先日、70歳台の女性が脊椎圧迫骨折を受傷されました。
特に誘因なく腰痛が出現したようで、L1、4の2椎体の圧迫骨折でした。


単純X線像では、T9・12の陳旧性圧迫骨折も既往にあるようです。圧迫骨折の治療としてロングフレームコルセットを作成することに異論は無いと思いますが、それだけで十分でしょうか?


今回のように比較的若年にも関わらず多椎体に脊椎圧迫骨折を認める場合には、圧迫骨折の治療だけで終了することは十分とは言えません。


圧迫骨折による楔状変形の椎体が増えると脊椎アライメントが増悪します。こうなるとますます力学的に圧迫骨折を併発しやすくなるので、この悪い循環をどこかで断ち切る必要があります。


この手段のひとつとして、現時点ではPTH製剤の導入が欠かせません。BP製剤とは異なり、PTH製剤は骨折の治療中からでも使用できます。


このため、フレームコルセットでの圧迫骨折の治療と並行して、骨粗鬆症の治療としてPTH製剤投与を開始するべきだと思います。


忙しい外来の合間にPTH製剤を導入するのは煩わしいです。しかし整形外科専門医を標榜するなら、目先の骨折治療だけではなく将来の骨折予防にも意識を向ける必要がありそうです。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。