昨日の午前は、人工股関節全置換術(THA)でした。
透析患者さんの大腿骨頚部骨折後の偽関節です。


HD+頚部骨折後の症例だったので、やはり骨質が極めて悪かったです。
骨質の悪い症例に対していつもしているように、リーミングの際に軟骨下骨を半分程度残してカップ設置したので固定性は良好でした。


ほとんど大きな問題もなく閉創していましたが、最後の皮下縫合をしているときにドレーンの可動性が悪いことに気付きました。ドレーン刺入部と縫いつけ絹糸の間にエレバトリウムを挿入しても動かないのです。


おかしいと思って大腿筋膜の層まで抜糸したところ、中央よりやや末梢で大腿筋膜と一緒にドレーンまで縫合していました。ドレーンを引っ張るとドレーンを縫い付けてしまったところのみが局所的に動くので、縫いつけ部位の判断ができました。


いつも、ドレーンを縫いつけないように細心の注意を払っているのですが、それでも起こってしまいました。幸い、術中に気付いたので問題なかったですが、本当に冷や汗ものです。終わるまで何がおこるか分からないのが手術ですね。