今日の午前中は陳旧性長母指伸筋腱損傷の手術でした。
受傷後1ヵ月目での紹介例です。


手指伸筋腱損傷は受傷部位に注意する必要があります。
長母指伸筋腱(EPL)がMP関節より中枢で損傷している場合には、放置しておくとどんどん中枢に退縮します。正確にはexpansion hoodより中枢で損傷した場合におこります。


したがって、受傷からやや時間が経過している場合は、
より中枢での試験切開が必要となる可能性があることを説明するようにしています。


あと、有名な話ですがPIP関節背側で伸筋腱が断裂した場合には、
遅発性にボタンホール変形が出現します。


これはcentral slipが損傷してもlateral bandの作用で、しばらくはPIP関節が伸展可能なためにおこります。整形外科医が全例初療できれば、このような事態にいたることは無いと思いますが、実際問題としてマンパワー的には不可能です。


せめて、整形外科医として初療する場合には、これらの点を考慮してフォローしていこうと思います。





 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★