘の有無です。


ややこしいので、私は、踵骨骨棘アリ=足底腱膜炎、踵骨骨棘ナシ=踵部脂肪褥炎という風に覚えています。


しかし、厳密にはこのアルゴリズムでは正しい診断を下せない可能性があります。正確さを期すならば、やはり圧痛部位の確認を欠かせません。


そして、愚直に踵部痛の診察を続けた結果、どうやら患者数的には足底腱膜炎よりも、踵部脂肪褥炎の方が多そうであることに気付きました。


治療は、足底腱膜炎はおなじみのアーチサポートですが、踵部脂肪褥炎ではヒールカップを選択します。勤務先にはヒールカップを常置していないので、ネットでの購入となります。


つまり、アルゴリズムの変更点は、踵部疾患を診察する際には、①最多の踵部脂肪褥炎を念頭に置きつつ、②踵部周囲の圧痛点を確認する という手順となります。







★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
  


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



 






14年経過した手術の成績表

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、14年前に脛骨高原骨折の手術を施行した患者さんが、私の外来を受診されました。わざわざ、以前に私が勤務していた病院に、現在の私の勤務先を問い合わせたようです。


手術記録を読み返すと、かなりキツイ脛骨両顆骨折だったようですが、dual plateでまずまずの解剖学的整復位を獲得したようです。



AP



驚いたことに、さほど変形性膝関節症は進行していませんでした。さすがに最近少し膝が痛くなりだしたようですが、関節水腫もほとんどありませんでした。


抜釘していない理由は、あまりにキツイ脛骨両顆骨折であったため、早期にTKAへコンバートすると
当時の私は予想したらしく、抜釘はTKAの際にしましょうと言ったようです。



それから14年の月日が流れましたが、膝関節はほとんど症状無く今日まで経過しました。う~ん、なかなか感慨深いです。。。


患者さんは70歳台後半に突入しているため、抜釘はせずにこのまま経過観察することにしました。うまくいけば、最後までTKAを回避できそうです。


思いがけずに14年前の自分の手術に遭遇したことと、意外と成績が良かったことに、大きな感銘を受けました。今夜のビールは美味しいな。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








リスクテイカーは酸味好き?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊ダイヤモンド 2018年 7/21 号に興味深い記事がありました。
酸味はあなたを大胆にする ここ一番に梅干しを! です。




日本人は成功より「失敗しないこと」を重んじる傾向があり、失敗を避けようとリスクに背を向け、何もしない、という本末転倒な行動に出がちだ。


「病的なリスクテイカー(リスク を冒す人)になる必要はないが、 長い人生、あえてリスクを取るべき場面は幾らでもある。すくむ足を一歩進めるには、どうしたらいいのだろう。


英サセックス大学の研究グループは、英国在住の70人(女性46人、男性24人、平均年齢25歳)と、ベトナムに住む71人(女性45人、男 性26人、平均年齢20歳)に、ベーシックな五味甘味、苦味、酸味、塩味、うま味のいずれかの液体を飲んだ後「リスクテイカー度」を測る「風船課題」に取り組 んでもらった。


風船課題とは、コンピューター画面上の風船にワンクリックで空 気を送り込むゲームで、より多く 空気を入れるほど報酬が増え、風 船が破裂したらご破算というもの。


参加者はワンクリックごとに、 やめるか否かの選択ができる。ギリギリまで風船を膨らませる人は、利益のために大きなリスクを取る傾向があると見なされる。


その結果、酸味の液体を飲んだ後のクリック回数が最も多く、平均40回に達した。これはうま味や甘味後の4割増、苦味や塩味後の 2~1.5割増に相当する。


つまり酸味を口にした後は、国や地域、行動パターンに関わらず、 有意に大胆な勝負に出ることが判明したのだ。


逆にうま味や甘味は 慎重さを、苦味や塩味はニュートラルな行動を誘発するらしい。研究者は「酸っぱいものを口に入れること自体がリスクを選択する行為であり、現実の酸味がリスクへの抵抗感を軽減するのだろう」と推測している。


また、社会 生活を脅威=リスクと見なし、家に引きこもりがちな不安障害やうつ病の人には「酸味の強い食事が効果的かもしれない」という。


梅干しや野菜のえぐみが敬遠され、甘いものやうまいものが溢れる昨今、考えさせられる話だ。さて、ここ一番の勝負に出る際は酸味が強いおやつを持参するといい。ただし、投機的な取引前にはお勧めしません。





酸味のある食べ物は、リスクテイクする気持ちを支える作用があるようです。酸味は「腐っている」可能性がある味なので、太古の昔から危険な味だったのでしょう。


私は自分のことをリスクテイカーの端くれだと思っていますが、確かに酸味のある食事は大好きです。特に、タイ料理には目がありません。


なるほど、私のリスクテイク性向は、酸味好きが要因のひとつなのか??? もちろん、それだけが原因ではなさそうですが・・・


ただし、リスクテイクは両刃の剣です。気持ちだけリスクテイカーになっても、冷静に勝率を計算したうえで勝負しないと痛い目にあってしまいます。


やみくもに酸味の強い食事ばかり食べていると、良くない結果に陥ってしまうかもしれませんね。





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。