残念ながら(?)Brexit をもってしても、株式市場は暴落するに至っていません。
唯一の収穫は、やや円高傾向になったことぐらいでしょうか。


超長期逆張り投資家としてはつまらない限りですが、先日の金融資産投資セミナーの懇親会では偶然にも講師の方の前の席になりました。このチャンスを生かさない手はありません。


いくつも質問をしたのですが、その中にLINEの新規上場への対応法がありました。ご存知のようにLINEはニューヨークと東京市場で同時上場します。


今回は、なんと2016.7.14(木)にまずニューヨーク市場で上場してから、7.15(金)に東京市場がオープンします。つまり、最初の値付けがニューヨーク市場でなされるのです。


LINEは、日本では非常に有名ですが、米国ではほとんど無名の存在です。このため、2016.7.14のニューヨーク市場では株価のミスプライシングが発生する可能性があります。


そして、ニューヨーク市場が閉まってから東京市場がオープンするのですが、需要の大きい(であろう)東京市場では株価が高騰する可能性があります。


つまり、7.14(木)のニューヨーク市場でLINE株(正確にはADR)を先回りして購入することで、ミスプライシングが発生した場合には大きな利益を得ることができる可能性があるのです。


そして、今回のLINE株では日本の証券会社(マネックス、SBI)が、2016.7.14(木)からニューヨーク市場でLINE株を購入できる措置を取りました。


つまり、米国に證券口座が無くても、2016.7.14(木)にLINE株をニューヨーク市場(NYSE)で購入することが可能になったのです!これはある意味すごいことだと思います。


私は、LINE株を購入するのなら、「投資」ではなく「投機」するべきだと考えています。残念ながらLINEは上場する時期が遅すぎました。


2014年ごろに上場できていれば、市場から調達した資金を用いてFacebookなどの海外の強力なライバルと伍していけたかもしれません。


しかし、2016年現在ではLINEは企業としてのピークを過ぎており、世界的にはマイナーな存在で終わりそうです。このため成長期待でLINE株を購入すると痛い目に会う可能性が高いです。


LINE株を購入するのなら、2015.11.4の郵政グループ3社のIPOと同じ心構えで臨むべきだと思います。つまり投機と割り切って、7.14(木)にNYSEで購入、7.15(金)にNYSEで売却です。


郵政グループ3社を持ち続けた方は、株価が2/3になっているため、現在悲惨な目にあっています。LINE株の長期保有は同じ轍を踏む可能性が高いと考えます。


しかし、このような誰でも思いつくような投機アイデアが実際に上手くいきそうかという疑問を講師の方にぶつけてみました。答えは・・・、おそらくミスプライシングは発生しないとのことでした。


まぁ、そりゃそうですよね(笑)。百戦錬磨のプロがこのような機会を逃す可能性は低いと思います。もう少しだけ、2016.7.14のLINE株投機を敢行するか否かを考えようと思います・・・




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。