整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

セレコキシブは消化管潰瘍の発症頻度が極めて低いことを確認

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.46, No.6で、セレコキシブは消化管潰瘍の発症頻度が極めて低いことを確認 という記事がありました。

----------------------------------------------------------------------

セレコキシブは消化管潰瘍の発症頻度が極めて低いことを確認
Sakamoto C ,et al. Alimeny Pharmacol Ther 2013; 346-354.


・ シクロオキシゲナーゼ(COX)-2選択的阻害薬のセレコキシブと、プロピオン酸系のプロドラックであるロキソプロフェンとのRCTを実施した

・ 対象は健康な成人被験者189例

・ 76例をセレコキシブ群(100mg×2回/日)、76例をロキソプロフェン群(60mg×3回/日)、37例をプラセボ群として2週間投与した

・ 主要エンドポイントは内視鏡で確認された消化管潰瘍の発症

・ 消化管潰瘍の発症率は、セレコキシブ群1.4%、ロキソプロフェン群27.6%、プラセボ群2.7%だった

・ セレコキシブ群は、ロキソプロフェン群と比べて潰瘍の発症頻度が有意に低かった


----------------------------------------------------------------------


やはり、COX-2選択的阻害薬は、消化管潰瘍の発生頻度が低いですね。私も最近ではセレコックスを第一選択薬として処方しています。


それにしても、たった2週間のロキソニン処方で27.6%も消化管潰瘍が発生するとは驚きですね。ボルタレンでは相当警戒していましたが、ロキソニンでも注意が必要であることを再認識しました。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      



TKA: 骨粗鬆症が高度な症例は難しいですね

このエントリーをはてなブックマークに追加


先週金曜日の午前は、人工膝関節全置換術(TKA)でした。
高度の骨粗鬆症+膝蓋骨低位で展開するのに非常に神経を使いました。


このような症例では術中骨折や骨切り面の損傷を併発しやすいので、細心の注意が必要となります。相当注意していましたが、残存していたPCLに引っ張られて脛骨後顆の裂離骨折を併発しました。ただ、最も警戒していたのは膝蓋腱停止部の裂離骨折だったので、無事手術を終えることができてホッとしました。


膝蓋骨低位の症例では、下記の如くの対応が必要です。

 ① medial parapatellar approachで展開する
 ② 大腿四頭筋腱をより中枢方向まで切離する
 ③ 膝蓋骨のラフカット


③に関してですが高度の骨粗鬆症症例に対してラフカットを早い段階で派手にやりすぎると、術中操作の際に膝蓋骨下極骨折を併発することがあるので注意が必要です。


骨粗鬆症の方の手術は何が起こっても不思議ではないので、無事に終了できて安堵しています。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★

        

一人の整形外科開業医で達成できる経常利益は?

このエントリーをはてなブックマークに追加


どのような形態の開業が最も利益率が高いのか? のつづきです


友人の整形外科開業医や税理士にヒアリングした限りでは、整形外科医師一人の年間医業収益の最大値は12000~13000万円程度のようです。医業収益高経常利益率40%と考えると経常利益は、5000万円程度を見込めます。これ以上の収益をあげるには、デイケアを併設したり医師を雇ったりという事業拡大を行う必要があります。尚、眼科であれば20000万円を越える年間医業収益のクリニックもあります。


一人の整形外科開業医で達成できる経常利益は、~5000万円(平均2500万円)です。この数字を高いとみるか低いとみるかが、開業するかどうかの判断の分かれ目だと思います。私は、意外と整形外科開業医の所得は低いという印象を抱きました。


2012年12月現在の時点で、専業主婦と子供2人で年収5000万円の場合、所得税額は1312万円(26.3%)、個人住民税額527万円(10.5%)で合計1839万円(36.8%)となります。更に社会保険料が差し引かれるので、可処分所得は2800万円程度になります。融資を受けている場合には、更に2800万円から元金部分が差し引かれます。


もちろん法人化すると所得の分散を図れますので、もう少し手残り金額は増えます。しかし、最大の可処分所得が3500万円程度では、背負っているリスクや労働時間を考慮するとそれほど割りに合う金額ではないように感じます。開業医は経営者なので、比較対象は一般事業法人の経営者です。背負っているリスクは同程度なのに、一般事業法人の経営者の報酬と比べるとやや所得の天井が低いのではないでしょうか。


なんとなく、新規のクリニック開業に対して否定的になってしまいました。夢が壊されてしまった気分です(笑)。もう一度下記にクリニック開業のメリット・デメリットをまとめます。


クリニック開業のメリットは下記の如くです。
① 参入障壁が非常に高い
② 継続通院を見込める患者さんが多い ⇒ ストック型ビジネス
③ 保険診療なので一般事業法人と比較して未収金リスクが少ない
④ 子供に医学部に進学できる学力がある場合には、クリニックの『看板』という無税の資産を贈ることができる


一方、注意するべき点は下記の如くです。
① 基本的にはSクワドラントである ⇒ 自分の時間を切り売りするビジネスモデル
② 開業医自身が、全ての収益の源泉である ⇒ 人一倍健康に留意する必要がある




ここまで検討してくる過程で友人や先輩医師にヒアリングしていて気付いたのですが、やりかたによっては勤務医でも開業医と同等以上の可処分所得を得ることができる手法があります。これについては、次週日曜日にお話しようと思います。


※ ここまでのクリニック開業についての記事をホームページにまとめました




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★

         


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。