3.27に日本マクドナルドホールディングスの株主優待券が10冊届きました!
マクドナルドは株主優待目的で、法人・個人名義で合計1000株を所有しています。


150327



これらの株式は2007~2008年にかけて購入しています。平均購入株価は1711円で、2015.3.27終値が2661円ですから95万円の含み益となります。


正直に言って、私の所有株式の中では最もパフォーマンスが悪い株式のひとつです。しかし、マクドナルドのフライドポテトが大好きなので(笑)、長期に渡って株主優待目的で所有しています。


マクドナルドチャート


上図の長期チャートでご覧いただけるように、購入時期としてはかなり良い方だと思います。1000株のうち、200株は1400円台で購入しているので、大底で拾っているものもあるからです。


しかし、購入時期が悪くないにも関わらず、買値の50%程度しか株価が上昇していないことを考えると、株式投資の銘柄選択が良くなかったことになります。この理由を考えてみました。


業績が良くないと株主優待を実施できないので、投資するタイミングは企業の業績が良い時期になりがちです。業績が良いと株価は高い傾向にあるので、どうしても高値掴みになります。


これは、超長期にわたって株価の動きをウォッチしていても回避することはできません。したがって、基本的には株主優待目的の株式投資は実践しない方が無難だと思います。


少し見方を変えて、インカムゲインはどうか?を考えてみました。年間配当30円、株主優待は450円×6枚×年2回=5400円で売却できるので、年間8400円のインカムゲインがあります。


私の場合、8400円÷(1711円×100株)=4.9%の利回りになります。2007年から7年間所有しているので、35%程度を配当+株主優待で回収した計算です。


う~ん、やはりお世辞にもパフォーマンスが良いとは言えませんね・・・。株主優待はおトク感がありますが、それに釣られて株主優待目的の株式投資を実践するべきではないでしょう。



                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙