整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

プレガバリン処方では自殺企図に注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、Medical Tribuneで興味深い記事がありました。プレガバリンで自殺行動リスクが上昇 スウェーデン・19万人超の検討 です。下記に要約します。




ガバペンチノイド(ガバペンチンまたはプレガバリン)を処方された15歳以上のスウェーデン人19万人超のデータを検討した結果を、英・University of Oxford/スウェーデン・Karolinska InstitutetのYasmina Molero氏らがBMJ(2019; 365: l2147)に発表した。また年齢別に見ると、特に15~24歳の若年者でリスクの上昇が顕著であることも分かった。


自殺、過量服用、外傷、交通事故リスクが上昇


Cox比例ハザード回帰モデルを用いた被験者内解析の結果、ガバペンチノイド服用により自殺行動/自殺による死亡リスクは26%〔年齢調整ハザード比(HR)1.26、95%CI 1.20~1.32〕、偶発的過量服用リスクは24%(同1.24、1.19~1.28)、頭部・体幹部外傷リスクは22%(同1.22、1.19~1.25)、交通事故/違反リスクは13%(同1.13、1.06~1.20)上昇した。


この結果について、Molero氏らは「若年者のガバペンチノイド服用によるリスク上昇、特に自殺行動および偶発的過量服用のリスク上昇に関する理解を深めるために、さらなる研究が必要だ。同時に、臨床ガイドラインの見直しも必要であろう」と述べている。




驚くほどリスクが上昇するわけではなさそうですが、特に若年者へのプレガバリン処方には注意する必要があるようです。


サインバルタもそうですが、もともと向精神薬として開発された経緯のある薬剤の使用には、自殺企図リスク上昇などに対して理解するのが望ましいと感じました。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



大腿骨転子部骨折後偽関節の手術

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、大腿骨転子部骨折後偽関節の手術がありました。他院で大腿骨転子部骨折に対して髄内釘で骨接合術を施行されましたが偽関節化したため紹介を受けました。


小転子下に及ぶ粉砕した大腿骨転子部骨折で、ラグスクリューがカットアウトしています。まだ比較的新鮮例なので小転子・転子部とも全く骨癒合していません...。


う~ん、往生しそうな雰囲気満載です。この手の手術は、revision THA と primary THA の中間ぐらいの難易度と認識しています。


前回手術の皮切の一部を利用して髄内釘を抜去した後、慎重に股関節を展開しました。大腿骨近位部は、骨折の影響で正常な形態をほとんど留めていませんでした。


初回手術から1ヵ月しか経過していませんが、大腿骨周囲の瘢痕組織形成が高度でした。しかもやたらと出血します。骨膜下に瘢痕組織の切除を施行しました。


多量の瘢痕組織を切除すると何とか大腿骨近位部の形状を確認できました。ステム固定性の役に立たない粉砕した骨片は全て切除しました。想定通りですが巨大な骨欠損です。


大腿骨近位部の骨欠損が大きく骨脆弱性が高度なので充分なトライアルができません。したがって、大腿骨頚部前捻角を通常よりもやや大きめにつけてラスピングしました。


あと、飛び道具としてチェンジャブルネックを利用できるセメントステムを選択しました。これならかなりの前捻角および脚長の補正が可能です。


何とか、無事手術を終了しましたが、やはりこのような症例での人工骨頭置換術は難しいと思いました。もう一度、自らの備忘録として手術の際に気付いた点をまとめておきます。


  • 新鮮例では骨癒合していないので巨大な骨欠損となるが骨片は全て切除する
  • 新鮮例では大転子以外の偽関節部を術中にすべて切除する必要あるので恐れずにリウエルでどんどん切除する(術前の画像で検討必要)
  • 陳旧例では大腿骨近位部が硬化しており、リーミングのエントリーポイントの位置決めが難しい
  • 陳旧例では大腿骨髄内のネイル周囲硬化骨の外は脆弱なので容易に大腿骨を穿孔する
  • 大転子が偽関節もしくは術中骨折しても表層の軟部組織が保たれているなら温存する。
  • 大転子は梨状窩を覆うように内側に転位していることが多いので、髄腔延長線上にある部分は恐れずにリウエルで切除する。
  • 外傷後なので軟部組織の弾性が低下している
  • ステムはチェンジャブルネックを選択する方が無難
  • Surface Replacement の選択肢を残すためTHAにコンバージョンできる体制で臨む





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が股関節外科の基礎および治療体系を学習するにあたり最もお勧めの書籍です。日本を代表する執筆陣が股関節外科に関するあらゆる事項を、非常に分かりやすく解説しています。この1冊があれば股関節外科のほぼ全ての疑問点を解消できると思います。


         




老後資金2000万円必要がなぜ炎上?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「老後資金に2000万円必要」問題が話題になっています。話題の中心にある金融庁の審議会の報告書はこちらからダウンロードできます。


3つの資料がありますが、このうち批判されているのは、(別紙1) 金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」 です。


全56ページからなるワーキンググループの報告書を拝読したのですが、経済環境や社会構造などの現状分析および高齢化社会に向けての課題が、端的にまとめられています。


文章は非常に平易であり、そこらへんにあるマネー雑誌や煽り本とは別次元の素晴らしい内容の報告書です。タダで読めるので、これを一読しない手はありません。


この報告書を拝読して、特に下記の点を再認識させられてハッとしました。

  • 今後は自らがどのようなライフプランを想定するのか、そのライフプランに伴う収支や資産はどの程度になるのか、個々人は自分自身の状況を「見える化」した上で対応を考えていく必要がある(P.24)
  • 認知・判断能力の低下は誰にでも起こりうる(P.24)
  • リタイア期前後:リタイヤ期以降の人生も長期化していることに対応し、金融資産の目減 りの抑制や計画的な資産の取崩しに向けて行動する時期である(P.26)


スタートアップに取り組むまで本気でリタイアするつもりで計画を進めていたため、私は「リタイアというキーワードに過剰反応しているのかもしれません(笑)。


冗談はさておき、ワーキング・グループのメンバーは真面目に議論を重ねて今回の報告書を上梓したものと思われます。とにかくレベルが高くて非常に参考になります。


奇をてらうところは全く無く、平均的な国民にとってはまさに今後の指針にするべき内容だと思います。おそらく何度も熟読して自分の将来について考えるべきでしょう。




今回のブログはここで終了ですが、話題になっている「老後資金に2000万円必要」は、P.21の2.基本的な視点及び考え方 に記載されている下記部分のようです。




(1)長寿化に伴い、資産寿命を延ばすことが必要

 前述のとおり、夫 65 歳以上、妻60 歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ20~30 年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で1,300 万円~2,000 万円になる。この金額はあくまで平均の不足額から導きだしたものであり、不足額は各々の収入・支出の状況やライフスタイル等によって大きく異なる。当然不足しない場合もありうるが、これまでより長く生きる以上、いずれにせよ今までより多くのお金が必要となり、長く生きることに応じて資産寿命を延ばすことが必要になってくるものと考えられる。




私は、これを読んでも何も感じませんでした。そもそも年金制度は現役時代の収入を100%保障する仕組みではなく、あくまで高齢者の生活費の下支えではなかったのでしょうか?


「老後は年金だけで生活していく」という考えは、あまりにもアリとキリギリスでいうところのキリギリス的発想だと思います。


「老後の面倒は 100%お上がみてくれるから、若いうちは何も考えずにお金を使ってもOK!」とか自分の子供が言ってたらぶん殴ってしまいそうです(笑)。


少なくとも、年金デモとかしているヒマがあるのなら、今回のワーキング・グループ報告書を熟読して、意識改革および今後の対策を考えるべきでしょう。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。