整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

手術説明を受けてきました

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、身内の手術説明を受けに近くの病院に行ってきました。
ここは地域の中核病院で、家から徒歩3分程度のところにありますが、ほとんど入ったことがありませんでした。


ほとんど初めて行った病院だったのですが、何の違和感も無かったのが我ながら恐かったです(笑)。医療機関って日本中どこでも同じような感じですね。


しかし手術説明をすることはあっても受けるのは初めての経験だったので、これはなかなか新鮮な感覚でした。今まで2000~3000回ぐらいは手術説明しているはずなので、患者さんや家族のさまざまな反応をみてきました。しかし患者さんの立場でドクターを見るのは貴重な経験です。


科は違うのですが、手術説明の内容は概ね同じです。麻酔方法、感染、深部静脈血栓塞栓症等々・・・。したがって内容は100%理解できるので、もっぱら身内や説明してくれているドクターを観察していました。


まだ若いドクターでしたが一生懸命説明してくれる姿に好感を持てました。経験的にはまだまだなのでしょうが、真摯な姿はなかなか良いものです。このようなところは見習うべきかなと思いました。

下肢急性動脈閉塞症

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午後は、出張先の病院で救急当番でした。91歳男性が正午ごろにしゃがんだ瞬間から、突然右下肢全体のしびれ・疼痛・冷感を訴えて救急搬送されました。


救急隊は症状から大腿骨頚部骨折を疑っていたようで、整形外科対応ということで搬送になりました。しかし、この手の血管系のイベントが発生しているときには、骨折とは違う独特の重篤感があります。


今回の方は、疼痛・膝窩動脈は触知可能・足背動脈は触知不能・TA以下の運動障害・下腿より末梢の知覚低下・下腿より末梢のチアノーゼ(いわゆる5P)だったので、下腿レベルでの動脈閉塞が予想されました。ちなみに足部静脈の虚脱は認めませんでしたが、これは迂回路からの血流があるためと考えています。


まず、採血して血中CPK、WBCの上昇の確認や、下肢動脈のCTAを施行する必要がありますが、IVRを施行可能な血管外科医・循環器内科医・放射線科医が不在の病院のため転送することになりました。


もちろん、高齢であることや膝窩動脈よりも末梢レベルの病変なので、今回のイベントに対するIVRは施行されない可能性が高いと思います。しかし、塞栓症の原因治療は専門医に任せるべきとの判断で転送しました。


下肢急性動脈閉塞症は、下肢の疼痛が主訴のため整形外科医が初療にあたることがあります。救急の現場では、血管系のイベントの可能性を常に念頭においておく必要があることを再認識しました。



なぜ、漢方薬は食前・食間服用なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は外来でした。整形外科でもときどき漢方薬を処方しますが、患者さんから何故食前や食間に服用するのか?と訊かれることがありました。


調べてみると、まず添付文書に記載されている臨床試験には食前や食間しか記載がありません。つまり、厚生労働省や製薬会社は、食前や食間の服用しか想定していないのです。


その理由なのですが、漢方の薬物動態から次のように説明されます。漢方薬の薬効成分には配糖体がたくさんついています。配糖体は、消化管内の唾液、消化酵素、胃酸から、薬効成分を守っています。


しかし、配糖体が薬効成分にくっついている限り、体内に吸収されません。そして、この配糖体は腸内細菌によって分解されます。消化管内に漢方薬以外の食物があると、腸内細菌の分解能力が配糖体に集中されません。


つまり、食前・食間などの消化管内に食物の無い時間帯が、配糖体の分解に都合のよい時間帯なのです。このような理由から腸管からの漢方薬の薬効成分の吸収をよくするためには、食前・食間での服用が推奨されるのです。


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。