今日の午前は出張先での外来でした。
先週に80歳台前半の女性が1週間前からの突然の右股関節部痛で受診されました。


単純X線像で少しだけ右股関節関節裂隙の狭小化を認めました。立位の骨盤はかなり後傾していました。念のため週末にMRIを予約して、本日はその結果説明に受診されたのです。


T1WIで大腿骨頭軟骨下に低輝度領域、fat suppressionで大腿骨頭~転子部の高輝度領域を認めました。T1WIでの低輝度領域は骨頭軟骨下に沿うような(つまり中枢凸の)帯状領域でした。


診断は、大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折(subchondral insufficiency fracture of femoral head: SIF)です。この骨折は骨粗鬆症などに起因する骨脆弱性がベースとなって、骨盤後傾例などで荷重が大腿骨頭の一部分に集中することで発生します。


初期の変化はMRIを施行しないとなかなか捉えられないので注意が必要です。単純X線像で何も所見が無いのでしばらく経過観察していると、2ヶ月ほどで大腿骨頭が無くなっていた!という例も散見します。


SIFは一度発症すると関節適合性が破壊されるので、そのまま放置すると変形性股関節症もしくは急速破壊型股関節症(RDC)に移行することが多いのです。


SIFは高齢者に多く発症するので、痛みが高度の場合には早期にTHAを施行することが望ましいと思います。少しだけですが、手術時の注意点はこちらに記載しております。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術