昨日の午前の手術は、人工股関節全置換術(THA)でした。
高齢者で大腿骨転子部骨折後の方だったのですが、初回手術がCHSを施行されていました。


CHSのラグスクリューがカットアウトして寛骨臼荷重部が削れていました。単純X線像では寛骨臼の欠損程度がはっきりしませんでしたが、CTではかなり大きな骨欠損がありました。


実際に股関節を展開すると、関節リウマチのprotrusio acetabuliのような状況でした。寛骨臼辺縁は比較的温存されていましたが、荷重部を中心に巨大な骨欠損を認めたのです。


このような症例では寛骨臼辺縁でカップを固定するしかありません。そして寛骨臼辺縁の軟骨下骨を穿破してしまうと骨質不良な海綿骨しか無いので慎重なリーミングが必要です。


実際、70%程度の力で慎重にリーミングしましたが、あっというまに軟骨下骨を穿破しそうになりました。なんとかカップの固定性を得ましたが、冷や汗モノの手術でした。


大腿骨転子部骨折後のカットアウト症例は時々見かけますが、THAの難易度はプライマリー症例の比ではありません。感覚的にはプライマリーとリビジョンの間ぐらいの難易度です。


単純X線像で容易そうにみえても、可能であれば股関節外科医と一緒に手術を施行することを強くお勧めします。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術