昨日の午前は、出張先での外来でした。
若年の男性が交通事故で手をついてから手関節部の痛いが続くということで受診されました。


局所所見は手関節の腫脹・圧痛をみとめ、関節内血腫の存在を疑いました。ただ、橈骨遠位端や舟状骨も含めて圧痛点が明瞭でないため、念のためMRIを施行しました。


MRIの所見では三角骨に骨折を認めました。単純X線像を見直しましたがやはり骨折は分からなかったので、転位無しと判断してギプス固定を施行しました。


舟状骨と比べて偽関節化する確率が低いのであまり重要視されませんが、三角骨骨折は珍しい骨折と思います。
有鈎骨骨折もそうですが、手根骨骨折の診断は単純X線像だけでは難しいですね。


手根骨骨折を疑ったらCTやMRIを施行を検討するべきだなと改めて感じました。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です



                    


            
救急・当直で必ず役立つ!骨折の画像診断