先日、インターネット上での書籍買取サービスを利用しました。
家中に読み終わった書籍が散乱しているため、何とかしなければと一念発起したのです。


古紙回収に出すぐらいならと思って、ときどきブックオフなどに持っていき雀の涙ほどの金額で売却していましたが、それさえも面倒になってきたので今回はネットで頼んで送付しました。


事前予想では2000円ぐらいかなと思ったのですが、メールで知らされた金額は驚きの70円(!)でした。帯付きの真っ新な新刊書籍がたくさんあったのに・・・


しかも、「査定金額に文句があるなら送り返すけど、送料はアナタ負担で」という脅し文句まで添えられていました。これはやられちゃいました。



昨今ではネット上の買取業者が乱立していますが、こういう儲けのカラクリがあったのですね。集荷時の送料を業者さんが負担しているので買取価格が低くて不明瞭なのは仕方ないです。


しかし、「高額買取」のオンパレードにも関わらず、70円では気分が悪いです。まぁ、騙されたのが不動産のような高額商品ではないので良しとしよう。





★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★