昨日の午後は橈骨遠位端骨折に対する骨折観血的手術でした。
Watershed Line Designの掌側プレートを用いた内固定を行いました。


方形回内筋を温存しようと試みています。最初のころは方形回内筋を繊維方向にスプリットしてプレートを筋層下に滑り込ませていましたが、なかなか最後まで温存できませんでした。


最初のうちはそれなりに方形回内筋は温存されているのですが、整復操作やロッキングスクリュー刺入を施行しているうちに方形回内筋が断裂して、最後にはビキニ状となってしまいます。


そこで、方形回内筋の筋腹をスプリットするのではなく、方形回内筋の手関節側の末梢縁を剥離してプレートを筋層下に滑り込ませるようにしました。


この変更により、肉眼的には方形回内筋をかなり温存できるようになりました。実際に術後の身体所見として方形回内筋温存の効果はよく分かりませんが、主治医の満足感は高いです(笑)。


何事も一歩一歩手術手技を改善していくことで、最終的な治療成績も少しずつ向上していくのかなと期待しています。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。



                                             

                                  
AO法骨折治療