整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

節税対策に木造のボロ家を買いませんか?(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加


資産形成のツボ: 損益通算ってどうするの?
  のつづきです


節税の手法は多くありますが、個々の置かれている状況が異なるため、万人に共通する節税方法はありません。ここでは最も縛りがきつくて自由度が少ない給与所得者について考えてみたいと思います。

 

 

端的に言うと、個人所得税率を引き下げるためには、課税所得金額を減らす必要があります。その手法として損益通算を用いる方法が最も威力を発揮します。

 

 

控除の項目を増やすことももちろん有効ですが、これらはある程度上限が決まっているのであまり大幅な節税効果を見込めません。

 

 

損益通算を用いた節税方法のケーススタディとして、築古の木造住宅を用いた節税方法について詳述したいと思います。

 

 
築古の木造住宅が節税効果に大きな威力を発揮するのは、主に下記の3つの理由によります。

 

① 不動産所得は給与所得と損益通算できる

② 4年で減価償却できる

③ 不動産関係の経費を費用計上できる

 

なぜ、築古の木造住宅が新築マンションよりも有利なのか? につづく




★★『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための
基本講座を公開中です!★★


      




手根管症候群に対する密封療法(ODT療法)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は出張先の病院での外来でした。
手根管症候群の方に対してリリカを処方したのですが、300mgでも効果がありません。


出張先では神経伝導速度を測定できないので正中神経の終末潜時(DL)が不明なのですが、保存治療を希望されているのでできるだけのことをしようと思っています。


リリカの次の手として、密封療法(ODT療法)
を選択しました。ODTとは occlusive dressing techniqueの略語、私の中ではリリカの登場までは第一選択に近かった治療法です。


手関節掌側の皮膚にモビラート(今ではボルタレンゲル等)を塗布して、表面をラップで覆う治療です。就寝前にODT療法を毎日行うと2-3週間で手根管内の炎症が軽快して疼痛が緩和されることが多いです。


手根管内へのステロイド注射や外固定はなかなか選択しにくいです。しかし、ODT療法は効果を期待できる割には、侵襲が少なく気軽に施行可能だと思います。


ODT療法を1ヵ月続けても効果が無ければ無効と判断します。注意点として、たまにかぶれる方が居るので、その場合は中止する必要があります。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

       
       総論   (診察・診断、治療全般、骨折・外傷、周術期管理)
 

       各論   (手の外科、肩関節、脊椎、股関節、膝関節、足の外科、腫瘍)

       その他 (関節リウマチ、痛風・高尿酸血症、骨粗鬆症、専門医試験)











社会的入院ってどう対応していますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は外来でした。
80歳代の女性が手関節の腫脹を主訴に入院希望で来院されました。


アルツハイマー型認知症を併発しており、次週から一緒に暮らしている息子さんが1週間ほど出張で居なくなるための入院希望でした。


手関節自体は偽痛風性関節炎なので、保存的に経過観察のみで事足りそうです。しかし、認知症のある高齢者が1週間も独りでは暮らせそうにありません。


社会的な理由なので、原則的には介護保険を使ってショートステイで対応するべき事例だと思います。しかし、実際にはショートステイも空きが無いため、次週からいきなり入所できる施設はほとんど無いのが現状です。


高齢者は社会的に孤立してる方が多いため、一般病院で勤務しているとこのような事例に遭遇することが多いです。私達整形外科医は手術して売り上げを立ててナンボの世界なので、時間的にもこのような方に対応することは難しいです・・・。


しかし、このようなことは10年後には自分の身にも降りかかってくる問題かもしれないので、一度制度の概略や実際的な対応方法は勉強しておく必要があると思いました。







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。