昨日の午後は、橈骨遠位端骨折に対する骨折観血的手術でした。
掌側プレートによる内固定を行っています。


最近は、方形回内筋を温存しようと試みていますが、なかなかすっきりいかないことが多いです。手法としては、方形回内筋を繊維方向にスプリットしてプレートを筋層下に滑り込ませています。


最初のうちはそれなりに方形回内筋は温存されているのですが、整復操作やロッキングスクリュー刺入を施行しているうちに方形回内筋が断裂していき、最後にはビキニ状にしか残っていないことが多いです・・・。


最近のプレートは薄いものが多いので、従来どおりに方形回内筋を剥離してプレート固定後に逢着する方が方形回内筋を温存できるのかもしれません。私はこうしている等の工夫があれば是非ご教示いただきたいです。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

       
       総論   (診察・診断、治療全般、骨折・外傷、周術期管理)
 

       各論   (手の外科、肩関節、脊椎、股関節、膝関節、足の外科、腫瘍)

       その他 (関節リウマチ、痛風・高尿酸血症、骨粗鬆症、専門医試験)