一昨日、資産形成マニュアルをご購入、もしくは2015年に神戸で開催したセミナーにご参加いただいた先生方に、先日行った資産形成戦略の実際というセミナーの動画を無料配信しました。



555 - コピー



1時間33分と少し長いですが、プログレッシブダウンロードなのでストレスなく視聴できると思います。もし届いていない先生がいらっしゃれば、メッセージ欄からご連絡ください。


-------------------------------------------------------------


ビジネスや不動産投資を実践していく上では、どうしても他人の力が必要となります。自分だけで全ての業務を行うことは非効率ですし、拡張性が無いからです。


このため外注は必須となりますが、この際に注意するべき点は「合理的な範囲で内輪で回す」ことです。「可能なかぎり」ではなく「合理的な範囲で」というところがポイントです。


そして、この場合の「内輪」とは、自分の家族や親族だけではなく、ビジネスパートナーや知人・友人までも含みます。華僑では、親族内でビジネスを回すことが常識だそうです。


しかし、何でもかんでも内輪で済まそうとすることには問題点があります。それは、依頼先の能力差がこちらの事業の成否に大きな影響を及ぼすことが多い点です。


例えば不動産投資において、火災保険の使い方の巧拙は、投資収益に大きな影響を及ぼします。特約の取捨選択、そしてスムーズに給付金を獲得する手法は、絶対に外せない知識です。


ご存知のように、保険代理店は保険会社から保険料の10~40%程度の手数料を得ますので、内輪の保険代理店で火災保険に加入すれば、彼らに大きな利益を提供できます。


しかし、あまりにも能力に問題があると、肝心のこちらのビジネスや不動産投資に大きな損失が発生します。このため、義理人情だけで何でも内輪にというわけにはいきません。


このようなことを勘案して、私は下記のような優先順位を付けて、不動産投資やビジネスでの業務を発注することにしています。



  1.  最も重視するのは自分の利益
  2.  自分の利益にあまり影響を及ぼさないのであれば、内輪に発注する
  3.  内輪の度合いによって、自分の利益減少には多少目をつぶる


ざっくり言って上記のような方針で、外注先の取捨選択をしています。ただ、実際的な印象では、自らの実務能力や投資能力を向上させるにしたがって、内輪に発注する頻度が増えます。


何故なら、効率的にビジネスや不動産を運営するということは、必然的に「能力の高いメンバーを集めた自分だけのチーム」を形成することに他ならないためです。


たくさん業務をこなしていると、外注の機会が多いです。そして能力が低かったり不誠実な会社(人)には二度と発注しないため、必然的に能力が高くて誠実な会社(人)が残ってきます。


つまり、自分の成長とともに、自分と同等以上の能力を持ち合わせたビジネスパートナーが濾されてくるため、信頼できる「内輪」に発注する頻度が上昇するのです。


こうなってくると、良い循環に入るため、お互いがWin-Winの関係になります。ビジネスや不動産投資の枠を越えた人間関係も構築されることが多いため、人生がますます楽しくなります。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙