整形外科医であれば、小児の骨折などを治療する機会は多いと思います。保存的に治療する場合は消炎鎮痛剤処方の必要性は少ないですが、手術を行う場合は少々やっかいです。


成人であれば、術後にロキソニン等の消炎鎮痛剤を処方することが当たり前ですが、小児の場合には消炎鎮痛剤処方によって
ライ症候群(Reye's syndrome)やインフルエンザ脳症を併発する可能性があります。


米国のFDAでは19歳未満の患者さんには、アスピリン含有薬品を投与しないことを推奨しているようです。一方、わが国ではロキソニンの添付文書上で禁忌や慎重投与の扱いにはなっていません(小児では安全性が確立されていないとの記載は有り)。


しかし、小児科専門医の先生にお伺いしたところ、日本小児科学会のコンセンサスでは小児へのロキソニン投与は控えた方がよいとのことでした。


小児に対する消炎鎮痛剤処方 その2 につづく