先日、人工股関節全置換術後ステム周囲骨折の方が入院されました。
最近では骨粗鬆症人口の増加のため、治療にあたる機会が増えていると思います。


今回の方は、他院での再置換術後15年の方です。大転子が偽関節になっていることに加えて、大腿骨近位のbone stockが極端に少なく極めて骨質が不良でした。


人工股関節全置換術後ステム周囲骨折の分類はバンクーバー分類(The Vancouver Classification for Periprosthetic Fractures)が有名です。


バンクーバー分類

  ・ type A  転子部
  ・ type B1 ステム周囲 人工関節が安定
  ・ type B2 ステム周囲 人工関節が不安定            
  ・ type B3 ステム周囲 骨質が不良で骨片が粉砕している
  ・ type C  ステムよりも遠位



今回はバンクーバー分類 type B1でした。側面像でようやく骨折を確認できる程度であったこと、骨質が極めて不良であったこと、および80歳台後半だったことから保存治療を選択しました。


治療は、① 股関節外転装具(30度に固定) ② PTH投与 ③ 電気刺激 の3本立てです。何とか保存治療で治癒してくれることを祈りたいと思います。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が股関節外科の基礎および治療体系を学習するにあたり最もお勧めの書籍です。日本を代表する執筆陣が股関節外科に関するあらゆる事項を、非常に分かりやすく解説しています。この1冊があれば股関節外科のほぼ全ての疑問点を解消できると思います。


                 
         
                       股関節学