最近、人工膝関節全置換術(TKA)に際して、
インプラント設置直前に関節内カクテル注射を施行しています。


THAや脊椎手術と比べてTKAは術後の疼痛が強いと言われていますが、術後強い疼痛を放置すると慢性疼痛の原因となるので、周術期の疼痛管理が重要となります。


また、術後VASで鎮痛効果が不十分であった症例での患者背景を検討した結果、鎮痛効果不良例では良好であった群と比べて術前の屈曲拘縮が有意に高度であったそうです。


このような理由で、NSAIDs以外の術後疼痛対策として関節内カクテル注射は重要です。使用しているカクテル注射のレシピは下記のごとくです。


   ・ 0.75%ロピバカイン20ml
   ・ エピネフリン0.3mg
   ・ ベタメタゾン4mg
    上記に生食を追加して総量50mlにして使用


関節内カクテル注射後にターニケットを開放する際、非常に出血が少ないのが印象的です。また、鎮痛効果は術後も持続する症例が多いです。


このため、早期からかなりの可動域を得ることができる症例が多いです。特に反対側にTKAを施行済みの方は、前回手術と比べて今回の術後疼痛はかなりましであるという印象です。


さすがに、THAレベルにまで除痛効果があるとは言いませんが、TKA術後鎮痛対策のひとつとして、後方膝関節腔中心の関節内カクテル注射はお勧めだと思います。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                  

    
      人工膝関節置換術[TKA]のすべて-安全・確実な手術のために