整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

鏡視下半月切除術

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の午後は、膝関節内側半月損傷の方の手術でした。
案の上、内側半月後節の損傷でした。


今回は後角損傷だったので、顆間窩からアプローチしました。
70度の斜視鏡があれば、より後節全体を見渡せるのでしょうが、
後角のみなら30度の斜視鏡で充分です。


同じくシェーバーも顆間窩からアプローチして、後角を切除できます。
ちなみに通常のシェーバーは4.5mmですが、
これでは後節まで届きにくいので2.5mmのシェーバーを準備しています。


2.5mmのシェーバーだと、比較的スムーズに後節まで届きます。
ただし、ブレードが小さいのですぐに刃先が痛みます。


通常のシェーバーであれば、何度か再利用しますが、
2.5mmの場合は1-2回利用にとどめる方が無難でしょう。

THA: neck changable type でのカップ設置

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前の手術は、人工股関節全置換術(THA)でした。
立位において、かなり骨盤後傾の強い方だったので、
カップ設置角度(特に前方開角)が要注意な症例です。


今日のインプラントはWRIGHT MEDICALのProfemur Z でした。
これはneck changable typeのインプラントです。


カップ設置の際に、術前計画よりも前方開角が少しついてしまいました。
カップの固定性は良好だったのでもったいなかったのですが、
ここは敢えてカップを設置し直しました。


いくらステムがneck changable type でも、許容できる範囲には限度があります。
安定した股関節を得るには、neck changable に頼ることなく、
狙い通りのカップ設置角度を追求するべきだと思いました。


新規開業支援セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加


医師会から定期的に送付される書類の中に、新規開業支援セミナーのお知らせがありました。
開業はあまり興味が無かったので、まだセミナーに出席したことはありません。


開業成功の医師に多く共通する事例は下記のごとくだそうです。

1. 開業する年齢は30~50歳代と幅広い
2. 40歳代が最も多い
3. 女性医師の方が、開業後に早く安定軌道に乗っているケースが多い
4. 開業準備は1年前に始める方が多い
5. 開業に必要な資金は運転資金1000万円を含めて4000万~6000万円は最低必要
6. テナント開業の場合、家賃は40万円~50万円を目安とする
7. 最初からできあがったスタッフを採用するより、院長と一緒に働くなかでスタッフ教育することを勧める
8. ホームページの作成は必須


1、2、4、8は納得です。
3 は意外ですが、講師の分析では経済的にひっ迫感が無いのが患者さんに安心感を与えているとのことです。
5 は純粋に医療器機やレセコン導入費のみのようで、不動産は別勘定です。
6 は?です。
小売や飲食店のように目抜き通りに店舗を構える必要はかならずしも無いように思います。医院経営のメリットのひとつは全国どこででも経営が成り立つ可能性があることです。むしろ周囲に強力なライバルが居ない地域を選ぶ方が重要ではないでしょうか?


大家さんの視点では、医院は特上のお客様のようです。同じスペースでも医院には家賃をふっかけるとのことです(笑)。医院ではないですが、知り合いが薬局を開業した際にアドバイザリーを務め賃料交渉しました。賃料を激安(=世間の相場並み)にしたため固定費が下がり高収益のようです。


日常的に他業種の方と接する機会が多いのですが、まだまだ医療業界は恵まれているように感じます。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。