整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

TKA: ボーンモデルによるテーラーメードの骨切りガイドシステム その2

このエントリーをはてなブックマークに追加

TKA: ボーンモデルによるテーラーメードの骨切りガイドシステム その1 のつづきです


手術の感想は、おおむね問題なく使用できるなという印象でした。まず、大腿骨側は全く問題なくスムーズに骨切りできました。これは大腿骨は、ポジショニングガイドが4点支持なので安定するからだそうです。


脛骨側は、大腿骨側と比べて接触面積が小さいためやや不安定です。しかし、ポジショニングガイドの表面の調度いい場所に”ココを指で押さえろ”というマークがされているので、意外といい感じで骨切りできました。


通常の症例でいちいちSignatureを使用するのは時間と医療費の無駄遣いですが、難症例では使用価値がありそうです。尚、アメリカでは手術時間短縮のために使用されているようで、Signatureを用いてTKAを1日5例施行する施設もあるようです。


Signatureの使用料はバイオメットの定価が65000円で、これがディーラーを経由して病院にはディスカウント価格で納品されるそうです。本国(アメリカ)では13万円程度で販売されていますので、バイオメットジャパンのやる気が伺えます。


ちなみに、DICOMデータの解析およびプランニングは、ベルギーのマテラライズ社に外注しているので、バイオメット社としては完全に赤字だそうです。


病院サイドからみると、「画像等手術支援加算」の「ナビゲーションによるもの」の2000点を請求します。実質的には15000円程度の負担(ボーンソー1枚分程度)となります。

TKA: ボーンモデルによるテーラーメードの骨切りガイドシステム その1

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前は、人工膝関節全置換術(TKA)でした。
本日の機種は、バイオメット社のVanguard Complete Knee Systemです。


バイオメット社は、Signature というCTベースのボーンモデルによる、テーラーメードの骨切りガイドのシステムを提供しています。本日は、関西初となるSignature ボーンモデルの使用でした。


Signature は、CTベースとMRIベースの2種類ありますが、今回はCTベースでボーンモデルを作成しました。データの採り方は、下記のごとくです。


 ・ スライス厚は、1~1.25mm
 ・ FOVは、股関節・膝関節・足関節をそれぞれ同一肢位で撮像
 ・ 骨条件ではなく、腹部用の条件(標準条件)で撮像


上記のデータをDICOMで取り出し、バイオメット社に渡します。バイオメット社は本国(アメリカ)にデータを送り、そこで3Dのボーンモデルを作成するという流れです。


ちなみに他社でも同様のボーンモデルによるガイドのシステムを提供していますが、最終段階で主治医による骨切り角度や機種サイズの変更が可能なのは、現時点ではバイオメット社のみだそうです。


TKA: ボーンモデルによるテーラーメードの骨切りガイドシステム その2 につづく

上腕骨近位端骨折に対する髄内釘

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の午後は、上腕骨近位端骨折に対する骨折観血的手術でした。
ショートの髄内釘を使用しました。


上腕骨近位端骨折では近位骨片が腱板に引っ張られて回転転位しやすいです。そのままエントリーすると上腕骨近位骨片のかなり外側からエントリーすることになり、固定不良やmalalignmentをきたします。


これを避けるためには上腕骨近位骨片の回転転位を整復する必要があります。昔はSteinmann pinを刺入して梃子の原理で整復していました。しかし手技が煩雑になるので少々コツが必要な手術でした。


最近ではガイドピンを上腕骨近位骨片に刺入する際に、可能なかぎり内側に刺入するようにしています。ガイドピンを近位骨片に刺入した段階で、肩峰外側端を支点にしてこじることで近位骨片の回転転位が整復されます。


この状態で骨幹部にまでガイドピンを進めると、後は定型的に手術を施行するだけです。ガイドピンの太さが足りないとガイドピンがしなってしまい整復できないこともありますが、径2.5mm前後あれば問題無くに整復できます。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。