先日、大腿骨頚基部骨折に対してCHSを施行しました。
以前に理由を解説したように、大腿骨頚基部骨折に関してはCHSが推奨されています。


このため、先日の症例でも原則どおりにCHSを施行しました。しかし、大腿骨近位部骨折では圧倒的にショートネイルを多く使用しており、CHSは滅多に施行しません。



1



最近では大腿骨頚基部骨折の際にしかCHSを施行する機会が無いので、微妙な勘を忘れてしまいます。前回の症例では皮膚切開の位置に満足できませんでした。 


上図のように大腿骨無名結節よりもやや末梢から始まる皮膚切開だったのですが、中枢側の2cmは余分でした。ベテラン医師(?)としては、少し不満です。


私は、私的な手術記録の末尾にコツや反省点を書き留めています。手術記録で前回の反省点を確認した私は、今回は同じ轍を踏まないという意識で手術に臨みました。



2



少し分かりにくいですが、今回は小転子レベルからの皮膚切開にしました。ほぼ自己満足の世界ですが、小さな改善の積み重ねが手術手技の向上につながるのではないかと考えています。 






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。