整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

眉の刺青はMRI撮像可能なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、診察中にMRI撮影室から電話がありました。「本日はお休みの他の整形外科ドクターが依頼した腰部脊柱管狭窄症の方の眉に刺青があるのでどうしたらいいでしょうか?」という問合せでした。


眉毛の刺青(アイラインのアートメイク)をしている方は結構多いと思います。しかし当院はMRIを導入して間もないので、放射線科の技師さんもこのようなイレギュラーな対応には不慣れなのです。


① 当院のMRIは1.5テスラであったこと
② 青色系統の刺青だったこと
③ 撮像部位が離れていたこと


上記条件だったので、臨床上は刺青による皮膚熱傷の可能性は低いと判断しました。そして、ご本人の同意の上でMRIを施行することにしました。


一般的には刺青のなかでも特に朱色系は、熱傷や変色の危険性があり勧められません。ただ、私自身は背中全面に刺青のはいった頚髄損傷の方にやむを得ずMRIを施行したことがありますが、幸い熱傷は併発しませんでした。これは1.5テスラだったからかもしれず、2~3テスラではどうなるかは分かりません。


脊髄損傷等の生命に関わる場合には刺青があってもMRIを施行しますが、その他の場合には施行するべきかどうかを悩んでしまいます。基本的にはMRIを施行するメリット・デメリットを勘案した上で、施行する場合には御本人の同意を得るというのが現実的だと思います。


MRI施行時の、刺青に対する考え方は医療機関によってまちまちなので、できれば日本医学放射線学会が指針をだして欲しいところです。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




日本国債の暴落リスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は週刊 ダイヤモンドを定期購読しています。土曜日に次週号が一足早く自宅に郵送されてくるのですが、今回の特集は日本国債の暴落リスクについてでした。



                     
 

                
週刊 ダイヤモンド 2013年 10/19号



日本国債については以前から非常に関心のある領域なので、一気に読破しました。既出書籍のレビュー的な内容だったのでほとんど知っていることばかりでしたが、下記の新たな暴落トリガー(⑤~⑧)については初めて知りました。


日本国債暴落のトリガーとして従来の定説は下記の4つです。

    ① 格付け機関による格下げ
    ② 入札の未達
    ③ ヘッジファンドの日本売り
    ④ 自然災害(首都直下型地震、富士山噴火等)


最近、これらに加えて新たなトリガーが国債市場のディーラーの間で恐れられているそうです。

    ⑤ 金利の急低下
    ⑥ 異次元緩和の出口戦略
    ⑦ ゆうちょ銀行の上場
    ⑧ リスク基準の見直し


詳しい内容は
週刊 ダイヤモンド 2013年 10/19号 を御参照願いますが、正統派専門家の視点からもドラスティックな日本国債暴落が発生する危険性が高まっていることが理解できると思います。


一般的には日本国債暴落は極めて危険な状況ですが、管理人は資産を増やす絶好のチャンスと捉えています。ただし、これには下記に挙げる2つの前提条件をクリアしている必要があります。


    ① 相当量の日本円の現金+外貨資産を貯蓄している
    ② 危機的状況下においても継続的な収入の流れを確保できる


①は大幅に下落した優良資産を購入する軍資金となります。
②は勤務医・開業医を問わず自分の”雇用”(キャッシュフロー)を確保できていることです。


管理人は2001年、2002年~2003年、2008年~2009年の3回のチャンスを
資産形成マニュアルでご紹介した方法でモノにしました。しかし日本国債が暴落する局面では、この過去3回とは比較にならない大きさのチャンスと危険性が同居すると考えています。


過去3回の危機時にはクリニック経営や医師の雇用が危ぶまれる局面には全く至りませんでした。しかし今回は国家財政が危機に瀕するので、クリニック倒産や医師の失業が続出する可能性が高いと考えます。


この危機を乗り切りつつ暴落した優良資産を購入することができれば富裕層への扉が開かれるでしょう。本当にドラスティックな日本国債暴落が発生するかどうかは”神のみぞ知る”ですが、今から準備をしておくに越したことはありません。


尚、
週刊 ダイヤモンド 2013年 10/19号 には、肝心の日本国債が暴落したときの対処方法は記載されていません。これについては自分で考える必要があります。もし、リクエストが多いようなら管理人の考える日本国債暴落の対処方法を公開したいと思います。


※ 2013.10.20追記 
日本国債暴落の対処法 につづく



                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




情報商材 カバー


  

勤務医のための資産形成マニュアル



おいしい夜診アルバイトをゲット!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、懇意の医師アルバイト仲介業者様から下記のようなメールが届きました。


--------------------------------------------------------------------------------


※※※※ 先生

こんばんは。
※※※※ の ※※ です。

先生も良くご存知の病院ですが整形外科の募集が出ました。笑


情報までにお知らせしますが相場から比較すると
良いと思いますので先生のお知り合いで、もしも勤務が出来そうな
先生などいらっしゃればご紹介お願いします。

*****************************************************
案件番号    :※※※※※※※※
病院名           :※※※※※※※※
URL              :http://www.※※※※※※※※
住所              :※※※※※※※※
アクセス    :JR※※※※ 線 :※※※駅 (徒歩7分)
病床数             :※※※床
救急              :なし
募集科目    :整形外科
日程              :毎週水曜日
時間              :18:00~20:00受付終了患者まで【受付終了時間:20:00】
金額              :40,000円(交通費別一律1,000円支給)
                 別途手当:時間外手当:あり(21:00以降、15分毎に4,000円支給)
内容              :外来
外来数    :約20名/コマ
診療体制   :内科2診・整形1診

・開始時期:2014年1月~
※早めに調整できる可能性も御座います。
※※※※ 市内で珍しい、整形外科の夜診です。
基本的に地域のかかりつけ患者さんがメインです。
*****************************************************


--------------------------------------------------------------------------------


しばらく沈思しましたが、思い切って私が手を挙げることにしました。
私の住む地域では相場が時給10000~12000円程度なので、なかなかの好条件なのです。


いつもはアルバイト基本講座で詳述しているような手法で交渉するのですが、
今回は好条件だったので病院との交渉無しでの即決でした。


仲介業者様と仲良くなっていると、このように美味しい話が時々回ってきます。
好条件の案件を優先的に回してもらうポイントは、下記のごとくだと思います

 ① レスポンスを早くする 
 ② 常に誠意を持って対応する
 ③ 偉ぶらず常に対等の立場で接する 


つまり、社会人として常識的な対応をしていれば良いわけです。
今回の方には、いつも本当に良くしていただいています。


もちろん、このようなケースはめったにあるわけではないので、
間口を広げるためにも複数の医師アルバイトの仲介業者様に登録しておくことは必須条件です。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。