昨日は珍しく体調を崩していました。
原因はおそらく日曜日に食べた大量の焼肉だと思います。


丸一日ですが軽度の熱発と腹痛がありました。私はかなり丈夫な体なので、体調を崩すことはめったにありません。医師の私が言うのも何ですが、失って分かる健康のありがたさですね。


さて、体調が悪いと何をしてもパフォーマンスが下がります。昨日もがんばって仕事をしていましたが、目に見えて普段よりも冴えない仕事しかできませんでした。


最高の仕事をするには健康管理が重要なことを再認識しましたが、ふと当直明けも似たような状態であることに気付きました。もちろん、体調の悪かった昨日ほど冴えないわけではありません。


しかし、当直明けは何となく眠くて気だるいので、普段ほど覇気がありません。私は寝当直であってもある程度ダメージを喰らうので、仕事のパフォーマンスに悪影響を与えます。


当直は身体だけではなく仕事のパフォーマンスにも悪影響を与えるので、寝当直アルバイトは全て止めました。そして、アルバイトは割りの良い日勤もしくは夜診のみに絞っています。


若い頃は当直も勉強だと思っていましたが、冷静に考えれば当直でなくても勉強になる経験を積むことは可能です。したがって当直は睡眠時間とお金を交換しているに過ぎないと思うのです。


日本中の医師が同じ考え方だと医療体制が成り立たないのですが、私は当直は必要悪だと思っています。最高の仕事をするためにも自分の身体を一番に考えるべきではないでしょうか。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★