整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

ヒアルロン酸のプラセボ効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

外来で初回の関節注射を施行する際、患者さんから「成分は何か?」とよく訊かれます。「ヒアルロン酸です」と伝えると、たいてい満足そうな顔になります。


最初の頃は、一般人にヒアルロン酸と言っても分からないだろうなと思っていましたが、ほとんどの方がヒアルロン酸という名前を知っているようです。


何故、お年寄りも含めてほとんどの人がヒアルロン酸を知っているんだろう?と思っていると、家族からそんなの当たり前じゃないかと言われました。


「ヒアルロン酸」というキーワードは、健康食品のキラーアイテムなので、関節痛などを患っている人のほとんどは、ヒアルロン酸を知っているとのことでした。


う~ん、なるほど。。。私は、サプリメントを最初から相手にしていないので、ほとんどサプリメントの広告を意識したことはありませんでした。


しかし、一般の方にとっての関節痛の治療の選択肢は、①整形外科 ②接骨院 ③サプリメント の3択のようです。


そして、③の各社が自社のサプリメントの広告で派手に「ヒアルロン酸」を宣伝しているため、高齢者も含めた一般人での認知度が異様に高いのです。


つまり、多くの方の頭の中に「ヒアルロン酸=関節痛に効く」という刷り込みができているので、注射の成分がヒアルロン酸であることを知ると、満足して帰っていきます。


もちろん、市販の経口のヒアルロン酸製剤の効果など見込めませんが、彼らが派手に宣伝してくれているおかげで、ヒアルロン酸製剤の関節注射はプラセボ効果を得ることができます。


少し複雑な気持ちですが、無料で
ヒアルロン酸製剤のプラセボ効果をプレゼントしてくれているので、サプリメント業界もあながち捨てたものではないなと思いました。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








お手製のラジオルーセントスリーブ

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、上腕骨骨幹部骨折の手術がありました。
長斜骨折だったので、髄内釘を使用しました。


髄内釘の遠位スクリューはラジオルーセント・ドリルを使用する機種がほとんどだと思います。しかし、肘関節近位の屈側にドリリングする際には、上腕動脈や正中神経が心配です。


上腕骨まで展開することは容易ですが、ラジオルーセント・ドリルを使用する段階で、これらの神経血管束を巻き込んでしまい損傷する危険性があるからです。



キャプチャ - コピー



そこで登場するのが上記のお手製のラジオルーセント・スリーブです(笑)。単に1ccや2.5ccのシリンジを直剪で切断しただけのシロモノです。先輩医師に教えていただきました。


しかし、プラスチック製であるためX線透過性です。このスリーブがあれば、ラジオルーセントドリル使用中に、神経血管束を巻き込んでしまう危険性を大幅に軽減できます。


上腕髄内釘のように、気を遣う部位でのラジオルーセントドリルの使用の際には、簡単にできるお手製ラジオルーセント・スリーブの使用をお勧めします。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








長期投資には就職人気ランキングを!

このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生の就職活動の解禁され、就職人気ランキングが話題に上ることが多くなりました。世の中の大学生は、どのような企業に就職したいのか? 以下に東洋経済から転載します。



img_485bd05995d814608c87ba80ad5ad293883985 - コピー



さすがに、日本を代表するような大企業ばかりですね。自分の一生がかかっているので、皆さん真剣に業界や企業の将来性を検討しているハズです。


その結果なので、日本の大学生の「集合知」と言えるでしょう。 私は集合知に対して、一種の畏怖の念を抱いています。しかし、この就職人気ランキングはいただけない・・・


まず、1位のJTBグループですが、確かに業界のガリバーです。しかし、旅行業界自体がビジネスモデルの転換期に差し掛かっています。趨勢は「中抜き」であり、典型的な斜陽産業です。


世界には、Priceline Group(Booking.com)やExpediaなどの巨大OTA(Online Travel Agent)が出現しています。また、シェアリングビジネスの雄・Airbnbも台頭著しいです。


2位以下の金融機関は、フィンテックでGoogle、AppleなどITジャイアントとの競争が激化する可能性が高いです。広告・出版業界も然り。IT企業に変化しなければ生き残りが難しいです。


過去の実績をみても、就職人気ランキングは企業の将来性を反映していません。それどころか、就職人気ランキングの上位企業は10年ほどで経営危機を迎えるとまで言われる有様です。


もともと企業の歯車になるのが嫌で医学部を選択したこともありますが、私が学生であるなら、正直言って絶対に就職したくない先行きの厳しい業界・企業ばかりです。


また、ANA、JALなどを希望している学生は、本当に業界の状況を把握しているのか? という疑問符が付きます。イメージだけで選んでいるとしか思えないお粗末さを感じます。


学生の就職人気ランキングの上位企業は、現時点がピークである可能性が高いです。しかし、学生の企業人としてのピークは、10~20年後にやってきます。


このように考えると、現在の人気企業を選んだ学生の将来は、決して明るいモノではなさそうです。学生の立場では、自分のキャリアのピークと業界のピークがマッチするのが理想です。


このように疑問符だらけで本当に将来のことを真剣に考えているのか?と訝ってしまう就職人気ランキングですが、実は日本株への長期投資を行う上では恰好の判断材料となります。


もちろん、逆指標としてです。つまり、就職人気ランキングの上位企業は、現在ピークにある割高企業であるため、絶対に長期投資してはいけない銘柄群である可能性が高いのです。


このように、私は日本株式投資を実践する上で、学生の就職人気ランキングを、長期投資を行ううえでの逆指標として非常に重視しています。


それにしても、学生は少々勉強不足だと感じてしまいます。まぁ、高学歴とは言え人生経験が浅い彼らに、超長期視点での判断を求めるのは酷ではありますが・・・




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。