先日の光速の支払いに関連した話題です。
私は下記のようなステップで、資産形成手法を発展させてきました。

  1.  金融資産投資   (2000年~)
  2.  不動産投資    (2004年~)
  3.  スモールビジネス (2011年~)


①では超長期逆張り投資、②ではドミナント戦略をメインに据えています。 これらの戦略や投資手法は、基本的に参入タイミングは同じで、投資する対象が違うだけです。


根底に流れている思想は共通しており、「良いもの」 を「激安」で購入するという、とてもシンプルなものです。このため、①②で考え方に齟齬が生じることはありません。


しかし、③のスモールビジネスに関しては、少し趣が異なります。スモールビジネスは、基本的にアイデア・人脈・資金を有機的に結び付けて、無から有を創り上げる作業だからです。


このため、①②では最重要の課題である「購入時期」は、スモールビジネスでは決定的に重要ではありません。もちろん、レッドオーシャンに参入することはご法度です。


しかし、レッドオーシャンはタイミングというよりも単なる状態を示す言葉なので、 ①②のように10年~20年来最安値を狙っていくなどという発想はありません。


むしろ、そのようなことを考えていると、スモールビジネスでは 確実に参入タイミングを逃して負けてしまいます。スモールビジネスでは思い立ったが吉日、すぐに行動する必要があります。


アイデアを思いついたら、詳細にシミュレーションしてみます。そして「イケる」となったら、思い切って資金を投入してみるのです。


しかし、虎の子の現金を投入することは勇気が要ります。このハードルは高いですが、迷ったら「月々のキャッシュフローの範囲内だからダメでも1ヵ月損するだけ」と思うようにしています。


先日お話ししたスノーボールが大きくなってくると、月々のキャッシュフローも大きくなります。そして、資産やビジネスからのキャッシュフローは、寝ていても自動的に入ってくるものです。


その勝手に入ってきたキャッシュフローを、新規スモールビジネスや築古木造戸建に思い切って投入するのです。尚、新規投資金額は月々のキャッシュフローを超えないようにしています。


こうすることで、(どうせ勝手に入ってきたお金だという)精神的な安定を得ながら、果敢に勝負することができます。言い換えると「自分だけの宝くじ」を購入していることと同義なのです。


スモールビジネスで成功する方が、宝くじで高額当選するよりも圧倒的に確率が高いです。私はこのように考えることで、積極的に小さなチャンスに対する賭けを続けています。


もちろん、投資するべきスモールビジネスや築古木造戸建が毎月あるわけではありません。基本的には銀行口座にブタ積みなのですが、死蔵されたお金ではないことが重要なのです。


チャンスがあれば、果敢にチャレンジしてみる。月々のキャッシュフローの範囲内なら、失敗してもノープロブレムです。





★★ 管理人監修の「医師のための築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1