整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

脛腓骨骨折の髄内釘

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午後は、脛腓骨骨折の骨折観血的手術(髄内釘)でした。
髄内釘の手術は工夫する余地が少ないので、最近は機械的に黙々とこなしています(笑)。


本日使用したネイルは日本MDMのVERSANAIL tibialでした。
デバイスが洗練されているため私はこのネイルを愛用しています。


最近のネイルは近位ベンデイングが少ないので、従来に比べると刺入点がより近位です。
VERSANAIL tibialの場合、刺入部はほぼ関節裂隙直下です。
これが脛骨結節寄りになってしまうと脛骨後方皮質に当たって挿入困難となります。

TKAの大腿骨側髄外ガイド

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前は関節リウマチのTKAでした。
大腿骨側も髄外ガイドを使用しています。


大腿骨側の髄外ガイドは3方向で軸を合わせる必要があるので難易度が高いです。
術野から少し離れたところから全体のアライメントを確認するのがコツでしょうか。


あと、麻酔がかかった時点でイメージを用いて、大腿骨頭中心および下腿遠位の軸をマーキングするとアライメント確認の際に役立ちます。

創外固定後の内固定手術

このエントリーをはてなブックマークに追加

明日は脛腓骨開放骨折(Gustilo type 2)で創外固定を他院にて施行された症例の手術がはいっています。開放骨折後に創外固定を施行された症例で、抜釘と同時に二期的手術を施行するか、抜釘後にシャンツピンの穴がふさがるまで待機するかの判断をいつも迷います。


ピンサイトからの浸出液が無ければ抜釘と同時に内固定をしていますが、いつも感染しないかビクビクしています。どちらを選択した方が良いかというエビデンスはあるんでしょうか?

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。