先日、友人のお子さんで興味深い話をお伺いしました。
その子は中学生で某公立中高一貫高の附属中学に通っています。


比較的新設の中高一貫高ですが、既に東京大学や国公立医学部に50名近く合格させるほどの実績があります。県下には全国屈指の私立進学校があるものの3~4番手で健闘しています。


全国的に有名な私立の進学校には、裕福な家の子供が通学しているケースが多いです。しかし、公立とは言え、その子供が通っている中高一貫校もかなり裕福な家の子供が多いそうです。


現在、バトミントン部に所属しているそうですが、同じ部活内には単なる勤務医ではちょっと気が引けるような家の子供がたくさん在籍しています。


このような社会的に成功している家庭は、少し考え方が異なるようです。まず、「勝つ方法」を子供に伝えることが上手なことに驚きました。


スポーツを上達する秘訣は、プロに学ぶことです。例えばテニスではテニススクールに通い、ゴルフではレッスンプロから指導を受けることが上達の早道です。


私は学生時代にテニスをしていたのですが、部活の「根性」練習を泥臭くやっていた私よりも、テニススクール上がりのヤツの方が、断然フォームが綺麗で強かった記憶があります。


大学生や社会人ならスクール通いやレッスンプロに指導を受けることは珍しくありませんが、比較的マイナースポーツであるバトミントンのスクールに中学生から通うのは珍しいと思います。


しかも、一人だけではなく全体の1/3もの生徒が社会人対象のバトミントンスクールに通っています。そして、スクールに通う生徒はメキメキ強くなってレギュラーになっているそうです。


友人のお子さんも当初はスクールに通うことを考えたそうですが、友人自体が「中学生からやり過ぎだろう」と思って、結局スクールには通わせなかったそうです。


しかし、社会的に成功している家庭のお子さんは、スクールに通うことでスポーツで「勝つ方法」を体得しました。そして、単にスポーツで勝つ方法を学んだだけではないと思います。


世の中では、自己流で努力しているだけでは結果を出せないことを、身をもって経験したことでしょう。それも一人だけではなく複数人のお子さんが・・・


このような経験の積み重ねが、子供の人生の糧となり社会の中で力強く生きていく能力を養うと思います。そして、親御さんが伝えたかったことはきっと「人生の勝ち方」なのでしょう。


この話を聞いて、社会的に成功している家庭での考え方や教育方法が、私のような平凡な家庭に育った人間とは根本的に異なることに気付きました。


そして、おそらくこのような考え方や教育方法を真似した方が、子供だけではなく自分たちの人生を豊かにするためにも望ましいのではないかと思うようになりました。




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。