整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

特発性大腿骨頭壊死症に対するTHA

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は人工股関節全置換術(THA)でした。
若年者の特発性大腿骨頭壊死症(ION)だったので、股関節の変形はそれほどではありませんでした。


ION等の寛骨臼の形態が温存されている症例では、術後X線像でカップ上部で寛骨臼との間隙が生じやすいです。これは正常な寛骨臼においては横断面での前後径よりも、正面像での上下径の方が大きいためです。


術中所見でもカップ上方に少し間隙があります。
bone stockの温存を考えると、骨移植をしておいた方がよいかもしれません。

DIP関節固定術

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午後は、示指変形性DIP関節症に対するDIP関節固定術でした。
DIP関節が橈側に変形しており、お箸を使いにくいことが手術希望された理由でした。


中節骨・末節骨とも小さな骨なので、骨の接触面積を広げて安定化して固定するのがポイントです。この操作はdiamond burr等で骨を掘削・形成すると上手く仕上がります。ただし圧倒的に骨が小さいため、椎弓を掘削する感覚で削っていると掘削しすぎてしまいます。


作成した骨溝にDIP関節を展開する際に切除した骨棘を、細かく砕いて両骨間に骨移植します。
基本的には指骨は骨癒合しやすいですが、母床の骨質が悪い場合には舟状骨偽関節手術のルッセ法のようにcorticocancellous boneを骨移植してもよいかもしれません。


固定方法ですが、AcutrakやHervert screwなどより、むしろC-wire等でcross pinningする方が確実性があるように思います。どうしてもスクリューを使用したいのなら、背側からではなく中節骨橈側から末節骨尺側に挿入する方が固定性が上ります。ただし、どこから挿入する場合も、スクリュー挿入部の皮質骨が骨折しやすいので注意が必要です。

レミケードのインフュージョンリアクション(infusion reaction) その2

このエントリーをはてなブックマークに追加

レミケードのインフュージョンリアクション(infusion reaction) その1 のつづきです。


事前にインフュージョンリアクション発生を正確に予測することは不可能です。しかし、関節リウマチに対するTNF阻害療法施行ガイドライン(2010年改訂版)では、本邦における市販後調査において、治験でインフリキシマブを使用し2年間以上の中断の後に再投与を行なった症例で重篤なInfusion reactionの頻度が有意に高かった(17.3%)ため、長期間の中断や休薬の後の再投与は可能な限り回避するか、厳重な準備とともに行なうべきである、とあります。


また、レミケードの全例使用成績調査では、インフュージョンリアクション発生症例での前回投与時に、血圧低下や傾眠傾向等の軽度~中等度の投与時反応があったことが報告されています。



重篤な投与時反応(≒インフュージョンリアクション)の発症時期は、下記のごとくです。

1回目 0.03%
2回目 0.12%
3回目 0.18%
4回目 0.11%
5回目 0.12%
6回目 0.0%

特筆するべきは通常のアナフィラキシー反応と違い、初回投与時にも発生しうることです。


レミケードのインフュージョンリアクション(infusion reaction) その3 につづく

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。