昨日は外来だったのですが、土曜日は新患が多いです。
山のような患者さんの診察をこなしていると、「胸部打撲」の患者さんが紛れ込んでいました。


「胸部打撲」でなぜ整形外科なのか?と思いながらも外科に行ってもらうように指示したところ、最初は外科受診だったのですが外科医の指示で整形外科に回されたとのことでした。


その外科医曰く、「肋骨が折れていると困るので整形外科で診察をしてもらい、もし気胸や血胸があれば外科に紹介して欲しい」というトンデモ理由だったのです・・・。


この外科医は某旧帝国大学から派遣されています。普段から職務態度が怠慢で自分の職務を放棄しています。私の立場としては、このような困った人はお引取り願いたいところです。


しかし、”医局の後ろ盾”があると、このような困った人であっても簡単に辞めさせることができないようです。それどころか経営陣的には”注意勧告”さえはばかられるような雰囲気のようです。


このことは示唆に富む話だと思います。勤務医の立場からは大学医局は鬱陶しいことが多いです。若いうちは2年毎に勤務病院のローテーションを迫られるし、研究・発表なども強要されます。


特に大学勤務中は息苦しくてたまりません。しかし大学医局から派遣されているということは、知らず知らずのうちに医局の庇護を受けていることを意味します。


大規模な公的病院を除くと勤務医は病院内での立場が強いですが、これは大学医局の庇護によるところが大きいと思います。私の勤務先でも、ピンで就職している医師は立場が弱いです。


この傾向は、50歳以上の医師で顕著です。転職先の多い30歳台の医師は気に入らなければあっさり退職しますが、50歳台になると転職が難しくなるため、ピンでは立場が弱くなるのです。


しかし残念ながら大学医局の関連病院には公的な大規模病院が多いです。公的病院は医師の待遇が悪いことが多いので、永久就職先としてはできれば避けたい選択肢です。


待遇の良い中小の民間病院は、医局の関連病院としては少数派です。そして病院の規模が小さくなればなるほど経営陣の力が強くなる傾向にあり、相対的に勤務医の立場が弱くなります。


つまり、医局派遣で待遇の良い中小民間病院に永久就職することが、勤務医としてベストチョイスだと考えられます。しかし、そのような美味しい状況を確実に実現することは難しいです。


勤務医のまま3~10億レベルの資産を築くには、勤務先病院の選択が非常に大きな影響を及ぼします。強い立場を維持しつつ、待遇の良い中小民間病院で働くことが最適解でしょう。


幸い私は上司に恵まれたこともあって、このような美味しい状況に身を置いています。しかし運の要素もあるので、普遍的にこの難問を解決する手法があれば教えて欲しいものです。




                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙