今日の午前は外来でした。2日前から足関節を背屈すると中足部外側に激痛が走るようになったという20歳台の女性が初診されました。


視診上は二分靭帯から前距腓靭帯にかけての軽度の腫脹を認めます。圧痛は足根洞および前距腓靭帯部分にありますが、足関節捻挫の既往は特に無いとのことです。


単純X線像では特記する所見はありませんでした。身体所見的には足根洞症候群に近いですが、足関節捻挫の既往が無いことと発症が急なので、いわゆる足根洞症候群ではないと思います。


まだ発症後2日なので、とりあえず消炎鎮痛剤を処方して様子をみることにしました。1週間しても症状が続くようなら足根洞にステロイド注射を試みようと思います。





       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    

          
          整形外科研修ノート (研修ノートシリーズ)