整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

THA: 前側方アプローチでの大腿骨頭の脱臼方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前の手術は、人工股関節全置換術(THA)でした。
私は前側方からアプローチしますが、後外側アプローチと比較して大腿骨頭の脱臼が難しいと感じています。


以前、
ブログの記事で記載したように、良好な展開を得るために下記のような工夫をしています。


・ 最初は大転子先端を中心に6cm程度の皮切を加え、大腿骨を展開した時点で必要な皮切を追加する
⇒ これによって皮下脂肪の多い患者さんでも至適な皮切となる


・ 梨状窩、寛骨臼縁までしっかり関節包を切開する
⇒ 特に1~23時方向は関節包の内側まで切除してクリアランスを良くすることで脱臼しやすくなります


これに加えて最近は大腿骨の頚体角を考えて、股関節屈曲45度・内転10度・外旋80度で脱臼するようにしています。
大腿骨頚体角は130度程度なので、右股関節の場合には屈曲90度では22時方向に右大腿骨頭がきます。


※ THAの手術記録のテンプレートが必要な方は、私の運営するサイトから自由にダウンロードしていただけます。ただし、手術記録のテンプレートはあくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行っていただけますよう重ねてお願いいたします。



この方向では中殿筋が大腿骨頭の上に覆い被さっているため脱臼が困難となります。関節屈曲45度ぐらいにすると大腿骨頭が0時方向にくるので、屈曲90度と比べると中殿筋の影響がまだ少なくなるからです。

大腿骨内顆骨壊死に対するTKA

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午後は、人工膝関節全置換術(TKA)でした。
今日の方は、大腿骨内顆骨壊死が原疾患です。


MRIでの壊死範囲が大きかったので、大腿骨の+2mm切り上げを術前から検討していました。
しかし、実際に骨切りしてみると、肉眼的な壊死範囲は骨切り面に対してさほど大きくありませんでした。


結局、大腿骨の切り上げはせずに、通常どおり9mmの骨切りに留めています。
おそらくMRIでは壊死部が、おおげさに描出されているのでしょう。


股関節の大腿骨頭壊死と比べると、膝関節は壊死領域と正常領域の境界が分かりにくいですが、やはり最終的には肉眼で壊死領域の判断をして骨切り量を決めるべきかなと思いました。


静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その4

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その3 のつづきです。 



PTE発生時の症状の症状は下記のごとくです。


呼吸困難,胸痛が主要症状であり,頻呼吸,頻脈も高頻度に認められます。

 

 

呼吸困難は最も高頻度に認められ、他に説明ができない突然の呼吸困難で危険因子がある場合には、急性肺血栓塞栓症を鑑別診断に挙げなくてはなりません。

 

 

失神も重要な症候で中枢肺動脈閉塞による重症例に出現します。急性血栓肺塞栓症は、失神の鑑別疾患として忘れてはなりません。



咳嗽・血痰も少なからず認められ、動悸・喘鳴・冷汗・不安感が認められることもあります。

 

 

特徴的発症状況としては安静解除直後の最初の歩行時、排便・排尿時、体位変換時があります。

 

 

ショックで発症することもあり、この場合には低血圧を認めることもあります。

肺高血圧症に基づく所見としては、右心不全を来たすと頸静脈の怒張を認めます。


私は過去に3回のPTEの経験がありますが、うち1名の方は安静解除直後の最初の歩行時でした。運悪く胸郭形成術後で片肺しかない方だったので、心肺蘇生に全く反応しませんでした。


静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism: VTE) その5 につづきます。






日本整形外科学会静脈血栓塞栓症予防ガイドライン


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。