昨日の午前は人工膝関節全置換術(TKA)でした。
術前から関節拘縮が高度な方だったので、骨切後のギャップが非常にタイトでした。


トライアルまで行ったのですが、ギャップがタイト過ぎてどうしてもインサートが入りませんでした。この方は骨切り終了の段階でテンサーで計測したところ、40ポンドで伸展ギャップ20mm、屈曲ギャップ21mmでした。


理論的には20mm以上のギャップがあればインサートを挿入できるはずですが、やはり屈曲ギャップ21mmでは厳しかったです。今回は脛骨骨切り面を2mm切り下げることでインサートが挿入可能となりました。


経験的にはテンサーの計測が、40ポンドで伸展ギャップ22mm、屈曲ギャップ26mm程度あれば術後の可動域訓練も比較的スムーズに進む印象です。


内外側の靭帯バランスは軟部組織の解離で対応するべきですが、さすがに伸展・屈曲ギャップともタイトな症例では脛骨の切り下げで対応せざる得ないと思いました。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                  

    
      人工膝関節置換術[TKA]のすべて-安全・確実な手術のために