以前、病院はリサイクル鉱山!?  という駄ネタを披露しました。
我ながらセコイ内容だと思いましたが、懲りずに単3電池に関する話題を提供いたします。


人工関節全置換術や人工骨頭置換術を施行する際に、多くの施設でジェット洗浄を使用すると思います。ご存知のようにジェット洗浄は単3電池で駆動しています。


ジェット洗浄は基本的にディスポなので、内臓されている単3電池はたった数分駆動しただけで破棄されてしまいます。このため、破棄される単3電池は、性能的にほとんど新品です。


これは、非常にもったいない話なので、単3電池を回収してストックしている病院が多いと思います。私の勤務する病院は、年間100例以上の人工関節全置換術があります。


このため、膨大な数の単3電池が毎週のようにストックされ続けます。回収された単3電池は手術室の片隅に野ざらしにされています。これを利用しない手は無いですね!


そこで、私は日常生活で使用する機器を可能な限り単3電池化しています。しかし、世の中の主流は単4電池(?)なので、意外と単3電池で駆動する機器をチョイスするのは難しいです。


下記に私が苦労(笑)してピックアップした単3電池で駆動する機器をご紹介いたします。まずは、自転車通勤の方にお勧めのLEDライトです。




単4電池駆動タイプが多いでのですが、私は敢えて単3電池狙いです。ちょっとでも光量が落ちてきたら、すぐさま新しい単3電池に交換できることが魅力です。






キャンプ場などで大活躍するLEDランタンですが、これも単3電池は少数派です。3種類の色調を選べますが、電球色がイチオシです。災害用に一家に2~3台あってもよいかもしれません。







次は単3電池で駆動する体重計です。これに関してはバネ式でも問題無いと思いますが、どうせ電池がタダなのなら高性能の体重計もアリかもしれません・・・








最後に、小学生以上のお子様が居る方には必須の電子辞書です。私が購入したのは前の世代のエクスワードですが、使い倒しているためすぐに電池が無くなります。


もちろん電池はタダなので、キーボードが傷むまで使い倒せ!と言っています。ひと月に一度ぐらいのペースで電池が無くなりますが、それだけ勉強しているんだなぁ~と、ちょっと嬉しいです。






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★