整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

バーベル戦略を人生に応用する

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、『ブラック・スワン』のタレブによる反脆弱性[上]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方を読みました。今回はブラック・スワンと異なり、比較的読みやすい書籍でした。








ナシム・ニコラス・タレブは、ウォール街でデリバティブトレーダーとして長年働き、その後認識論の研究者となりました。


タレブは、以前から金融危機を警告しており、自らの主張に基づいて2007年からの金融危機で数百万ドルの利益を上げたことで、世間からの注目を集めました。


なかなか独創的な視点で興味深いのですが、戦術面というよりも戦略面で役に立つ書籍だと思いました。


そして、今回の書籍を拝読して、今までぼんやりと自分なりに頭の中で考えていた人生における戦略のひとつが、具体的な形で紹介されていることに驚きました。


その戦略とは「バーベル戦略」です。バーベル戦略とは、ハイリスク・ハイリターンの資産とローリスク・ローリターンの資産など対照的な資産を組み合わせる投資手法です。


タレブは、ポートフォリオの85%〜90%を安全性の高い資産に投資し、残りの10%〜15%をリスクの高い投機的資産に投資する手法を推奨しています。


債券投資の場合は、残存期間の短い債券と長い債券を組み合わせる戦略です。株式投資の場合は、大型株と小型株や、バリュー株とグロース株など両極端な対象を組み合わせます。


しかし、単にバーベル戦略を金融資産投資に限局するのはもったいないです。この戦略は、医師のような超安定的な職種に就いている人間にとって、極めて有用な考え方です。


現在の日本において、医師は参入障壁に守られた極めて安定的な立場です。このことは、学業成績が最上位層の高校生達が、東京大学ではなく医学部を目指すことからも分かります。


しかし、医師と言えども本当に盤石な立場なのかは誰にも分かりません。東京電力、東芝、日本航空、シャープ、神戸製鋼などの大企業のように、苦境に陥ることも皆無ではありません。


安定的な立場の医師になったとしても、予測できない悪い偶然(ブラックスワン)によってキャリアが滅茶苦茶になることは起こりえます。


実際にブラックスワンが起こるまで安全ですが、自分のキャリアや時間を医師だけに捧げると、医療業界全体が苦境に陥ったときに取れる選択肢が少なくなるリスクがあります。


ブラックスワンのような予測ができないことに対抗するには、予測できないことが起こったときに、良い結果をもたらしてくれるように賭けておくことが必要です。


具体的には、自分の仕事時間の80%を安定した医師の仕事に費やしつつ、残りの20%の時間で、結果がどうなるか分からない副業や資産運用を行ってみると良いということになります。


ここで重要なのは、副業や資産運用に20%の時間を使って日銭を稼ぐ戦略ではないことです。成功したときに、リターンの上限が青天井となることを志向するべきだということです。


副業や資産運用をしていると、国民皆保険制度崩壊で医師がダメになったときにも、一気に全てがゼロになる状況は避けることができます。 ブラックスワンは予測ができません。


重要なことは、ブラックスワンのような稀な事象が発生する確率を計算することではなく、その事象が起こった時に及ぶ影響を最小限に食い止めることです。


そして仮に安定な医師の収入がゼロになっても、バーベル戦略を採っていれば残り20% の「メシの種」は残りますし、それが青天井のリターンを出してくれるかもしれません。


このように、バーベル戦略は医師や公務員のような安定した立場の人が、その安定性をうまく利用することで、ブラックスワンが発生しても生き残っていける有用な戦略だと思うのです。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




焦土作戦なら年収700万円!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は結構厳しいニュースがありました。
基礎控除高所得者減額検討 2500万円超はゼロ です。


年収2500万円超の人にとって、実質的な増税額は38万円×50%=19万円です。全体から見れば年収の1%未満です。しかし、このニュースをみて非常に気分が悪くなりました。


給与額 1500 万円以上の人は、日本の納税者の1%にすぎません。人数が1%に満たないので全体の所得の5.5%しか稼いでいませんが、所得税額の27.7%を 納付しています。


つまり日本は全人口の1%に満たない人が全体の27%の税を負担しているのです。この不公平感を何とかしてほしいです。


年収1500万円以上稼ぐことは容易なことではありません。並みの努力しかしてこなかった人には、到底うかがい知ることのできない厳しい訓練や経験を積み重ねて成し遂げた収入です。


尋常ではない努力を積み重ねた結果の所得を、取りやすいところから取る的な安易な政策決定で収奪されるのは、正直言ってたまったものではありません。


うつうつとやるせなさを感じていましたが、同じように感じている人が身近に居ました。どうやら、ゆるい先生も同じように感じたようです。






金額的には大したものではありませんが、いかに高額所得者が大事にされていないかということが身に染みて分かったことがショックでした。


本来なら日本に富をもたらす「金の卵を産むニワトリ」のはずなのですが、客観的にみて国のATMもしくは奴隷に過ぎません。。。 いや~、本当に働く意欲を削がれます。


江戸時代でさえ四公六民でした。つまり税率40%です。しかし、高額所得者は50~55%+社会保険料を徴収されます。もしかして江戸時代よりもキツイんでしょうか?


今回のニュースで相当やる気をそがれた管理人ですが、ゆるい先生の「無職戦法」をみて、こりゃいいな! と思いました。いわゆる焦土作戦ですね(笑)


現在の税制では年収700万円まで実質的に非課税です(※)。これ以下の年収の方はほぼ税金を払っていません。つまり年収700万円に抑えることで、実質的非課税世帯となります。



※ 年収700万円以下では、国から得る利益(公共材や教育)>納税金額



もちろん、納税することで社会貢献するつもりはあります。ただ、それにも限度があります。自分の命を削って稼いだ収入の半分以上を持っていかれることは到底納得できません。


このような観点から、ゆるい先生が提唱する「無職戦法」も検討の余地アリだと思いました。「無職」は楽しくないですが、個人所得放棄で静かな抵抗をするのも一法かなと・・・


個人所得を放棄する代わりに、法人での収益比率を高めます。国の政策が個人から法人なので、その流れに乗ることが最もストレスが少ないのではないでしょうか。


実は、この手法は焦土作戦でも何でもありません。皆あまり声を大にして言いませんが、ビジネスオーナーの間では半ば常識的な数字です。


法人としての利益が700万円以上あることが前提ですが、法人の節税対策としての700万円の給与は、法人・個人を通算してのベストミックスなのです。


細かい計算は省きますが、例えて言えば「ベンツは4年落ちを買え!」と同じ理屈です。これ以上、”いじめ” がキツクなってきたら焦土作戦もやむを得ないですね。。。


しかし、究極的には法人さえアブナイかもしれません。そうなると国内に安全地帯が無くなるので、キャピタルフライト(海外への資産逃避)を真剣に検討することになります。






★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







感染手術のわたし的なコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加


人工関節全置換術後の感染は、主治医にとっても非常にナーバスな出来事です。一度遭遇すると、関節外科医を辞めたくなることさえあります。


そんな、患者にとっても主治医にとっても不幸な術後感染ですが、診断が確定した時点で迅速に対応することが治療の成否を分けます。


発症から1日程度しか経過していない症例では、とにかく関節内清掃を最優先にします。これぐらいの時期の患者さんの場合、うまくいけばインプラント温存も可能だからです。


このような緊急手術の場合、インプラント抜去セットを準備する余裕がないので、関節内を徹底的に掻爬洗浄することに主眼を置きます。この際、私は下記に留意して手術を施行します。


  1.  最も感染性肉芽組織の発達している部位から攻める
  2.  可能なかぎり軟部組織を温存する
  3.  電気メスは極力使用しない


①は、いわゆる「ハートランド作戦」です。敵の集中している部位を最初に叩くことで、手術のリズムに弾みを付けます。まずは最も作業効率の良い部位から片付けましょう。


②に関しては、軟部組織を丸ごと切除すると感染に対する局所組織の抵抗力を削いでしまいます。特に骨膜ごと切除すると、腐骨化する原因となるので厳に慎むべきでしょう。


③に関しては、特に発症早期の症例では感染性肉芽組織も、それほど深部にまで発達していません。私は表面の感染性肉芽組織を鋭匙で掻爬して、その後にガーゼでこすり取ります。


特にガーゼでこすり取る手法は、深部の健常な組織を傷つけることなく感染性肉芽組織のみ迅速に切除できるので有効な手法だと考えています。


指先でガーゼ越しに感染性肉芽組織をゴシゴシこすると、あっという間に広範囲の感染性肉芽組織を切除することが可能です。


電気メスを使用すると不用意に健常組織にまで切り込んでしまい、感染に対するバリヤーを破壊してしまいがちです。更に焼却痕のため、正常と感染の区別が難しくなります。


膝関節なら鋭匙+ガーゼ+洗浄を繰り返すことで、10~20分程度で関節内清掃が完了します(膝窩部を除く)。


とにかく感染の手術はストレスフルですが、嫌な手術だからこそ迅速に、そしてシステマティックに施行する技術を磨いておくべきだと思います。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。