今日の午前は、人工膝関節全置換術(TKA)でした。
今日の症例は、
前回の手術の際に高度の屈曲拘縮で苦しんだ方の反対側です。


今回の膝関節拘縮は、前回ほど悪くはなくて伸展-40度でした。ちなみに前回手術側の術後膝関節可動域は、屈曲90度~伸展-10度です。


脛骨の骨欠損もほぼ同程度なので、まさに左右対称な単純X線像の所見です。
前回の学習効果の成果か、今回は比較的スムーズに手術を終了することができました。


前回と同様に、屈曲ギャップ>>伸展ギャップだったので、今回は大腿骨側13mm、脛骨側12mmの骨切りを行いました。やはり、通常どおりの大腿骨・脛骨とも9mmずつの骨切りでは、全く伸展ギャップを確保することができませんでした。


高度の拘縮膝に対するTKAは難しいですが、慣れると意外とスムーズに手術できるものですね。


※ TKAの手術記録のテンプレートが必要な方は、私の運営するサイトら自由にダウンロードしていただけます。ただし、手術記録のテンプレートはあくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行っていただけますよう重ねてお願いいたします