整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

THA: ポリエチレンライナー設置に困ったら・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の午前は人工股関節全置換術(THA)でした。スリムな方だったので手術自体は容易でしたが、ポリエチレンライナーの設置時に少々手こずりました。


この方は、寛骨臼後壁の坐骨部を中心に骨棘が発達していました。この部位の骨棘自体はよく見かけるのですが、この骨棘が邪魔をしてポリエチレンがカップ内にどうしても収まらなかったのです。


1mmアンダーまでしかリーミングしないので、カップ辺縁上に骨棘が覆い被さって物理的にポリエチレンライナーを設置できないことがあります。


例えばZIMMERのContinuumなどではポリエチレンライナーとカップ辺縁がツライチなので、骨棘が邪魔をしてポリエチレンライナーを設置できなくなることは無さそうですが、通常の機種では注意が必要です。


どうしてもポリエチレンライナーを設置できない時には、カップ辺縁の状態をよく観察する必要があります。骨棘がカップ辺縁を覆っていることが原因であればノミで切除すれば一件落着です。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術



書評: 関節リウマチ治療実践バイブル

このエントリーをはてなブックマークに追加

関節リウマチは、整形外科の中でも進歩が特に著しい分野のひとつです。まさに日進月歩なので、評価の確立した成書も無い状況です。日本リウマチ学会専門医でも月単位での情報をアップデートしている医師はそれほど多くないのではないでしょうか。


このような状況なので、初学者が関節リウマチをマスターしてアップデートしていくのは少しハードルが高くなってきています。現在のMTXと生物学的製剤を基本にした関節リウマチの治療体系を俯瞰するために 『 関節リウマチ治療実践バイブル 』
は最もお勧めの書籍です。





                      


                 
関節リウマチ治療実践バイブル



著者は、慶応義塾大学の竹内先生です。
4月に京都で開催された日本リウマチ学会の書店ブースで先行発売されているのを見かけました。何気なく手に取った本書を通読して、その完成度の高さに驚きました。本書が発刊されるまでは、リウマチ病学テキストが関節リウマチの初学者用テキストとしてはベストだと思っていましたが、本書の方が読みやすくよくまとまっていると感じました。


全く知識が無い方は、本書をまず2~3回通読してみることをお勧めします。もちろん、ほとんど頭に残らないでしょうが、その後は臨床の場で不明な点がでてきたら本書を用いてその都度習得していけばと良いと思います。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

       
       
総論   (診察・診断、治療全般、骨折・外傷、周術期管理)
 

       
各論   (手の外科、肩関節、脊椎、股関節、膝関節、足の外科、腫瘍)

       その他 (関節リウマチ、痛風・高尿酸血症、骨粗鬆症、専門医試験)



THA: 外傷性大腿骨頭壊死症(大腿骨頚部骨折後)のピットフォール

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前は、人工股関節全置換術(THA)でした。
80歳台の外傷性大腿骨頭壊死症(大腿骨頚部骨折後)でした。


M3の掲示板で同様のケースに対してTHAを施行するか人工骨頭挿入術を施行するかで議論があり、人工骨頭挿入術を推す意見が優勢だったことに驚いた記憶があります。


股関節外科医の感覚ではTHAですが、普段やり慣れていない術者からすると人工骨頭挿入術を選択する方が無難なのかと妙に得心したものです。


そうは言っても人工骨頭挿入術はthigh painの原因になるため、股関節周囲の感覚の鋭敏さが残っている若年層(70歳ぐらいまで)はTHAの方が不定愁訴が無く成績が良いと思います。


さて、解剖学的に正常に近い寛骨臼ではいくつかピットフォールがありますが、特に大腿骨頭壊死症で寛骨臼の変形が軽度の場合には、荷重部のリーミングが不十分になることが多いです。


前後壁で固定されているので問題無いといえば無いのですが、単純X線像的には少し気持ち悪さが残ります。大腿骨頭壊死症では患側の脚長が長くなりがちなので、寛骨臼上方のリーミングを心掛けたいものです。


また、高齢者の場合はリーミングの際に軟骨下骨を貫通すると脆弱な粗鬆骨が全周性に露出してしまい、カップの固定性が不良になることがあります。したがって軟骨下骨はある程度温存するようにリーミングの深さを調節する方が無難だと思います。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。