3月中旬頃に、人工股関節全置換術後ステム周囲骨折の方が入院されました。今回の方は、他院での再置換術後15年の方で、バンクーバー分類 type B1でした。


大転子が偽関節になっていることに加えて、大腿骨近位のbone stockが極端に少なく極めて骨質が不良でした。画像上はなかなか厳しい人工関節症例です。


側面像でようやく骨折を確認できる程度であったこと、骨質が極めて不良であったこと、および80歳台後半だったことから下記による保存治療を選択したことは前回にご報告しました。


  ①  股関節外転装具(30度に固定) 
  ②  PTH投与 
  ③  電気刺激 


祈るような気持ちで経過観察したことろ、受傷後3週で仮骨形成を認めました! そして、その後もどんどん骨癒合が進展して、受傷後2ヵ月で荷重を開始しました。


80歳台後半の高齢の方だったので、廃用が心配でしたが、立位訓練 → 平行棒内歩行 → 歩行器歩行と順調に進み、ポータブルトイレも見守りで可能となりました。


現在、受傷後3ヵ月ですが、受傷前に比べるとやや劣るものの、それなりに身の回りのことは自立できるレベルに到達することができました。


今回のケースは、手術治療ではなく保存治療を選択して良かったと思っています。もちろん、人工股関節全置換術後ステム周囲骨折はシビアなケースが多く、保存治療の適応は少ないです。


しかし、全例「 人工股関節全置換術後ステム周囲骨折 = 手術治療 」ではなく、患者背景や骨質などもトータルで勘案することfで、保存治療を選択できる可能性もあることを学びました。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。



                                             

                                  
AO法骨折治療