整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

五十肩 -その病態と診断・治療から予防まで- その3

このエントリーをはてなブックマークに追加


五十肩 -その病態と診断・治療から予防まで- その2 のつづきです。


五十肩の病気別治療法

Freezing Phase(炎症期

      疼痛のコントロールを優先
      肩関節の安静、肩甲上腕関節内へのステロイド注射
         →夜間痛が完全に消失するまでの平均注射回数4.7回
      胸郭・肩甲帯の運動(深呼吸)

Frozen    Phase(拘縮期)
      積極的な理学療法

Thawing Phase(寛解期)
      積極的な理学療法


疼痛が強い時期の唯一かつ最も効果的な治療は、肩甲上腕関節内へのステロイド剤と局麻剤の注射である。五十肩の治療で最も重要なのは疼痛管理であり、疼痛さえ管理できれば可動域はむしろ自然に回復してくるし、理学療法にも良く反応する。


菅谷先生は、特に五十肩の治療で最も重要なのは疼痛管理であることを力説されています。

五十肩 -その病態と診断・治療から予防まで- その2

このエントリーをはてなブックマークに追加

五十肩 -その病態と診断・治療から予防まで- その1 のつづきです。


外来診療の実際

安静時痛や夜間痛がある場合


・ 疼痛を誘発しない範囲内でのADL動作や、胸郭・肩甲帯に対する運動(深呼吸)を行う


胸郭・肩甲帯に対する運動(深呼吸)とは・・・

肩関節を動かさないように両手を大腿の上に置き、深呼吸しながら骨盤を立たせ胸椎を伸展させ(胸を張る)、肩甲骨を内転させる(引き付ける)。息を吐きながら力を抜く。この一連の呼吸動作を繰り返す。


・ 消炎処置としては、ステロイド剤と局所麻酔剤の混注が最も効果的で、拘縮の強い場合は肩甲上腕関節内へ、拘縮がないかあっても軽度な場合は肩峰下滑液包内へ注射する。


次回へつづく

五十肩 -その病態と診断・治療から予防まで- その1

このエントリーをはてなブックマークに追加

五十肩 -その病態と診断・治療から予防まで-
日整会誌(J. Jpn. Orthop. Assoc.)86(7)2012, 516-523


第83回日本整形外科学会で教育研修講演として発表された
船橋整形外科スポーツ医学センターの菅谷先生の論文です。


下記に要約します。

・ 肩関節=肩甲上腕関節+肩峰下滑液包+肩甲胸郭関節

・ 肩甲上腕関節内の炎症
  ⇒ 肩関節が動かないように肩関節周囲筋が緊張・スパスムをおこす
  ⇒ 肩関節の可動域制限をきたす


つまり、五十肩の可動域制限は肩甲上腕関節内の炎症による疼痛に対する生体の防御反応なので、炎症期には決して無理な関節可動域訓練を行ってはいけない とのことです。


次回につづく


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。