整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

株主優待って儲かりますか(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月末決算企業の9月中間決算の株主報告書の発送がこの週末にピークを迎えています。
株主優待制度のある企業では、報告書と一緒に株主優待券も同封されてきます。


今では株主優待券目当てで株式を購入することはありませんが、昔は優待目当てで株式を購入したこともありました。長期保有が原則なので、今でも大量の株主優待券が送付されてきます。


私の場合、1年間に送付されてくる主な株主優待券は下記のごとくです。これ以外にもモスフードサービスや東宝株もありましたが、不動産購入の際に買値の2倍程度で売却済みです。


2702 日本マクドナルドHD (1711円→2818円)  半期に10冊 ⇒ 1年で20冊
2712 スターバックス     (126円→1138円)   1年で3冊
3421 稲葉製作所      (1555円→1280円)  1年で1000円の図書カード
4928 ノエビアHD       (1035円→1872円)  半期で2100円分の自社商品
7550 ゼンショーHD     (564円→1111円)   1年で8冊
7581 サイゼリア       (913円→1198円)   1年で2000円分の自社商品
9783 ベネッセHD       (4202円→3940円)  半期で2100円分の自社商品
9861 吉野家HD       (1540円→1184円)  半期に8冊 ⇒ 1年で16冊
9887 松屋フーズ       (1673円→1647円)  1年で6冊


上記に平均購入株価と2013.11.29終値を記載しています。赤字が買値を下回る銘柄です。尚、マクドナルドHD、吉野家HD、松屋フーズは食べきれないので、金券ショップで売却しています。


一般的に株主優待券目的の投資は損をするケースが多く、原因は株主優待プレミアで株価が割高なためといわれています。私の投資歴でも他の銘柄群と比べてやや成績が悪いようです。


私は人気のある株主優待を実施している銘柄群は外食産業に多いことが原因だと考えています。外食産業は参入障壁が低く、長期に渡って利益を上げ続けることが非常に難しいのです。


このことを加味すると、株主優待券目的とはいえ購入時期を厳選することが重要だと思います。私の場合、上記銘柄のほとんどを2002~04年に購入しており、トータルでは1.5倍程度です。


実は、私が今でも狙っている株主優待銘柄として高島屋と東宝があります。両社とも膨大な不動産含み益を有する資産株です。3年近く見ていますが、未だに買えるチャンスがありません。不謹慎ですが、また株価が大幅に下がってくれれればいいなと思っています(笑)。



                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




日本股関節学会で広島に来ました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日から第40回日本股関節学会学術集会出席のため広島に来ています。今回の宿泊ホテルも、5月の日本整形外科学会に引き続きリーガロイヤルホテルのクラブフロアです。



                DSCN7403



今回は、子供2名のみ連れてお昼から広島入りしました。妻と一番上の子供はお留守番です。2名の子供をホテルに残して学会に参加しました。2人とも部屋でお利口に留守番していました。


リーガロイヤルホテル広島のクラブフロアはクラブラウンジが無いのが残念でした。しかし、プールは無料で使用できるので、学会終了後に子供2名とプールで遊びました。


今日の学会は午前中で切り上げるつもりです。ホテル近くの広島焼きの店で昼食をとった後は、宮島の厳島神社参拝に行ってきます。子供2人と来る学会もなかなか楽しいものですね。



   ★★ 『 整形外科の歩き方 』でクラブフロアの
基本講座を公開中です! ★★


     




困った認知症患者さんへの対応法

このエントリーをはてなブックマークに追加

整形外科の病院勤務医をしていると、認知症の患者さんと向き合いざるを得ません。先日も非常に高度の認知症の方が大腿骨頚部骨折を受傷されて入院しました。


さすがに手術前はおとなしかったのですが、術後は本性を発揮して昼夜を問わず暴言・暴力を振るうようになりました。病棟スタッフが何人も怪我を負ったので主治医としても対応せざるを得ません。


このような高度の認知症の方の薬物治療は精神科医や心療内科医の仕事です。しかし一般的には、常勤の精神科医や心療内科医が居ない病院の方が多いと思います。


このため整形外科医といえども、ある程度の緊急対応を知っておく必要があります。対応方法について精神科医師にお伺いしたところ、下記のごとくの処方例を教えていただきました。


認知症の対応


・ 基本はリスパダール投与
  1回1mg×2回/日から開始する。4mgぐらいまでは普通に投与可です

・ つぎがセレネース
  0.75~2.25mgを眠前投与から始めます

・ その次がヒルナミン投与
  25mgぐらいまでの眠前投与なら大丈夫でしょう



軽いせん妄も上記に準じますが、鎮静を避けたい場合は下記のごとくです。


せん妄の対応


・ レスリン(100mgまで可)などで夜間の睡眠を確保します

・ 高齢者のせん妄患者さんに、マイナートランキライザー(抗不安薬)は厳禁です

・ やはり少量のリスパダールは間違いが少なく、0.5-1mgの眠前投与が適当です

・ 抗コリン作用のある薬はせん妄の原因となりますので注意が必要です



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
 一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。


                      

 症状と患者背景にあわせた頻用薬の使い分け―経験とエビデンスに基づく適切な処方





姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。


                       


       類似薬の使い分け―症状に合った薬の選び方とその根拠がわかる



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。