最近、何故か人工膝関節全置換術(TKA)が多いです。
THAでは術前の体位設定の際にイメージで股関節が正確な正面になるように調整しています。


この方法は高価なナビゲーションを利用しなくてもイメージさえあれば施行できるので、カップを正確な角度で設置するのに安価で非常に有用な方法です。


一方、TKAの骨切りでは大腿骨よりも脛骨の骨切りの方が難しいと思います。ナビゲーションを導入せずとも安価に正確な骨切りする工夫はいくつかあります。


そのうちのひとつが下図のように術前に透視下に下腿軸をマーキングする方法だと思います。この方法もイメージさえあれば施行できるので、安価で有用な方法だと思います。



P1080087 - コピー




単に透視下に下腿軸をマーキングするだけなので、準備も非常に簡便です。術中はこの部分の皮膚をドレーピングして見えるようにしておきます。


脛骨骨切りの際には髄外ロッドがラインに平行になるように骨切りガイドを調整します。もちろん、ラインを100%信じているわけではなく、他の指標との総合評価で骨切りガイドを設置します。


しかし、腓骨の骨軸や脛骨稜などの指標よりも、皮膚の上に下腿軸をマーキングする方が分かりやすくて信頼できる(信頼できそうな)気がします。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                  

    
      人工膝関節置換術[TKA]のすべて-安全・確実な手術のために